DELL(デル)購入パソコンガイド

ロストプラネット2 ベンチマーク

当サイトでレビューしたパソコンでの、ロストプラネット2のベンチマークテスト集。ロストプラネット2のPC版は2010年10月14日発売で、NVIDIA 3D Vision対応。前作は「ロスト プラネット エクストリーム コンディション」。グラフィックカードによって結果は大きく変わってきます。推奨されているグラフィックは、NVIDIA GeForce 9800 シリーズ以上 、ATI Radeon HD4800 シリーズ以上 VRAM:512MB 以上。※NVIDIA 3D Visionに対応するには、さらに高いスペックを要求。

ロストプラネット2のベンチ
ベンチマークでは、「テストタイプA、DirectX 11、解像度 1280×720 ウィンドウ表示」で測定。

RANK A

DELL Alienware X51レビュー

Alienware X51

2012年1月発売のスリムミニタワー・ゲームPC。第3世代Core i7搭載可能。幅は95mmとスリム、重量5.5kgと軽量でありながら補助電源が必要なメインストリームクラスのグラフィックカードを搭載する、本格ゲームPC。縦置きだけでなく横置きも可能。AlienFXで本体のイルミネーションが設定できる。スロットイン式の光学ドライブを搭載。電源はACアダプタとなっており、240Wおよび330W。グラフィックカードはGeForce GTX 660、GT640が搭載可能。
(2012年10月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
プロセッサ インテル Core i7-3770 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
※クロック数最大3.9GHz
7.7
メモリ 8GB (4GBx2)DDR3 SDRAM メモリ(1600MHz) 7.8
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 660 1.5GB GDDR5 7.9(上限)
ゲーム用グラフィックス 7.9(上限)
プライマリハードディスク 1TB SATA HDD(7200回転) 5.9
ロスト プラネット2のベンチマーク DirectX 11
解像度 1280×720 テストタイプAの結果
115.9 fps RANK A
シーン1⇒109.4
シーン2⇒96.4
シーン3⇒147.2
解像度 1920×1080フルスクリーン テストタイプAの結果 DirectX 11
75.1 fps RANK A
シーン1⇒74.1
シーン2⇒71.7
シーン3⇒83.9
Ivy BridgeのDELL新作

XPS 8500

2012年5月発売の中級ミニタワー。IvyBridge設計で、第3世代Core i7搭載可能(チップセットH77)。460W電源。HDD2ベイと光学ドライブ2ベイの拡張性。最大16 GBメモリ、グラフィックカードはRadeon HD 7570,7770,7870、GeForce GT 640 が搭載可能。 (2012年6月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
プロセッサ インテル Core i7-3770 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
※クロック数最大3.9GHz
7.7
メモリ 12GB (2GBx2+4GBx2)DDR3 SDRAM メモリ(1600MHz) 7.8
グラフィックス AMD Radeon HD 7870 2GB DDR5 7.9(上限)
ゲーム用グラフィックス 7.9(上限)
プライマリハードディスク 2TB SATA HDD(7200回転) + 32GB mSATA SSD
ISRT(インテル スマート・レスポンス・テクノロジー)対応
5.9
ロスト プラネット2のベンチマーク DirectX 11
解像度 1280×720 テストタイプAの結果
84.6 fps RANK A
シーン1⇒79.1
シーン2⇒74.8
シーン3⇒106.0
解像度 1920×1080フルスクリーン テストタイプAの結果 DirectX 11
63.1 fps RANK A
シーン1⇒59.0
シーン2⇒56.5
シーン3⇒76.7

RANK B

Inspiron580デル

DELL Alienware M14x (M14xR2)

2012年5月発売の14インチ最強ゲーミングノート。Ivy Bridge設計で、第3世代Core i5 / i7が搭載可能。メモリは最大16GB。グラフィックにはNVIDIA GeForce GT 650Mを搭載、重量は3kgほどなので無理なく持ち運べる本格的3Dゲーム用ノート。設定できるイルミネーションやサブウーファ付きの2.1chスピーカ内蔵(Klipsch オーディオ)など付加価値も高い。キャッシュ用にSSDを搭載し、高速起動するISRTにオプション対応(2012年7月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
液晶ディスプレイ 14 インチWLED 光沢液晶(1600×900)
プロセッサ Core i7-3610QM (2.3GHz, 6MB キャッシュ)
※クロック数最大3.3GHz
7.6
メモリ 6GB (2GBx1+4GBx1) DDR3 SDRAM 1600MHz メモリ 7.6
グラフィックス
インテル HDグラフィックス4000
【 グラフィックスのスコアはこちら側 】

(NVIDIA Optimusテクノロジーよる自動切替)

GeForce GT 650M 1GB GDDR5
(7.1)
ゲーム用グラフィックス (7.1)
プライマリハードディスク 64GB mSATA SSD (システム用)
+500GB SATA HDD(7200回転)
7.9(上限)
ロスト プラネット2のベンチマーク DirectX 11
解像度 1280×720 (ウィンドウ表示) テストタイプAの結果
40.4 fps RANK B
シーン1⇒37.4
シーン2⇒33.4
シーン3⇒50.7
SE

DELL Inspiron 17R Special Edition(7720)

2012年6月発売の17.3インチ・ミドルスペックノート 第3世代Core i5 / i7搭載可能(チップセットはHM77)。新発売時点で単体GPUにGeForce GT 650M 搭載。パームレストはマグネシウム合金で、精密エッ チングのハニカムデザイン。 USB 3.0端子を4つ装備(eSATA端子兼用)。サウンドシステムにWaves MaxxAudio 4 採用。サブウーファー内蔵の2.1chスピーカ。SSDを活用した高速起動「インテル スマート・レスポンス・テクノロジー」にオプション対応。(2012年7月時点)

コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
液晶ディスプレイ 17.3インチ光沢液晶/3D対応(1920x1080)
プロセッサ インテル Core i7-3610QM (2.3GHz, 6MB キャッシュ)
※クロック数最大3.3GHz
7.6
メモリ 8GB (4GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 1600MHz メモリ 7.8
グラフィックス GeForce GT 650M 2GB GDDR5 7.2
ゲーム用グラフィックス 7.2
プライマリハードディスク 1TB SATA HDD(5400回転) + 32GB mSATA SSD
ISRT(インテル スマート・レスポンス・テクノロジー)対応
5.9
ロスト プラネット2のベンチマーク DirectX 11
解像度 1280×720 (ウィンドウ表示) テストタイプAの結果
36.3 fps RANK B
シーン1⇒36.3
シーン2⇒32.2
シーン3⇒41.2

RANK C

Inspiron580デル

DELL XPS 17(L702X)

2011年2月発売の17.3インチ・ハイミドルノート。SandyBridge設計で、第2世代Core i5 / i7が搭載可能。メモリは最大16GB。グラフィックにはNVIDIA GeForce GT 550M、GT 555Mが搭載可能。JBL 2.1chスピーカ内蔵。Alienwareシリーズを除けば、DELLの最高峰スペックを誇るノート。実質、ゲームノートとして通用する性能。マルチタッチ ディスプレイ やAG ディスプレイの選択がある。(2011年12月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
液晶ディスプレイ 17.3インチ WLED AG ディスプレイ (1920x1080)
プロセッサ インテル Core i7-2670QM (2.2GHz, 6MB キャッシュ)
※クロック数最大3.1GHz
7.5
メモリ 8GB (4GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 7.6
グラフィックス
インテル HDグラフィックス3000
【 グラフィックスのスコアはこちら側 】

(NVIDIA Optimusテクノロジーよる自動切替)

GeForce GT 555M /3GB
(5.9)
ゲーム用グラフィックス (6.9)
プライマリハードディスク 750GB SATA HDD(7200回転) 5.9
ロスト プラネット2のベンチマーク DirectX 11
解像度 1280×720 (ウィンドウ表示) テストタイプAの結果
25.1 fps RANK C
シーン1⇒23.1
シーン2⇒22.3
シーン3⇒30.0

備考:DirectX 9.0c、解像度 1280×720 ウィンドウ表示

Inspiron580デル

Inspiron 580

2010年1月発売のエントリーミニタワー。Nehalem設計の拡張版(Westmere)仕様。Core i3/i5搭載可能。エントリーポジションとして初のNehalem設計。ちょうどCore 2 Duoマシンの後継にあたる。HDD2ベイ、光学ドライブ2ベイの拡張性を持つ。内蔵GPUでは初代インテル HDグラフィックス。電源は控えめの300W。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ インテル Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ) 6.9
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 5.9
グラフィックス インテル HDグラフィックス(733MHz) 4.8
ゲーム用グラフィックス 5.2
プライマリハードディスク 320GB SATA HDD(7200回転) 5.9
ロスト プラネット2のベンチマーク DirectX 9.0c
解像度 1280×720 テストタイプAの結果
7.3 fps RANK D
シーン1⇒6.5
シーン2⇒7.1
シーン3⇒8.5
Inspiron580デル

Inspiron 580

2010年1月発売のエントリーミニタワー。Nehalem設計の拡張版(Westmere)仕様。Core i3/i5搭載可能。エントリーポジションとして初のNehalem設計。ちょうどCore 2 Duoマシンの後継にあたる。HDD2ベイ、光学ドライブ2ベイの拡張性を持つ。内蔵GPUでは初代インテル HDグラフィックス。電源は控えめの300W。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ インテル Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ) 6.9
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 5.9
グラフィックス 独自にカスタマイズ搭載
GeForce GTX 460 768MB DDR5
(※ATX電源ユニットも交換)
7.5
ゲーム用グラフィックス 7.5
プライマリハードディスク 320GB SATA HDD(7200回転) 5.9
ロスト プラネット2のベンチマーク DirectX 9.0c
解像度 1280×720 テストタイプAの結果
90.3 fps RANK A
シーン1⇒100.1
シーン2⇒86.8
シーン3⇒82.6
解像度 1920×1080 テストタイプAの結果 DirectX 9.0c
51.5 fps RANK B
シーン1⇒50.7
シーン2⇒55.1
シーン3⇒48.2
dell studio xps8000

Studio XPS 8000

2009年9月発売の中級ミニタワー。Nehalem設計で、Core i7-800シリーズ搭載可能。グラフィックカードはGeForce GTS 240やGeForce GTX 260が搭載可能で、ゲームも入門機にもなるミドル~ハイミドル機。ようやく、64bit OSの普及が定着し始めたころのモデル。設置しやすいサイズとそれなりの拡張性で人気だった。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Professional 64bit
プロセッサ インテル Core i7-860 (2.8GHz , 8MB L3キャッシュ)
※クロック数最大3.46GHz
7.4
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 7.5
グラフィックス GeForce GTX 260 1792MB 7.1
ゲーム用グラフィックス 7.1
プライマリハードディスク 500GB SATA HDD(7200回転) 5.9
ロスト プラネット2のベンチマーク
解像度 1280×720 テストタイプAの結果 DirectX 9.0c
60.7 fps RANK A
シーン1⇒60.7
シーン2⇒60.1
シーン3⇒64.0
解像度 1920×1080 テストタイプAの結果 DirectX 9.0c
41.1 fps RANK B
シーン1⇒38.7
シーン2⇒40.8
シーン3⇒44.4

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年12月9日(月)まで】
Inspiron13・14・15の5000シリーズがお得!最大17%オフクーポン!
12/3より値下げしたモデル多数!

6年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

【 2019年12月16日(月)まで 】
Amazonギフト券10,000円分を抽選で600名様にプレゼント!(購入で自動エントリー)

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

パソコンゲーム・ベンチマークテスト記録集のTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.