DELL(デル)購入パソコンガイド

Coreマイクロアーキテクチャ・LGA 775版

Coreマイクロアーキテクチャは、2006年から登場したインテルCPUの基本設計で、2009年ごろまで主流でした。デュアルコアやクアッドコアというマルチコア化を普及させたプラットフォームです。前世代のNetBurstマイクロアーキテクチャまでは、シングルコアでひたすらクロック数を上げることで高性能化を図っていました。しかし、発熱問題と消費電力の高さからそのやり方は一旦終止符を打つこととなりました。

Coreマイクロアーキテクチャは、もともとモバイル・パソコン向けに開発されてきた経緯があり、消費電力と発熱が低いのが特長を持っていました。クロック数はやや控えめになったものの、コア数を増やすことで処理速度を向上させています。Coreマイクロアーキテクチャの登場により、データ処理中でも別の作業をするといった複数同時作業(マルチタスク)が普通となりました。ソフトウェアにて高速化するには、アプリケーションがマルチスレッドに対応する必要があるので、このころからマルチコア対応ソフトの開発も進みました。

Coreマイクロアーキテクチャ/CPUソケット:LGA 775版/2006年~2009年まで主流
開発コード名: ファミリー コア数 プロセス
Conroe(コンロー) Core 2 Duo E6000番台 2コア 65nm
Kentsfield (ケンツフィールド) Core 2 Quad Q6000番台 2コア × 2
Wolfdale(ウルフデール) Core 2 Duo E8000番台
Core 2 Duo E7000番台
2コア 45nm
Pentium Dual-Core E6000番台
Celeron Dual-Core E3000番台
Yorkfield (ヨークフィールド) Core 2 Quad Q9000番台
Core 2 Quad Q8000番台
2コア × 2

Core 2 DuoやCore 2 Quadなど
Coreマイクロアーキテクチャのデュアルコアには、Core 2 Duo、Pentiumデュアルコア、Celeronデュアルコアがあります。

Core 2 Quad解説
Coreマイクロアーキテクチャ登場の翌年、2007年1月にはCore 2 Duoの上位版としてクアッドコアのCore 2 Quadが登場。急な低価格化もあってクアッドコアブームを巻き起こしました。しかし、デュアルコアを2つ内蔵しただけなのでこの段階では「真のクアッドコア」ではありません。4コアが統合された真のクアッドコアは、2008年登場のNehalemマイクロアーキテクチャ(Core i7シリーズ)からです。

Coreマイクロアーキテクチャの構造

Coreマイクロアーキテクチャの基本構造を解説します。CPUソケットはLGA 775。CPUが各パーツとアクセスするためにはチップセットを経由します。

Coreマイクロアーキテクチャ構造図
チップセットはノースブリッジとサウスブリッジの2つ。CPUとノースブリッジはFSBによって接続。メモリ規格はDDR2が主体でしたが、一部のチップセットは次世代となるDDR3にも対応していました。ただ、このころはDDR3が高価だったのでDDR3の搭載は稀でした。メモリはデュアルチャンネルに対応。

ノースブリッジ

このころのCPUは、すべてチップセットを介してCPUが各PCパーツとコンタクトを取っていました。PCパーツのなかでも高速転送されるグラフィックカード(GPU)やメモリは、ノースブリッジを介してCPUとやり取りします。ノースブリッジによっては内蔵グラフィック(オンボードグラフィック)を持つものがあり、ライトな使用であればグラフィックカードを必要としません。

サウスブリッジ

サウスブリッジは比較的低速なパーツとの中継になります。キーボードやマウスなどのI/Oコントローラ、USB端子などの外部インターフェース、HDD・SSDなどです。 CoreマイクロアーキテクチャのSATA規格対応ではSATA2.5(3Gbps)に対応し、後に登場するSATA3.0(6Gbps)には未対応です。

Coreマイクロアーキテクチャのチップセット(ノースブリッジ)

Gがつく、G31~G35、G41~G45ではオンボードグラフィックを内蔵。G45のGMA X4500HDで、ようやくブルーレイや地デジなどのHDコンテンツがオンボードグラフィックで対応できるレベルになりました。Coreマイクロアーキテクチャでは4シリーズのチップセットが最後。

Coreマイクロアーキテクチャ/後期のチップセット(ノースブリッジ)
チップセット
(ノースブリッジ)
対応CPU
※Core 2 Duo / Quad以外
オンボード
グラフィック
対応メモリ システムバス
FSB
X48 Core 2 XE、Pentium
Celeron (800MHz FSB以上)
- PC3-12800
PC2-6400
1600MHz
P45 Celeron (800MHz FSB以上) - PC3-8500
PC2-6400
1333MHz
P43 Celeron (800MHz FSB以上) - PC3-8500
PC2-6400
1333MHz
G45 Celeron (800MHz FSB以上) GMA X4500HD PC3-8500
PC2-6400
1333MHz
G43 Celeron (800MHz FSB以上) GMA X4500 PC3-8500
PC2-6400
1333MHz
G41 Celeron (800MHz FSB以上) GMA X4500 PC3-8500
PC2-6400
1333MHz
X38 Core 2 XE、Pentium
Celeron (800MHz FSB以上)
- PC3-10600
PC2-6400
1333MHz
P35 Core 2 XE、Pentium
Celeron (800MHz FSB以上)
- PC3-8500
PC2-6400
1333MHz
P31 - - PC2-6400 1333MHz
G35 - GMA X3500 PC2-6400 1333MHz
G33 Pentium
Celeron (800MHz FSB以上)
GMA 3500 PC3-8500
PC2-6400
1333MHz
G31 - GMA 3500 PC2-6400 1333MHz

Coreマイクロアーキテクチャの課題点

グラフィックカードやメモリが直接CPUにアクセス出来ないので、ノースブリッジを中継するタイムロスがデメリットです。次世代のNehalemマイクロアーキテクチャから、このノースブリッジの機能がCPUに内蔵されるようになり、ダイレクトにアクセスできるようになります。

Coreマイクロアーキテクチャのデュアルコア

Coreマイクロアーキテクチャのデュアルコアでは2コアを実装。2次キャッシュメモリが共有して使われます。主なブランドは「Core 2 Duo、Pentium Dual-Core、Celeron Dual-Core シリーズ」。 同じCoreマイクロアーキテクチャの技術でも、後期では改良が加えられリニューアルされています。プロセスルールは「65nmか45nm」。FSBは「800 MHz、1066 MHz、1333 MHz」。 同技術間での区分けは開発コード名で把握すると理解しやすいです。黎明期はConroe(コンロー)。後半はWolfdale(ウルフデール)です。

Core 2 Duo

開発コード名:Conroe(コンロー)

前期のCore 2 Duoです。 (2006年7月~)。プロセッサナンバーはE6000番台。プロセスルールが65nm。
プロセッサーナンバー コア数 動作周波数 2次キャッシュ FSB プロセス
Core 2 Duo E6700 2コア 2.66 GHz 4 MB 1066 MHz 65nm
Core 2 Duo E6600 2.40 GHz
Core 2 Duo E6420 2.13 GHz
Core 2 Duo E6320 1.86 GHz
Core 2 Duo E6850 2コア 3.00 GHz 4 MB 1333 MHz
Core 2 Duo E6750 2.66 GHz
Core 2 Duo E6550 2.33 GHz
Core 2 Duo E6540 2.33 GHz

開発コード名:Wolfdale(ウルフデール)

後期Core 2 Duo (2008年1月~) 。プロセスルールが以前の65nmから45nmへと微細設計化。プロセッサナンバーは上位のE8000番台、廉価版のE7000番台です。2次キャッシュメモリやFSBにスペックの差があります。
プロセッサーナンバー コア数 動作周波数 2次キャッシュ FSB プロセス
Core 2 Duo E8600 2コア 3.33 GHz 6 MB 1333 MHz 45nm
Core 2 Duo E8500 3.16 GHz
Core 2 Duo E8400 3.00 GHz
Core 2 Duo E8300 2.83 GHz
Core 2 Duo E8200 2.66 GHz
Core 2 Duo E7600 2コア 3.06 GHz 3 MB 1066 MHz
Core 2 Duo E7500 2.93 GHz
Core 2 Duo E7400 2.80 GHz
Core 2 Duo E7300 2.66 GHz
Core 2 Duo E7200 2.53 GHz
Wolfdale(ウルフデール)のPentium Dual-Coreは、Core 2 Duoの下位ファミリー。2次キャッシュメモリが少ないです。一部の機能が制限されたりと下位仕様↓
プロセッサーナンバー コア数 動作周波数 2次キャッシュ FSB プロセス
Pentium Dual-Core E6800 2コア 3.33 GHz 2 MB 1066 MHz 45nm
Pentium Dual-Core E6700 3.20 GHz
Pentium Dual-Core E6600 3.06 GHz
Pentium Dual-Core E6500 2.93 GHz
Pentium Dual-Core E6300 2.80 GHz
Wolfdale(ウルフデール)のCeleron Dual-Coreは、Pentium Dual-Coreの下位ファミリー。2次キャッシュメモリが最も少なく、FSBも低いです。一部の機能が制限されたりとさらに下位仕様↓
プロセッサーナンバー コア数 動作周波数 2次キャッシュ FSB プロセス
Celeron Dual-Core E3500 2コア 2.70 GHz 1 MB 800 MHz 45nm
Celeron Dual-Core E3400 2.60 GHz
Celeron Dual-Core E3300 2.50 GHz
Celeron Dual-Core E3200 2.40 GHz

Coreマイクロアーキテクチャのクアッドコア

Coreマイクロアーキテクチャのクアッドコアでは、4コアのネイティブではなく、2コア×2を実装。つまり、デュアルコアを2つパッケージ化した「なんちゃってクアッドコア」。ブランドは「Core 2 Quadシリーズ」でCore 2 Duoの上位ブランド。

Core 2 Quadシリーズ
2次キャッシュメモリが共有して使われます。デュアルコアが2つあるため、2次キャッシュメモリも2つあります。 同じCoreマイクロアーキテクチャの技術でも、後期では改良が加えられリニューアルされています。プロセスルールは「65nmか45nm」。FSBは「1066 MHz、1333 MHz」。 同技術間での区分けは開発コード名で把握すると理解しやすいです。黎明期はKentsfield (ケンツフィールド)。後半はYorkfield (ヨークフィールド)です。

開発コード名:Kentsfield (ケンツフィールド)

2007年1月に登場したCore 2 Quad Q6000番台。プロセスルールは65nm。特にCore 2 Quad Q6600は2007年末に大幅値下げされた経緯があり、一般ユーザーがクアッドコアを普通に導入するようになった「クアッドコア・ブーム」の火付け役でした。
プロセッサーナンバー コア数 動作周波数 2次キャッシュ FSB プロセス
Core 2 Quad Q6700 2コア × 2 2.66 GHz 4 MB × 2 1066 MHz 65nm
Core 2 Quad Q6600 2.40 GHz

開発コード名:Yorkfield (ヨークフィールド)

2世代目のCore 2 Quad。2008年から2009年にかけてラインナップが登場。プロセスルールが以前の65nmから45nmへと微細設計。さらに以前の1066 MHzから1333MHz FSBへ引き上げ。Q8000シリーズは廉価版で、2次キャッシュが少なめです。プロセッサーナンバー末尾にsがつくのは省電力版。
プロセッサーナンバー コア数 動作周波数 2次キャッシュ FSB プロセス
Core 2 Quad Q9650 2コア × 2 3.00 GHz 6 MB × 2 1333 MHz 45nm
Core 2 Quad Q9550
Core 2 Quad Q9550s
2.83 GHz
Core 2 Quad Q9450 2.66 GHz
Core 2 Quad Q9505 2コア × 2 2.83 GHz 3 MB × 2 1333 MHz
Core 2 Quad Q9400
Core 2 Quad Q9400s
2.66 GHz
Core 2 Quad Q9300 2.50 GHz
Core 2 Quad Q8400
Core 2 Quad Q8400s
2コア × 2 2.66 GHz 2 MB × 2 1333 MHz
Core 2 Quad Q8300 2.50 GHz
Core 2 Quad Q8200
Core 2 Quad Q8200s
2.33 GHz

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2020年6月8日(月)まで】
全XPS / Gシリーズ、Inspiron 13・14・15・17シリーズに対象あり!20%オフクーポン!
6年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天ポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天ポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

初めてでも分かる!パソコン・パーツ知識 > CPU解説のTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.