DELL(デル)パソコン購入レビューDELLユーザーのパソ兄さんが、パソコン・パーツの選び方や基礎知識をまとめたコンテンツです。
パソコン購入術のサイトマップ】 【DELLの購入タイミング、キャンペーン情報
DELLノートパソコンレビュー
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. OS項目
  4. 現在ページ

Windows 7の解説

2009年10月22日に登場したWindows 7は、1985年のWindows 1.0から数えて7世代目。操作性、インターフェース、互換性など、Vistaユーザーの意見を取り入れたので完成度が高い。Vistaの不満を払拭したWinodws!

クーポン割引で、もっとお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

4つのエディション

Windows 7 には搭載される機能が異なるいくつかの派生版があります。これがエディションです。4つあり、Home Premium、Professional、Ultimate、Starterです。Windows 7発売後、15日間の累計販売数は、Vistaの時よりも倍以上だったようです。

Home Premium

Windows 7 Home Premium

一般家庭向けとしてメインとなるエディション。 Windows Aeroの美しい操作画面(ユーザーインターフェース)やWindows 7の基本機能を搭載。XP仮想OSの「XP Mode」やドメイン参加機能はない。

XP互換モードがあるので、大概のXPソフトは対応できる。Windows 基本的な機能 Aeroシェイク、Aeroプレビュー、スナップ、新タスクバー、テーマ、 ガジェット、検索、ライブラリ、Internet Explorer 8、ホームグループ、VAN、Windows Media Player 12、メディアストリーミング、 Windows Media Center

Professional

Windows 7 Professional

ビジネス向けとしてメインとなるエディション。 Home Premiumの機能に加え、Windows XP仮想OSの「XP Mode」やドメイン参加機能、ネットワーク対応自動バックアップ機能などが追加。

※Windows XPモードの注意事項

Windows XPモードを使うには、Intel VTおよびAMD-Vといった仮想化技術に対応したCPUが必要。また、DirectXには対応していないため、 DirectXを必要とする3Dゲームはプレイできない。周辺機器もUSB接続のみであり、過度に期待できるものではない。

Ultimate

Windows 7 Ultimate

Windows 7のすべての機能を搭載。 その他のエディションにはない、BitLockerや多言語対応が追加。BitLocker、BitLocker To Goで情報漏えいの対策、35の言語に対応しており海外との仕事にも使える。

Starter

Windows 7 Starter

低価格・低性能のミニノートに提供されるエディション。 Windows Aeroが無効、壁紙変更不可など、機能に制限が入り、OS自体のコストダウンがされている。(Aeroスナップや拡大鏡は健在)。

メーカー製パソコンへのOEM限定で、各メーカーのカスタマイズがされる。OSだけを入手することはできない。

エディション 32bit 64bit
Windows 7 Home Premium 最大3.5GBメモリ前後 最大 16GBメモリ
Windows 7 Professional 最大 192GBメモリ
Windows 7 Ultimate

Windows 7 に必要なスペック

Windows 7のパフォーマンスアップ箇所

Windws 7は、従来よりもマルチコアに最適化されたシステムで、起動の早さ、快適操作感など、向上が見られます。同構成で実施した3Dゲームのベンチマークテストにおいても、Vistaより数パーセントの向上がみられる例があります。

HD動画(高精細動画)の再生も、Windows7のほうがCPUに軽い負担で済む構造となっています。エディションがProfessional以上であれば「Windows XP Mode」によって、XPオンリーだったソフトも利用でき、ビジネスユーザーにも安心なOSというわけです。

Windows 7ではメモリの消費を減少

Vistaではユーザーが意識していないバックグラウンドで多々プログラム稼動している場合が多く、メモリを余計に消費していました。 しかし、Windows 7ではバックグラウンドで勝手に稼動することはありません。ユーザーが触らない限りは、稼動しない仕組みになっています。例えば、「Bluetooth機能が起動するのはBluetoothデバイスが接続されたときのみ」などです。ウィンドウを開くたびにメモリを消費していたVistaですが、Windows 7ではメモリ使用量が一定を保っています。環境にもよりますが、Vistaと比べると200~300MBほどメモリ消費を抑えられるようです。

高速レスポンス

Windows7ではシステムが効率よくメモリを利用し、高度なマルチタスク処理をすることによって高速化が図られています。そのため、電源を入れたときの起動が速い。
起動時間は、XPに比べ約10%、Vistaに比べ約40%も短縮。 シャットダウン時間は、WindowsXPに比べ30%短縮。シャットダウンはVistaに比べ約10%の短縮を実現したとのこと。

マルチスレッドにネイティブ

Windows 7はマルチスレッド動作するように設計されています。Windows 7 32 ビット版は、最大32 コアをサポート。64 ビット版は最大 256 コアをサポート。

クーポン割引で、もっとお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ
次は、Windows 7のユーザーインターフェースへ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.