DELL(デル)パソコン購入レビュー
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. 電源ユニット知識の項目
  4. 現在ページ

電源コネクタの種類

電源ユニットからの電力は各PCパーツに供給されますが、その各パーツに接続される電源コネクタを紹介します。自作パソコンもほとんどのメーカーパソコンも、共通のコネクタを採用しています。

電源コネクタの接続先

パソコンの電源をチェックしよう
電源ユニットに取り付けられている電源コネクタを紹介しますが、ざっと以下の様なコネクタがあります。

  • ATXメインコネクタ ⇒ マザーボード用電源で、チップセット、メインメモリや拡張カードへの供給
  • ATX12Vコネクタ ⇒ CPU用電源
  • PCI Express電源コネクタ ⇒ ハイエンド・グラフィックカードの補助電源用に
  • SATA電源コネクタ ⇒ SATA規格のHDD、SSD、光学ドライブに
  • ペリフェラルコネクタ ⇒ 旧規格であるIDEのHDDや光学ドライブなどに。今はあまり使われない
  • FDDコネクタ ⇒ FDD用、内蔵型カードスロット用で現在はあまり使われない

プラグイン型の電源ユニットとは

ケーブルの長さにも要チェックです。メーカーPCに搭載されていたものは長さ調整されている場合がほとんど。市販品ではわりと長めのものが多いです。

上記の写真のようにケーブルが電源ユニット本体に直結しているタイプを「直結型」といい、すべてのケーブルが本体から着脱できるタイプを「プラグイン型」といいます。また、一部のケーブルだけプラグインできる「一部プラグイン型」があります。PCケース内がケーブルで騒がしくなるようであれば、「プラグイン型」がお勧めです。

画像で確認する、プラグイン型の電源ユニットプラグイン型の電源ユニット。

パソ兄さんがお勧めするDELLパソコンを、普通に買うよりお得に!!

ATXメインコネクタ(マザーボード用電源)

パソコン購入ガイド/ATXメインコネクタ
ATXメインコネクタは、マザーボード電源用コネクタでもっとも太いケーブルでまとまっています。このコネクタからは「スタンバイ用電源、チップセット」へ電源供給され、各スロットを介してメインメモリや拡張カードへ電源供給されます。

以前(Pentium 4世代)は20ピンでしたが、2006年ごろ「ATX12Vバージョン2.2」になると、24ピンへ拡張されました。ピンが増えたのは消費電力増加に対応するための拡張仕様です。
電源ユニットによって、「20ピン+ 4ピン」の分離可能タイプと、「24ピン固定」のタイプがあります。分離可能タイプであれば20ピンの旧式マザーボードでも接続することができます。

パソコン購入ガイド/マザーボードに接続
ATXメインコネクタをマザーボードに接続した様子。

PCI Express拡張スロットからの電源供給
スタンバイ用電源、チップセットほか、スロットを介して「メモリ、拡張カード」への電源供給となります。
拡張カードでもハイエンドグラフィックカードになると、PCI Express拡張スロットからの電源供給では電源不足になるので、後述するPCI Express電源コネクタによる補助電源が必要になります。

変換コネクタで24ピンに
こちらは以前使われていた20ピン。変換コネクタで24ピンにできますが、これを使うぐらいなら電源ユニットを買い換えたほうがいいと思います。

ATX12V(4ピン)と、EPS12V コネクタ(8ピン)

パソコン購入ガイド/ATX12V / EPS12V
ATX12Vは、CPUに電源を供給するコネクタです。(Pentium 4の市場初投入時、CPU用電源にDC12Vを使うことが策定された)。ATX12Vは、ATXメインコネクタと同じく+12Vですが、ATXメインコネクタとは独立した出力系統になっています。ATX12Vは4ピンのコネクタですが、8ピンであるEPS12Vコネクタとして使えるように「4ピン+ 4 ピン」のコネクタもあります。

ATX12Vは4ピンのみの電源ユニット
ATX12V / EPS12V コネクタをCPU電源供給のために接続。この例ではEPS12V準拠のマザーボードではないので残りの4ピンは余らせておきます。 ATX12Vは4ピンのみの電源ユニットでは、ストレートに4ピンを接続。

EPS12Vコネクタとは (Entry Chassis Power Supplies)

EPS12VコネクタはATX12Vコネクタの後継であり、上位互換を持つ。ATX12Vよりも高い電源供給が可能で、2CPUを搭載するシステムなど+12Vに最も大きな出力が求められる機器で必要となる。サーバーやワークステーションで主に使われる電源仕様。1CPU環境でもオーバークロック動作時、ATX12V(4ピン)では電源不足になる場合もあるため、EPS12Vコネクタを装備するマザーボードが販売されている。ハイエンドマザーボードではEPS12V × 2つを装備する製品がある。

※Server System Infrastructure(SSI) Forumで策定されていることから「SSI EPS 12V」とも呼ばれる。

PCI Express電源コネクタ

パソコン購入ガイド/PCI Express電源コネクタ
ハイエンド・グラフィックカードは、拡張スロット(PCI Express × 16 スロット)からの電源供給では電力不足となるので、補助電源を接続します。その補助電源のコネクタが「PCI Express電源コネクタ」です。

PCI Express電源コネクタはもともと6ピン(75W)ですが、さらに高い電力用に8ピン(150W)も用意されました。どちらにも対応できるように「6ピン+2ピン」で分離可能なコネクタがあります。

「6ピン+2ピン」コネクタ
6ピンを接続するタイプのグラフィックカード。 「6ピン+2ピン」コネクタなら2ピンが余ります。

DELLパソコンの電源6ピンを2コネクタ
6ピンを2コネクタ接続するタイプのグラフィックカード。

補助電源は必要ありません
ローエンド・グラフィックカードでは、PCI Express × 16 スロットからの電力で対応出来ます。その大本はATXメインコネクタからの電源(マザーボード用電源)。PCI Express電源コネクタによる補助電源は必要ありません。

SATA電源コネクタ

パソコン購入ガイド/SATA規格パーツに使う電源コネクタ
SATA電源コネクタは、SATA規格パーツに使う電源コネクタ。ほとんどが芋づる式で構成されています。電源ユニットでもっとも数の多いコネクタだと思われます。

HDDやSSD、光学ドライブ、補助電源のいる拡張カード
SATA規格のPCパーツには、HDDやSSD、光学ドライブ、補助電源のいる拡張カード(グラフィックカードを除く)などがあります。たくさん増設して拡張するなら多くのSATA電源コネクタが必要です。

ペリフェラルコネクタ

画像4ピン ペリフェラルコネクタ
SATA以前に主流だった、IDE規格のHDDや光学ドライブ用で使われていたコネクタが、4ピンのペリフェラルコネクタです。最新のパソコンでは使われなくなったコネクタです。

PCI Express電源コネクタ
変換プラグを用いてSATA電源コネクタやPCI Express電源コネクタにすることが可能。

FDDコネクタ

パソコン購入ガイド/FDDコネクタ
あまり使われなくなった4ピンのFDDコネクタ。フロッピーディスクドライブや内蔵型カードスロット(ベイアクセサリ)用に使われます。低出力なので出力の大きいデバイスには向きません。

キャンペーン適用価格のDELL公式ページへアクセス!

デル株式会社
電源ユニットの基礎知識・項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.