DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. パソ兄さん HOME
  2. パソコン・パーツ知識
  3. PCケースとマザーボード
  4. アルミボディ

ノートPC筐体素材(その2)~ アルミボディ

ノートPC筐体のボディ素材や、表面加工についてのまとめ。多くのエントリー製品ではポリカーボネート(工業プラスチック)だが、外装にアルミ素材を張り付けたもの、鋳造またはプレス加工のアルミボディや、軽量化のためにマグネシウム合金を用いたもの、一部に繊維強化プラスチック(カーボンファイバやガラスファイバ)を用いたものがある。さらに上級モデルでは、アルミの塊から削り出した高級ボディの製品もある。

素材と表面加工

アルミ筐体~どの部材がアルミなのか ※アルミ削り出しを除く

アルミ素材を用いたノートでは、ポリカーボネート(工業プラスチック)と組み合わせたパターンが多い。どの部分がアルミになるのか、製品によって組み合わせがマチマチである。もちろん、全部材がアルミ素材というオール・アルミボディも存在する。 ※ここでいうアルミボディとは、「アルミ削り出し」を除く

部材は大きく分類して、「天板部 ・ パームレスト部 ・底面部」

シャーシ(枠組み)を持たないシンプルな構造のノートPC筐体では、「天板部 ・ パームレスト部 ・底面部」の3つに分類される。そしてパームレスト部または底面部のどちらかが、トレイのような器形状となっている。パームレスト部がトレイ形状の場合は、トレイを逆さにした状態になる。図を見ての通り、端子が配置される側面は、必ずトレイ・ボディの一部である。

ノートPCの筐体構造アルミボディのノートPCでは「3つのうち、どこの部材にアルミ素材を用いるのか?」が注目ポイント。トレイ形状の部材がアルミだと、表面積が一番大きいのでアルミボディらしさが強調される。つまり、そこがポリカーボネートだと、アルミボディの印象は半減するということ。3つの部材すべてアルミの場合は「オール・アルミボディ」とする。

天板部

天板部

アルミボディを語るなら、まず天板アルミは必須。ディスプレイを閉じているときは、天板がノートの顔のようなもの。車で例えれば、内装よりも外装を重視する感じ。
パームレスト部

パームレスト部

パームレスト部がアルミだと、直接操作するキーボード面であるため、操作中の優越感が大きい。車で例えれば、外装よりも内装を充実させる感じ。天板もアルミだとなおよし。
底面部

底面部

底面部がトレイ形状のノートで、その底面部がアルミだと、表面積が一番大きいのでアルミボディらしさが強調される。そこがポリカーボネート(工業プラスチック)だと、アルミボディの印象は半減する。

底面部がフラットカバーのタイプは、表面積が比較的小さく隠れがちなので、そこだけアルミ素材ということはまず無い。アルミボディは美観要素がメインのため、隠れがちな底面だけアルミ素材というは考えにくい。

開閉カバーのタイプ

。内部アクセスで開閉するカバー次はカバーのタイプをチェック。内部アクセスで開閉するカバーは、3タイプに分類できる。それによってマザーボードが底部に固定されるのか、上部(パームレスト側)に張り付くのかが、決まってくる。

底面カバー
トレイ タイプ

底面カバー

底面カバーのタイプは、パームレスト部のほうにマザーボードが固定されている。(当然のことながら、カバー側にはマザーボードがつくはずない)。そのため、内部アクセスのときはPCを裏側に引っくり返す。

あとはカバーがトレイ形状かフラットな形状かの違い。フラットのほうはカバー側に端子側面がないため開閉が比較的楽である。

フラット タイプ
フラット タイプ
マザーボードは底面部

パームレスト・カバータイプ

パームレストがそのままカバーになっているタイプ。マザーボードは底面部に固定されている。開閉の際には、キーボードパーツを取り外す手間がかかる。

開閉カバーのタイプ、およびアルミが各部材に使われている例を以下で紹介する。

底面カバー・トレイ タイプ

天板アルミ、パームレスト アルミ、底面ポリカーボネート底面カバー・トレイ タイプの例を見てみよう。この製品のアルミボディの内訳は、「天板アルミ、パームレスト アルミ、底面ポリカーボネート」となっている。マザーボードはパームレスト側に張り付く構造。サンプルは、2020年1月7日にレビューしたDELL Vostro 13(5391)。

DELL Vostro 13(5391)まず天板がアルミ素材。底部がポリカーボネート。側面から見ると、材質が違う天板と底面部では、色合いが微妙に異なる。

Vostro 13(5391)のアルミ・パームレストパームレストがアルミ素材。

底面部がポリカーボネート底面部はトレイ形状で、開閉カバーとなっている。表面積の大きい底面部がポリカーボネートなので、部分的なアルミボディの印象となってしまう。

内部アクセスはひっくり返した状態パームレスト側に固定されるマザーボード。底面部が開閉カバーなので、内部アクセスはひっくり返した状態で行う。

ポリカーボネートのカバーポリカーボネートの底面部は、この通りトレイ形状になっている。

底面カバー・トレイ タイプ ~ オール・アルミボディ

3つの部材がアルミ素材のオール・アルミ次は底面カバー・トレイ タイプで、3つの部材がアルミ素材のオール・アルミの例。マザーボードはパームレスト側に張り付く構造。サンプルは2017年11月にレビューしたDELL Inspiron 13(7370)。

トレイ形状底面のすべてがアルミ天板、パームレスト、トレイ形状底面のすべてがアルミ素材。

パームレスト部がフラットつなぎ目から、パームレスト部がフラットと判断できる。

端子部分の面も底面と同じ一枚板底面部がトレイ形状のカバーのため、端子部分の面も底面と同じ一枚板。

底面カバー・フラット タイプ

カバー・フラット タイプの例次は底面カバー・フラット タイプの例を見てみよう。サンプルは、2013年11月レビューのInspiron 15-7537。この製品のアルミボディ内訳は、天板部アルミ、パームレスト部アルミ、底面部ポリカーボネートの構成。

パームレスト部が(ひっくり返した)トレイ形状で、表面積の広いここがアルミ素材のためアルミボディの印象が強い。底面だけポリカーボネートだがフラットカバーのため、ほとんど視界に入らない。

2013年11月レビューのInspiron 15-7537被さるように配置された天板アルミ。(トレイ状ですっぽり覆っている)

(ひっくり返した)トレイ形状パームレスト部が(ひっくり返した)トレイ形状で、キーボード面のパームレストから端子のある面まで「一枚板のアルミ」になっている。表面積の広いここがアルミ素材のためアルミボディの印象が強い。逆にここがポリカーボネートだと、アルミボディの印象は弱くなる。

フラットでポリカーボネート素材裏から見ると、パームレストのアルミ板がトレイ形状であることが確認できる。底面部カバーはフラットでポリカーボネート素材。底面部カバーは通常の設置状態では完全に隠れる場所なので、全体的にアルミボディの製品として捉えやすい。

底面カバー・フラット タイプ(オール・アルミボディ)

3つの部材がアルミ素材のオール・アルミの例底面カバー・フラット タイプで、3つの部材がアルミ素材のオール・アルミの例。パームレスト部が逆さまにしたトレイ形状で、そちら側にマザーボードが固定される。サンプルは、2019年10月にレビューしたDELL Inspiron 13 7000 2-in-1 (7391)。

逆さにしたトレイ形状天板アルミ、パームレスト部は逆さにしたトレイ形状でアルミ。

パームレスト部(キーボード面)も端子面一枚板なのでパームレスト部(キーボード面)も端子面もアルミ素材。

横長のスリットパームレスト部は逆さにしたトレイ形状。ここもアルミ素材。

マザーボードが固定パームレスト部側にマザーボードが固定されている。

ボディにはめ込むための梁とフックはプラスチック底面カバー・フラット。少しカーブ面があるが基本はフラット。ボディにはめ込むための梁とフックはプラスチックだが、底面そのものはアルミ素材。天板・パームレスト・底面カバーの3点すべてアルミ素材。

Inspiron 13 7000 2-in-1 (7386)ついでに、Inspiron 13 7000 2-in-1 (7386)も同様。全体(3つの部材)がアルミ素材の「オール・アルミボディ」。パームレストがトレイ形状を逆さまにした状態で、端子部分まで一枚板のアルミ。天板と底面カバーもアルミ。ただ、オール・アルミといっても塊から削り出した「アルミ削り出し」ではないので、削り出しのような重厚感や堅牢性は無い。

パームレスト・カバータイプ

開閉カバーパームレストがそのまま開閉カバーになっているタイプ。マザーボードは底面部に固定されている。この構造のサンプルとしてInspiron 13z-N301zを掲載する。このページはアルミボディのコンテンツであるが、分解されているもので最適なサンプル写真がなかったのでオール・ポリカーボネートとなっている。

パームレストを取り外すカバーになっているパームレストを取り外すと、そのまま内部にアクセス。

格納された底面部マザーボードなどが格納された底面部。このモデルではここからHDDの換装を行う。

メモリ、バッテリーの着脱このモデルでは底面側からメモリ、バッテリーの着脱が可能。

備考:シャーシ構造のタイプ

上記の構造に該当しないシャーシ構造のタイプを一応紹介。上位機種にあるような堅牢性の高いモデルでは、枠組みというシャーシ構造を持っており堅牢性が高い。

天板とパームレストがアルミサンプル・モデルはXPS 17(L701X)。このタイプは筐体ベース(底面)がポリカーボネートであるため、表面を「薄いアルミ素材」で覆うことで、見た目をアルミボディにしている。アルミ筐体とまではいかないので、「外装アルミボディ」の言うのが適切だろう。

被さっているアルミ素材自体は薄いのだが、一体化しているとアルミ自体の厚みはわかりにくい。表面は本物のアルミであるため、見栄えや手触りに高級感が増す。

ディスプレイの背面天板アルミは被さるようにしてディスプレイの背面に設置される。

裏側にポリカーボネートのパームレスト・ブラケットパームレストが外装アルミなので、裏側にポリカーボネートのパームレスト・ブラケットが取り付けてある。

アルミ素材は非常に薄い横から見ると分かるが、外装となるアルミ素材は非常に薄い。アルミで剛性うんぬん・・というものではない。装飾的なアルミ素材となる。

ポリカーボネート(PC)とABSの混合樹脂パームレストの裏側にはPC+ABSの刻印。ポリカーボネート(PC)とABSの混合樹脂。

ポリカーボネート(PC)とABSの混合樹脂パームレスト・カバータイプと言いたいところだが、パームレストの下はマグネシウム合金のシャーシになっており、ここからの内部アクセスはできない。底部がトレイ形状のタイプで、内部アクセスは底面側から行う。

ポリカーボネート底面部をごっそり開けなくても、メモリやストレージにはアクセスできる。底部の素材はポリカーボネート(工業プラスチック)。

アルミ素材への表面処理

アルミ素材はアルマイト加工でさらっとした手触りになる。アルマイト加工(陽極酸化処理)とは酸化皮膜を生成させる表面処理で、これにより耐食性と耐摩耗性が向上する。 そして様々な表面処理によるデザインが可能。

梨地加工(サンド・フィニッシュ)

サンド ブラストサンドブラストの梨地加工。砂などの研磨材を吹き付ける加工法が「サンド ブラスト」で、表面を物理的にザラザラにして非光沢にする。皮革製品のシワ模様をシボと呼ぶことに因んで「シボ加工」とも言う。またサンド・フィニッシュとも呼ぶ。

ヘアライン加工

ヘアライン・フィニッシュともいう単一方向に非常に細かい傷をつける加工法が「ヘアライン加工」。つや消しの効果の他に、より一層、金属的なインパクトを与える。ヘアライン・フィニッシュともいう。

蒸着

アルミ素材に蒸着を施してカラーバリエーションも可能。蒸着とは、金属や酸化物を蒸発させて付着させる表面処理(薄膜形成)。真空状態で行ったものを真空蒸着という。材料の表面に金属の薄膜を被覆するメッキ加工。

ゴールドのモデルサンド フィニッシュの後に蒸着した例。

蒸着ヘアライン加工の後に蒸着した例。

ダイヤモンドカット

ダイヤモンドバイトダイヤモンドカット(ダイヤカット)では、ダイヤモンドバイトという「精密金型加工に適した刃先の道具」で金属を削るため、そう呼ばれる。アルミの地色を削り出す表面処理加工法であり、金属を削り出したそのままの肌がデザイン性を高める。

素材と表面加工

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!キャンペーン情報!

DELLクーポン情報

【2021年1月18日(月)まで】
★Inspiron (3881) 、Inspiron 24-5000 / Inspiron 27-7000 に、 18%オフクーポン!
★上記以外および、Alienwareシリーズには17%オフクーポン!
★7年連続世界シェア1位!DELLモニタがオンライン・クーポンで10%オフ

【2021年1月25日(火)まで】
Amazonギフト券 10,000円分、プレゼントキャンペーン

★第10~11世代のCore i5/ i7/ i9搭載製品購入者から抽選で「300名様」にAmazonギフト券10,000円分をプレゼント。キャンペーン期間中に一定の条件を満たすと、自動的にエントリーが完了。

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天ポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天ポイント7,500ポイントプレゼント!

※パソ兄さんサイトの経由特典となっており、リンク先の優待専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26に内容改定~予告なく変更または終了する場合があります。

8万円以上購入なら ⇒ 【 3,000ポイント付与の優待専用ページへ招待

15万円以上購入なら ⇒ 【 7,500ポイント付与の優待専用ページへ招待

DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」  ※出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

PCケースとマザーボード 項目トップ

パソ兄さん HOME

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん All Rights Reserved.