DELL(デル)パソコン購入レビュー
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパーツ知識
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. インターフェース知識の項目
  4. 現在ページ

Bluetooth(ブルートゥース)

Bluetoothのアダプタ1つで、複数のBluetooth対応機器と無線接続できます。メーカーの独自規格ではないので、対応機器であればメーカーは問いません。異なるメーカーの組み合わせでも、キーボード、マウス、プリンタ、ヘッドセットなどBluetoothで無線を統一できます。

Bluetoothのバージョン

エリクソン、インテル、IBMなどが中心となって展開してきたBluetoothには以下のバージョンを経て現在に至ります。普及の兆しを見せたのは2003年頃でVer.1.1からです。

Ver 1.1
Basic Rate(BR)
以前の初期バージョンから修正が加えられ規格が安定し、本格的な普及となったバージョン。
  • 最大実効速度:下り723.2kbps/上り57.6kbps。
Ver 1.2
Basic Rate(BR)
2003年11月~
インターネットに使われる無線LAN規格で、2.4GHz(IEEE 802.11/b/g)との干渉対策がされたバージョン。ただ完全な対策はされていない。
  • 最大実効速度:下り723.2kbps/上り57.6kbps。
Ver 2.0
+EDR
2004年11月~
高速化機能EDR(Enhanced Data Rate)を追加したバージョン。
  • 最大実効速度:下り2178.1kbps/上り177.1kbps。
Ver 2.1
+EDR
2007年3月~
Bluetoothで接続するには、周辺機器とアダプタとの認識(ペアリング)が必要だが、そのペアリングを簡略化。近距離無線通信のNFC(Near Field Communication)に対応。周辺機器の節電になる「Sniff Subrating」機能を搭載。
  • 最大実効速度:下り2178.1kbps/上り177.1kbps。
Ver 3.0
+HS
2009年4月~
理論上、最大速度24Mbpsの高速度通信(HS:High Speed)が可能。
さらに省電力性を向上。
非互換バージョン:
Ver 4.0

+Bluetooth LE
2009年12月~
BR/EDRと後方互換を持たないが大幅に省電力化。転送速度は1Mbps。
Bluetooth LE(Low Energy)とは、Bluetooth Ver 4.0 から追加になった低消費電力の通信モード。

Bluetoothのクラス

Bluetoothには各機器ごとに、電波強度規定および伝送距離でクラス分けされています。

無線LANとの干渉について

ただ、2.4GHzの周波数帯を用いているため、同周波数の無線LAN環境でインターネットをしていると電波干渉の恐れがあります。その場合、2.4GHz以外の周波数の無線LANと併用するか、どちらか一方にするほうがいいでしょう。

同時に接続できるデバイス数

Bluetooth公式仕様では、同時に7 台まで対応するといいます。しかし様々な環境例によって一概に確定とはいえないため、トラブルなく接続するという意味では「3 ~ 4 台」と見積もっておくのが無難です。

DELLクーポン情報

【2019年3月18日(月)まで】
XPS / Inspiron デスクトップがお得!18%オフクーポン
Amazonギフト券5千円分を抽選で500名様にプレゼント!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

※DELL 「顧客満足度調査 2018-2019 ノートPC部門1位 / デスクトップPC部門1位」
日経コンピュータ 2018/9/13号-Nikkei BP
※DELLモニタ 5年連続・世界シェアNo.1!上記リンク先に割引クーポンあり!

Bluetoothのペアリング(外付けUSBレシーバのタイプ)

Bluetoothのヘッドセット購入したのでペアリングさせます。今回、「ヘッドセット+Bluetoothアダプタ」とのセット販売製品でしたが、すでにBluetoothアダプタがあるなら、対応機器を単品で購入すればいいのです。Bluetoothは共通規格なので、別々に他社製で購入しても構いません。

※環境はWinodws Vistaの例で、もともとBluetoothに対応していなかったパソコンに設定する場合です。

ヘッドセット+Bluetoothアダプタ
USBメモリっぽいのは、Bluetoothアダプタ。バージョンはVer. 2.0+EDRです。波強度規定はClass 1でなので、伝送距離、最大半径 100m (理論値)です。

Bluetoothのペアリング
ドライバーのインストールに加え、ペアリングするためのソフトもインストールします。一度登録した周辺機器はアイコンで表示されるので、次回からは自動、または簡単な設定で使用することが出来ます。登録の際、パスキーの入力が必要になりますが、ヘッドセットのような周辺機器の場合は「0000」というのがほとんどです。

Bluetoothヘッドセットの気になる点

Class 1でなので「100m以内ならどこでも音声が聞こえる」という使い勝手の良さがメリットなんですが、・・・頭痛がしてきた。携帯電話で長電話したときの頭痛です。電磁波に弱い体質の方はご注意を。

Bluetoothを内蔵しているメーカーパソコンの例(Windows 8.1の場合)

ヘッドセット+Bluetoothアダプタ
パソコンを購入したら、すでにBluetoothが内蔵されていた場合の例を紹介します。すでに「レシーバが内蔵している」ということなので、対応周辺機器を購入してペアリングするだけです。インストール作業はありません。

タブレットパソコンを一体型パソコン
タブレットPCのような端末ではUSB端子が1つだけの装備ということが多く、USBメモリ用に空けておきたい事がしばしば。そこで複数の対応機器と無線接続できるBluetoothを活用します。メーカーの独自規格ではないので、対応機器であればメーカーは問いません。異なるメーカーの組み合わせでも、キーボード、マウス、プリンタ、ヘッドセットなどBluetoothで無線を統一できます。

Bluetooth公式仕様では同時に7 台まで対応するというが、様々な環境例によって一概に確定とはいえないため、トラブルなく接続するという意味では「3 ~ 4 台」と見積もっておくのが無難です。

ヘッドセット+BluetoothアダプタBluetooth対応のキーボードとマウスを購入してきました。店頭販売では、各機器に限られたUSB接続のレシーバ対応製品が圧倒的に多く、Bluetooth対応製品は比較的扱っているアイテム数が少ないです。

Bluetooth対応のマウスとはBluetoothのマークで対応しているか確認できます。

BSKBB15ってやつ
BluetoothキーボードはバッファローのBSKBB15。携帯用で折りたたんでコンパクトに持ち運べます。キーボード収納ケースはタブレットスタンドとしても使える工夫がされています。

Windows 8.1でペアリングを行う

Bluetooth周辺機器を使うためには、1度ペアリングの設定を行わなくてはなりません。以下、ペアリング作業は、Windows 8.1での環境例で説明します。

Bluetoothのペアリング
チャームバーを呼び出し、「設定」を押します。さらに「PC設定の変更」を押す。

Bluetoothデバイス
PCとデバイスの項目で「Bluetooth」を選び、「Bluetoothデバイスの管理」を確認。オンになっていれば、PCがデバイスを検索し始めます。

Bluetoothをマウスで同期する
そのタイミングでBluetooth周辺機器の同期ボタンを押す。デバイスが認識されるとアイコンが出るのでクリック。

複数の周辺機器をペアリング
ペアリングの準備完了のところの「ペアリング」をクリックすると、接続済みになるのでこれで完了。なお、「デバイスの削除」をクリックするとペアリングが解除できます。

設定は1度だけでよく、複数の周辺機器をペアリングする場合は同じ作業を繰り返します。次はキーボードの同期ボタンを押してペアリングの準備を進めます。

Bluetooth設定
ペアリングを押すとパスコードが表示されます。キーボードでは表示されたパスコードを入力することで認識されます。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年3月18日(月)まで】
XPS / Inspiron デスクトップがお得!18%オフクーポン
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタが、オンライン限定クーポンで最大15,000円オフ
Amazonギフト券5千円分を抽選で500名様にプレゼント!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
【2019年4/30(火)まで】
DELL直販85,000円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さん経由特典 ⇒ 詳しくは、【ポイント付与の優待専用ページ】

パソ兄さんサイト限定!Alienwareシリーズ購入応援サポート!

【2019年4/30(火)まで】
DELL直販でAlienwareモデル16万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント8,000ポイントプレゼント!リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さん経由特典 ⇒ 【Alienware対象・ポイント付与の優待専用ページ】

パソコンのインターフェース(端子や通信等の解説)・項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.