DELL(デル)パソコン購入レビュー
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパーツ知識
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. 拡張スロットの項目
  4. 現在ページ

グラフィックカードの換装レポート

購入したStudio XPS 8000に搭載されていたグラフィックカードは、GeForce GTX 260でした。ファイナルファンタジー14の推奨グラフィックとなっていたGeForce GTX 460を手に入れたので換装作業をしました。(実施日は2010年11月)

Studio XPS 8000に、GeForce GTX 460を換装する

Studio XPS 8000の搭載電源が350Wだったので、心許なく、すでにATX電源(500W)に換装した状態で行なっています。

GeForce GTX 260
購入時に搭載していたGeForce GTX 260を取り外します。下段にあった2台目のHDDが作業の邪魔になるので、先に取り外します。

GeForce GTX 260を取り外しGeForce GTX 260
GeForce GTX 260を取り外します。2009年ごろ、GeForce GTX 260は4万円くらいしたグラフィックカードです。今や旬はGeForce GTX 400シリーズであり、世代交代となりました。(2010年11月時点)

張スロット
GeForce GTX 260を取り外した後の拡張スロット。上からPCI Express×16、PCI Express×1が2つ、PCI の計4基です。

GeForce GTX 260。下がGeForce GTX 460。
上・GeForce GTX 260。下・GeForce GTX 460。

補助電源に6ピン×2つ
左がGeForce GTX 460、右がGeForce GTX 260。

今回取り付けるGeForce GTX 460は補助電源に6ピン×2つ、GeForce GTX 260では6ピン×1つでした。

NVIDIA GeForce GTX 460のグラフィックカードを搭載
Studio XPS 8000に、GeForce GTX 460を搭載します。

GeForce GTX 460の補助電源をつけてから、PCI Express×16スロットに搭載。
GeForce GTX 460の補助電源をつけてから、PCI Express×16スロットに搭載。(順序はどうでもいですが。)

Studio XPS 8100はミニタワー型
Studio XPS 8100はミニタワー型といえど、グラフィックカードを配置する奥行きが充分あるので、特にサイズを気にしなくても大丈夫そうです。

USB3.0の拡張カードを搭載
USB3.0拡張カードをPCI Express × 1に搭載したら、グラフィックカードの冷却ファンに少しかかってしまいました。こうした環境を予め把握していれば、後方にファンが付いているグラフィックカードを選ぶなどの対策ができたでしょうが、今回は失敗。

なお、USB3.0カードには高いバスパワーのためSATAの補助電源をつけるのですが、ケーブルがファンの邪魔になるので今回はパスしました。(※通信をする分には補助電源はいらない)

拡張カードをまとめてロック
固定具で拡張カードをまとめてロック。

固定の役割
もともと付いていたグラフィックカードの固定具も戻しましたが、今回のグラフィックカードとサイズがフィットしていないので、固定の役割はありません。見た感じでは、運送しないのであれば無くても充分です。

グラフィックカードの交換の際
セットアップ完了。あとはサイドパネルを閉め、ダウンロードしたGeForce GTX 460のドライバをインストールするだけ。なお、グラフィックカードの交換の際は、前のグラフィックカードのドライバをアンインストールしてから作業を行いましょう。

グラフィックカードで2スロット
GeForce GTX 460のグラフィックカードで2スロットを占有。DVI端子2つとMini HDMI端子を装備します。3段目にはPCI Express ×1に取り付けたUSB3.0拡張カード。

GeForce GTX 260とGeForce GTX 460の性能比較

製品画像 dell studio xps8000
OS Windows 7 Professional 64bit Win7
スコア
プロセッサ インテル Core i7-860
(2.8GHz , 8MB L3キャッシュ)
※クロック数最大3.46GHz
7.4
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 7.5
プライマリ
ハードディスク
500GB SATA HDD(7200回転) 5.9
GeForce GTX 260搭載時のグラフィックス・スコア
グラフィックス GeForce GTX 260 1792MB 7.1
ゲーム用
グラフィックス
7.1
GeForce GTX 460 768MB DDR5に換装後のグラフィックス・スコア
グラフィックス 独自にカスタマイズ搭載
GeForce GTX 460 768MB DDR5
(※ATX電源ユニットも交換)
7.5
ゲーム用
グラフィックス
7.5

グラフィックス(2D)およびゲーム用グラフィックス(3D)のスコアにおいて、0.4アップしています。

モンスターハンター フロンティア オンライン第2弾【絆】

モンハン絆イメージ
【解像度 1280×720】
GeForce GTX 460 12029
GeForce GTX 260 10235

ロスト プラネット2のベンチマーク 

カプコン社のアクションゲーム
DirectX 9.0cでチェック 。解像度 1920×1080 (テストタイプAの結果)

GeForce GTX 460
47.3 fps RANK A
シーン1⇒44.4
シーン2⇒46.8
シーン3⇒50.6
GeForce GTX 260
41.1 fps RANK B
シーン1⇒38.7
シーン2⇒40.8
シーン3⇒44.4

ファイナルファンタジーXIV オフィシャルベンチマーク スコア

ファイナルファンタジーXIV
GeForce GTX 460(※ちなみにファイナルファンタジーXIV 推奨GPU)
LOW(1280×720) SCORE = 4773 (快適 )
HIGH(1920×1080) SCORE = 2990 (普通 )
GeForce GTX 260
LOW(1280×720) SCORE = 3674 (やや快適 )
HIGH(1920×1080) SCORE = 2083 (やや重い )

ストリートファイター4のベンチマーク 1920×1080

ストリートファイター4パソコン版
GeForce GTX 460
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。
スコア 19600
AVERAGE 200.65 FPS
GeForce GTX 260
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。
スコア 15865
AVERAGE 150.97 FPS

ラストレムナント(1920×1080)

ラストレムナント
GeForce GTX 460
Average FPS 91.77
GeForce GTX 260
Average FPS 78.15

デビル メイ クライ4(1920×1080)

デビルメイクライ4
GeForce GTX 460
RANK S ⇒ すべての動作において快適に動作。
シーン1⇒162.29
シーン2⇒135.27
シーン3⇒175.09
シーン4⇒117.07
GeForce GTX 260
RANK S ⇒ すべての動作において快適に動作。
シーン1⇒110.50
シーン2⇒84.92
シーン3⇒130.39
シーン4⇒72.43

バイオハザード5/ 1920×1080

デルデルゾンビ
GeForce GTX 460
105.1 fps RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作します。
エリア1⇒107.8
エリア2⇒112.9
エリア3⇒91.7
エリア4⇒108.8
GeForce GTX 260
71.43 fps RANK A ⇒ 快適に動作します。
エリア1⇒86.2
エリア2⇒74.5
エリア3⇒60.1
エリア4⇒69.6

ロスト プラネット エクストリームコンディションのベンチマーク

ロスト プラネットオープニング
GeForce GTX 460
解像度 1280×720 Snowシーン⇒165 / Caveシーン⇒151
GeForce GTX 260
解像度 1280×720 Snowシーン⇒142 / Caveシーン⇒144

GeForce GTX 260でもフルHD解像度で充分遊べるゲームが沢山ありますが、GeForce GTX 460にすることで、さらに高いグラフィック設定が可能になります。また、2010年9月に発売されたファイナルファンタジー14のように、GeForce GTX 260でフルHD解像度は厳しいタイトルも登場しています。今後、ハイスペックが要求されるゲームの登場を考えると、GeForce GTX 460のメリットが高いです。(2010年11月時点

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年5月27日(月)まで】
DELL XPSシリーズ、Inspiron 13/14シリーズがお得!17%オフクーポン
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタが、オンライン限定クーポンで最大15,000円オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELL 「顧客満足度調査 2018-2019 ノートPC部門1位 / デスクトップPC部門1位」
日経コンピュータ 2018/9/13号-Nikkei BP

パソコンのインターフェース(端子や通信等の解説)・項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.