DELL(デル)パソコン購入レビュー
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. マウス選びの項目
  4. 現在ページ

ワイヤレスマウスの種類

ワイヤレスマウスで使われる電波は2.4MHzが主流。27MHzは障害物があるとうまく接続できないのでマイナーです。BluetoothやUnifying規格では1つのレシーバで複数の対応機器と接続出来ます。

マウスの接続方式(有線マウスとワイヤレスマウス)

有線マウスとワイヤレスマウスの選択肢マウスの接続には、有線と無線の接続があります。有線であればケーブルの煩わしさがあるものの、バッテリー切れを気にしなくてすみます。コネクタはUSBかPS/2になります。

ワイヤレスマウスの接続

ワイヤレスマウスではケーブルの煩わしさがありません。しかし、乾電池もしくは内蔵バッテリーを搭載しており、使用時においてバッテリー切れに気を払う必要があります。重量では有線タイプよりも重くなりますが、操作が鈍るようなことはないです。(むしろ、個人的には、ちょっとした衝撃で動いてしまう軽量の有線マウスより、安定した重量感が馴染んで扱いやすいと思う。)ワイヤレスでは、「各メーカー専用のレシーバ」を使うタイプと、共通規格の「Bluetooth接続」のタイプがあります。

ワイヤレスの電波~2.4MHz帯が主流

各メーカー専用ワイヤレス接続方式には「27MHz帯」と「2.4MHz帯」があり、そして共通規格では2.4MHz帯の「Bluetooth」があります。2.4MHz帯が主流で、金属に遮られても電波を通すため、スチール製の机を使用していても安定した操作がえられます。一方、 27MHz帯となるとその状況下では不安定となります。

ただ、2.4MHz帯は無線LANでも多用されており、隣人との干渉を受ける場合があります。その場合は、障害物がない条件で27MHz帯を選ぶのもありでしょう。

Bluetooth~1つのレシーバで複数の機器が接続できる

通常、1マウスに1レシーバの組み合わせで使いますが、 「2.4MHz帯のBluetooth」では、レシバー1つでBluetooth対応周辺機器を複数つなぐことができます。Bluetoothは共通規格なのでメーカーに関係なく選べます。※Bluetoothとは、IBM、インテル、東芝などが提唱している無線通信技術で、規定距離以内であれば障害物があっても電波を通します。 【Bluetoothの解説はこちらのコンテンツへ

ロジクールのUnifying規格~1つのレシーバで同社の対応機器が6台まで接続できる

Unifyingソフトウェア
ロジクール社のUnifying規格は、同社の対応機器であればレシーバ1つで6台まで接続できます。Unifyingソフトウェアを使い、新たに接続するデバイスを登録します。技術的にはBluetoothと同じものです。
ロジクール m505 レビューを参考に!】

パソ兄さんがお勧めするDELLパソコンを、普通に買うよりお得に!!

ワイヤレスマウスの付加機能

ワイヤレスマウスは「バッテリーの持ち」が重要になってくるので、各社マウス製品によって、特殊な省エネ機能や対策機能を持つ場合があります。その例を紹介します。

タッチセンサーで節電

節電マウス
こちらはバッファロー製マウス。タッチセンサーが内蔵されており、手を認識して節電するマウス製品。手を触れると電源オン。手を放す省電力モードに移行します。ワイヤレスマウスにかぎらず、有線マウスでも搭載している場合もあります。

ワイヤレスと有線の両対応

ロジクールG700マウス
こちらはロジクールG700というマウス。単3充電池1本で駆動するワイヤレスマウスですが、USB接続で有線マウスにもできる製品です。有線で接続中にマウス操作も充電も行える機構になっています。

チャタリング

ワイヤレスマウスの不具合でよく見られる現象が、チャタリングです。スイッチ部分の電気的トラブルによるもので、シングルクリックが意図せずダブルクリックの動作をします。

ロジクールG700マウスがチャタリングになった
溜まった静電気が原因という方がおり、電池を抜いてしばらくクリックを繰り返すと解消できるケースがあるようです。ほかにはChatteringCancelerというソフトで解消する、スイッチ部分をコンタクトスプレー(接点復活剤)で塗布する、スイッチ部分を無水アルコールで掃除するなど色々と対策をされているようです。
一番手っ取り早いのは、メーカー保証期間があればチャタリングによる不具合を告げて、交換してもらうことです。

パソ兄さんはロジクールをお勧め!

マウス選びのポイント 項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.