DELL(デル)パソコン購入レビュー
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. CPU知識の項目
  4. 現在ページ

【2008年~2011年頃まで主流】第1世代インテルCore i7(上位)

Nehalemマイクロアーキテクチャ(LGA 1366版)

2008年11月にNehalem(ネハーレン)マイクロアーキテクチャが展開され、Core iシリーズの初登場となりました。第1世代インテルCore iシリーズです。LGA 1366版で登場しますが、後の2009年9月に登場するLGA 1156版の上位クラスにあたります。※LGA 1366とLGA 1156に互換性はない
LGA1366はLGA1156よりも消費電力が高めですが、性能を重視した構造となっています。データバス帯域が重視されており、Nehalemマイクロアーキテクチャにて上級ユーザー向けの仕様です。

Nehalemマイクロアーキテクチャ(LGA 1366版)には、「Core i7-900シリーズおよび、Core i7-900 Extreme Editionシリーズ」があります。前期のCPUは開発コード:Bloomfield(ブルームフィールド)で、インテルで初めて4コアを統合したネイティブ・クアッドコアです。Bloomfieldから約2年後のGulftown(ガルフタウン) では、45nmから32nmへプロセスシュリンクがされ、ネイティブの6コア実装となりました。

開発コード名: ファミリー コア数 プロセス
Bloomfield(ブルームフィールド)
2008年11月~
Core i7 900番台 4コア/8スレッド 45nm
Gulftown(ガルフタウン)
2010年7月~
6コア/12スレッド 32nm

拡張版、Westmereマイクロアーキテクチャ

Nehalemマイクロアーキテクチャは前期、プロセス・ルール45nmであったが、後期では32nmにプロセスシュリンクされた。その後期がNehalemマイクロアーキテクチャの拡張版、Westmereマイクロアーキテクチャである。(基本的にはNehalemで総括)。※ClarkdaleとGulftownがWestmere

Nehalemマイクロアーキテクチャ(LGA 1366版)の設計

Nehalemマイクロアーキテクチャ(LGA 1366)の基本構造

従来と変わらず、グラフィックカードとはチップセット(ノースブリッジ)を中継せねばなりません。PCI Expressコントローラ(グラフィックコントローラ)はまだCPUに内蔵されていません。ただし、PCI Express 2.0が36レーンと広い。(下位のLGA 1156では16レーン)

36レーンのメリットは、Cross Fire XやSLIといったデュアル・グラフィック(マルチGPU)を採用した場合、16レーン×2のフルレーン動作が可能になります。32レーンをグラフィックカードに使っても4レーンが残るので、その他のPCI Express 2.0拡張カードに割り当てることができます。例えば、USB 3.0やSATA 3.0など広帯域が必要なインターフェースカード増設にメリットがあります。

LGA 1366のチップセット

チップセット
(ノースブリッジ)
対応CPU ※対応メモリ システムバス
X58 LGA 1366版
Core i7
CPU次第
※例:LGA 1366版Core i7では、
DDR3-1066のトリプルチャンネルに対応。
6.4GT/s

Nehalemマイクロアーキテクチャ(LGA 1366)の課題点

LGA 1366は高パフォーマンス型の設計であるため、消費電力が高い。TDPでは130W。(※以降登場する下位のLGA 1156では消費電力が高いモデルでも95W。) メモリとCPUが直接アクセスできるようになりましたが、まだ、グラフィックカード(GPU)がCPUと直接アクセスできず、前世代プラットフォーム同様、チップセット(ノースブリッジ)を中継しています。

開発コード名:Bloomfield(ブルームフィールド)

2008年11月に初めて登場したNehalemマイクロアーキテクチャのCPU。開発コード名:Bloomfield(ブルームフィールド)で、ソケットはLGA 1366版。プロセスルールは45nm。主なブランドは「Core i7-900シリーズおよび、Core i7-900 Extreme Editionシリーズ」。Core 2 Quadのように「デュアルコア×2」ではなく、4コア実装の真のクアッドコアです。2次キャッシュメモリから更に増え、3次キャッシュメモリが共有して使われます。

Bloomfield(ブルームフィールド)

プロセッサーナンバー コア数と
スレッド数
クロック
(TB最大時)
3次
キャッシュ
システムバス
(QPI)
プロセス
Core i7 960 4コア/8スレッド 3.2GHz
(3.46GHz)
8MB 4.8GT/s 45nm
Core i7 950 4コア/8スレッド 3.06GHz
(3.33GHz)
8MB 4.8GT/s
Core i7 930 4コア/8スレッド 2.8GHz
(3.06GHz)
8MB 4.8GT/s
Core i7 920 4コア/8スレッド 2.66GHz
(2.93GHz)
8MB 4.8GT/s
Core i7 975
Extreme Edition
4コア/8スレッド 3.33GHz
(3.6GHz)
8MB 6.4GT/s
Core i7 965
Extreme Edition
4コア/8スレッド 3.2GHz
(3.46GHz)
8MB 6.4GT/s

開発コード名:Gulftown(ガルフタウン) ~ネイティブの6コア実装

2010年7月には、Bloomfieldの後継であるGulftown(ガルフタウン) が登場。LGA 1366版のNehalemマイクロアーキテクチャでは2世代目です。プロセスルールは新たに「32nm」で微細設計。なお、Nehalemマイクロアーキテクチャのプロセスシュリンク版ということで「Westmere」と新たに呼ばれています。

Gulftown(ガルフタウン)
Gulftownでは、主なブランドは引き続き「Core i7-900シリーズおよび、Core i7-900 Extreme Editionシリーズ」。 実装コアが6コアであり、HTテクノロジーによって12スレッド動作が可能です。

プロセッサーナンバー コア数と
スレッド数
クロック
(TB最大時)
3次
キャッシュ
システムバス
(QPI)
プロセス
Core i7 970 6コア/12スレッド 3.2GHz
(3.46GHz)
12MB 4.8GT/s 32nm
Core i7 990x
Extreme Edition
6コア/12スレッド 3.46GHz
(3.73GHz)
12MB 6.4GT/s
Core i7 980x
Extreme Edition
6コア/12スレッド 3.33GHz
(3.6GHz)
12MB 6.4GT/s

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年1月15日(火)まで】
DELL Inspiron13・14、XPS、Gシリーズがお得、20%オフクーポン
XPSシリーズなど対象製品の購入で、Amazonギフト券1万円分を抽選で500名様にプレゼント。
4年連続・世界シェアNo.1!DELLお勧めモニタが、オンライン限定クーポンで最大15,000円オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
【2019年1/31(木)まで】
DELL直販9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さんサイト経由特典 ⇒ 詳しくは、【ポイント付与の優待専用ページ】へ

パソ兄さんサイト限定!Alienwareシリーズ購入応援サポート!

【2019年1/31(木)まで】
DELL直販でAlienwareモデル15万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さんサイト経由特典 ⇒ 【Alienware対象・ポイント付与の優待専用ページ】へ

CPU(Central Processing Unit)選びの知識 項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.