DELL(デル)パソコン購入レビュー
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパーツ知識
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. CPU知識の項目
  4. 現在ページ

リスク覚悟でパフォーマンスアップ!CPUオーバークロック

オーバークロックとは、定格以上のクロック周波数で動作させることで処理能力を向上させる手法です。オーバークロックをするとPCを壊してしまう可能性があり、製品寿命を縮めてしまいます。そして試すならある程度の知識とリスクの覚悟が必要になり、基本的にはPCメーカーのサポート対象外の行為です。一般的なのが倍率変更によるオーバークロックです。

基本概念:ベースクロックと倍率変更について

CPUには「100MHzや133MHz」というようにベースとなるクロックがあり、この倍率をあげることでクロックアップできます。このクロックアップは内部倍率で行われ、例えば2.66GHzのCPUで20ベースで生成されているなら1ベースが133MHzであるとわかります。
ターボ・ブースト・テクノロジーの内部倍率
例えばベースクロック133MHzのCPUが、ターボ・ブースト・テクノロジーによってクロックアップされると、1段階で1ベースずつアップします。つまり+133MHzずつアップするわけです。何段階までアップするのかはCPUによって異なり、これが「ターボ・ブーストテクノロジーで最大何クロックまで上がるか」ということになります。

ターボ・ブースト・テクノロジーのクロックアップとは

オーバークロックと混同されがちですが、根本的に違うのはターボ・ブースト・テクノロジーでは定格内で行っているクロックアップです。消費電力・電圧や発熱などがコンピュータ側で管理や監視がされており、安全にクロックアップしています。

オーバークロックのクロックアップは

一方、故障リスクのあるオーバークロックは、ユーザーによる「さじ加減」であるため、消費電力や発熱・電圧・倍率などを見誤ればPCが壊れてしまうというわけです。そしてオーバークロックを行うには倍率ロックフリー・モデルのCPUが必須であり、どのPCでも行えるわけではありません。

倍率ロックフリー・モデルとは

オーバークロックを行うには、Core i7-4960X Extreme Editionのように Extreme EditionがつくCPU、またはCore i7-4770Kのような末尾にKがつくCPUが必要です。

Core i7-4960X Extreme Editionの例

6コア実装のCore i7-4960X Extreme Editionを例に挙げてみます。動作周波数 3.6 GHz、 ターボ・ブースト利用時の最大周波数 4 GHz のスペックを持ち、ベースクロックは100MHzであるため100MHzずつクロックアップできます。

Core i7-4960X Extreme EditionのOC実験各コアごとにデフォルトで設定されている倍率上限があり、ターボ・ブースト利用時の最大周波数 4 GHz というものの、これを見ると1コアのみであることがわかる。(100MHz × 40倍=4GHz)。ターボ・ブーストのクロックアップはこの上限で行われています。

この6コアのうち、この設定より1つでも数値を上げればオーバークロック設定ということです。

オーバークロックにおけるチェック項目と設定

※一気に上げてしまうと限界ラインが分からず、フリーズの原因となる。
※限界付近でOSを起動するとパーツ破損のリスクが高い(ベンチ中よりも高い負荷がかかるため)
※1倍ずつ上げ、ベンチ実行、フリーズしない範囲を探す

※高過ぎるとCPUクロックアップの障害になることも。 1.5Vあたりが限界値目安。1.35V前後が無難。

設定方法1:UEFIでオーバークロック

hp ENVY Phoenix 810-190jp起動メニュー
UEFIを起動。(HPパソコンでは、パソコンの電源を入れてWindowsが起動する前に「Esc」を押すとUEFIの起動メニューが出る。「コンピュータセットアップ⇒電源⇒オーバークロック」から倍率変更が行えます。)UEFIでオーバークロックするデメリットは、設定のたびに再起動するのが面倒くさいことです。

設定方法2:ユーティリティソフトでオーバークロック

Extreme Tuning Utilityの使い方
Window側でオーバークロックの設定をするなら、ユーティリティソフトが必要です。自作ならマザーボード製品に付属していることがありますが、インテル・サイトからExtreme Tuning Utilityをダウンロードして使うことができます。※設定ではRuntime Turbo OverrideをEnable(有効)にする。

メモリのOC
各コアごとの倍率やメモリの設定ができる。

Core i7-4960X Extreme Editionは63倍
なお、Core i7-4960X Extreme Editionは63倍まで設定できるが、こんな倍率に設定したら「確実に壊れること」が目に見えている。鉄則通り1倍ずつ上げていかねばならない。

オーバークロックの効果を見る~Core i7-4960X Extreme Editionの例

過去のパソコンレビューより、Core i7-4960X Extreme Editionのオーバークロック検証時の記事を紹介。 ここでは単純に倍率変更によるクロックアップを行っています。

ENVY Phoenix 810-190jpのレッド・イルミネーション
コンポーネント レビューした構成
OS Windows 8.1(64bit)
プロセッサ Core i7-4960X Extreme Edition
メモリ 16GB (8GB × 2)DDR3 SDRAM メモリ(1600MHz)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 770 (2GB)
ストレージ 1TB SATA HDD(7200回転) × 2台 + 128GB SSD

ストリートファイター4のベンチマークテストで、オーバークロック効果を検証

ENVY Phoenix 810-190jpのCore i7-4960X Extreme Edition

「40x、39x、39x、38x、37x、37x」⇒518.00 FPS

まずはオーバークロックなしの「40x、39x、39x、38x、37x、37x」では、518.00FPSだった。前頁で紹介したベンチマークテスト結果では533.75 FPSであるが、ここのテストではCPU-ZとExtreme Tuning Utilityを同時起動しているので、若干スコアが落ちている。

ENVY Phoenix 810-190jpのオーバークロック

「42x、42x、42x、42x、42x、42x」⇒592.65 FPS

本来なら41xからスタートすべきだろうが、横着してALL 42xからスタート。結果、592.65 FPSまで上がった。
まだまだPCは安定しているようだ。

OCレビュー

「43x、43x、43x、43x、43x、43x」⇒598.57 FPS

次はALL 43xに設定。結果、598.57 FPSであり、前回から極々わずかしか向上しなかった。

オーバークロックで44x、44x

「44x、44x、40x、40x、40x、40x」⇒620.26 FPS

全コアを均等に上げても無意味だと思い、2コア分を44xにして残りのコアを40xに設定した。
功を奏したのか600 FPSを超え、620.26 FPSを記録。デフォルト時の518.00 FPSと比べると、大きな差を見せつけた。

オーバークロックでシャットダウン

「45x、45x、40x、40x、40x、40x」⇒落ちた

2コア44xに気をよくして、今度は2コア分を45xにし残りのコアを40xに設定した。
するとベンチマークテスト中に強制シャットダウン!!スコアは分からずじまい。CPU温度は50度あたりだったので発熱の問題ではなさそうだ。とにかく45xが限界倍率というところだろう。

追記~45xに再チャレンジ

オーバークロックでシャットダウン

「45x、45x、45x、43x、40x、40x」⇒583.00 FPS

やや無理を利かせて45xに再度チャレンジしたが、パフォーマンスが落ちており意味がなかった。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年3月25日(月)まで】 半期に一度のデル祭り!
XPS / Gシリーズ/ Inspiron 5000・7000の一部がお得!20%オフクーポン
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタが、オンライン限定クーポンで最大30%オフ
4/1(月)まで 】 5千円分のQUOカードPayを抽選で500名様にプレゼント!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
【2019年4/30(火)まで】
DELL直販85,000円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さん経由特典 ⇒ 詳しくは、【ポイント付与の優待専用ページ】

パソ兄さんサイト限定!Alienwareシリーズ購入応援サポート!

【2019年4/30(火)まで】
DELL直販でAlienwareモデル16万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント8,000ポイントプレゼント!リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さん経由特典 ⇒ 【Alienware対象・ポイント付与の優待専用ページ】

※DELL 「顧客満足度調査 2018-2019 ノートPC部門1位 / デスクトップPC部門1位」
日経コンピュータ 2018/9/13号-Nikkei BPCPU(Central Processing Unit)選びの知識 項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.