DELL(デル)購入パソコンガイド
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. ベンチマークTOP
  3. ラストレムナント
  4. 現在のページ

ラストレムナント・ベンチマーク 【非常に快適】90 fps以上~150 fps未満

ラストレムナント・ベンチマークにおいて、【非常に快適】90 fps以上であり150 fpsを超えなかったパソコンとその構成です。~グラフィックを最高にしても非常に快適。

【非常に快適】90 fps以上~150 fps未満 (1280×720 ウィンドウ表示)

ALIENWARE 17ゲーミングノート
Haswell設計

17.3インチ・モンスター級ゲーミングノート!ALIENWARE 17(R1)

2013年6月発売。第4世代Core i7を搭載し、構成次第ではオーバークロックも可能。調査時ではGeForce GTX 860MやGTX 880Mを搭載できる最強ゲーミングノート。ノートでありながらRAID対応などストレージ構成が豊富。17.3インチにフルHD解像度 (1920 × 1080)搭載。イルミネーション機能として、10箇所のゾーンに20色から選べるカラーを割り当てる事ができる。
コンポーネント レビューした構成
OS Windows 8.1 (64bit)
ディスプレイ 17.3インチ フルHD 非光沢液晶ディスプレイ(1920x1080)
プロセッサ Core i7-4710MQ (6MB キャッシュ)
メモリ 8GB (4Gx2) DDR3L メモリ(1600MHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 4600
【↑↓切り替え可能なグラフィックス】
NVIDIA GeForce GTX 860M (2GB GDDR5)
ストレージ 500GB SATAハイブリッドHDD(5400回転) 6Gb/s NCQ
ラストレムナントのベンチマーク結果(解像度 1280×720 ウィンドウ表示)
Average FPS
118.21
~グラフィックを最高にしても非常に快適。

パソ兄さんがお勧めするDELLパソコンを、普通に買うよりお得に!!

27インチ一体型PCXPS One 27 (2720)
Haswell設計

XPS 27 (2720)

2013年6月発売。27インチ一体型PC。多関節スタンドの10点認識タッチスクリーン装備。クアッドHD解像度(2560×1440)の広領域に27インチという大画面で、全面ガラス加工。Adobe RGB 99%を実現。HDMIによる映像入出力が可能。USB3.0×6つ、Thunderbolt端子装備。単体GPUにGeForce GT 750Mを搭載するため、クリエイティブ、本格3Dゲーム向け。Haswell設計で、省エネ版の第4世代Core i7-4770s搭載。(2013年6月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 8 64bit
液晶ディスプレイ 27インチ液晶 / クアッドHD解像度(2560×1440)
プロセッサ インテル Core i7-4770s (3.1GHz , 8MB キャッシュ)
※クロック数最大3.9GHz
8.0
メモリ 16GB (8GBx2) DDR3-SDRAMメモリ (1600MHz) 8.0
グラフィックス
インテル HDグラフィックス4600
【 グラフィックスのスコアはこちら側 】

(NVIDIA Optimusテクノロジーによる自動切替)

GeForce GT 750M 2GB DDR5
(6.9)
ゲーム用グラフィックス (6.9)
ストレージ 2TB SATA HDD(7200回転)
+ サムスンSSD PM830 mSATA 32GB
ISRT(インテル スマート・レスポンス・テクノロジー)仕様
5.9
ラストレムナントのベンチマーク結果(解像度 1280×720 ウィンドウ表示)
Average FPS
97.24
~グラフィックを最高にしても非常に快適。
SE
Ivy Bridge設計

DELL Inspiron 17R Special Edition(7720)

2012年6月発売の17.3インチ・ミドルスペックノート 第3世代Core i5 / i7搭載可能(チップセットはHM77)。新発売時点で単体GPUにGeForce GT 650M 搭載。パームレストはマグネシウム合金で、精密エッ チングのハニカムデザイン。 USB 3.0端子を4つ装備(eSATA端子兼用)。サウンドシステムにWaves MaxxAudio 4 採用。サブウーファー内蔵の2.1chスピーカ。SSDを活用した高速起動「インテル スマート・レスポンス・テクノロジー」にオプション対応。(2012年7月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
液晶ディスプレイ 17.3インチ光沢液晶/3D対応(1920x1080)
プロセッサ インテル Core i7-3610QM (2.3GHz, 6MB キャッシュ)
※クロック数最大3.3GHz
7.6
メモリ 8GB (4GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 1600MHz メモリ 7.8
グラフィックス GeForce GT 650M 2GB GDDR5 7.2
ゲーム用グラフィックス 7.2
ストレージ 1TB SATA HDD(5400回転) + 32GB mSATA SSD
ISRT(インテル スマート・レスポンス・テクノロジー)対応
5.9
ラストレムナントのベンチマーク結果(解像度 1280×720 ウィンドウ表示)
Average FPS
111.99
~グラフィックを最高にしても非常に快適。
(備考)(備考)解像度 1920×1080 フルスクリーン表示
Average FPS
60.87
~標準設定ならストレスなし。高負荷なシーンでは動作が重くなることも。
Inspiron580デル
Nahalem設計

Inspiron 580(独自カスタマイズ・バージョン)

2010年1月発売のエントリーミニタワー。Nehalem設計の拡張版(Westmere)仕様。Core i3/i5搭載可能。エントリーポジションとして初のNehalem設計。ちょうどCore 2 Duoマシンの後継にあたる。HDD2ベイ、光学ドライブ2ベイの拡張性を持つ。内蔵GPUでは初代インテル HDグラフィックス。電源は控えめの300W。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ) 6.9
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 5.9
グラフィックス 独自にカスタマイズ搭載
GeForce GTX 460 768MB DDR5
(※ATX電源ユニットも交換)
7.5
ゲーム用グラフィックス 7.5
ストレージ 320GB SATA HDD(7200回転) 5.9
ラストレムナントのベンチマーク結果(解像度 1280×720 ウィンドウ表示)
Average FPS
133.58
~グラフィックを最高にしても非常に快適。
(備考)解像度 1920×1080 フルスクリーン
Average FPS
90.29
~グラフィックを最高にしても非常に快適。
Inspiron580デル
SandyBridge設計

XPS 8300

2011年1月発売の中級ミニタワー。SandyBridge設計で、第2世代Core i7搭載可能(チップセットH67)。460W電源。HDD2ベイと光学ドライブ2ベイの拡張性。最大16 GBメモリ、グラフィックカードはRadeon HD 6670、GeForce GT 545 が搭載可能。 (2011年12月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
プロセッサ Core i7-2600 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
※クロック数最大3.8GHz
7.6
メモリ 8GB (2GBx4) DDR3-SDRAMメモリ 7.6
グラフィックス ATI Radeon HD 5770 1GB 7.4
ゲーム用グラフィックス 7.5
ストレージ 1TB SATA HDD(7200回転) 5.9
ラストレムナントのベンチマーク結果(解像度 1280×720 ウィンドウ表示)
Average FPS
126.03
~グラフィックを最高にしても非常に快適。
(備考)解像度 1920×1080 フルスクリーン
Average FPS
69.46
~グラフィックを高めにしても快適な動作。
dell studio xps8000
Nehalem設計

Studio XPS 8000

2009年9月発売の中級ミニタワー。Nehalem設計で、Core i7-800シリーズ搭載可能。グラフィックカードはGeForce GTS 240やGeForce GTX 260が搭載可能で、ゲームも入門機にもなるミドル~ハイミドル機。ようやく、64bit OSの普及が定着し始めたころのモデル。設置しやすいサイズとそれなりの拡張性で人気だった。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Professional 64bit
プロセッサ Core i7-860 (2.8GHz , 8MB L3キャッシュ)
※クロック数最大3.46GHz
7.4
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 7.5
グラフィックス GeForce GTX 260 1792MB 7.1
ゲーム用グラフィックス 7.1
ストレージ 500GB SATA HDD(7200回転) 5.9
ラストレムナントのベンチマーク結果(解像度 1280×720 ウィンドウ表示)
Average FPS
117.93
~グラフィックを最高にしても非常に快適。
(備考)解像度 1920×1080 ウィンドウ表示
Average FPS
78.15
~グラフィックを高めにしても快適な動作。
(備考)解像度 1920×1200 フルスクリーン
Average FPS
62.90
~標準設定ならストレスなし。高負荷なシーンでは動作が重くなることも。
Studio XPS 7100の構成
AMD仕様

Studio XPS 7100

2010年5月発売の中級ミニタワー。AMD仕様でPhenom II X4 と、Phenom II X6 が搭載可能。Phenom II X6 にはAMD Turbo CORE テクノロジーが搭載されており、自動クロックアップ。グラフィックカードにはRADEON HD 5450,5670,5870の選択があった。460W電源。当時は安価に購入できる6コアマシンとして注目機種だった。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ AMD Phenom II X6 1055T 7.4
メモリ 12GB (4GBx2, 2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 7.4
グラフィックス ATI Radeon HD 5870 1GB 7.8
ゲーム用グラフィックス 7.8
ストレージ 1TB SATA HDD(7200回転) 7.5
ラストレムナントのベンチマーク結果(解像度 1280×720 ウィンドウ表示)
Average FPS
117.57
~グラフィックを最高にしても非常に快適。
(備考)解像度 1920×1080 ウィンドウ表示
Average FPS
100.61
~グラフィックを最高にしても非常に快適。
dell studio xps8000
Nehalem設計

Studio XPS 8000

2009年9月発売の中級ミニタワー。Nehalem設計で、Core i7-800シリーズ搭載可能。グラフィックカードはGeForce GTS 240やGeForce GTX 260が搭載可能で、ゲームも入門機にもなるミドル~ハイミドル機。ようやく、64bit OSの普及が定着し始めたころのモデル。設置しやすいサイズとそれなりの拡張性で人気だった。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Professional 64bit
プロセッサ Core i7-860 (2.8GHz , 8MB L3キャッシュ)
※クロック数最大3.46GHz
7.4
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 7.5
グラフィックス 独自にカスタマイズ搭載
GeForce GTX 460 768MB DDR5
(※ATX電源ユニットも交換)
7.5
ゲーム用グラフィックス 7.5
ストレージ 500GB SATA HDD(7200回転) 5.9
ラストレムナントのベンチマーク結果(解像度 1280×720 ウィンドウ表示)
Average FPS
91.77
~グラフィックを最高にしても非常に快適。

DELLパソコン買いどきチェック!キャンペーン適用価格のDELL公式ページへ

デル株式会社

ラストレムナント・ベンチマーク集 TOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.