DELL(デル)購入パソコンガイド
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. ベンチマーク TOP
  3. バイオハザード5
  4. 現在のページ

バイオハザード5 ・ ベンチマークテスト RANK S(150 fps未満)

バイオハザード5のベンチマークテストで、「RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。 」かつ、150 fps未満だったパソコンとその構成です。2009年ごろのモンスター級ゲーミングPC「Alienware Aurora ALX」で140fpsあたりだったため、その後の性能向上が著しいです。

※DirectX 10、1280×720 ウィンドウ表示にて、「ベンチマークテストA」を実施

当テストのグラフィック設定はデフォルトのままですが、上記リスト「バイオハザード5」にてご確認を!

パソ兄さんがお勧めするDELLパソコンを、普通に買うよりお得に!!

RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作 (1280×720 ウィンドウ表示)

ENVY15-j100-15.6インチノートレビュー
Haswell設計

クアッドスピーカー+サブウーファーを搭載する15.6インチノート!
HP ENVY15-j100

2014年6月レビュー。Haswell設計の15.6インチノート。Beats Audio クアッドスピーカー+サブウーファーを搭載、フルHD解像度搭載、そこそこ本格3Dゲーム用にいける単体GPUを積んでおり、エンターテインメント性に優れたノート。 24GB SSD (mSATA) を搭載しており、HDDのキャッシュとして使われる高速起動。テンキー付きのフルサイズキーボードにはバックライト機能がある。 指紋認証リーダー内蔵。
コンポーネント レビューした構成
OS Windows 8.1 (64bit)
ディスプレイ 15.6インチワイド フルHDブライトビュー・ディスプレイ (1920×1080)
プロセッサ Core i7-4702MQ (2.20GHz-3.20GHz, キャッシュ6MB)
メモリ 4GB (4GB×1) DDR3L-1600MHz
グラフィックス インテル HD グラフィックス 4600
【↑↓切り替え可能なグラフィックス】
NVIDIA GeForce GT 750M (4GB)
ストレージ 1TB ハードドライブ+24GB SSD(mSATA)
バイオハザード5 「ベンチマークテストA」の結果 ※DirectX 10
解像度 1280×720 ウィンドウ表示
Average FPS
92.5
RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。
(備考)解像度 1920×1080 フルスクリーン表示
Average FPS
58.7
RANK B ⇒ 一部の動作で重くなりますが、問題なく動作。
HP ENVY 700-260jp
Haswell設計

【日本HP】ローからハイエンドまでのGPUを搭載できるミニタワー!
HP ENVY 700-260jp

2014年5月にレビュー。Haswell設計(チップセットにZ87 )を採用!第4世代Core i5 / i7搭載可能。460W電源搭載。ツールレス構造でメンテナンスが楽。3基の3.5インチベイがありながら設置しやすいミニタワー。
コンポーネント レビューした構成
OS Windows 8.1 (64bit)
プロセッサ インテル Core i7-4770(3.40GHz~3.90GHz)
メモリ 16GB(8GB×2)DDR3 SDRAM メモリ(1600MHz)
グラフィックス NVIDIA GeForce GT 640 (4GB )
ストレージ 128GB SSD + 2TB SATA HDD(7200回転)
バイオハザード5 「ベンチマークテストA」の結果 ※DirectX 10
解像度 1280×720 ウィンドウ表示
Average FPS
97.6
RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。
ENVY17-j100 Leap Motion SE
Haswell設計

【日本HP】世界初!空中ジェスチャーを認識するLeap Motionコントローラー内蔵の17.3インチノート!HP ENVY17-j100 Leap Motion SE

2014年2月にレビュー。第4世代Core i7搭載のフルHD17.3インチノート(チップセットHM87 )。バックライトキーボードを搭載。ディスプレイやマウスに触れずに、手や指の動作だけで操作可能なLeap Motionコントローラー内蔵 (対応ソフト必須)。Beats Audioクアッドスピーカーとサブウーファーによる大迫力の高品質サウンド。USB3.0端子 × 4基など装備端子も豊富。ストレージベイが2基あり24GB SSD追加でISRTに対応。 指紋認証機能付き 。バッテリー駆動時間は公称で約5時間30分 。
コンポーネント レビューした構成
OS Windows 8.1 Pro(64bit)
ディスプレイ 17.3インチフルHDブライトビュー・タッチディスプレイ (1920×1080)
プロセッサ インテル Core i7-4702MQ (2.20GHz~3.20GHz, キャッシュ6MB)
メモリ 8GB(8GB×1) PC3L-12800 (1600MHz)
グラフィックス NVIDIA GeForce GT 750M (4GB)
ストレージ 1TB ハードドライブ (SATA, 5400回転)
バイオハザード5 「ベンチマークテストA」の結果 ※DirectX 10
解像度 1280×720 ウィンドウ表示
Average FPS
101.4
RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。
27インチ一体型PCXPS One 27 (2720)
Haswell設計

XPS 27 (2720)

2013年6月発売。27インチ一体型PC。多関節スタンドの10点認識タッチスクリーン装備。クアッドHD解像度(2560×1440)の広領域に27インチという大画面で、全面ガラス加工。Adobe RGB 99%を実現。HDMIによる映像入出力が可能。USB3.0×6つ、Thunderbolt端子装備。単体GPUにGeForce GT 750Mを搭載するため、クリエイティブ、本格3Dゲーム向け。Haswell設計で、省エネ版の第4世代Core i7-4770s搭載。(2013年6月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 8 64bit
液晶ディスプレイ 27インチ液晶 / クアッドHD解像度(2560×1440)
プロセッサ インテル Core i7-4770s (3.1GHz , 8MB キャッシュ)
※クロック数最大3.9GHz
8.0
メモリ 16GB (8GBx2) DDR3-SDRAMメモリ (1600MHz) 8.0
グラフィックス
インテル HDグラフィックス4600
【 グラフィックスのスコアはこちら側 】

(NVIDIA Optimusテクノロジーによる自動切替)

GeForce GT 750M 2GB DDR5
(6.9)
ゲーム用グラフィックス (6.9)
ストレージ 2TB SATA HDD(7200回転)
+ サムスンSSD PM830 mSATA 32GB
ISRT(インテル スマート・レスポンス・テクノロジー)仕様
5.9
バイオハザード5 「ベンチマークテストA」の結果 ※DirectX 10
解像度 1280 × 720 ウィンドウ表示
137.5 fps RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。
エリア1⇒172.4
エリア2⇒146.4
エリア3⇒109.4
エリア4⇒133.3
(備考)解像度 2560×1440 フルスクリーン
46.1 fps RANK B ⇒ 一部の動作で重くなりますが、問題なく動作。
エリア1⇒50.1
エリア2⇒48.9
エリア3⇒40.1
エリア4⇒46.5
2560×1440のハイパフォーマンス一体型DELLパソコン

今回レビューの、XPS One 27 (2710)タッチスクリーンモデル

2013年1月ごろには登場。XPS One 27のタッチスクリーンモデル。27インチ一体型PC。クアッドHD解像度(2560×1440)の広領域に27インチという大画面PC。全面ガラス加工のデザイン。単体GPUにGeForce GT 640Mを搭載するため、グラフィック系クリエイティブ、本格3Dゲームが遊べるハイパフォーマンス。Ivy Bridge設計で、省エネ版の第3世代Core i5 / i7搭載可能。Infinity Premiumスピーカ内蔵。(2013年3月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 8 64bit
液晶ディスプレイ 27インチWLED光沢液晶 / クアッドHD解像度(2560×1440)
プロセッサ インテル Core i5-3330s (2.7GHz , 8MB キャッシュ)
※クロック数最大3.2GHz
7.4
メモリ 8GB (4GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 8.1
グラフィックス
インテル HDグラフィックス4000
【 グラフィックスのスコアはこちら側 】

(NVIDIA Optimusテクノロジーによる自動切替)

GeForce GT 640M 2GB DDR5
4.9
ゲーム用グラフィックス 6.8
ストレージ 1TB SATA HDD(7200回転) 5.9
バイオハザード5 「ベンチマークテストA」の結果 ※DirectX 10
解像度 1280 × 720 ウィンドウ表示
104.1 fps RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。
エリア1⇒126.3
エリア2⇒108.9
エリア3⇒107.5
エリア4⇒104.1
SE
Ivy Bridge設計

DELL Inspiron 17R Special Edition(7720)

2012年6月発売の17.3インチ・ミドルスペックノート 第3世代Core i5 / i7搭載可能(チップセットはHM77)。新発売時点で単体GPUにGeForce GT 650M 搭載。パームレストはマグネシウム合金で、精密エッ チングのハニカムデザイン。 USB 3.0端子を4つ装備(eSATA端子兼用)。サウンドシステムにWaves MaxxAudio 4 採用。サブウーファー内蔵の2.1chスピーカ。SSDを活用した高速起動「インテル スマート・レスポンス・テクノロジー」にオプション対応。(2012年7月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
液晶ディスプレイ 17.3インチ光沢液晶/3D対応(1920x1080)
プロセッサ インテル Core i7-3610QM (2.3GHz, 6MB キャッシュ)
※クロック数最大3.3GHz
7.6
メモリ 8GB (4GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 1600MHz メモリ 7.8
グラフィックス GeForce GT 650M 2GB GDDR5 7.2
ゲーム用グラフィックス 7.2
ストレージ 1TB SATA HDD(5400回転) + 32GB mSATA SSD
ISRT(インテル スマート・レスポンス・テクノロジー)対応
5.9
バイオハザード5 「ベンチマークテストA」の結果 ※DirectX 10
解像度 1280×720 ウィンドウ表示
114.3 fps RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。
エリア1⇒139.9
エリア2⇒117.7
エリア3⇒90.0
エリア4⇒118.1
(備考)解像度 1920×1080 フルスクリーン
66.0 fps RANK A ⇒ 快適に動作します。
エリア1⇒71.5
エリア2⇒69.5
エリア3⇒57.1
エリア4⇒67.7
Inspiron580デル
Ivy Bridge設計

DELL Alienware M14x (M14xR2)

2012年5月発売の14インチ最強ゲーミングノート。Ivy Bridge設計で、第3世代Core i5 / i7が搭載可能。メモリは最大16GB。グラフィックにはNVIDIA GeForce GT 650Mを搭載、重量は3kgほどなので無理なく持ち運べる本格的3Dゲーム用ノート。設定できるイルミネーションやサブウーファ付きの2.1chスピーカ内蔵(Klipsch オーディオ)など付加価値も高い。キャッシュ用にSSDを搭載し、高速起動するISRTにオプション対応(2012年7月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
液晶ディスプレイ 14 インチWLED 光沢液晶(1600×900)
プロセッサ Core i7-3610QM (2.3GHz, 6MB キャッシュ)
※クロック数最大3.3GHz
7.6
メモリ 6GB (2GBx1+4GBx1) DDR3 SDRAM 1600MHz メモリ 7.6
グラフィックス
インテル HDグラフィックス4000
【 グラフィックスのスコアはこちら側 】

(NVIDIA Optimusテクノロジーよる自動切替)

GeForce GT 650M 1GB GDDR5
(7.1)
ゲーム用グラフィックス (7.1)
ストレージ 64GB mSATA SSD (システム用)
+500GB SATA HDD(7200回転)
7.9(上限)
バイオハザード5 「ベンチマークテストA」の結果 ※DirectX 10
解像度 1280 × 720 ウィンドウ表示
109.2 fps RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。
エリア1⇒142.3
エリア2⇒115.7
エリア3⇒87.4
エリア4⇒102.3
(備考)解像度 1600 × 900 フルスクリーン
82.1 fps RANK A ⇒ 快適に動作します。
エリア1⇒100.5
エリア2⇒85.2
エリア3⇒66.1
エリア4⇒82.6
2560×1440のハイパフォーマンス一体型DELLパソコン
Ivy Bridge設計

XPS One 27 (2710)

2012年5月発売の27インチ一体型PC。クアッドHD解像度(2560×1440)の広領域に27インチという大画面PC。全面ガラス加工のデザイン。単体GPUにGeForce GT 640Mを搭載するため、グラフィック系クリエイティブ、本格3Dゲームが遊べるハイパフォーマンス。Ivy Bridge設計で、省エネ版の第3世代Core i5 / i7搭載可能。Infinity Premiumスピーカ内蔵。キャッシュにSSDを活用するISRTにオプション対応。(2012年7月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
液晶ディスプレイ 27インチWLED光沢液晶 / クアッドHD解像度(2560×1440)
プロセッサ インテル Core i7-3770s (3.1GHz , 8MB キャッシュ)
※クロック数最大3.9GHz
7.7
メモリ 8GB (4GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 7.7
グラフィックス
インテル HDグラフィックス4000
【 グラフィックスのスコアはこちら側 】

(NVIDIA Optimusテクノロジーによる自動切替)

GeForce GT 640M 2GB DDR5
(7.1)
ゲーム用グラフィックス (7.1)
ストレージ 2TB SATA HDD(7200回転) + 32GB mSATA SSD
ISRT(インテル スマート・レスポンス・テクノロジー)対応
5.9
バイオハザード5 「ベンチマークテストA」の結果 ※DirectX 10
解像度 1280 × 720 ウィンドウ表示
107.1 fps RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。
エリア1⇒135.0
エリア2⇒111.8
エリア3⇒81.4
エリア4⇒109.6
備考:クアッドHD解像度(2560×1440) フルスクリーン
36.2 fps RANK B ⇒ 一部の動作で重くなりますが、問題なく動作。
エリア1⇒36.6
エリア2⇒38.7
エリア3⇒31.8
エリア4⇒37.8
Inspiron580デル
SandyBridge設計

XPS 8300

2011年1月発売の中級ミニタワー。SandyBridge設計で、第2世代Core i7搭載可能(チップセットH67)。460W電源。HDD2ベイと光学ドライブ2ベイの拡張性。最大16 GBメモリ、グラフィックカードはRadeon HD 6670、GeForce GT 545 が搭載可能。 (2011年12月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
プロセッサ Core i7-2600 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
※クロック数最大3.8GHz
7.6
メモリ 8GB (2GBx4) DDR3-SDRAMメモリ 7.6
グラフィックス ATI Radeon HD 5770 1GB 7.4
ゲーム用グラフィックス 7.5
ストレージ 1TB SATA HDD(7200回転) 5.9
バイオハザード5 「ベンチマークテストA」の結果 ※DirectX 10
解像度 1280×720 ウィンドウ表示
122.0 fps RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。
エリア1⇒153.9
エリア2⇒126.5
エリア3⇒92.4
エリア4⇒126.1
(備考)解像度 1920×1080 フルスクリーン
77.7 fps RANK A ⇒ 快適に動作します。
エリア1⇒85.2
エリア2⇒82.3
エリア3⇒64.0
エリア4⇒81.7
Studio XPS 7100の構成
AMD仕様

Studio XPS 7100

2010年5月発売の中級ミニタワー。AMD仕様でPhenom II X4 と、Phenom II X6 が搭載可能。Phenom II X6 にはAMD Turbo CORE テクノロジーが搭載されており、自動クロックアップ。グラフィックカードにはRADEON HD 5450,5670,5870の選択があった。460W電源。当時は安価に購入できる6コアマシンとして注目機種だった。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ AMD Phenom II X6 1055T 7.4
メモリ 12GB (4GBx2, 2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 7.4
グラフィックス ATI Radeon HD 5870 1GB 7.8
ゲーム用グラフィックス 7.8
ストレージ 1TB SATA HDD(7200回転) 7.5
バイオハザード5 「ベンチマークテストA」の結果 ※DirectX 10
解像度 1280×720 ウィンドウ表示
147.7 fps RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。
エリア1⇒262.0
エリア2⇒118.2
エリア3⇒125.4
エリア4⇒123.5
(備考)解像度 1920×1080 ウィンドウ表示
124.4 fps RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。
エリア1⇒164.5
エリア2⇒116.3
エリア3⇒108.5
エリア4⇒121.7
dell studio xps8000
Nehalem設計

Studio XPS 8000

2009年9月発売の中級ミニタワー。Nehalem設計で、Core i7-800シリーズ搭載可能。グラフィックカードはGeForce GTS 240やGeForce GTX 260が搭載可能で、ゲームも入門機にもなるミドル~ハイミドル機。ようやく、64bit OSの普及が定着し始めたころのモデル。設置しやすいサイズとそれなりの拡張性で人気だった。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Professional 64bit
プロセッサ Core i7-860 (2.8GHz , 8MB L3キャッシュ)
※クロック数最大3.46GHz
7.4
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 7.5
グラフィックス GeForce GTX 260 1792MB 7.1
ゲーム用グラフィックス 7.1
ストレージ 500GB SATA HDD(7200回転) 5.9
バイオハザード5 「ベンチマークテストA」の結果 ※DirectX 10
解像度 1280×720 ウィンドウ表示
115.3 fps RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。
エリア1⇒166.9
エリア2⇒115.7
エリア3⇒85.7
エリア4⇒110.1
(備考)解像度 1920×1080 ウィンドウ表示
71.43 fps RANK A ⇒ 快適に動作します。
エリア1⇒86.2
エリア2⇒74.5
エリア3⇒60.1
エリア4⇒69.6
(備考)上記構成で、RADEON HD 4650 512MBに変更したときのスコア
解像度 1280×720 ウィンドウ表示
40.4 fps RANK B ⇒ 一部の動作で重くなりますが、問題なく動作。
エリア1⇒43.2
エリア2⇒43.5
エリア3⇒34.2
エリア4⇒41.7
Inspiron580デル
Nahalem設計

Inspiron 580(独自カスタマイズ・バージョン)

2010年1月発売のエントリーミニタワー。Nehalem設計の拡張版(Westmere)仕様。Core i3/i5搭載可能。エントリーポジションとして初のNehalem設計。ちょうどCore 2 Duoマシンの後継にあたる。HDD2ベイ、光学ドライブ2ベイの拡張性を持つ。内蔵GPUでは初代HDグラフィックス。電源は控えめの300W。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ) 6.9
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 5.9
グラフィックス 独自にカスタマイズ搭載
GeForce GTX 460 768MB DDR5
(※ATX電源ユニットも交換)
7.5
ゲーム用グラフィックス 7.5
ストレージ 320GB SATA HDD(7200回転) 5.9
バイオハザード5 「ベンチマークテストA」の結果 ※DirectX 10
解像度 1280×720 ウィンドウ表示
116.8 fps RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。
エリア1⇒188.5
エリア2⇒99.3
エリア3⇒98.2
エリア4⇒105.3
(備考)解像度 1920×1080 ウィンドウ表示
88.6 fps RANK A ⇒ 快適に動作します。
エリア1⇒107.7
エリア2⇒87.5
エリア3⇒75.6
エリア4⇒90.1
Alienware Aurora ALX
Nehalem設計

Alienware Aurora ALX

2009年9月発売のゲーミングPC。最強ゲームPCであるAlienware Auroraの上位版。Core i7-900シリーズを搭載。グラフィックにNVIDIA GeForce GTX 460を2枚同時搭載するSLI仕様や、ATI Radeon HD 5870を2枚同時搭載するCrossFireX仕様が可能なモンスターPC。水冷式システム、天井ルーバーの自動開閉、イルミネーションのギミックを持つ。875Wの大容量電源。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ Core i7-975 Extreme Edition (3.33GHz, 8MB L3 キャッシュ) 7.5
メモリ 9GB (2GBx3, 1GBx3) DDR3-SDRAM 7.7
グラフィックス 【CrossFireX】
ATI Radeon HD 5870 1GB
7.8
ゲーム用グラフィックス 7.8
ストレージ 1TB SATA HDD(7200回転) 5.9
バイオハザード5 「ベンチマークテストA」の結果 ※DirectX 10
解像度 1280×720 ウィンドウ表示
140.2 fps RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。
エリア1⇒211.4
エリア2⇒141.1
エリア3⇒100.7
エリア4⇒131.3
(備考)解像度 1920×1080 ウィンドウ表示
105.6 fps RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。
エリア1⇒130.0
エリア2⇒111.9
エリア3⇒79.4
エリア4⇒109.1

DELLパソコン買いどきチェック!キャンペーン適用価格のDELL公式ページへ

デル株式会社

バイオハザード5 ・ ベンチマークテスト集 TOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.