DELL(デル)購入パソコンガイド
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. ベンチマーク TOP
  3. ストリートファイター4

ストリートファイター4 ・ ベンチマークテスト

DELLでストリートファイター4を遊ぶ
ストリートファイター4は、2009年にPC版が登場した対戦型格闘ゲーム。操作は2Dですが、グラフィックが3D描写となっています。ストリートファイター4 PC版が登場した当時では、並のPCではややハードルが高い負荷でしたが、パソコンの高性能化に伴いハードルが下がってきています。本格ゲームのなかでは、比較的負荷が少なく、さほど高いスペックを要求していないゲームです。

プレイ推奨環境(DirectX 9.0c / 1280×720)

Core 2 Duo 2.0GHz以上 、2GBメモリ以上
NVIDIA GeForce8600、ATI Radeon X 1900以上 (512MB以上)

パソ兄さんがお勧めするDELLパソコンを、普通に買うよりお得に!!

当サイトがレビューしたパソコンのスコア記録

※1280×720 ウィンドウ表示で実施。

ストリートファイター4 ・ ベンチマークテストの設定条件

ストリートファイター4のグラフィック設定
グラフィック設定はデフォルトのまま。ただし、「ディスプレイの垂直同期」がONだと、60fps以上の測定ができないため、OFFにしてあります。

フルスクリーンとウィンドウ表示について

一般的には、フルスクリーン表示よりもウィンドウ表示のほうがPCへの負荷が高くなります。しかし例外もあるようです。ストリートファイター4・ベンチマークテストを行なってきて気づいたことですが、ストリートファイター4に限って言うと、NVIDIAのグラフィックはフルスクリーン設定のほうが有効的であり、、逆にAMD(ATI)のグラフィックではウィンドウ表示のほうが有効的です。

ただ、当コンテンツは過去のレビューパソコンとの比較であるため、1280×720 ウィンドウ表示で比較しています。バックグラウンドで動くアプリ等は止めて、極力パフォーマンスの出やすい環境に努めていますが、至らぬところはご容赦ください。

もし、自前のパソコンが「スペックで優っているのにスコアが低い」となったら、システム環境を疑ってみてください。当方、ごまかし記録は一切行いません。(システムの都合で、ハードが発揮できていない場合の記載があっても、上乗せするような嘘のハイスコア記載はしません。)

DELLパソコン買いどきチェック!キャンペーン適用価格のDELL公式ページへ

デル株式会社

パソコンゲーム・ベンチマークテスト記録集のTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.