DELL(デル)購入パソコンガイド
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. ベンチマーク TOP
  3. ストリートファイター4
  4. 現在のページ

ストリートファイター4 ・ ベンチマークテスト RANK C

ここのコンテンツは、DELLパソコンレビュー用に作成した「ストリートファイター4のベンチマークテスト記録集」です。 1280×720 ウィンドウ表示の設定で、RANK Cの機種を紹介しています。RANK Cなら「プレイできる環境。設定を下げれば快適になる。」という評価です。

当テストのグラフィック設定はデフォルトのままですが、上記リスト「ストリートファイター4」にてご確認を!

パソ兄さんがお勧めするDELLパソコンを、普通に買うよりお得に!!

RANK Cの機種 ※1280×720 ウィンドウ表示の場合

Pavilion 500-240jp
Haswell設計

低価格帯エントリー・ミニタワー!拡張スロットが豊富。
HP Pavilion 500-240jp

2014年6月にレビュー。Haswell設計(チップセットにH87 )を採用!第4世代Core i3 / i5 / i7搭載可能。300W電源搭載。 ライトユーザー向けであるが、拡張カードを追加して機能を増やしたい方に合ったミニタワー。
コンポーネント レビューした構成
OS Windows 8.1 (64bit)
プロセッサ Core i3-4130 プロセッサー(3.40GHz, 3MB, 2コア/4スレッド)
メモリ 4GB(4GB×1)DDR3 SDRAM メモリ(1600MHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 4400
ストレージ 1TB SATA HDD(7200回転)
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE FPS
48.60
RANK C ⇒ プレイできる環境。設定を下げれば快適になる。
シルバーカラーのInspiron 17R購入
Haswell設計

タッチ対応でコンパクトな11.6インチノート、Inspiron 11(3137)

2013年9月発売の、低価格11.6インチ・モバイルノート。
全面タッチスクリーン対応。省電力規格のDDR3Lメモリが採用されており、公称されているバッテリ接続時間は8時間。3セルバッテリ内蔵、重量1.43kg。Haswell設計で、Celeron-2955Uを搭載。HDMI1.4a、カードリーダー、USB 3.0 x 2、USB 2.0 x 1を装備。落として破損、水漏れ、盗難された場合も保証する偶発損害保証付き。(2013年10月11日時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 8 (64bit)
液晶ディスプレイ 11.6インチ光沢液晶(解像度1366 × 768)
プロセッサ インテル Celeron-2955U (1.4GHz, 2MB キャッシュ) 5.6
メモリ 2GB (2GBx1) DDR3L-SDRAMメモリ(1600MHz) 5.5
グラフィックス インテル HDグラフィックス 4.6
ゲーム用グラフィックス 6.3
ストレージ 500GB SATA HDD(5400回転) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
42.54 FPS
RANK C ⇒ プレイできる環境。設定を下げれば快適になる。
スコア 8500
HP ENVY Ultrabook 4
Ivy Bridge設計

【日本HP】HP ENVY Ultrabook 4-1100

2012年12月にレビュー。19.8mmという薄さの、14インチ光沢液晶ウルトラブック。(解像度1366 × 768)。サブウーファ搭載の2.1chサラウンドで重低音が楽しめる。重さ約1.77kg。公称されているバッテリー駆動時間は8時間。天板、パームレストにアルミニウムを採用し、底面にラバー素材を採用した贅沢な作り。USB3.0×2基、USB2.0(電源オフ USBチャージ機能対応)×1基などを装備する。※以下の構成はHP ENVY Ultrabook 4-1100レビュー時。

HP ENVY Ultrabook 4-1200では、チップセットにHM77 Expressを採用したCore i5-3337U搭載モデル。別途、32GB mSATA SSDを搭載しており、インテル スマート・レスポンス・テクノロジー(ISRT)に対応。SSDをHDDキャッシュとして使用することでシステムの読み込みを高速化!
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 8 (64bit)
液晶ディスプレイ 14インチ光沢液晶(解像度1366 × 768)
プロセッサ インテル Core i5-3317U (1.7GHz, 3MB キャッシュ)
※クロック数最大2.6GHz
6.9
メモリ 4GB (4GBx1) DDR3-SDRAMメモリ(1600MHz) 5.9
グラフィックス インテル HDグラフィックス4000 4.8
ゲーム用グラフィックス 6.2
ストレージ 500GB SATA HDD(5400回転)
+32GB SSD (mSATA)
5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
43.24 FPS
RANK C ⇒ プレイできる環境。設定を下げれば快適になる。
スコア 8558
Lesance NB S3112/T購入
AMD仕様

【日本HP】Pavilion g6(AMDモデル)

2012年11月にレビュー。15.6インチ光沢液晶(解像度1366 × 768)のスタンダードノート。HP Pavilion g6-2300ではチップセットにAMD A70M FCH採用。プロセッサーには「AMD A4-4300M APU」および、「A8-4500M APU」が搭載可能。テンキーを装備したアイソレーションキーボード。天板は「HP Imprint」テクノロジーで傷に強いプリント。ALTEC LANSINGのステレオスピーカーを搭載。
装備端子:2規格対応カードスロット VGA×1 HDMI×1、 USB3.0×2 、USB2.0×1 。100BAse-LAN端子。HP TrueVision HD Webcam (約92万画素) のWebカメラを内蔵。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 8 (64bit)
液晶ディスプレイ 15.6インチ光沢液晶(解像度1366 × 768)
プロセッサ AMD (デュアルコア) A4-4300M APU
(2.50GHz~3.00GHz, 1MB L2キャッシュ)
5.5
メモリ 2GB (2GB×1) PC3-12800 (1600MHz) 4.5
グラフィックス AMD Radeon HD 7420G グラフィックス 4.8
ゲーム用グラフィックス 6.2
ストレージ 500GB SATA HDD(5400rpm) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
43.89 FPS
RANK C ⇒ プレイできる環境。設定を下げれば快適になる。
スコア 8612
シルバーカラーのInspiron 17R購入
Ivy Bridge設計

低価格の17.3インチノート、Inspiron 17R(5721)

2013年1月発売の、コスパ重視エントリー向け17.3インチノート。
Inspiron 17R Special Edition(7720)の下位ポジションモデル。インターフェースや拡張性がグレードダウンしているが、テンキー装備の17インチノートが低価格で購入できる!ブラシ加工アルミ仕上げの天板。 Ivy Bridge設計、第3世代Core i3/i5/i7搭載可能(チップセットHM76)。USB 3.0を2基、USB2.0を2基装備。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 8 (64bit)
液晶ディスプレイ 17.3インチ光沢液晶(解像度1600×900)
プロセッサ インテル Core i3-3227U (1.9GHz, 3MB キャッシュ) 6.5
メモリ 4GB (4GBx1) DDR3-SDRAMメモリ(1600MHz) 5.9
グラフィックス インテル HDグラフィックス4000 4.8
ゲーム用グラフィックス 6.3
ストレージ 500GB SATA HDD(5400回転) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
40.91 FPS
RANK C ⇒ プレイできる環境。設定を下げれば快適になる。
スコア 8365
Inspiron 15z Ultrabook(5523)が登場
Ivy Bridge設計

Inspiron 15z Ultrabook(5523)の構成

2012年10月発売の、15.6インチウルトラブック。
据え置きで定番の15.6インチノートでありながら、21mmと薄く、2.17kgと軽量のウルトラブック。自宅でメインに使うノートが気軽に持ち出せます。バックライトキーボードや光学ドライブを標準搭載。ブラシ加工アルミ仕上げの天板。タッチパネルにはオプション対応(※厚みや重量は若干増す)。 Ivy Bridge設計、第3世代Core i3/i5/i7搭載可能(チップセットHM77)。USB 3.0を4基も装備し、パソコンの起動無しでUSB経由の充電が可能なPowerShare USBに対応。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 8 (64bit)
液晶ディスプレイ 15.6インチ光沢液晶(1366 x 768)
プロセッサ インテル Core i5-3317U (1.7GHz, 3MB キャッシュ)
※クロック数最大2.6GHz
6.9
メモリ 4GB (4GBx1) DDR3-SDRAMメモリ(1600MHz) 5.9
グラフィックス インテル HDグラフィックス4000 4.8
ゲーム用グラフィックス 6.3
ストレージ 500GB SATA HDD(5400回転) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
41.52 FPS
RANK C ⇒ プレイできる環境。設定を下げれば快適になる。
スコア 8415
画像XPS 13 Ultrabook (L322X)
Ivy Bridge設計

XPS 13 Ultrabook (L322X)

2012年10月発売の13.3インチ・ウルトラブック。デザインをそのまま踏襲したL321xの後継機。Ivy Bridge設計で、第3世代Core i5 / i7が搭載可能。チップセットはQS77。USB端子がすべてUSB3.0になった。グラフィックは単体GPU無しなのでインテルHDグラフィックス4000。強度に優れるゴリラガラス採用。筐体は削りだしアルミで底面にはカーボンファイバ素材を採用。11インチノートパソコンと同等サイズで、最薄部6mm。128および256GB SSD搭載可能。(2012年11月30日時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 8 (64bit)
液晶ディスプレイ 13.3インチ TrueLife HD WLED 液晶(1366x768)
プロセッサ インテル Core i5-3317U (1.7GHz, 3MB キャッシュ)
※クロック数最大2.6GHz
6.9
メモリ 4GB DDR3-SDRAMメモリ 5.9
グラフィックス インテル HDグラフィックス4000 5.6
ゲーム用グラフィックス 6.4
ストレージ 128GB SSD 8.1
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
48.01 FPS
RANK C ⇒ プレイできる環境。設定を下げれば快適になる。
スコア 8954
DELLの初心者ノートのInspiron5520
Ivy Bridge設計

DELL Inspiron 15R(5520)

2012年6月発売の15.6インチ・エントリーノート。。USB 3.0端子を4つ装備。PowerShare USB対応。サウンドシステムにWaves MaxxAudio 3 採用。SWITCH により天板カバーの着せ替えが可能。(2012年7月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
液晶ディスプレイ 15.6インチ光沢液晶/(1366x768)
プロセッサ インテル Core i5-3210M (2.5GHz, 3MB キャッシュ)
※クロック数最大3.1GHz
7.1
メモリ 4GB (4GBx1) DDR3-SDRAMメモリ 1600MHz メモリ 5.9
グラフィックス インテル HDグラフィックス4000 5.1
ゲーム用グラフィックス 6.3
ストレージ 500GB SATA HDD(5400回転) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
45.26 FPS
RANK C ⇒ プレイできる環境。設定を下げれば快適になる。
スコア 8727
XPS 12 (9Q23)画像
Ivy Bridge設計

DELL XPS 12 (9Q23)

2012年10月発売の、12.5インチ・タブレット変形型ウルトラブック。
第3世代Core i5搭載可能(チップセットはQS77 Express)。回転式タッチディスプレイを搭載しており、閉じればタブレットPCに変形。スマホでお馴染みのゴリラガラスを採用し、広視野角のIPSパネル、広領域のフルHD解像度を搭載。
アルミ削り出しボディと、軽量・耐久性で優れるカーボンファイバで構成されているプレミアムな筐体。防滴加工のバックライト・キーボード搭載。SSD標準搭載で起動が爆速。装備端子は控えめになるが、USB3.0端子を2つ、Mini DisplayPort を装備。高さ:8~20mmと薄く、幅:317mm 奥行き:214mm、 最小重量:1.52kg。(2012年11月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 8 (64bit)
液晶ディスプレイ 12.5インチ光沢液晶(1920×1080)
プロセッサ インテル Core i5-3317U (1.7GHz, 3MB キャッシュ)
※クロック数最大2.6GHz
6.9
メモリ 4GB DDR3-SDRAMメモリ 5.9
グラフィックス インテル HDグラフィックス4000 5.4
ゲーム用グラフィックス 6.4
ストレージ 128GB SSD 8.1
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
47.42 FPS
RANK C ⇒ プレイできる環境。設定を下げれば快適になる。
スコア 8905
さらに短くなったInspiron660s
Ivy Bridge設計

Inspiron 660s(グラフィックカード外し)

2012年5月発売のミニタワー。第3世代Core i5搭載可能(チップセットはB75)。幅10cm、高さ26.5cmのショート・スリムタワー。重量は6kg程度で設置性抜群。ローエンド・グラフィックカードが搭載可能で、ほかPCI Express × 1を1スロット装備。USB 3.0を2基装備。オプションでフロントパネルのカラーが選択できる。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
プロセッサ インテル Core i5-3450s(2.8GHz , 6MB キャッシュ)
※クロック数最大3.5GHz
7.5
メモリ 6GB (4GB×1 +2GB×1)DDR3 SDRAM メモリ(1600MHz) 7.5
グラフィックス インテル HDグラフィックス 2500 4.9
ゲーム用グラフィックス 6.3
ストレージ 1TB SATA HDD(7200回転) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
46.84 FPS
RANK C ⇒ プレイできる環境。設定を下げれば快適になる。
スコア 8857
DELLパソコン
SandyBridge設計

DELL XPS 14z(L412z)

2011年11月発売の14インチ・極薄ローミドルノート。(ミドルのなかでは下位スペック)。SandyBridge設計で、第2世代Core i5 / i7が搭載可能。グラフィックにはNVIDIA GeForce GT 520Mが搭載可能で、ストリートファイター4が遊べる能力がある。中堅クラスの本格ゲームがぎりぎり進行可能なレベル。(2011年12月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
液晶ディスプレイ 14インチ WLED光沢液晶(1366x768)
プロセッサ Core i5-2430M (2.4GHz, 3MB キャッシュ)
※クロック数最大3.0GHz
7.0
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 7.4
グラフィックス
インテル HDグラフィックス3000
【 グラフィックスのスコアはこちら側 】

(NVIDIA Optimusテクノロジーよる自動切替)

GeForce GT 520M /1GB
(5.6)
ゲーム用グラフィックス (6.4)
ストレージ 500GB SATA HDD(7200回転) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
44.08 FPS
RANK C ⇒ プレイできる環境。設定を下げれば快適になる。
スコア 8628
(備考)設定解像度 1366×768 フルスクリーン
AVERAGE
56.27 FPS
RANK B ⇒ 快適にプレイできる環境。
スコア 9565
Omni 200-5450jp
Nehalem設計

HP(ヒューレット・パッカード)Omni 200-5450jp

2011年9月ごろ販売確認。2011年の主流はSandyBridge設計ですが、こちらは前世代のNehalem設計。Core i3搭載、グラフィックにはNVIDIA GeForce G210が搭載可能。オプションで地デジチューナー内蔵可能(リモコン付き)。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium 64bit
液晶ディスプレイ 23インチワイド光沢液晶 (1920x1080)
プロセッサ Core i3-550 (3.2GHz, 4MB L3キャッシュ) 7.0
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 5.9
グラフィックス NVIDIA GeForce G210 512MB 4.9
ゲーム用グラフィックス 5.9
ストレージ 1TB SATA HDD(7200回転) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
42.09 FPS
RANK C ⇒ プレイできる環境。設定を下げれば快適になる。
スコア 8463
HP s5250jp
Nehalem設計

HP s5250jp

2009年12月に販売確認。Nehalem設計。Core i7-870とGeForce GT220が搭載できるスリムタワー。HP ポケットメディアドライブという、前面パネルから着脱可能なHDDが追加できる。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ インテル Core i7-870 (2.93GHz, 8MB L3キャッシュ)
※クロック数最大3.6GHz
7.5
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 7.5
グラフィックス GeForce GT220 1GB 6.4
ゲーム用グラフィックス 6.4
ストレージ 640GB SATA HDD(7200回転) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
42.41 FPS
RANK C ⇒ プレイできる環境。設定を下げれば快適になる。
スコア 7700
自作
NetBurst 設計

自作パソコンの構成(Pentium D)

2006年11月に自作したミドルタワー。Vista発売の2ヶ月前にして、XPマシンを自作。Core 2 Duoがまだ高価だったので、前世代プラットフォームのPentium D 915で制作。消費電力は高いものの、デュアルコアの先駆けとして、そのパフォーマンスには感動した。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows XP Home Edition SP3
正規版 32bit
プロセッサ Pentium D 915 (2.8GHz, 4MB L2 , 800MHz FSB) -
メモリ 1GB (512MBx2) DDR2-SDRAM メモリ -
グラフィックス RADEON HD 3650 512MB -
ゲーム用グラフィックス -
ストレージ 160GB SATA HDD(7200回転) -
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
42.41 FPS
RANK C ⇒ プレイできる環境。設定を下げれば快適になる。
スコア 8490
DELLのStudio15
Nehalem設計

DELL Studio 15(1557)~2010年ミドルノート

2009年10月発売の15.6インチ・ミドルノート。ボディデザインは2009年3月発売の旧Studio 15のままを踏襲。Nehalem設計
で1世代Core i5/i7搭載可能。グラフィックにはATI Mobility RADEON HD 4570を搭載。DELLとしてはノートで初めての4コア/8スレッド(Core i7クアッドコア)対応の製品。2010年の代表的なミドルノートでしたが、本格ゲーム用にはまだ物足りない印象。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium 64bit
液晶ディスプレイ 15.6インチ WLED光沢液晶(1366x768)
プロセッサ インテル Core i7-720QM (1.6GHz, 6MB L3キャッシュ)
※クロック数最大2.80GHz
6.9
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 7.4
グラフィックス ATI Mobility RADEON HD 4570 512MB 5.0
ゲーム用グラフィックス 6.2
ストレージ 500GB SATA HDD(5400回転) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
49.74 FPS
RANK C ⇒ プレイできる環境。設定を下げれば快適になる。
スコア 9097
(備考)設定解像度 1280×720 フルスクリーン
AVERAGE
30.14 FPS
RANK D ⇒ プレイできるが、処理が重くなることがある。
スコア 7472

DELLパソコン買いどきチェック!キャンペーン適用価格のDELL公式ページへ

デル株式会社

【ストリートファイター4 ・ ベンチマークテスト集TOP】

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.