DELL(デル)購入パソコンガイド
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューDELL製品の特価キャンペーン
  1. HOME
  2. ベンチマーク TOP
  3. ストリートファイター4
  4. 現在のページ

ストリートファイター4 ・ ベンチマークテスト RANK B

ここのコンテンツは、DELLパソコンレビュー用に作成した「ストリートファイター4のベンチマークテスト記録集」です。 1280×720 ウィンドウ表示の設定で、RANK Bの機種を紹介しています。RANK Bなら「快適にプレイできる環境」となります。

当テストのグラフィック設定はデフォルトのままですが、上記リスト「ストリートファイター4」にてご確認を!

パソ兄さんがお勧めするDELLパソコンを、普通に買うよりお得に!!

RANK Bの機種 ※1280×720 ウィンドウ表示の場合

HP ENVY 700-260jp
AMD(A10シリーズ)

AMDのAPU(A10シリーズ)搭載!高精細コンテンツも楽しめる
シンプルな低価格ミニタワー!HP Pavilion 500-210jp

2014年6月にレビュー。開発コード:Richlandである第3世代AシリーズAPUを搭載したAMD仕様のミニタワー。 PCI Express x16×1スロット、PCI Express x1×3スロットあり、ミニタワーならでは拡張性がある。
コンポーネント レビューした構成
OS Windows 8.1 (64bit)
プロセッサ AMD A10-6700 APU (クアッドコア)
メモリ 4GB (4GB×1) PC3-12800メモリ-1600MHz
グラフィックス AMD Radeon HD 8670D (A10-6700 APUに内蔵)
ストレージ 500GB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE FPS
50.20
RANK B ⇒ ストリートファイター4が、快適にプレイできる環境。
XPS 12 (9Q23)画像
Ivy Bridge設計

今回レビューするDELL XPS 12 (9Q23)の構成

2012年10月発売の、12.5インチ・タブレット可変型ウルトラブック。
第3世代Core i5搭載可能(チップセットはQS77 Express)。回転式タッチディスプレイを搭載しており、閉じればタブレットPCに変形。スマホでお馴染みのゴリラガラスを採用し、広視野角のIPSパネル、広領域のフルHD解像度を搭載。
アルミ削り出しボディと、軽量・耐久性で優れるカーボンファイバで構成されているプレミアムな筐体。防滴加工のバックライト・キーボード搭載。SSD標準搭載で起動が爆速。装備端子は控えめになるが、USB3.0端子を2つ、Mini DisplayPort を装備。高さ:8~20mmと薄く、幅:317mm 奥行き:214mm、 最小重量:1.52kg。(2012年11月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 8 (64bit)
液晶ディスプレイ 12.5インチ光沢液晶(1920×1080)
プロセッサ インテル Core i5-3337U (1.8GHz, 3MB キャッシュ)
※クロック数最大2.7GHz
6.9
メモリ 4GB DDR3-SDRAMメモリ 5.9
グラフィックス インテル HDグラフィックス4000 5.4
ゲーム用グラフィックス 6.4
ストレージ 128GB SSD 8.1
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
50.36 FPS
RANK B ⇒ 快適にプレイできる環境。
スコア 9149
(備考)設定解像度 1280×720 フルスクリーン
AVERAGE
51.74 FPS
RANK B ⇒ 快適にプレイできる環境。
スコア 9264
15Rスペシャル・エディション
Ivy Bridge設計

XPS 14 Ultrabook(L421X)

2012年6月発売の14インチ・プレミアムノート。20.7 mmの超薄型でアルミ削り出しのボディの14インチ光沢液晶(1600x900)ノート。第3世代Core i5 / i7 搭載可能(チップセットはHM77)。新発売時点で単体GPUにGeForce GT 630M 搭載可能。ディスプレイに強化ガラスのゴリラガラス採用。 パームレストはマグネシウム合金。 光学ドライブは無いが、約11時間という長時間バッテリ駆動。USB 3.0端子を2つ装備。PowerShare USB対応。サウンドシステムにWaves MaxxAudio 4採用。 SSDを活用した高速起動「インテル スマート・レスポンス・テクノロジー」にオプション対応。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
液晶ディスプレイ 14インチ光沢液晶(1600x900)
プロセッサ インテル Core i7-3517U (1.9GHz, 4MB キャッシュ)
※クロック数最大3.0GHz
7.1
メモリ 8GB DDR3-SDRAMメモリ 1333MHz メモリ 7.1
グラフィックス
インテル HDグラフィックス4000
【 グラフィックスのスコアはこちら側 】

(NVIDIA Optimusテクノロジーによる自動切替)

GeForce GT 630M 1GB GDDR5
(4.7)
ゲーム用グラフィックス (6.7)
ストレージ 500GB SATA HDD(5400回転)+ 32GB mSATA SSD
ISRT(インテル スマート・レスポンス・テクノロジー)対応
5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
54.12 FPS
RANK B ⇒ 快適にプレイできる環境。
スコア 9460
DELLパソコン
SandyBridge設計

Vostro 260s

2011年5月発売のビジネス・スリムタワー。SandyBridge設計で、チップセットにはインテルH61採用。第2世代Core i3/ i5、Pentium、Celeron搭載可能。縦置きだけでなく横置きも可能で、ドライブベイは工具フリーの簡単メンテナンス構造。最小構成なら3万円台から購入できる格安モデル。グラフィックカードにロー・プロファイルのAMD Radeo HD 6450が搭載可能。(2012年2月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
プロセッサ Core i5-2400s (2.5GHz , 6MB キャッシュ)
※クロック数最大3.3GHz
7.3
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 7.5
グラフィックス ATI Radeon HD 6450 1GB 5.0
ゲーム用グラフィックス 6.3
ストレージ 500GB SATA HDD(7200回転) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
53.04 FPS
RANK B ⇒ 快適にプレイできる環境。
スコア 9371
Inspiron580デル
Nahalem設計

Inspiron 580

2010年1月発売のエントリーミニタワー。Nehalem設計の拡張版(Westmere)仕様。Core i3/i5搭載可能。エントリーポジションとして初のNehalem設計。ちょうどCore 2 Duoマシンの後継にあたる。HDD2ベイ、光学ドライブ2ベイの拡張性を持つ。内蔵GPUでは初代インテル HDグラフィックス。電源は控えめの300W。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ インテル Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ) 6.9
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 5.9
グラフィックス RADEON HD 4650 512MB 5.4
ゲーム用グラフィックス 6.5
ストレージ 320GB SATA HDD(7200回転) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
56.25 FPS
RANK B ⇒ 快適にプレイできる環境。
スコア 9637

DELLパソコン買いどきチェック!キャンペーン適用価格のDELL公式ページへ

デル株式会社

【ストリートファイター4 ・ ベンチマークテスト集TOP】

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.