DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELLデスクトップPC
  3. DELL個人デスク
  4. Inspiron One 2330
  5. 現在

梱包と、付属のワイヤレス・キーボード&マウス

Inspiron One 2330の箱を開梱し、付属品等をチェックします。梱包の様子や付属品はカスタマイズ購入状況や販売時期によって違いがあるかもしれません。ご理解のうえ、どうぞ。最新情報はDELLサイトにてご確認を。これから購入される方と全く同じである保証はいたしません。

DELL Inspiron One 2330の梱包風景

DELL購入レビュー。一体型パソコン
Inspiron One 2330の箱を開梱します。付属品等はカスタマイズ内容によって違いがあると思いますが、今回のInspiron One 2330実機の現状レポートとして掲載します。Inspiron One 2330本体は低密度ポリエチレンで保護されています。付属品の小箱は2つあります。

小箱その1~書類とデバイスDVD、電源ケーブル

Inspiron One 2330はACアダプタのタイプではありません
付属品の箱その1。ペラペラのクイックガイドで複数言語で書かれた各部名称の案内。ライセンス関係の冊子。デバイスDVD、電源ケーブルが同梱されています。Inspiron One 2330はACアダプタのタイプではありません。本体に電源を内蔵しているようです。

小箱2~キーボードとマウス

DELL KM632というワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスのセット
付属品の箱その2。DELL KM632というワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスのセットです。Inspiron One 2020のレビューと同じものでした。これは標準付属なのか分かりませんので、購入の際は構成パッケージをチェックしてみてください。

Inspiron One 2330の股下に収納するキーボード
Inspiron One 2330のディスプレイベゼルには保護シールが貼ってあるので剥がします。

DELL KM632(キーボートとマウス)は、Inspiron One 2330の股下に収納できるので、卓上をすっきりさせることができます。これってノートパソコンを設置するより少ない面積で済みますね。

DELLステージがインストールされている

Inspiron One 2330のDELLステージ
DELLパソコンは無駄なソフトがないことで低価格を実現していますが、ちょっとしたユーティリティソフトはインストールされています。起動とともに現れて目立つのが「DELLステージ」です。いわゆるランチャーソフトで、アプリやファイル等を、簡単に呼び出すことができる機能です。ちなみにパソ兄さんは不必要としているので、即アンインストールしています。

DELLステージ

DELLパソコンは無駄なソフトがないことで低価格を実現していますが、ちょっとしたユーティリティソフトはインストールされています。起動とともに現れて目立つのが「DELLステージ」です。いわゆるランチャーソフトで、アプリやファイル等を、簡単に呼び出すことができる機能です。ちなみにパソ兄さんは不必要としているので、即アンインストールしています。

DELLステージはいらないランチャー機能
PC起動時にどんと現れます。このアイコンサイズは調整可能です。 ※バージョン等によりデザインが変更されている場合もあります

一発起動のステージ
音楽やフォト、ビデオ、アプリなどここからすぐに呼び出せます。(つまりランチャー機能)

起動時にステージを立ち上げるを解除
デフォルトでは「起動時にステージを立ち上げる」となっているので、ここを解除しない限り起動のたびに現れます。イラッとする方は、設定(歯車マーク)をクリックしてチェックボックスから外しましょう。使う気が全くないのならアンインストールしたほうがいいでしょう。

PowerDVD9.5
今回はブルーレイドライブを搭載しているのでPowerDVD9.5がバンドルされており、ブルーレイ映画を堪能しました。

Inspiron One 2330にインストールされていたもの
コンパネのアンインストール欄からインストールされているプログラムをチェックしました。デルのリカバリディスク作成ソフト、DELLステージに関わるアプリ、Webカメラ等のソフト、Skype、SyncUPなどが見えます。
お試し版のマカフィーも入っていますね。

念のため再度言っておきますが、これはあくまで手元にあるInspiron One 2330の状況です。購入されても全く同じとは限らないのでご理解してください。

DELL KM632というワイヤレス・キーボードと、レシーバ

KM632のレシーバ
KM632のレシーバはUSBタイプ。USB3.0端子を使うと勿体無いので、Inspiron One 2330背面のUSB2.0端子に差し込みました。このレシーバ1本でDELL KM632のキーボードとマウスが無線でつながります。

DELLワイヤレスキーボード
ワイヤレスキーボードは、全般的に非光沢ブラックのフルサイズ。特別な高級感はないものの、粗悪という印象もない。ちなみにXPS One 27の付属ワイヤレスキーボードのほうが高級感があります。

ワイヤレスキーボードの裏側
傾斜をかけるための折りたたみ式チルトスタンドはなく、底面の形状が盛り上がったデザイン。そのため、はじめからキーボードが勾配になっています。駆動は単3電池が2本です。底面左側には電源スイッチがあり、長期的に使用しないときはオフにしておくことで電池の持ちを節約できます。
アイソレーションキーボードを採用したInspiron One 2020
キー配列を確認。キーとキーの間が完全に隔離されたアイソレーションキーボードを採用。爪の長いユーザーや接触による誤操作の多いユーザーに扱いやすいタイプです。ホコリの侵入がしにくく、掃除メンテンナンスにも長けています。見た目もスタイリッシュです。

スペースキーが短い分、カタカナひらがなキーやCtrlキーなどが大きめに確保されています。

メディアコントロールキーのInspiron One 2020
ホットキーはありませんが、メディアコントロールキー(オレンジ色)があり、コンテンツの再生停止や音量調節がワンタッチで行えます。カーソルキーも独立していて操作性がよい。特殊なキーとしてはテンキーの上にスリープボタン(三日月マーク)があります。

Inspiron One 2020のキーボードを操作してみた
各キーの操作の様子。ファンクションキーはやや小ぶりですが、アイソレーションキーなので押しにくいことはありません。キーストロークは通常のキーボード並みにあり、押しごたえはしっかりあります。

DELL KM632~ワイヤレスマウス

Inspiron One 2020とマウス
レーザー式ではなく、光学式(オプティカル)です。てっぺんは非光沢、側面は光沢ブラック。多機能マウスではなく、2クリックボタン・スクロールホイールのスタンダード。高級マウスとはいえないものの、十分実用的なマウスかと思います。

Inspiron One 2020のマウスを使う
マウスサイズは中型といったところでしょうか。上記写真では大きめの手のユーザーが握った様子。

パソコン生活をお届け
底面では電源スイッチがあり、長期的に使用しないときはオフにしていきます。ホイールスクロールの下にバッテリー状況を示すライトがあります。(残量フルの場合、時間が経つと消灯します)

電池駆動のマウスです。DELLレポ
てっぺんのカバーはマグネットによって吸着されており、真上に持ち上げることで剥ぎ取ることができます。(小さな丸い金属が磁石です。2箇所あり。) 駆動は単3電池を2本です。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年6月17日(月)まで】
DELL Gシリーズ、Inspiron 13 5000シリーズがお得!最大17%オフクーポン
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタが、Everydayクーポンで最大34%オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!さらに合計15万円(税抜)以上購入なら、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)10:00より開始! ※予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELL 「顧客満足度調査 2018-2019 ノートPC部門1位 / デスクトップPC部門1位」
日経コンピュータ 2018/9/13号-Nikkei BP

納得パソコン購入術!パソ兄さん サイトTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.