DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 17R SEレビュー項目
  4. 現在のページ

DELL Inspiron 17R Special Editionのキーボード

デスクトップPCの代替え機ならInspiron 17R Special Edition(システム:Inspiron 7720)。ここではテンキー付きフルサイズキーボードとその周辺をレビューします。なお、最新情報は左記リンクのDELLサイトへ。

キー配列、キーボード周り、各ボタンおよび、操作性のレビュー

Inspiron 17R Special Edition(Inspiron 7720)のパームレストはマグネシウム合金素材。スペシャル・エディションというだけのことはあり、筐体グレードも底上げされています。シャーシベースはアルミ素材だそうです。縁周りのシルバーカラーはアルミ風ですが、流石にこれはポリカーボネート(工業用プラスチック)でした。

Inspiron 17R Special Editionキーボードを操作してみる
テンキーを装備するのでホームポジションはやや左より。マウス派であればタッチパッド機能をオフにして、タッチパッドに手がかかった状態で使うといいかもしれません。

Inspiron 17R Special Editionのパームレストはハニカムデザイン。
マグネシウム合金のパームレストはハニカム・デザインでエッチング処理されています。指紋がつきにくいというわけではありませんが、光沢プラスチックのようにベタベタにはなりません。

Inspiron 17R Special Editionのタッチパッドの機能をオフにする
タッチパッド機能オフのボタンを押すと、上部のランプがオレンジ色に点灯します。

Inspiron 17R Special Editionのキー配列

アイソレーション・キーボード
Inspiron 17R Special Editionではアイソレーション・キーボードを採用。フルサイズでテンキーも装備しており、まさにデスクトップPCに匹敵する操作性。ストロークもほどよい。ワイドということもあり、キーボード中央上部あたりではややたわみを感じますが、強く叩かない分には気にならないです。

Inspiron 17R Special Editionのカーソルキーを操作
概ね満足できるキーボードですが、欲を言えばカーソルキーを大きくしてもらいたいです。パソ兄さんはデスクトップPCがメインなので、ノートパソコンを使うならInspiron 17R Special Editionのような大画面ノートのキーボードがしっくりきます。

Inspiron 17R Special EditionのBios設定もしくはWindowsモビリティセンターにて優先キーを切り替える
ファンクションキーは兼用。オレンジ印字のキーはFnキーと同時押しで使います。Bios設定もしくはWindowsモビリティセンターにて優先キーを切り替えることができます。劣勢キーになったほうがFnキーと同時押しになります

オレンジ印字のキーは、F1からF6に向かって「モニタ切り替え、ワイヤレスオンオフ、タッチパッド機能オンオフ、ディスプレイのバックライト輝度調整、キーボードバックライトのオンオフと調光」になります。
F8以降はコンテンツを操作するメディアコントロールボタンとなります。

暗くても操作できるInspiron 17R Special Editionのバックライト・キーボード
バックライト・キーボードなので、暗い場所でも操作ができます。明るさは任意で2段階調整できます。
暗い会議室とかでも使えるので、ビジネス用にも使えますね。

Inspiron 17R Special Editionの、電源ボタンとキャパシティブ・キー

Inspiron 17R Special Editionのキーボード周りにあるボタンといえば、電源ボタンと一発起動のキャパシティブ・キーです。その様子をレビューいたします。

ボタンの幅をメタルヒンジに揃えたデザイン
かなり大きめの電源ボタンを左上に配置。ボタンの幅をメタルヒンジに揃えたデザインです。LEDで電源マークが点灯します。

Inspiron 17R Special Editionのキャパシティブ・キー
Inspiron 17R Special Editionキーボード右上には、キャパシティブ・キーと呼ばれるキーたちが配置されています。

キャパシティブ・キー
押されたキャパシティブ・キーはLEDで点灯します。キャパシティブ・キーは各機能の一発起動ボタンです。以下、Inspiron 13z(5323)を例に解説します。

面倒なのでまとめて紹介
キャパシティブ・キーと呼ばれる、これらのキーの解説をします。左から「Windowsモビリティセンター起動ボタン、DELLオーディオ・ボタン、DELL Instant起動ボタン」となっています。なお、ここの解説で使用している写真はInspiron 13z(5323)です。各DELL製品によってデザインは異なりますし、アプリのインターフェース・デザインが異なる場合があります。機能の理解としてご参考ください。

Windowsモビリティセンター

設定が楽です
Windowsモビリティセンターでは、「ディスプレイの輝度、音量調整、バッテリーステータス、ワイヤレス環境、ファンクションキーの優先設定、タッチパッドの調整」など、設定頻度の高い項目をまとめて管理できます。

DELLオーディオ・ボタン

サウンド調整します
DELLオーディオでは、音楽鑑賞、音声通話、ムービーなど環境に応じて最適化されたサウンド効果に切り替えることができます。

DELL Instant

一発起動するボタン
DELL Instantボタンにプログラムや機能を割り当てることができます。初回は上記の設定画面が現れますので、お好みの機能を割り当ててください。よく使うアプリの起動を割り当てると大変便利です。

Inspiron 17R Special Editionの後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

Inspiron 17R Special Edition (Inspiron 7720)レビュー項目~2012年7月時点

納得パソコン購入術!パソ兄さん サイトTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.