DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 17R SE

DELL Inspiron 17R Special Edition(7720)のレビュー項目

Inspiron 17R Special Editionの後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

以下パソ兄さんのInspiron 17R Special Editionレビューは、2012年7月時点の情報となります。購入時期によってカスタマイズできる構成は異なります。 左記リンクのDELLサイトにてご確認ください。

17.3インチ大画面のハイエンド娯楽ノート!Inspiron 17R Special Edition

大画面ノートを気軽に楽しめる時代となりました。デスクトップパソコンの代替えになるノートパソコンをお探しなら、17.3インチワイド液晶のInspiron 17R Special Editionがお勧めです。システムモデル名ではInspiron 7720という製品ですが、ここではInspiron 17R Special Editionで通します。(2012年6月に発売)。

購入するぞInspiron 17R Special Edition
Inspiron 17R Special Editionは、17.3インチワイド液晶のハイエンドノート。インテル HM77 Expressのチップセットを搭載したIvy Bridgeプラットフォームです。第3世代インテルCore iシリーズが搭載できるモデルです。
今回のInspiron 17R Special Edition実機では、Core i7-3610QMを搭載しました。そしてAlienwareシリーズでも採用される高度なGPUのGeForce GT 650M 2GB GDDR5を搭載しております。中級者から上級者向けのスペックでゲームノートと呼んでもいいくらいです。

パソ兄さんがお勧めするDELLパソコンを、普通に買うよりお得に!!

スペックだけではない格上の仕様

Inspiron 17R Special Editionはアルミ製のシャーシ構造。パームレストはマグネシウム合金で筐体のグレードが高い。サブウーファー内蔵の2.1chスピーカなので、娯楽ノートとしての装備にに富んでいます。
そのほか、「USB 3.0端子を計4つ装備、テンキー付きのバックライト・キーボード、HDDベイを2基もつ拡張性」などエントリーノートよりも格上仕様です。

DELLノートの梱包Inspiron 17R Special Edition編
梱包の様子。ペラのクイックガイド、デバイスDVD、ACアダプタと電源ケーブルが同梱されています。詳細のマニュアルが必要ならDELLサイトでダウンロードするスタイルです。徹底的にコストダウン化されています。

今回は3D対応液晶での導入のため、3D VISION 2のメガネが同梱されています。
追記:2012年9月時点では3D対応が無くなっています。

ACアダプタ
これは130WのACアダプタ。プラグ部分には青LEDで点灯。90W ACアダプターもあるようで構成によって異なるようです。ケーブルが太いのは高出力のためだと思いますが、束ねるのがやや固め。

Inspiron 17R Special Editionの17.3インチ・ディスプレイについて

今回のInspiron 17R Special Editionレビュー機では、3D対応液晶光沢ディスプレイ(フルHD・1920x1080)です。3D立体視コンテンツ対応仕様での導入です。※2012年9月追記をご覧ください。

Inspiron 17R画面※2012年9月追記: 6月の新発売時期では、「3D VISION 2のメガネで立体視できる、3D対応液晶」が選べたのですが、9月にDELLサイトを確認したところ消えて無くなっていました。
光沢ディスプレイ(1600 x 900)か、非光沢ディスプレイ(フルHD・1920x1080)から選択できるようになっていました。なお、17.3インチにフルHDではやや高解像度で、文字が小さめに感じるかもしれません。個人差はありますが、テキストベースの利用なら文字が大きめに表示される1600 x 900がお勧めです。

緩衝パーツがデザイン性を損なわないInspiron 17R Special
ディスプレイベゼル周りにグレーの縁がありますが、これは弾力のあるラバー素材。ディスプレイを閉じた時の緩衝パーツとなっています。唐突に棒状の緩衝パーツが取り付けられているノートパソコンも多いですが、Inspiron 17R Special Editionでは緩衝パーツがデザイン性を損なわないように工夫されています。

inspironロゴはメッキ
ディスプレイベゼル上部には100万画素WEBカメラを内蔵。WEBカメラ左側に通話・録音用マイクを内蔵。下部のinspironロゴはメッキで光っています。今回のは3D対応ディスプレイなので、WEBカメラの右側に「3D赤外線エミッタ」を搭載。3D赤外線エミッタはNVIDIA 3D Vision 2 ワイヤレスメガネと同期を取るためのセンサーです。
※現状レポになるので3D対応ディスプレイに触れてしまいますが、導入予定にない仕様は無視してご覧ください。

17.3インチディスプレイのノート
ディスプレイはここまで開きます。通常の使用であれば充分でしょう。

Inspiron 17R Special Editionの天板デザインについて

Inspiron 17R Special Edition天板写真
レビュー時点では天板のカラーバリエーションはなく、ステルスブラックのみ。シルバーカラーで天板が縁取られたデザインです。ここ数年のDELLノートと比べると、角の丸みが強調されたデザインですね。

メッキ加工されたDELLロゴ
ハニカムデザインで六角形のパターンが並んでいます。エッチングで僅かな凹凸処理がされていて、光沢と非光沢が織り交ざった状態。ハニカム・デザインはパソコンでは排気口などの形状でお馴染みですね。ハニカムってのは最小限の材料で高い強度と誇る形状らしいですが、ここでは機能的なものではなくデザイン上のものと考えられます。そして天板中央にはメッキ加工されたDELLロゴを配置。

持ちだすよInspiron 17R
Inspiron 17R Special Editionは大画面ノートなので、気軽にモバイルとは言いませんが、乗り物移動がメインであれば持ちだしもありでしょう。現にパソ兄さん自身も、帰省時に17.3インチノートを持ち出すことは多々あります。Inspiron 17R Special Editionは「幅: 417mm、 奥行: 276mm、厚み: 32~37mm」。概ね:3.5kgくらい。基本的に据え置きノートですが、デスクトップPCの代替えにもなるパフォーマンスと操作性を持ち出せます。

Inspiron 17R Special Edition装備端子の配置

前面:カードスロットが使いやすい位置にある

ライトとカードスロット装備のInspiron 17R Special Edition前面
Inspiron 17R Special Edition前面から紹介。前面中央よりやや右側に8規格対応のカードスロットを装備し、手前にあるのでアクセスしやすい。前面左側には「電源ライト、HDDライト、バッテリーステータスライト、ワイヤレスステータスライト」を配置。

左側面:USB3.0端子2つ装備

Inspiron 17R Special EditionはPower Share USB仕様
Inspiron 17R Special Edition左側面には、USB3.0端子×2つ装備。モニタ出力にHDMI端子とVGA端子を装備。ほかにマイク / ヘッドフォン端子と電源コネクタを装備。USB3.0端子は青いコネクタが採用されています。
2つあるUSB3.0端子のうち、左側のがPower Share USB仕様であり、パソコンを起動していなくてもUSB経由で周辺機器の充電が可能です。

USB3.0は2.0と互換性があるのでそのまま旧周辺機器も使えますが、USB3.0の速度を出すには対応の周辺機器である必要があります。

右側面:USB3.0端子が手前と奥に分散してあり、GOOD!

USB3.0端子が2つ。USB3.0端子は手前と奥手に分散したInspiron 17R Special Edition
右側面には、USB3.0端子が2つ。USB3.0端子は手前と奥手に分散しており、ユーザーの使い勝手で自由が効くのが良い。ネットワークは上位モデルらしからぬ100BASE LANであり、ギガビットイーサーLANではありません。そのため、ホームサーバーを構築しているユーザーには向きません。

オプションでブルーレイドライブの搭載も可能なInspiron 17R Special Edition
トレイ式の光学ドライブを搭載。オプションでブルーレイドライブの搭載も可能。

Inspiron 17R Special Editionの背面に端子はない

背面には端子がないInspiron 17R Special Editionの状態
Inspiron 17R Special Editionの背面には端子がありません。USBケーブルを常時接続するユーザーには不利ですが、排気口もないので奥行きのない卓上でも詰めて設置することができます。なお、スイッチ・リリースラッチをスライドすると天板カバーが外れます。

Inspiron 17R Special Editionの天板はポリカーボネート(工業用プラスチック)。
天板カバー裏面には多くの鉤爪があります。裏面をみると素材がポリカーボネート(工業用プラスチック)であることが一目瞭然。これは天板着せ替えの仕様なんですが、レビュー時点ではDELLサイトで触れらていません。海外では対応しているのでしょうなあ。

メタルヒンジ(蝶番部分)
一目置いたのが、メタルヒンジ(蝶番部分)。強固な作りなので安定したディスプレイの開閉が行えます。

Skullcandyステレオスピーカとサブウーファを内蔵

Inspiron 17R Special Editionの底面をみると、Skullcandy(スカルキャンディ)のステレオスピーカとサブウーファを内蔵した2.1chサラウンドが確認できます。Skullcandyというブランドはアメリカのユタから発信されたヘッドフォンブランドで、ストリート系。サウンドクオリティを追求してもキリがないのですが、何でもないノートよりも臨場感のあるサウンドが楽しめます。サブウーファーなので低音がしっかり出ています。

Skullcandy(スカルキャンディ)のステレオスピーカ
サブウーファとステレオスピーカ(2W × 2)にはSkullcandyのドクロマーク。Waves MaxxAudio4搭載なので、内蔵型で出力の弱い小型スピーカーでもデジタル処理で効果的なサウンドを展開。

HDDベイを2基持つ拡張性

Inspiron 17R Special Editionの6セルバッテリー
3箇所のラッチを解除して6セルバッテリーを外して、カバーを開けた様子。

Inspiron 17R Special Editionの内部写真と拡張性
Inspiron 17R Special Editionには2.5インチHDDベイが2つあります。ノートパソコンでは大画面ノートでないとHDDベイ2基は無理でしょう。まさにデスクトップの代替え機です。


メモリスロットは2基。空きのHDDベイにはマウンタがついていました。

2GB mSATA SSD が装着
インテル Wireless-N 2230 + Bluetooth 4.0のワイヤレスカードが装着されていました。今回はISRT(インテル スマート・レスポンス・テクノロジー)対応にしているので、32GB mSATA SSD が装着されています。

Inspiron 17R Special Editionの後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

Inspiron 17R Special Edition (Inspiron 7720)レビュー項目~2012年7月時点

納得パソコン購入術!パソ兄さん サイトTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.