DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 15R(5537)

DELL Inspiron 15R レビュー項目一覧(Inspiron 5537)

Inspiron 15R(5537) の後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

当サイトのInspiron 15R (システムInspiron 5537)レビューは2013年7月時点です。搭載できるパーツは時期により変更がありますので、価格を含む最新情報は左記リンクのDELLサイトにてご確認ください。
DELL特価情報。XPSやInspironの購入チャンス!

Haswell設計の15.6インチ・エントリーノート!Inspiron 15R 登場

2013年6月に Haswell設計が解禁となりました。それに合わせ、新型のInspiron 15Rが発売されました!(システムモデル名ではInspiron 5537という製品)。第4世代インテルCore i3 / i5 / i7搭載可能モデルです。USB 3.0端子(2つ)、USB 2.0端子(2つ)で計4基装備しており、据え置きノートとして使い勝手が良いです。Haswell設計では前プラットフォーム(Ivy Bridge)よりも低消費電力の技術が進んでいます。なお、当サイトのInspiron 15R (5537)レビューでは、2013年7月時点の情報になります。

DELLエントリー!Inspiron 15Rレビュー-Haswell
Inspiron 15R (5537)は、15.6インチ(解像度1366 × 768)光沢液晶ノートで、低価格帯のエントリーモデル。今回はカスタマイズオプションであるタッチパネル ディスプレイ仕様で紹介します。Windows 8のタッチ機能を堪能したい方は選択されるといいでしょう。

ヘアライン加工のアルミ天板-Inspiron 15R
エントリー機でありながら、ヘアライン加工のアルミ天板および、アルミ製のパームレストというリッチな筐体。
天板中央にはメッキ加工のDELLロゴが施してあります。低価格ノートといえば、全面ポリカーボネート(工業プラスチック)の筐体というイメージですが、Inspiron 15R (5537)はそのような安っぽさはありません。
かつて、アルミ天板などは高級ノートのシンボル的な要素でしたが、低コスト化が進んだのか、ここ最近のDELLエントリーノートで頻繁に採用されています。

前機種(Ivy Bridge設計)であるInspiron 15R (Inspiron 5521)と、ダウンロードマニュアルが共通であることから、筐体デザインは基本的に変わっていないと思われます。レビュー時点ではこの「ムーンシルバー」の1色で、他のカラーバリエーションは見当たりません。

今回のレビュー機であるInspiron 15R (5537)には、Haswell世代であるCore i7-4500Uを搭載しており、末尾にUが付く超低電圧版タイプ。ウルトラブックなどの長時間バッテリー駆動ノートで採用されるCPUです。そして、内蔵するグラフィック(CPUに統合されているGPU)は、「インテル HDグラフィックス4400」です。

レビュー時点で判断すると、単体グラフィックは搭載しないモデルかと思われます。Windowsエクスペリエンスインデックスのスコアでは、Vista時代のエントリーノートとは比較にならないくらい高くなっています。

Haswell設計のInspiron 15R(5537)
Haswell設計

今回レビューするInspiron 15R(5537)の構成

Haswell設計の15.6インチ光沢液晶ノート。(掲載画像はオプションのタッチパネル仕様)。第4世代Core i3 / i5 / i7が搭載可能。天板やパームレストがアルミ素材で、25mmと薄型、防水設計アイソレーションキーボード搭載。
USB 3.0端子(2つ)、USB 2.0端子(2つ)を装備。8規格対応カードスロットを装備。外部モニタ出力にはHDMI端子を装備。(2013年7月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 8 (64bit)
液晶ディスプレイ 15.6インチ光沢液晶(1366 x 768) タッチパネル仕様
プロセッサ インテル Core i7-4500U (1.8GHz, 4MB キャッシュ)
※クロック数最大3.0GHz
7.1
メモリ 8GB(4GBx2) DDR3-SDRAMメモリ(1600MHz) 7.5
グラフィックス インテル HDグラフィックス4400 5.5
ゲーム用グラフィックス 6.4
プライマリハードディスク 1TB SATA HDD(5400回転) 5.9
2013年7月29日調査時点で確認した、搭載可能パーツ ※販売時期で変更あり
ディスプレイ 15.6インチ光沢液晶(1366 x 768)
15.6インチ光沢液晶 タッチパネル仕様(1366 x 768)
CPU Core i3-4010U 、 Core i5-4200U、Core i7-4500U
GPU 統合型GPU:インテル HD グラフィックス 4400
メモリ 4GB(4GBX1) DDR3 1600Mhz、8GB(4GBx2)
ストレージ 500GB SATA HDD (5400回転)、750GB 、1TB
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ

以下、システム名であるInspiron 5537は省略し、Inspiron 15Rのみの表記で解説します。新旧Inspiron 15Rで混同なきようご注意ください。Haswell設計(第4世代Core iシリーズ)のInspiron 15R です。

※本音・・・DELLさん、いったい何種類のInspiron 15Rを輩出するのさ・・。新発売になる度にNEW Inspiron 15Rで対応するのはやめてほしい。レビューでNEWを使ってしまうと、あとあと面倒なことになるし、システム名を明示しておかないとパニック状態になる。以前、新旧モデルを勘違いしたユーザーさんが、パソ兄さん(自分にさん付けは変だが・・)にクレームをつけたことがあったが、パソ兄さんは単なるユーザーのひとりなので、DELLに直接苦情を伝えて欲しい。

Haswellのエントリーノート
話が脱線してしまいましたが、Inspiron 15R レビューに戻ります。Inspiron 15R の寸法は、幅: 376 mm、奥行き: 259 mm、厚み24.9 mm (6セルバッテリーの厚みで後方は31.3 mm)。
6セルバッテリー搭載時、最小重量で2.32 kgなので、据え置きノートでは軽量であり、屋外に持ち運んでも大した重量ではありません。(個人差はあるでしょうが、少なくても自分はそう思う。) ただし、今回のタッチパネル仕様では+0.3kg増となります。

DELLサイトによると、ロッカールームや鍵のかかった車内の温度条件(最大65 °C/149 °F)を想定し、短期間放置した場合の耐久テストを行っているそうです。

DELL Inspiron 15Rのデザイン、装備端子

Inspiron 15Rの前面には、電源やHDD等のアクセスライトと8規格対応のカードスロットを装備しています。背面には接続できるような端子を装備していません。Inspiron 15Rの前面デザイン
幅の広いヒンジ(蝶番)で、ディスプレイ開閉の耐久性に不安はない。2万回の開閉を行なっても「ヒンジが固く取り付けられていること」をテストしているそうです。

詳細レビュー-Inspiron 15R 前面
Inspiron 15R 前面の左側にある4つライトは、「電源、HDD、バッテリー、ワイヤレス」の状態ライト。
そして前面中央には8規格対応のカードスロット。中央にあるという面ではアクセスしやすいポジションですが、地面に近い下方にあるのでメディアカードがちょっと挿入しにくい。慣れない間は、本体を少し持ち上げて挿入するといいでしょう。なお、対応カードは「SD, SDXC, SDHC, MS, MS-Pro, MSXC, MMC, MMC+ 」。

Inspiron 15R の左右側面デザインと装備端子

Inspiron 15R 左側面に端子が集中している配置です。USB 3.0端子(2つ)、USB 2.0端子(2つ)で計4基装備もあるので、据え置きで不便を感じることはないでしょう。すべてUSB3.0ではないのが、やや残念なところ。

ノートパソコンレビュー
Inspiron 15z Ultrabook (5523)ほど薄くはありませんが、厚みは25mmなので、据え置きと思えばかなり薄いほうです。

数年前のノートパソコンとはスタイリッシュさが違うInspiron 15R
本体部分の厚みだけ見ると、こんなにも薄い。数年前のノートパソコンとはスタイリッシュさが違う。

USB3.0が2基、USB2.0が1基のInspiron 15R
左側面に装備する端子は、HDMI(ver.1.4a)端子、100BASE-LAN端子、USB3.0が2基、USB2.0が1基。
そしてヘッドフォン&マイク共用端子を装備。

USB3.0端子は青色で色分けされていないので、ポジションを記憶しておく必要がありますね。一応、USB3.0の刻印は付いておりますが、瞬時に判断しやすいとはいえないです。HDMIはver.1.4aなので、3Dテレビに接続すれば3D立体視コンテンツの再生が可能。LAN端子はギガビットイーサーではないので、家庭内サーバーを構築している方にはお勧めできません。ただ、光回線のインターネットではこの100BASE-LANで充分です。

DELLのACアダプタは65Wタイプ
Inspiron 15R 左側面の奥には電源コネクタと排気口があります。ACアダプタは65Wタイプで、3つメガネコネクタの電源ケーブルとジョイントして使います。相変わらずですが、電源ケーブルはややごっつい。コストダウンのため、大容量のACアダプタと兼用で用意しているからだろうか。(あくまで憶測)

Inspiron 15R のDVDスーパーマルチドライブレビュー
Inspiron 15R 右側面。DVDスーパーマルチドライブを搭載しています。レビュー時点ではBDドライブやBDコンボドライブは選択肢にありません。スペックとしてはBDコンテンツを楽勝でこなせるんですけどね。「BDコンテンツを楽しみたいなら、中級モデルを狙ってくれ!!」ということなんでしょうか?(これも憶測)。

また、こちらの面にUSB2.0端子が1つだけ装備しています。マウス操作の妨げにならないように、こちらは端子を控えめにしたのでしょう。

DELLパソコンユーザーレビューとInspiron 15R 詳細-いんsぴろn
Inspiron 15R 右側面奥にセキュリティロックの穴があります。あと、DVDスーパーマルチドライブのトレイを引き出した様子をご確認ください。

装備端子について

Inspiron 15R にはUSB3.0と2.0端子を装備していますが、USB 端子について解説しておきます。
USB 端子のバージョン

USB 端子のバージョンについて

USB(Universal Serial Bus)は、周辺機器を接続するためのシリアルバス規格。
USB 端子にはバージョンがあるが、互換性があるので特に気にしなくても使える。ただし、スピードや機能に関しては後方互換となる。(古いバージョンは新しいバージョンの機能が使えない。その逆は問題ない。)

  • USB1.0 / Low-Speed = 1.5Mbps (0.1875 MB/s)
  • USB1.1 / Full-Speed = 12Mbps (1.5 MB/s)
  • USB2.0 / High-Speed = 480Mbps (60 MB/s)
  • USB3.0 / SuperSpeed = 5Gbps (625MB/s)
USB2.0とは

USB 2.0 端子

USB2.0は、理論値480Mbps(60MB/s)の転送速度。USB1.1から転送速度を上げたのでHigh Speedと呼ばれる。USB 1.1の転送速度は理論値12Mbpsであり、USB2.0ではその40倍。

パソコンの電源が入ったまま、ケーブルを抜き差しできる「ホットプラグ」に対応。 USB 2.0端子から供給できる電流は500mA (供給電圧は5Vほど )。最大伝送距離は5mとされる。後方互換でUSB 1.1の周辺機器も接続可能。ただし、USB 2.0の速度を出すにはUSB 2.0対応機器が必要。

USB2.0と3.0のコネクタの違い

USB3.0とUSB2.0の比較
Aコネクタ形状はUSB3.0と共通。USB3.0対応機器にUSB2.0のBコネクタを接続することができるが、USB3.0の速度は出なくなる。
USB3.0

USB 3.0 端子

USB3.0は理論値5Gbps(625MB/s)の転送速度。理論上、USB2.0の10倍近くの速度で、SuperSpeed USBと呼ばれる。
パソコンの電源が入ったまま、ケーブルを抜き差しできる「ホットプラグ」に対応。 USB 3.0端子から供給できる電流は900mA(USB2.0の1.8倍、供給電圧は5Vほど )。 最大伝送距離は3mとされる。USB1.1/2.0と区別しやすいようにコネクタ部分が青色であることが多い。USB1.1/2.0と互換性を持つが、USB 3.0の速度を出すにはUSB 3.0対応機器が必要。USB3.0ハブで複数に介しても速度は低下しない。
Inspiron 15R が装備する外部モニタ出力はHDMI端子(ver 1.4)。これについて解説。 読むのが面倒でしたら、スルーしてください。

HDMI
HDMI

HDMI端子 【High Definition Multimedia Interface】

HDMI端子は「DVI」をベースに設計されたデジタル出力規格。1本のケーブルで「映像・音声・著作権保護の制御信号(DRM・HDCP等)」を転送できる。

PCでも使われるが、基本はデジタル家電向けのインターフェース。PCを液晶テレビに出力するときにも役立つ。デジタル機器メーカーはHDMI規格の開発元に高い使用ライセンス料(ロイヤリティと年会費)を払わなくてはならないため、生産コストが上がる。

HDMIのバージョン

バージョン1.0から始まり、バージョンアップを繰り返している。内容は「転送速度アップ、機能追加、高解像度の対応」など。互換性は維持されている。3D映像の出力にはHDMI 1.4以上が必要。

HDMI 1.0

  • 1080p(解像度1920×1080)に対応

HDMI 1.1

  • ドルビーデジタル・DTS音声、DVD Audioに対応

HDMI 1.2a

  • CECの対応(ビエラリンクなどの制御信号コントロール機能)

HDMI 1.3

  • 帯域が従来の2倍となり、色深度30、36、48bit(Deep Color)に対応
  • S/P DIFで転送できないドルビーTrueHDやDTS-HDマスターオーディオ規格も転送可能
  • 1440pに対応 、Mini HDMIの登場

HDMI 1.4

  • 解像度「3840×2160、4096×2160」の出力に対応
  • 3D映像(3D立体視)の出力に対応 = リフレッシュレート120hzの液晶モニタと接続可
  • Ethernet(イーサーネット)の転送機能、Micro HDMIの登場

HDMIケーブルのカテゴリ

HDMIはバージョンアップしているので、HDMIケーブルのカテゴリにも気を使いましょう。将来性を考慮して「High Speed HDMI ケーブル」を購入するのがお勧め。
購入する時は記載されている「HDMIのバージョン」をチェックしても構わない。(※帯域が従来の2倍になった「HDMIバージョン1.3」が大きな境目)。

Standard HDMI ケーブル(カテゴリ1)

伝送速度試験で約75MHzにクリア。1080p(1920×1080)でも問題ないが、安定性を考えるとHigh Speed HDMI ケーブルのほうがよい。

High Speed HDMI ケーブル(カテゴリ2)

伝送速度試験で340MHzにクリア。1080p(1920×1080)以上の高解像度に対応。将来性も考慮してすると、High Speed HDMI ケーブルを選ぶべき。

HDMI切替器
ケーブルに印字されている場合もある。

付加要素:~◯◯ with Ethernet (イーサーネット対応)

Ethernet(イーサーネット)の転送機能を使うなら、各カテゴリにwith Ethernet (イーサーネット対応) の付加がついたケーブルが必要。

Inspiron 15R は 100BASE-TX LAN端子を装備。
LAN端子

LAN端子(100BASE-TX)

インターネット接続、PC同士をネットワーク接続する端子。(100メガビット・イーサネット、またはFast Ethernetとも呼ばれる)。従来の10BASE-T (通信速度10Mbps)と互換性あり。
通信速度が100Mbps(12.5MB/s)で、カテゴリ5以上のLANケーブルが必要です。 インターネット使用では充分な通信速度ですが、PC間やホームサーバー間での転送には低速。

Inspiron 15R(5537) の後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

Inspiron 15R(Inspiron 5537)レビュー~2013年7月時点

納得パソコン購入術!パソ兄さん サイトTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.