DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 15R(5520)

DELL Inspiron 15Rの使用レビュー項目(Inspiron 5520)

USB3.0を4つも装備!15.6インチ・エントリーノートのInspiron 15R

2012年6月にIvy Bridge設計の15.6インチ・エントリーノート、DELL Inspiron 15Rが発売されました。第3世代Core i3 / i5が搭載できるノートパソコンです。初心者向けの定番タイプですが、USB3.0を4つも装備するのでUSB機器の接続が多いユーザーにお薦めできます。

なお、ここのレビューで取り扱うInspiron 15Rとは、システムモデル名でInspiron 5520という製品になります。Inspiron 15Rという製品名はもはや襲名状態になっているので、新旧を混同しないように。レビュー情報は2012年6月時点および、実機の現状レポートになります。

Ivy Bridge設計のInspiron 15R
Inspiron 15RはチップセットにHM77を採用したIvy Bridge設計。Inspiron 15Rには格上のスペシャル版(Inspiron 15R Special Edition-7520)がラインナップされているので、建前上、Inspiron 15Rでは単体GPUを搭載しないモデルと思われます。

また、Inspiron 15Rの格下にInspiron 15(Inspiron 3520)がありますが、そちらはUSB3.0端子がないのであまり好きではありません。少しの予算削減で大きく損をしている気分になるためです。

今回のInspiron 15R実機レビューでは、Core i5-3210M搭載で紹介します。Core i5-3210Mの場合、グラフィック機能はCPUに内蔵する「インテルHDグラフィックス4000」です。インテルHDグラフィックス4000は少し前のローエンド単体GPUに匹敵するパワーがありますので、本格3Dゲーム以外であればほとんどの娯楽に対応できるパフォーマンスです。高精細2Dコンテンツ(ブルーレイや地デジなど)が余裕で楽しめる性能です。

Inspiron 15R本体梱包風景
Inspiron 15Rの箱を開梱した時の様子と梱包風景。パルプ材の緩衝材で保護されたInspiron 15R本体。横の小箱には電源ケーブルと65W ACアダプタ。クイックガイドとユーティリティソフトのDVDが同梱されています。す。

Inspiron 15Rは据え置きノート
持ち抱えた様子。基本は据え置きノートとなります。

サイズ紹介/Inspiron 15R
サイズは「厚み30.mm~34 mm 、幅: 378 mm 、奥行: 252 mm 」でInspiron 15R Special Editionとほとんど同じです。詳細では厚みで1mm未満の違いがあるようですが、見た目では判断できません。重量は2.74 kgなので2.9 kgのInspiron 15R Special Editionよりは若干軽量です。

Inspiron 15Rの15.6インチ光沢液晶ディスプレイ

15.6インチ TFT TrueLife(光沢)液晶のInspiron 15R
Inspiron 15Rでは15.6インチ TFT TrueLife(光沢)液晶ディスプレイ採用。解像度は1366 x 768で15.6インチなら一般的な領域。文字が細かいという印象もありません。

キーボード緩衝用に棒状のゴムがベゼルのInspiron 15R
ノートパソコンでは閉じた時のキーボード緩衝用に棒状のゴムがベゼルについているものなのですが、Inspiron 15Rではディスプレイ周辺に緩衝ゴムが取り囲むようになっており、デザイン性を保っています。

コントラスト比の高いメリハリのある画像
視野角もチェックしましたが通常使用なら問題なしです。光沢液晶なのでコントラスト比の高いメリハリのある画像が楽しめますが、映り込みのデメリットもあるので場合によっては角度調節が必要です。

メッキ加工がされているInspironロゴ
ベゼルの下部分にはinspironロゴ。メッキ加工がされており、少し半立体です。

WEBカメラ内蔵のInspiron 15Rディスプレイベゼル
上部に100万画素WEBカメラ内蔵。映像チャット以外に顔認証ログインなどに使うことができます。

Inspiron 15Rの装備端子をチェック

Inspiron 15R(Inspiron 5520)では、USB3.0端子を4基も装備することがポイント高いです。なお、装備する端子や配置場所はInspiron 15R Special Edition(7520)と変わりませんが、ギガビットイーサーLANではなく100Base LANです。では側面ごとにチェックしていきます。

Inspiron 15R前面~ライトとカードスロット

前面
Inspiron 15Rの前面には4つのアクティビティライト装備で、「電源、HDD、バッテリー、ワイヤレスLAN」のライトを装備。、そして8規格対応のカードスロットは前面に装備するので扱いやすい。

Inspiron 15R左側面~ユーザーの手前側にUSB3.0端子

手前側にUSB3.0端子
Inspiron 15R左側面では、USB3.0端子がユーザーの手前近くに配置されており、アクセスしやすいです。なお、Inspiron 15Rのディスプレイの最大可動域はここまで。大きく開くほうではありませんが、通常の使用であれば問題はないです。

左側面側のInspiron 15R写真
Inspiron 15R左側面にはUSB3.0が2つ装備。外部モニタ出力に、HDMI端子、VGA端子を装備。ほか電源コネクタとヘッドフォン&マイク端子を装備。ここのUSB3.0端子の1つがPower Share USB仕様なので、Windowsを起動していなくてもUSB経由の周辺機器充電が可能。

PowerShare USB仕様

こちら側のUSB3.0端子はPowerShare USB仕様なので、パソコンを起動しなくてもここのUSB端子から周辺機器を充電することができます。持ち歩けば、USB充電器の役割を成します。携帯電話やオーディオプレイヤーなどUSB経由で充電をする機会が増えた現在では便利な機能。

右側面~奥にUSB3.0端子があり、光学ドライブトレイの邪魔になりにくい

Inspiron 15RのUSB配置場所
Inspiron 15R右側面では、ユーザーの手前側に光学ドライブがあり、奥にUSB3.0端子があります。有線マウスやポータブルHDDのケーブルが邪魔になりにくい配置です。(手前にUSB端子があるモデルは、光学ドライブのトレイ引き出しで、ケーブルが邪魔になる)

Inspiron 15R Special Edition(7520)ならギガビットイーサLANを装備
Inspiron 15R右側面には光学ドライブ、USB3.0端子が2つ、セキュリティケーブルスロットがあります。Inspiron 15R Special Edition(7520)ならギガビットイーサLANを装備なんですが、Inspiron 15Rでは100 Base。光ファイバーのインターネットでは充分な速度ですが、家庭内でサーバーを構築している環境なら低速LANです。ここはエントリー機といったところでしょう。

USB3.0

USB 3.0 端子とは

USB3.0は理論値5Gbps(625MB/s)の転送速度。理論上、USB2.0の10倍近くの速度で、SuperSpeed USBと呼ばれる。
パソコンの電源が入ったまま、ケーブルを抜き差しできる「ホットプラグ」に対応。 USB 3.0端子から供給できる電力は900mA(USB2.0の1.8倍)。 最大伝送距離は3mとされる。USB1.1/2.0と区別しやすいようにコネクタ部分が青色であることが多い。USB1.1/2.0と互換性を持つが、USB 3.0の速度を出すにはUSB 3.0対応機器が必要。

USBケーブルもUSB3.0仕様
AコネクタはUSB2.0と共通ですが、Bコネクタの形状が異なります。そのため、USB3.0ケーブルはUSB2.0機器には接続できません。
HDMI
HDMI

HDMI端子 【High Definition Multimedia Interface】とは

HDMI端子は「DVI」をベースに設計されたデジタル出力規格。1本のケーブルで映像・音声・著作権保護の制御信号を転送することができます。液晶テレビや外部モニタへデジタル出力することができる。
LAN端子

LAN端子(100BASE-TX)とは

インターネット接続、PC同士をネットワーク接続する端子。(100メガビット・イーサネット、またはFast Ethernetとも呼ばれる)。
通信速度が100Mbps(12.5MB/s)で、カテゴリ5以上のLANケーブルが必要です。 従来の10BASE-T (通信速度10Mbps)と互換性あり。

インターネット使用では充分な通信速度ですが、PC間やホームサーバー間での転送には低速です。その場合、通信速度が1Gbps(125MB/s)のギガビットイーサーLAN端子(1000BASE-T)が推奨される。

背面~端子はない。リリースラッチとヒンジ

リリースラッチがあるInspiron 15R
背面には端子はなしで、天板交換用のリリースラッチがあるのみ。ヒンジ(蝶番)は強固なメタルヒンジで、ディスプレイの開閉に安定感があります

Inspiron 15Rの天板と、着せ替え天板のSWITCH

Inspiron 15Rは、SWITCHと呼ばれる仕様で天板カバーを着せ替えることができます。専用の着せ替えカバーは全6色のラインアップがありますが、購入時期によって在庫等の都合で変化があるようです。

Inspiron 15Rではアイビーホワイトの天板
今回のInspiron 15Rではアイビーホワイトの天板です。ただの真っ白ではなく、少しパールかかったホワイトで、微妙に薄っすらと筋目が見えます。DELLロゴはメッキ加工で鏡面化しています。

ラッチ
Inspiron 15Rの背面にあるラッチをスライドすると、その手前側から天板カバーが外せます。

ポリカーボネート
天板素材はポリカーボネート(工業用プラスチック)です。そういえば旧Inspiron 15Rよりも天板の交換作業が楽になりました。

DELLユーザーパソ兄さんのお勧め!DELLパソコン買いどきチェック

※このリンクから、キャンペーン適用価格のDELL公式ページへアクセス!
デル株式会社

Inspiron 15R(Inspiron 5520)レビュー~2012年6月時点

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.