DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 15(3521)

15.6インチノート、DELL Inspiron 15のレビュー項目(Inspiron 3521)

Inspiron 15(3521) の後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

※ここのレビュー情報は2013年3月調査時点になります。 最新情報は左記リンクのDELLサイトにて!

Windows 8世代、DELL廉価ノートの実力は?Inspiron 15(3521)の実機レビュー

Windows 8世代となり、とにかく廉価の15.6インチノートをお探しなら、まずInspiron 15を検討してみてはどうでしょう?ここのレビューのInspiron 15とは「システムモデル名:Inspiron 3521」という製品で、2013年1月8日発売しました。さて、DELL個人向けモデルで最もエントリークラスの製品となりますが、その実力は如何に!写真掲載を兼ねてレビューしていきます。

DELL inspiron3521画像とレビューと購入ガイド
前Inspiron 15(3520)の後継機で、テクノロジーは引き続きIvy Bridge設計。しかしデザインチェンジほか、USB 3.0端子、テンキーを装備するなどの変更が見られます。

DELL購入ガイド、Inspiron 15編
デザインではテクスチャー加工と呼ばれる、凹凸のある立体加工がされています。これはInspiron 15の天板やパームレストに施されています。おじさん達には懐かしい「ゴールドライタンのダイヤモンドカット」を彷彿とさせます。天板中央にはメッキ加工のDELLロゴを配置。ほとんど非光沢ブラックで統一されており、表面にメタル素材はなく、全般にポリカーボネート(工業プラスチック)製。他の上位モデルと比べるとシンプル(質素?)な印象です。

Inspiron 15レポートレビューと写真
今回のInspiron 15の幅は376mm、奥行き259mm、厚み25~31mmほど。前Inspiron 15と比べるとやや薄型になったのではないかと思います。

今回レビューするInspiron 15(3521)の構成~カスタマイズと設計

DELLはカスタマイズPCなので、Inspiron 15といっても構成は様々。時期により変化もあります。今回レビューするInspiron 15(3521)の構成は以下の通り。

Inspiron 15(3521)の情報アップ

今回レビューするInspiron 15(3521)の構成

2013年1月発売の、15.6インチノート。テクスチャ加工(立体の凹凸)デザインが印象的な廉価15.6インチノート。Ivy Bridge設計、第3世代Core i5ほか、Celeron、Pentiumが搭載可能(チップセットHM76)。USB 3.0を2基、USB2.0を2基で計4基装備する。Windows 8に合わせて登場したモデルで、オプションでタッチパネル機能搭載可能。(2013年3月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 8 (64bit)
液晶ディスプレイ 15.6インチ光沢液晶(1366 x 768)
プロセッサ インテル Core i5-3317U (1.7GHz, 3MB キャッシュ)
※クロック数最大2.6GHz
6.9
メモリ 4GB (4GBx1) DDR3-SDRAMメモリ(1600MHz) 5.9
グラフィックス インテル HDグラフィックス4000 4.8
ゲーム用グラフィックス 6.3
プライマリハードディスク 500GB SATA HDD(5400回転) 5.9

今回レビューしているInspiron 15(3521)では、Core i5-3317Uを搭載。これは低電圧版CPUなので、通常タイプよりもバッテリーの持ちが延びると思われます。単体GPUは非搭載なので、Core i5-3317U に内蔵するインテル HDグラフィックス4000がグラフィック処理を行います。ストリートファイター4のベンチマーク(設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示)では40FPS近くあるので、 パソ兄さんのレビュー調査から推定すると、GeForce GT220 や RADEON HD 3650あたりのグラフィック処理能力があると思われます。
本格PCゲーム用にはまだまだですが、高精細2Dコンテンツ(ブルーレイや地デジなど)に使うなら、これで十分な性能です。

Inspiron 15(3521)カスタマイズ例 ※2013年3月31日時点
CPU インテルCeleron 1007U
インテルPentium 2117U
インテルCore i5-3317U
GPU インテル HD グラフィックス (Celeron 1007U 、Pentium 2117U搭載時)
インテル HD グラフィックス4000 (Core i5-3317U搭載時)
AMD Radeon HD 7670M 1GB DDR3
メモリ 4GB (4GBx1) DDR3 メモリ(1600MHz)
ストレージ 320GB SATA HDD(5400回転)
500GB SATA HDD(5400回転)
750GB SATA HDD(5400回転)
モニタ オプションで、タッチパネル ディスプレイ可能

調査時点のカスタマイズを見ると、単体グラフィックのAMD Radeon HD 7670M 1GB DDR3が搭載できますが、その価格をみるとこれはお薦めできない。その価格であればはじめからもっと上位機種を狙うべきです。デザイン性も向上しますからねえ。Inspiron 15の最新カスタマイズ情報は、以下のInspiron 15画像リンクからチェックしてください。

また個人的にCeleron 、Pentiumもあまりお得感はなく、内蔵グラフィックの性能も落ちます。ですからCore iシリーズ搭載をお勧めします。Inspiron 15を選ぶなら、うまい具合の構成とその価格を見定めなければなりませんね。

Ivy Bridge(開発コード名)設計とは

Inspiron 15はIvy Bridge設計です。Ivy BridgeはSandyBridgeの改良版なので、アーキテクチャ(基本設計)に大きな変化がないものの、新たに22mmプロセスルールの微細化設計となっており、物理的な互換性は保たれています。従来にはなかった3次元構造の「Tri-Gate(トライゲート)トランジスタ」を採用しており、低電圧状態でリーク電流が10分の1に抑えられたとのことです。インテルいわく、前世代よりも同じ消費電力で「性能を約37%アップ」させたとのこと。

※リーク電流とは、電流の漏洩であり水で例えると水漏れのようなもの。リーク電流が増すと消費電力も発熱量も増え、回路を傷める原因となる。つまりIvy Bridgeになって、性能の向上と低消費電力が顕著になったと言えます。

インテルCore i5-3317Uに内蔵する、インテル HDグラフィックス4000について

CPUに内蔵しているグラフィック機能が「インテルHDグラフィックス」です。AMDやNVIDIAの単体GPUが搭載されていないパソコン製品ではこの「CPUに内蔵のグラフィック」が機能します。内蔵グラフィックといっても「CPUコアとの完全統合化」されているので、従来よりも強力なものとなっています。インテルHDグラフィックス4000では、演算ユニットが前世代(2000・3000)と比べると、12基から16基へと増加しています。Direct X 11のサポートもされています。(前世代はDirect X 10.1まで)。

新たに3次キャッシュが追加されているので、CPUコアと共有しているLLC(Last Level Cashe)のアクセスを減らす改良がされています。そして動画再生支援(ハードウェア・エンコーダ)のQuick Sync Videoがバージョン2.0になっています。3D処理能力、エンコード処理能力とも前世代より向上しているうえ、高負荷時の消費電力も大幅に低下させるなどのパフォーマンスが見られます。

※Intel Quick Sync Video とは
Quick Sync Videoは動画再生支援機能。動画編集ではデコードとエンコードの処理が機能強化されています。※「MPEG-2、H.264、MPEG-4 AVC、VC1」のデコードをハードウェア処理。 「MPEG-2、H.264、MPEG-4 AVCのエンコード」をハードウェア処理。 さらに処理エンジンである「マルチフォーマットコーデック」を大幅強化。ただ、Quick Sync Videoが利用できるのはHDグラフィックが有効時の時のみで、グラフィックカード(単体GPU)を使用しているときは、Intel Quick Sync Videoが機能しません。

DELL Inspiron 15の15.6インチディスプレイを見る

Inspiron 15は15.6インチ True Life ディスプレイ搭載。(True Lifeは光沢液晶)。解像度は15.6インチで定番の1366 × 768です。そしてLEDバックライト採用。

15.6インチディスプレイInspiron 15
視野角は特別に広いとはいいませんが、この角度から充分見えるので、通常使用であればまずOK。

Inspiron 15でYahooページを見る。
解像度1366 × 768、ドットバイドットでYahooページを見る。今回のレビューではタッチスクリーン仕様ではありません。あしからず。

100万画素Webカメラとデジタルマイク-DELL購入
ディスプレイベゼル上部には、100万画素Webカメラとデジタルマイクを内蔵。廉価タイプなのでデュアルマイクではありません。そして下部にはDELLロゴのプリント。廉価モデルのためか、メッキ加工のエンブレムではありません。

Inspiron 15の4側面に装備するインターフェース

今回のInspiron 15には、前Inspiron 15にはなかったUSB3.0搭載が見られます。それでは前後左右側面の装備端子をチェックします。

Inspiron 15の購入とガイドとユーザーと
Inspiron 15の前面中央にメディアカードスロットを装備。動作ライトも完備。背面には何も無し。

USB 3.0×2基、USB 2.0×2基装備するInspiron 15
左右側面には、USB 3.0×2基、USB 2.0×2基装備。 USB端子が計4つあるので、これは廉価モデルのわりに満足できる数。外部モニタ出力用にはHDMI端子を装備。

Inspiron 15の各インターフェースをアップで見る

まずInspiron 15前面の左端には、「電源、HDD、バッテリ、ワイヤレス」の動作ライトを装備しています。廉価製品であってもこれは省略していません。

電源、HDD、バッテリ、ワイヤレス
前面中央のメディアカードスロットは、「SDカード 、SDHC、SDXC、MS、MS Pro、MSXC、MMC、MMC+ 」に対応。前面中央なのでどんな設置環境でもアクセスしやすい。

写真つき購入ガイドInspiron 15左側面
Inspiron 15左側面では、奥から「電源コネクタ、排気口~」と続き、HDMI(バージョン1.4)端子、100Base-LAN端子、USB3.0×2つ、USB2.0×1つ、ヘッドフォン・マイク共有端子を装備。ただ、ギガビットイーサーLAN端子(1000BASE-T)ではないので、家庭内サーバーを構築しているユーザーには不向きな仕様です。

Inspiron 15ではUSB3.0がある
USB3.0を左側面に持ってきてくれたのは、マウスユーザーにとってありがたい仕様です。手前にあるのでアクセスもしやすい。

DVDスーパーマルチドライブを搭載するInspiron 15
光学ドライブはトレイ式。調査時点ではDVDスーパーマルチドライブのみ。以下、Inspiron 15の装備する端子についてのうんちく。

USB

USB 2.0 端子

USB2.0は、理論値480Mbps(60MB/s)の転送速度。USB1.1から転送速度を上げたのでHigh Speedと呼ばれる。(※ちなみにUSB 1.1の転送速度は理論値12Mbps(1.5MB/s)であり、USB2.0ではその40倍。 )
パソコンの電源が入ったまま、ケーブルを抜き差しできる「ホットプラグ」に対応。 USB 2.0端子から供給できる電力は500mA 。最大伝送距離は5mとされる。後方互換でUSB 1.1の周辺機器も接続可能。ただし、USB 2.0の速度を出すにはUSB 2.0対応機器が必要。
USB3.0

USB 3.0 端子とは

USB3.0は理論値5Gbps(625MB/s)の転送速度。理論上、USB2.0の10倍近くの速度で、SuperSpeed USBと呼ばれる。
パソコンの電源が入ったまま、ケーブルを抜き差しできる「ホットプラグ」に対応。 USB 3.0端子から供給できる電力は900mA(USB2.0の1.8倍)。 最大伝送距離は3mとされる。USB1.1/2.0と区別しやすいようにコネクタ部分が青色であることが多い。USB1.1/2.0と互換性を持つが、USB 3.0の速度を出すにはUSB 3.0対応機器が必要。

USBケーブルもUSB3.0仕様
AコネクタはUSB2.0と共通ですが、Bコネクタの形状が異なります。そのため、USB3.0ケーブルはUSB2.0機器には接続できません。
HDMI
HDMI

HDMI端子 【High Definition Multimedia Interface】とは

HDMI端子は「DVI」をベースに設計されたデジタル出力規格。1本のケーブルで映像・音声・著作権保護の制御信号を転送することができます。液晶テレビや外部モニタへデジタル出力することができる。
LAN端子

LAN端子(100BASE-TX)とは

インターネット接続、PC同士をネットワーク接続する端子。(100メガビット・イーサネット、またはFast Ethernetとも呼ばれる)。
通信速度が100Mbps(12.5MB/s)で、カテゴリ5以上のLANケーブルが必要です。 従来の10BASE-T (通信速度10Mbps)と互換性あり。

インターネット使用では充分な通信速度ですが、PC間やホームサーバー間での転送には低速です。その場合、通信速度が1Gbps(125MB/s)のギガビットイーサーLAN端子(1000BASE-T)が推奨される。

Inspiron 15の底面、モジュールカバーを開ける

パソ兄さんのInspiron 15レビューは細かいよ
Inspiron 15の底面には、スピーカ、バッテリー装着部とモジュールカバーが見られます。

DELLのバッテリーってやつはな
2箇所のロックを解除するとバッテリーが外せます。Inspiron 15では、4セルか6セルバッテリーが選択できます。

Inspiron 15のスピーカ
ステレオスピーカ装備。とくにスピーカのブランドは記載されていません。そして、サウンドシステムにWaves MaxxAudio4.0を採用しています。内蔵型で出力の弱い小型スピーカーでもデジタル処理で効果的なサウンドを展開。

Waves(Waves Audio社)というのはイスラエルの音響デジタル技術メーカー。そのオーディオデジタル処理技術がMaxxAudio。特に効果音のクオリティが定評で、ゲームサウンドでは良好な結果を残しているのだとか。実際聞いてみて、「まあ、この手のノートには充分じゃないんんですか」と思います。断言しますが、粗悪感はありません。

Inspiron 15の分解とモジュールカバー
モジュールカバーを開けてみる。HDDベイ1基とメモリスロットを2基装備。今回は4GB (4GBx1) DDR3メモリ(1600MHz) を搭載しています。

Inspiron 15(3521) の後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

Inspiron 15のレビュー(システム名:Inspiron 3521)~2013年3月時点

納得パソコン購入術!パソ兄さん サイトTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.