DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 13z(5323)

DELL Inspiron 13zのレビュー項目(Inspiron 5323)

Inspiron 13z(5323) の後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ
※Inspiron 13z(Inspiron 5323)は2012年6月5日発売。レビュー情報は2012年7月時点になります。

使用感レビュー!13.3インチモバイルノートInspiron 13z

13.3インチ光沢液晶(1366x768)のモバイルノート、DELL Inspiron 13zをレビューします。低価格で購入できるモデルで、 21 mmと薄型、わずか1.73 kg。USB 3.0端子を3つ装備。PowerShare USB対応。
第3世代Core i5 搭載可能(チップセットはHM77)、本格3Dゲーム以外ならほとんどの娯楽用に十分なグラフィック性能です。SWITCHオプション対応で、天板部のカバー着せ替え可能な設計となっています。

極力購入コストを抑えたいユーザー向けにInspiron 13z
システムモデル名ではInspiron 5323という製品ですが、このレビューではInspiron 13zで統一します。過去に同名旧製品がありますので、混同のないようにお願いします。(ここではInspiron 13z=Inspiron 5323)

XPSシリーズほどのスタイリッシュ・デザインではないものの、低価格で購入できます。モバイル用途だと傷がついたり汚れたりするので、気軽に使え、極力購入コストを抑えたいユーザー向けです。イミテーションではありますが、メタル素材風のデザインに仕上がっています。

横から見たInspiron 13zの写真
Inspiron 13zは13.3インチ光沢液晶モバイルノート。HM77 Expressのチップセットを採用したIvy Bridge設計です。モバイルノートですが、高速インターフェースのUSB3.0を3基装備するので使い勝手は充分。。HDMI端子もあるので外部モニタや液晶テレビとの接続もできます。ただ、内蔵光学ドライブは割愛されています。
今回のInspiron 13zレビュー実機ではインテル Core i5-3317Uを搭載しており、グラフィックスはCPUに内蔵するインテル HDグラフィックス 4000です。レビュー時点では単体GPUの搭載が見られないので、内蔵GPUオンリーのモデルと思われます。

モバイル用途では粉塵の侵入防止のInspiron 13z
左右側面の端子部分には防塵キャップがついているので、モバイル用途では粉塵の侵入が防げて安心です。しかし、接続時はソフトキャップを押さえながらやらないと引っかかってしまいます。据え置きだと接続のたびにコネクタ部分が引っかかるので、ここはちょっと扱いづらいです。モバイル用途に比重が寄っているユーザー向けです。

パソ兄さんがお勧めするDELLパソコンを、普通に買うよりお得に!!

DELL Inspiron 13zの13.3インチ光沢液晶ディスプレイ

Inspiron 13zの13.3インチ光沢液晶ディスプレイでは、解像度が1366x768。13.3~15.6インチノートでよくある解像度です。13.3インチなので少しばかり高解像度といったところでしょう。この解像度であれば、文字やアイコンが小さすぎるという印象はありません。

Inspiron 13zのディスプレイベゼル
普通、ノートパソコンではディスプレイベゼルに棒状または円形のゴムが付いており、閉じた時にキーボードの緩衝役をしているのですが、Inspiron 13zでは見当たりません。
実はディスプレイ周りにキーボードとの緩衝用ラバーが張り巡らされており、デザイン性を保っています。ディスプレイベゼルに緩衝ゴムが唐突に張り付いていないので、スタイリッシュな印象です。

inspironロゴがあるInspiron 13z
100万画素Webカメラ&デジタルマイクをベゼル上部に内蔵しています。下のベゼルにはメッキ加工のinspironロゴが配置されています。今まではDELLロゴが定番でしたが、今度はブランドを全面に押し出す展開をみせています。

着せ替え可能な天板!SWITCH

Inspiron 13zの背面にリリースラッチが付いており、天板カバーの着せ替えができます。2012年7月時点では「ムーンシルバー、ロータス・ピンク 、 ファイアレッド」の3色がラインナップされています。

Inspiron 13zではファイアレッド
今回のInspiron 13zではファイアレッド。ややメタリック感がありヘアライン加工がされています。中央にはメッキ加工されたDELLロゴが配置されています。

リリースラッチをスライド
Inspiron 13z背面にあるリリースラッチをスライドすると、手前側から天板カバーが外れます。(DELLではSWITCH と呼ぶ仕様)。天板カバーの裏側には鉤爪が付いており、各穴に固定されます。天板カバーはメタル風ですが裏返せばポリカーボネート(工業用プラスチック)であることが確認できます。

Inspiron 13zのサイズとモバイル性

Inspiron 13zを持ち抱え
Inspiron 13zを持ち抱えた様子。13.3インチノートなのでモバイルとしては大画面のほうですが、20.7mmの薄さなのでバッグに収めやすいです。Inspiron 13zのサイズは「厚み20.7 mm、 幅: 332 mm、 奥行き: 230 mm」。最小重量で1.73 kgであり、2kg未満の重量なのでモバイル性に長けています。

薄型ノートパソコン
ディスプレイだけでなく、本体部分も薄い。

Inspiron 13zの装備するインターフェース

ステータスライトを装備するInspiron 13z
Inspiron 13zの前面では4つのステータスライトを装備。「電源、HDD、バッテリー、ワイヤレス」のライトです。これらのライトは割愛されていません。

右側面~光学ドライブは非搭載、USB3.0端子を1つ装備

Inspiron 13z右側面
Inspiron 13zは光学ドライブを搭載していません。Inspiron 13z右側面では、「ヘッドフォン端子、USB3.0端子1つ、8規格対応カードスロット、100Base-LAN端子、セキュリティケーブルスロット」を装備しており、防塵用のソフトキャップが付いています。

左側面~USB3.0端子を2つ装備

HDMI端子、電源コネクタを装備
左側面では、USB3.0端子が2つ、HDMI端子、電源コネクタを装備。こちらも防塵用キャップで保護されています。そして排気口はこちらの面となります。

PowerShare USB仕様

USB3.0端子のうち左側のは、キャップに稲妻マークが印字されていますが、PowerShare USB仕様となっています。パソコンを起動しなくてもここのUSB端子から周辺機器を充電することができます。Inspiron 13z(5323)を持ち歩けば、USB充電器の役割を成します。

USB3.0

USB 3.0 端子とは

USB3.0は理論値5Gbps(625MB/s)の転送速度。理論上、USB2.0の10倍近くの速度で、SuperSpeed USBと呼ばれる。
パソコンの電源が入ったまま、ケーブルを抜き差しできる「ホットプラグ」に対応。 USB 3.0端子から供給できる電力は900mA(USB2.0の1.8倍)。 最大伝送距離は3mとされる。USB1.1/2.0と区別しやすいようにコネクタ部分が青色であることが多い。USB1.1/2.0と互換性を持つが、USB 3.0の速度を出すにはUSB 3.0対応機器が必要。

USBケーブルもUSB3.0仕様
AコネクタはUSB2.0と共通ですが、Bコネクタの形状が異なります。そのため、USB3.0ケーブルはUSB2.0機器には接続できません。
HDMI
HDMI

HDMI端子 【High Definition Multimedia Interface】とは

HDMI端子は「DVI」をベースに設計されたデジタル出力規格。1本のケーブルで映像・音声・著作権保護の制御信号を転送することができます。 液晶テレビや外部モニタへデジタル出力することができる。
LAN端子

LAN端子(100BASE-TX)とは

インターネット接続、PC同士をネットワーク接続する端子。(100メガビット・イーサネット、またはFast Ethernetとも呼ばれる)。
通信速度が100Mbps(12.5MB/s)で、カテゴリ5以上のLANケーブルが必要です。 従来の10BASE-T (通信速度10Mbps)と互換性あり。

インターネット使用では充分な通信速度ですが、PC間やホームサーバー間での転送には低速です。その場合、通信速度が1Gbps(125MB/s)のギガビットイーサーLAN端子(1000BASE-T)が推奨される。

Inspiron 13zの背面とリリースラッチ

強固なメタルヒンジのInspiron 13z
Inspiron 13zの背面には端子の装備はなし。ヒンジ(蝶番)部分は、強固なメタルヒンジです。ディスプレイの可動域はここまでですが、通常使用であれば充分な可動域。

底面にアクセス~メモリスロット、m-SATAスロット、ワイヤレスLANカード

13.3インチのモバイルノートInspiron
4セルスマートリチウムイオン・バッテリーは内蔵されており、ユーザーが容易に取り外せる構造ではありません。スピーカーは正面でなく、左右に配置されているところが変です。設計上の都合なんでしょうが、もともとノートパソコンのスピーカーなんて大した出力ではないので、使っていて違和感を感じることはなさそうです。スピーカーはSkullcandyブランドであり、ドクロのロゴマークが見えます。

DDR3メモリスロット2基、m-SATAスロット、ワイヤレスLANカード
Inspiron 13zの底面から「DDR3メモリスロット2基、m-SATAスロット、ワイヤレスLANカード」にアクセスできます。m-SATAスロットを装備しているので構造上ではインテル スマート・レスポンス・テクノロジー(ISRT)に対応していると思いますが、2012年7月時点ではDELLのカスタマイズサポートがありません。
バッテリーが外せないので、ここのアクセスは慎重にせざるを得ません。そのまま触れるのはリスクが高いので静電気防止グッズを活用すべきでしょう。

Inspiron 14z Ultrabook (Inspiron 5423)と外観比較

Inspiron 14z Ultrabookが購入検討
やっぱり光学ドライブは内蔵しておきたい!モバイル用途よりも自宅用が中心になりそう!というのであれば、Inspiron 14z Ultrabookが購入検討の余地ありです。写真ではダークシルバーの天板のモデルがInspiron 14z Ultrabookです。Inspiron 13zよりもやや面積が広くなりますが、14インチ画面ですし、光学ドライブも搭載し、据え置き用となると使いやすさがInspiron 13zよりも上です。最小重量で1.87 kgなので、携帯しても軽量です。Inspiron 14z Ultrabookは単体GPUが搭載できるので、グラフィック能力も向上できます。

タッチパッドはInspiron 14z Ultrabook
基本デザインは両機とも共通で、キーボードパーツも同じ物を採用しています。タッチパッドはInspiron 14z Ultrabookのほうが大きくなっています。

モバイルならInspiron 14z Ultrabook
Inspiron 14z Ultrabookは14インチ画面、Inspiron 13zは13.3インチ画面。ほとんどモバイルメインならInspiron 13z、据え置きも重視するモバイルならInspiron 14z Ultrabookというチョイスになるでしょう。

Inspiron 13z梱包風景

エコな梱包のInspiron 13z緩衝材にはパルプ材を使ったエコな梱包。65WのACアダプタと電源コンセントが同梱されています。マニュアルはペラ一枚のクイックガイドだけなので詳細マニュアルはDELLサイトでダウンロードです。デバイスドライバのDVDも同梱されています。梱包状態は2012年7月時点のInspiron 13z実機です。その後変更があるかもしれませんが、個人運営の当サイトではそこまでサポートできません。ただの現状レポートです。

Inspiron 13z(5323) の後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

納得パソコン購入術!パソ兄さん サイトTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.