DELL(デル)パソコン購入レビュー
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパソコン・パーツ
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. キーボード選びの項目
  4. 現在ページ

DELLデスクトップ・パソコンに付属するキーボード

過去にレビューした、DELLデスクトップ・パソコンに付属していたキーボードの紹介。レビューPCごとに同じキーボードを何度も紹介するのが億劫なので、ここでひとつにまとめている。標準付属では有線タイプが一般的だが、一体型PCの一部には、実質ワイヤレスキーボードが標準付属になっている場合もある。ただワイヤレスキーボードは、普段はオプション扱いが多く、販売構成でたまたま含まれていた場合もあるので要確認。また、一部のALIENWAREシリーズではキーボードが付属しない例もある。

KB216 シリーズ(2015年~)

購入者パソ兄さんのDELLパソコン付属キーボードKB216tこちらはKB216 シリーズの有線キーボード(リンク先に詳細レビュー)。品番の末尾にいくつかの異なるアルファベットが追加されている例があるが、外観からはその違いが分からない。ゆえにKB216 シリーズとして括っている。

初登場は2015年頃。当方の初見ではDELL XPS 8900導入時(2015年11月)で、「KB216t」だった。その後、XPS 8930レビュー(2019年8月)において、「KB216d」に刷新されていたものを確認している。しかし何が変わったのか不明。

幅440mm×奥行き125mmで、幅は一般的なサイズだが奥行きはわりとコンパクト。XPS 8300に付属していたSK-8165よりも奥行きが3/4くらい短くなっている。ただし、コントロールキーなど一部のキーは兼用になっているため、Fnキーと組み合わせて使うタイプとなる。ノートパソコンでよく見られるスタイルだ。アイソレーションキーボードを採用。全般的に非光沢で梨地のデザイン。指紋でベタベタになるような表面処理はないので、わりと万人好みだろう。キーストロークは3mmあり、デスクトップキーボードとして一般的。

WK636p (2016年ごろ~)

DELLのWK636pワイヤレスキーボードのWK636p(リンク先に詳細レビュー)。

2016年ごろにはこの存在を確認している。デザインは有線タイプのKB216シリーズと同じ。グレードが高いような雰囲気はないが、至ってノーマルな印象。ほぼ全体が非光沢の梨地で落ち着いたデザイン。そこそこ重めの押下で、実は個人的に好みのタイプである。縁周りの面積が最小限であり、コンパクトに扱える。チルトスタンドはなく、すでに勾配のついた形状となっている。その足となる突出部に単四電池2本がセットされる。オンオフ・スイッチがあるので、節電対策もできる。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2020年6月8日(月)まで】
全XPS / Gシリーズ、Inspiron 13・14・15・17シリーズに対象あり!20%オフクーポン!
6年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天ポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天ポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

キーボード選びのポイント 項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.