DELLパソ兄さんの、Inspiron、XPS、Alienware、Gシリーズ、Vostro、Latitude製品のパソコン購入レビューサイト
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパソコン・パーツ
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. キーボード選びの項目
  4. 現在ページ

DELLノートパソコンのキーボード例

ALIENWARE M15-R2で採用のキーボードパーツ

キーボードパーツのレビュー-ALIENWARE M15-R2で採用ALIENWARE M15-R2で採用されているキーボードパーツを紹介する。同じパーツを使った複数のDELLノート・レビューでも流用ができるように、パーツに特化した記事にしている。当方の初見は2019年9月。

15.6インチ・ゲームノートのALIENWARE M15-R2であるが、キーボードパーツとしては13.3インチノートに流用できるサイズだと思われる。そのため操作性はモバイルノートに近い。またゲームユーザーではあまり好まれていないアイソレーションキーボードとなっている。

ALIENWARE M15-R2BackSpace、¥のキーがやや小さいが、半角全角キーは比較的大きくなっている。カーソルキーは一段下がった配置となっており扱いやすい(DELLの個人向けノートでは希少仕様)。ALIENWAREノートには必ずといっていいほどあったマクロキーが無くなっている。DELLサイトによれば、薄型化するノートにしては深めのキーストロークをキープしており、公称1.7mm。前世代のALIENWARE m15より深めになったという。Nキーロールオーバー対応(複数同時認識)。キーボードバックライトは、フルカラー(256×256×256=最大約1,678万色)のLED設定が可能。

基本スタイル

このモデルは、地盤がパームレスト部分と一体型のタイプ(くり抜き型)。キーボードエリアが少し窪地になって、くり抜かれた穴からキーが頭を出している構造。つまりキーボードの地盤もそのままパームレスト全体の一部(1プレート)となっている。そして「アイソレーション・キーボード」を採用している。(補足:キーボードの地盤について

アイソレーション・キーボードとは

アイソレーションとは「分離、独立、絶縁」という意味である。キー同士の間隔が広く取られているので、キーが浮石のように独立している。この構造は誤接触が軽減されるため、爪の長いユーザーでも扱いやすい。そしてキーボードの内側にホコリが入りにくいメリットもある。ただし、ゲームユーザーには好まれていないタイプである。現在では主流となっており、当方のレビューを通してみると、2011年を境にして急増した。

キー配列チェック

PAGE UPとPAGE DNが少々邪魔くさいキーボード右側。Enterキーのサイズは及第点といえる。カーソルキーは一段下がった配置となっており扱いやすい。ただ、カーソルキー「上」を押すときは、PAGE UPとPAGE DNが少々邪魔くさいかも。BackSpace、¥のキーがやや小さい。

全般的に印字の書体が細めで、小さい文字もちらほら。特にファンクションキーでは文字サイズが小さい。視認性はあまりよくないので、ユーザーの視力次第。

CapsLockキーにはオンオフの確認用LEDライトキーボード左側。半角全角キーはわりと大きめになっている。CapsLockキーにはオンオフの確認用LEDライトが付いている。

ALIENWARE固有機能ボタンと兼用ファンクションキー(F1 ~ F12)は、マルチメディアキーなどやALIENWARE固有機能ボタンと兼用になっているため、Fnキーと同時押しで使い分ける。F2はワイヤレススイッチ、F3~F5まではメディア・コントロールキー(音量調整)、F8はディスプレイの切り替え、F9~F10はディスプレイ輝度調整、F11はタッチパッドの有効無効。

ALIENWARE固有機能ボタンとしては次の通り。「F1はAlienware Graphics Amplifier(専用外付けGPU)のスイッチ、F12はALIEN FX(LEDイルミネーション/キーボードバックライト含む)の発光オンオフ」である。

各キーのアップ

湾曲キートップはアップで見ると僅かに湾曲しているが、実際触れてみると「分かるような分からないような」感じ。はっきりと指先フィットする感じはない。

各キーを押している様子。

キーピッチと、キーストローク

キーピッチメインキーやカーソルキーのキーピッチでは、ほぼ19mmあるのでフルサイズ。BackSpaceと¥のやや小さいキーでは17mmほど。ファンクションキーは小さいもののキーピッチでは18mmある。※あくまでざっくり測量

DELL公称では1.7mm薄型化ノートにしては深めのキーストロークをキープしたそうだが、DELL公称では1.7mmとなっている。家庭では厳密に測量できないが、少なくても1.5mm以上はあるようだ。

※キーストロークに関する個人的な感覚だが、キーストロークが1mmのモバイルでは「浅いけどモバイルではこんなものか」という印象。薄型ノートで1.3mmあるとかなり手応えは変わってくる印象。これを参考にとは言わないが・・。

押下圧

押下時各キーの押下時の様子。

押下圧チェックでは精密に測る機器がないので、原始的に分銅を乗せて家庭的に測った。そして、勢いをつけない状態でキーが押下される質量で調べた。 メインキーとして「Gのキー」の押下圧を調べると、63g。

過去のレビューPCと比べると、まずまずしっかりした押下圧と思われる。

押下圧の比較参考

過去に押下圧を測ったキーボードの結果。ただし、押下圧が同じでもキータッチの感覚が同じとは限らない。メンブレンやメカニカル、パンタグラフといった構造の違い、キーストロークの深さによって印象は変わってくる。あくまで数値上で比較したものである。個人的な判断だが「ノートでは60gあたりを一定基準」としている。70g近くあるとかなりしっかりした圧がある。50gあたりはかなり軽い印象を受ける。

製品 ノート概要 メインのキー
(Gとする)
Enterキー
(最も軽い箇所の場合)
Latitude 5500(P80F) 2019年の15.6インチノート 60 g 61 g
Latitude 5300(P97G) 2019年の13.3インチノート 64 g 62 g
Vostro15-3581 2019年の15.3インチノート 58 g 64 g
Vostro 14 (3481) 2019年の14インチノート 58 g 50 g
Inspiron 17R(5721) 2013年の17.3インチノート 73 g 68 g
XPS 17(L702X) 2011年の17.3インチノート 69 g 65 g
XPS 17(L701X) 2010年の17.3インチノート 69 g 60 g
Inspiron 13z(N301Z) 2010年の13.3インチノート 62 g 68 g
Inspiron Mini 10v 2009年の10.1インチ・ミニノート 59 g 63 g
製品 テスクトップ向けキーボード メインのキー
(Gとする)
Enterキー
(最も軽い箇所の場合)
KB216d 2019年~、DELL付属キーボード 62 g 67 g
KB216t 2015年~、DELL付属キーボード 57 g 62 g
SK-8165 2011年・XPS 8300付属キーボード 55 g 50 g
G105 ロジクール・ゲーミングキーボード 57 g 55 g
K270 ロジクール・エントリー 68 g 67 g
K240 ロジクール・エントリー 58 g 59 g
OWL-KB109BM ⅡR オウルテック・赤軸メカニカル 55 g 50 g

※備考: 自己処理的な情報なので、まじまじと参考にされても困る。

ALIENWARE コマンドセンターのFX

Alienware Command Centerから、キーボードのバックライト・カラーハードウェアおよびソフトウェアの環境をコントロールするアプリ、Alienware Command Centerから、キーボードのバックライト・カラーをカスタマイズできる。

※アプリのインターフェースデザインは変更(刷新)される場合もあるので、ご留意を。

FXという項目Alienware Command CenterのFXという項目がLED照明設定となっている。特定のグループごとに配色が可能。

カラーのカスタマイズも可能。三原色(RGB)の各カラーカラーパレット。プリセットから色を選べるが、カラーのカスタマイズも可能。三原色(RGB)の各カラーを256段階で設定できるのでフルカラー(256×256×256=最大約1,678万色)が可能。

M15-R2ALIENWARE M15-R2でFXの設定。

青系一色の例。かすれるような印字は見当たらないので、視認性は概ね良し。

黄色系一色の例。

赤一色。雰囲気が変わるので飽きさせない。

各グループごとで設定した一例。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年12月9日(月)まで】
Inspiron13・14・15の5000シリーズがお得!最大17%オフクーポン!
12/3より値下げしたモデル多数!

6年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

【 2019年12月16日(月)まで 】
Amazonギフト券10,000円分を抽選で600名様にプレゼント!(購入で自動エントリー)

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

キーボード選びのポイント 項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.