DELLパソ兄さんの、Inspiron、XPS、Alienware、Gシリーズ、Vostro、Latitude製品のパソコン購入レビューサイト
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパソコン・パーツ
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. キーボード選びの項目
  4. 現在ページ

DELLノートパソコンのキーボード例

DELL Latitude 5400(P98G)で選べるキーボードパーツ

Latitude 5400(P98G)で選べるここではパーツ共有情報として、DELL Latitude 5400(P98G)で選べるキーボードのひとつを紹介する。(2019年7月レビュー)。念を押すが、Latitude 5400(P98G)といっても複数のキーボードパーツが選択できるので、この限りではない。

アイソレーション・キーボードだが、ほかの製品と比べて「キーとキーの間隔が広い」のが特徴的。Latitude 7390のキーボードを隙っ歯したような印象。Enterキーの周辺にあるキーがやや小さくなっているが、著しく小さいキーはない。Enterキーもそこそこのサイズをキープしている。段差をつけたカーソルキーの配置。キーボードのバックライト機能はなし。

なお、このキーボードにバックライト機能を追加したパターンは、後半で紹介する(被写体:Latitude 7400 2-in-1)。

基本スタイル

このモデルは、地盤がパームレスト部分と一体型のタイプ(くり抜き型)。キーボードエリアが少し窪地になって、くり抜かれた穴からキーが頭を出している構造。つまりキーボードの地盤もそのままパームレスト全体の一部(1プレート)となっている。そして「アイソレーション・キーボード」を採用している。(補足:キーボードの地盤について

アイソレーション・キーボードとは

アイソレーションとは「分離、独立、絶縁」という意味である。キー同士の間隔が広く取られているので、キーが浮石のように独立している。この構造は誤接触が軽減されるため、爪の長いユーザーでも扱いやすい。そしてキーボードの内側にホコリが入りにくいメリットもある。ただし、ゲームユーザーには好まれていないタイプである。現在では主流となっており、当方のレビューを通してみると、2011年を境にして急増した。

キー配列の確認

左側拡大画像。

Enterキーの左隣や上のキーはやや小さめになっている。カーソルキーは小さいが、段差のある配置なので使いにくさが軽減されている。page-upとpage-downの位置が邪魔くさいが、間隔が広めにとられている。

ファンクションキー(F1 ~ F12)とマルチメディアキー/設定キーが兼用になっているため、優先キーになっていない方はキーボード左下側にあるFnキーと同時押しで使う。なお、「Fn + Esc キー」を押すと、その優先順を切り替えることができる。F1~F4まではメディア・コントロールキー、F6-7はディスプレイ輝度調整、F8はディスプレイの切り替えの操作になっている。プリントスクリーンやhome、endも兼用になっている。

各キーの拡大

段差配置のカーソルキー。

押下の様子。

キートップ形状

キートップはやや湾曲している程度。

キーピッチ

メインキーではフルサイズのキーピッチ(約19mm)

Enterキー隣のやや小さいキーでは16.5~17mmくらいキープしている。

ファンクションキーでは縦幅は短いがキーピッチはしっかり19mmある。

キーの幅

メインのキーで幅は14mmくらい、Enterキーの隣りにある幅を小さくされたキーで11.5mmくらい。

上記キーボードに、バックライト機能を追加したパターン

上記キーボードパーツに、バックライト機能を追加したパターンに遭遇したので追加レビューする。被写体としたのは、2019年8月レビューのDELL Latitude 7400 2-in-1(P110G)である。共通事項に関してのコメントは同じものになるので省略する。

F5キーに「バックライト機能を示すマーク」が追加されているだけで、あとは上記のキーボードと形状も印字も同じ。

左側のアップ。

右側のアップ。

F5のキーが「バックライト機能」のボタンと兼用になっている。

バックライト機能をオンにした状態。薄暗い会議室や、寝室などとっさの使用でも室内照明を点けずに操作することができ、わりと重宝する機能である。真っ暗闇のなかでも操作ができる。Fn+F5でオンオフおよび、2段階の調光可能。機能がオンのときは、キーに触れると自動的に点灯する。しばらく操作をしないと自然に消灯する。

バックライト点灯時のキー。ファンクションキーの印字で、F1~12などがかすれてやや読みにくい。他、小さく数字の書かれているキーもはっきりしない印象。基本的な印字ははっきり見えるので、概ね良好といえる。

一応、押下の様子。

上記の「バックライト機能なし」のキーボードでは、キーストロークを測っていなかったので、こちらで改めて測量してみる。厳密な測量ではないが、とりあえず1.5mmくらいはありそうで、現在(2019年)時点では薄型ノートの平均的なキーストロークである。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年9月17日(火)まで】
増税前のチャンス!6万円以上の購入でお得、17%オフクーポン!
ALIENWARE、Gノートほか一部のゲームPCがお得、20%オフクーポン!
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)開始~予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

キーボード選びのポイント 項目トップ

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.