DELLパソ兄さんの、Inspiron、XPS、Alienware、Gシリーズ、Vostro、Latitude製品のパソコン購入レビューサイト
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパソコン・パーツ
  1. HOME
  2. パソコン・パーツ知識ガイド
  3. DELLアプリケーション

DELLパソコンの搭載アプリケーション例

Alienware Command Center(環境管理アプリ)

Alienwareシリーズでおなじみの環境管理ソフト、Alienware Command Center。「電源プラン、温度管理、オーディオ・プロファイル」など環境管理や設定ができる。Alienware Command Centerでは複数のタイプがあり、使用しているPCによって異なる機能を実装している。製品ごとにカスタマイズされており、場合によりインターフェース・デザインも異なる。

※AlienwareとGシリーズ(一部)のシステムでサポートされている。
※購入時期により、バージョンが更新されている場合もあり

Alienware Command Center機能の一覧Alienware Command Centerのヘルプより抜粋した機能の一覧。ただし、どの機能が実装されるかは各PCによって異なる。(それぞれ実装している機能がPCによって異なるため)

G3 15-3500に搭載されていた例(2020年9月レビュー)

Alienware Command CenterはAlienwareシリーズのPCのみに搭載されているわけではなく、2019年頃にはGシリーズ向けにインターフェース・デザインを変えることなく、そのまま宇宙人(Alienware)をぶっこんでいる。ゆえにエイリアンヘッドのアイコンなどそのまま表示されている。手抜きと言うか、むしろ一興に近い感覚。

ここではG3 15-3500に搭載されていた事例でチェックしてみる。レビュー時点でのバージョンは5.2.89.0、A00である。カテゴリーは「ホーム、ライブラリ、FX、フュージョン」で分かれている。

ホーム

Alienware Command CenterのTOP画面ホームはAlienware Command CenterのTOP画面で、「ライブラリ、FX、フュージョン」の項目でカスタマイズしていくとここに反映されていく。この画面では特に設定していないので、デフォルトの状態。

ライブラリ

ゲームライブラリとも呼ばれる。様々なシステム設定を「ライブラリ」でリンクさせ、各ゲームで設定した内容へ簡単にアクセスできる。つまり作成したゲーム・プロファイルの管理画面。

システム設定を「ライブラリ」でリンク※この画面では何も設定していないので白紙

フュージョン

フュージョンでは「電源設定、排熱コントロール」などが行える。「最大パフォーマンスが必要なタイミング、パフォーマンスを落として低消費電力にするタイミング」を管理することで、エネルギー効率を改善。それにより、バッテリーの寿命を延ばすことができる。またオーディオ設定も一元的に制御できる。

「フュージョン」の設定項目左端にアイコンがあり、「フュージョン」の設定項目が表示されている。これは概要の画面。

周波数・温度・電圧・使用状況(使用率)概要では、CPUとGPUの周波数・温度・電圧・使用状況(使用率)、およびメモリのクロック数や電圧などの監視ができる。

温度のステータス監視や管理サーマル プロファイルでは、温度のステータス監視や管理ができる。CPUファンやシステムファン(つまりデュアルファン)の温度を監視をしている様子。ファンの速度率まで監視できる。

ACアダプタ接続時やバッテリー駆動時での電源設定これは「電源管理」の画面。ACアダプタ接続時やバッテリー駆動時での電源設定ができる。

オーディオ効果やイコライザー、マイクなどオーディオ・プロファイルの画面。オーディオ効果やイコライザー、マイクなどの設定。

FX ~ バックライト・キーボードのLED設定 ※日本語キーボードは非対応

キーボードのLED配色設定FXはバックライト・キーボードのLED配色設定。いわばイルミネーション。キーボード上の4つのゾーンごとに配色が可能。

カラーのカスタマイズも可能カラーパレットからプリセット色を選べるが、カラーのカスタマイズも可能。三原色(RGB)の各カラーを256段階(0~255の数値入力)で設定できるので、フルカラー(256×256×256=最大約1,678万色)の配色が可能。画面のデザインで確認しながら各箇所へのRGB-LED配色を決めていく。輝度設定が100段階で設定できるので、明るさまで設定できる。

、Gシリーズの日本語キーボードではこのFXに対応していない2020年9月時点において、Gシリーズの日本語キーボードではこのFXに対応していない。英語キーボードのみ対応しているとのこと。

白LEDが光源のため白一色日本語キーボードは白LEDが光源のため白一色。2段階の調光は可能。

G5 15-5500に搭載されていた例(2020年9月レビュー)

上記で説明したG3 15-3500とほとんど同じであるが、補足および、他のPCの固有例としてG5 15-5500の事例を挙げておく。機能のカテゴリー解説は重複するので省略。

補足:デザインをダークトーンに

他のPCの固有例としてG5 15-5500の事例G3 15-3500の事例で紹介していなかったので補足する。Alienware Command Centerではインターフェース・デザインのトーンを変更することができる。右上にある「暗い - 明るい」のスライドバーにて、「明るい」だと、このような薄いグレーベースのデザインとなっている。

ゲームユーザー好みのデザインに変更「暗い」にスライドすると、いかにもゲームユーザー好みのデザインに変更される。こちらのほうがメリハリがあって見やすいと思われる。

サーマルプロファイルサーマルプロファイルではこんな感じ。

オーディオ・プロファイル。オーディオ・プロファイル。

電源管理。電源管理。

フュージョンの補足:オーディオ再構成プロファイル(Nahimic)

Nahimic(ナヒミック)とはオーディオパフォーマンスを向上G3 15-3500の事例で説明していなかったので補足する。フュージョンの機能のひとつである「オーディオ再構成プロファイル」。プレビューを見ながらゲームサウンド(効果音など)のカスタマイズをする項目となっている。

Nahimicのロゴがあるが、Nahimic(ナヒミック)とはオーディオパフォーマンスを向上させるユーティリティソフト。自作ユーザーならおなじみのMSI製品で、開発元はA-Volute社。Nahimicのサウンドチューニングで臨場感あふれる7.1chバーチャルサラウンドを楽しめる。(注:NahimicはPCによって搭載の有無がある)

G5 15-5500のFX(イルミネーション機能)

Alienware Command Centerの機能の一つであるFXG5 15-5500の上位構成にはフロントの間接照明があり、このAlienware Command Centerの機能の一つであるFXから12箇所にフルカラー(約1678万色)のLED配色が可能。※画像のように1つのフロントバーに12箇所連続して並んでいる。

DELL-G5 15-5500のAlienware Command CenterのFX項目フロントLEDバーは1本であるが、カラー配色は12箇所存在している。Alienware Command CenterのFX項目から、各ゾーンに配色設定ができる。この設定では、配色ゾーンがわかりやすいように異なる色調で配色してみた状態。

フルカラー(256×256×256=最大約1,678万色)の配色カラーパレットからプリセット色を選べるが、カラーのカスタマイズも可能。三原色(RGB)の各カラーを256段階(0~255の数値入力)で設定できるので、フルカラー(256×256×256=最大約1,678万色)の配色が可能。画面のデザインで確認しながら各箇所へのRGB-LED配色を決めていく。輝度設定が100段階で設定できるので、明るさまで設定できる。

DELL ALIENWARE 15-R4の例(2018年6月レビュー)

総括的ホーム画面。ホームは総括的なもの。基本的なメニューは「ホーム、ライブラリ、FX、フュージョン」の4パターン。独自のゲームプロファイル作成が「ライブラリ」、LED照明設定が「FX」、オーバークロックや電源プランが「フュージョン」となっている。

危険なオーバークロックオーバークロック対応の構成では、起動時に警告画面が出される。つまり、「仕様の範囲外の動作になるから、インテルは責任を取らないよ」と言っている。ちなみにパソ兄さんはオーバークロックが嫌いなので、ALIENWARE 15(R4)のレビューでは実施していない。面倒くさいという本音もあるが。

Active SystemテーマホームにあるActive Systemテーマのリスト。

プロファイルの切り替えオーバークロック対応構成の場合は、このように設定したプロファイルの切り替えやオフのメニューがでる。

サーマルバランス温度管理のサーマルバランス。

音声の設定。

フュージョン(温度管理や電源プラン、オーバークロック設定)

CPUやGPUの温度、電圧、使用状況をモニタ温度管理や電源プランである「フュージョン」の設定画面。CPUやGPUの温度、電圧、使用状況をモニタできる。オーバークロック対応の場合は、設定をプロファイル保存できる。

FX(RGB-LED配色のイルミネーション演出)

RGB-LED配色イルミネーション設定のFX。PCのデザインを確認しながら各箇所へのRGB-LED配色を決めていく。従来よりカットの切り替えが多くなったため、ちょっと操作が面倒くさくなった印象がある。

エイリアンヘッド天板のエイリアンヘッドの設定。

タッチパッドの設定。

256×256×256=最大約1,678万色カラーパレットの様子。フルカラー(256×256×256=最大約1,678万色)対応できる。なお、電源ボタンのエイリアンヘッドでは、「充電完了時、充電時、スリープ時」と3通りでカラー設定が可能。

マクロキーの設定。3つのプロファイルごとに登録できる。

4つのゾーンごとマクロキー以外では、4つのゾーンごとに設定可能。輝度の調整が100段階あるため、様々な好みに対応できる。このイルミネーション設定も3つのプロファイルごとに登録できるので、毎回設定し直す手間が省ける。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!キャンペーン情報!

DELLクーポン情報

【2020年12月7日(月)まで】
★XPSとG シリーズ、対象のInspiron 15/14/13が、即納モデル限定で 23%オフクーポン!
(受注生産モデルでも、20%オフクーポン!)

★23%クーポン対象外モデルでも即納モデルなら、20%オフクーポン!
★Alienwareシリーズ: ノート/ デスクトップに20%オフクーポン!
★7年連続世界シェア1位!DELLモニタがオンライン・クーポンで最大30%オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天ポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天ポイント7,500ポイントプレゼント!

※パソ兄さんサイトの経由特典となっており、リンク先の優待専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26に内容改定~予告なく変更または終了する場合があります。

8万円以上購入なら ⇒ 【 3,000ポイント付与の優待専用ページへ招待

15万円以上購入なら ⇒ 【 7,500ポイント付与の優待専用ページへ招待

DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」  ※出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

パソコン・パーツ知識ガイドのトップ

パソ兄さん HOME

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん All Rights Reserved.