DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLデスクトップパソコン
  3. XPS 8930
  4. スペシャルエディション

XPS 8930(XPSタワー)スペシャルエディションの追加レビュー

Core i7-8700KとGeForce GTX 1080のパフォーマンス

CoffeeLake設計の「XPSタワー・スペシャルエディション」こと、XPS 8930スペシャルエディションのレビュー機を追加導入した。今度の構成は、Core i7-8700K+GeForce GTX 1080となっている。XPS 8930スペシャルエディションのデザインに関しては、最初に紹介したXPS 8930スペシャルエディションを参考にしてほしい。なお、セカンドではデザイン紹介を省略しているので、フロントパネルの保護フィルムをつけたままにしている。

XPS 8930(XPSタワー)スペシャルエディションの追加レビュー
GeForce GTX 1080-XPS 8930スペシャルエディション
2018年6月レビュー
CoffeeLake

DELL XPS 8930スペシャルエディション(レビュー追加2台目)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代 Core i7-8700K (6コア12スレッド、12MBキャッシュ、最大 4.7GHz)
  • 16GB DDR4メモリ- 2666MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1080 8GB GDDR5X
  • 512GB NVMe SSD (M.2 / PCI Express接続)+2TB HDD

※2018年6月20日時点のレビュー。手元の実機レポートであり、仕様は各々の選択により異なる。

DELLの製品名について

DELLサイトにある「販売名」は統一性がなく、さらに新旧モデルの区別も困難。そのため唯一無二のコンピューターモデル名で確認する必要がある。詳しくは「DELL製品の把握は、コンピューターモデル名を知ること」を参照。

当方レビューに関する注意事項

※レビュー時点、レビュー実機の情報であるため、購入された場合の一致性は保証していない。
※標準搭載や仕様変更などの最新情報はDELLサイトにてご確認を。
※感想は個人的見解である。※風景に写っている周辺機器等は、DELLと関係ない物もある。
※法人向けモデルの場合でも、個人ユーザーが購入することは可能(注文は個人名の記入でOK)。

レビュー時点の構成例

レビュー時点のXPS 8930 スペシャルエディションの構成例をチェック。基本的に3月にレビューしたときと変化はない。今回のレビュー機に搭載しているCore i7-8700Kは、倍率ロックフリーのオーバークロック対応だが、当レビューではオーバークロックを試していない。そもそもリスクのあるオーバークロック自体が好みではない理由もあるが、レポートが面倒くさかったので省略。Core i7-8700Kは倍率ロックフリー以外に、Core i7-8700よりも動作クロックがやや高めになっている。

レビュー時点ではすべてのパッケージ構成で「M.2 SSD + 3.5インチHDD」のデュアルストレージ構成だった。DELLサイトには明記されていないが、レビュー機を見る限りM.2 SSDはPCI Express接続のNVMe SSDのもよう。

CPU
  • 第8世代 Core i7-8700 (6コア12スレッド、12MBキャッシュ、3.2GHz / 最大 4.6GHz)
  • 第8世代 Core i7-8700K (6コア12スレッド、12MBキャッシュ、3.7GHz / 最大 4.7GHz)
グラフィック
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
  • NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB GDDR5
  • NVIDIA GeForce GTX 1080 8GB GDDR5X
ストレージ
  • M.2 SSD + 3.5インチHDDのデュアル構成
光学ドライブ
(スリム)
  • スーパーマルチDVDドライブ
  • ブルー レイ ドライブ

※レビュー時点の構成例。採用パーツやベンダーは供給状況により異なる。
※構成ベースの販売であり、パーツの組み合わせは制限される。

インターフェースの確認

XPS 8930スペシャルエディションの装備インターフェース付属しているクイックスタートガイドを撮影したので、再度、XPS 8930スペシャルエディションの装備するインターフェースをチェック。

USB Type-C端子では対応規格がUSB3.1-Gen2のみ背面にUSB3.1-Gen2を装備しているところがポイント。USB Type-C端子では対応規格がUSB3.1-Gen2のみ。拡張スロットのブラケットが5基あるが、マザーボードの都合で機能するのは4基。しかもサポートされるグラフィックカードがミドルクラス以上のため2スロット分を占有する。つまり実質、活用できるのはPCI Express x1が1基とPCI Express x4が1基となる。

スイングアーム電源ユニットが搭載されたスイングアームを開くことで、内部にアクセスできる。この構造のため、電源ユニットのエアーフローはPCケースと別々の流れとなっている。

現状では奥行き140mmATX電源ユニットなので市販と換装が可能。現状では奥行き140mmのものが搭載されている。

インチネジを外して電源ユニットを引きずり出すと、スペック表が確認できる。460W電源で+12V系統は3つ。それぞれ最大18A(216W)、16A(192W)、8A(96W)である。+12V系統の合計最大許容は385W。ちなみにデルタ・エレクトロニクス社製だった。オーバークロック可能なCore i7-8700K搭載でも、非オーバークロック構成と電源の仕様は変わらない。

Core i7-8700K搭載第8世代Core i7-8700搭載時と違って、Core i7-8700K搭載ではこのようにCPUクーラーが強力なものになっている。銅製のヒートパイプに大型の放熱フィンがついた空冷システム。さらにすぐ側の大型12センチ角ファンにより天井へ熱を排気する構造。一応、オーバークロック仕様としての冷却対策はしてある。

銅製ヒートパイプが3本左側に銅製ヒートパイプが3本。【うんちく : ヒートパイプを用いた、空冷式CPUクーラーの仕組み
ヒートパイプは温度差が高いほど熱伝導が速いので、その性質を活用している。(高温部から低温部へ熱が伝わる「移動現象」のスピードが速い。材質は熱伝導率の高い銅が最適。)

手前の1スロットを使う気にならない。気になるのが、銅製ヒートパイプがメモリスロットに近すぎること。この実機の現状(8GB×2枚)なら、ある程度距離があるのでまだ許容範囲だが、一番手間のスロットは高熱を持つヒートパイプに近すぎると思われる。推測だが、DELLではスロットをフルに搭載するようなサポートをしないのかもしれない。いずれにしてもパソ兄さん自身は手前の1スロットを使う気にならない。

GeForce GTX 1080搭載の様子グラフィックカード(GeForce GTX 1080)搭載の様子。補助電源は8ピン。

GeForce GTX 1080-装備している端子GeForce GTX 1080のディスプレイ出力端子。Display Port 端子が3基、HDMI端子、DVI端子の装備となっている。

8GB GDDR5X搭載しているGeForce GTX 1080のスペック。ビデオメモリには8GB GDDR5X搭載。

サムスン製PM981のSSD搭載されているグラフィックカードの下に、M.2スロットがあり、このレビュー実機ではサムスン製PM981のSSDが搭載されていた。パフォーマンスはこの通りで、PCI Express接続のNVMe SSDのため爆速。フォームファクタはM.2 type2280。

Killer Wirelessを搭載-Killer E2400無線LANカードの搭載。デバイスマネージャのネットワークアダプターを見ると、Killer Wirelessを搭載していることが分かる。ちなみに有線LANのギガビットイーサーでもKiller E2400を搭載しており、安定した通信が期待できる。

Core i7-8700Kのベンチマークテスト

Core i7-8700Kのスペック詳細CoffeeLake設計であるCore i7-8700Kのスペック詳細。6コア実装かつHTテクノロジーによって12スレッド動作する。TDP(熱設計電力)は95W。内蔵グラフィックではインテル UHD グラフィックス630をコアレベルで統合している。(グラフィックカードを搭載しているので使うことはないが)。

Core i7-8700KCINEBENCH R15のマルチスレッドでは、第8世代Core i7-8700Kのスコアが1394。過去にレビューしたCore i7-8700とさほど変わらなかった。ただし、別のPCに搭載されていたCore i7-8700Kではスコア1571だったので、環境次第ではもう少し伸びしろがあると思われる。また、オーバークロックしてなんぼのCPUなのだろう。

それにしても第6世代Core i7-6700K、7世代Core i7-7700よりも一気にパフォーマンスアップしている。やはり12スレッドというのが効果絶大で、マルチスレッド対応ソフトでは非常に高速化されるだろう。

ゲームのベンチマークテスト/GeForce GTX 1080

XPS 8930スペシャルエディション実機今回レビューしているXPS 8930スペシャルエディション実機の搭載スペック。

FINAL FANTASY XVベンチマーク

「FINAL FANTASY XV」ベンチマークPC版「FINAL FANTASY XV」ベンチマークのフルHD(1920 × 1080)をチェック。標準品質であれば「とても快適」であり、様子をみながらもう少し高いグラフィック設定が可能と思われる。高品質にしても「快適」なので、まだ設定を上げることが可能なようだ。

4K(3840 × 2160)FINAL FANTASY XVベンチマークの標準品質・4K(3840 × 2160)設定ではスコア3842で、「普通」という結果に。4Kのプレイを考えているなら、GeForce GTX 1080が最低基準と捉えてよさそうだ。
※指標の目安⇒3000~4499:普通 (標準的な動作が見込めるとされる)

FF14 紅蓮のリベレーター

ファイナルファンタジーXIV: 紅のベンチマークテストファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター のベンチマークテストを実施。4K(3840 × 2160)最高品質でも「とても快適」で、スコアは6492。過去にレビューしたPCでは、以下のような結果となっている。GeForce GTX 1060、GeForce GTX 1070搭載時の目安として参考に。

【 設定 】 ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター
4K(3840 × 2160) 最高品質 DirectX 11 フルスクリーン
SCORE
GeForce GTX 1080-XPS 8930スペシャルエディション
2018年6月レビュー

DELL XPS 8930スペシャルエディション(レビュー追加2台目)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代 Core i7-8700K (12MBキャッシュ、最大 4.7GHz)
  • 16GB DDR4メモリ- 2666MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1080 8GB GDDR5X
6492
ALIENWARE AREA-51(R4)
2018年1月レビュー

DELL ALIENWARE AREA-51(R4)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i9 7980XE (18コア、24.75MB キャッシュ、最大 4.4GHz)
  • 32GB DDR4 2667MHz (4x8GB) メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti 11GB GDDR5X
8535
XPS 8930スペシャルエディション
2018年3月レビュー

DELL XPS 8930スペシャルエディション

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代 Core i7-8700 (12MBキャッシュ、最大 4.6GHz) 
  • 16GB DDR4メモリ- 2666MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB GDDR5
5204
Inspironゲーミング(5680)
2018年6月レビュー

DELL Inspironゲーミングデスクトップ(5680)

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代Core i7-8700 (12MBキャッシュ、3.2GHz / 最大 4.6GHz)
  • 16GB DDR4メモリ- 2400MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB GDDR5
5152
XPS 8930
2018年3月レビュー

DELL XPS 8930

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 第8世代 Core i7-8700 (12MBキャッシュ、最大 4.6GHz) 
  • 8GB DDR4メモリ- 2666MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
3751

Core i7-8700KとGeForce GTX 1080を搭載した、XPS 8930スペシャルエディションのレビューは以上。

詳しくはDELLサイトへ

欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2018年11月12日(月)まで】 お客様感謝セール!
Inspironシリーズのデスクトップ・一体型PCがお買い得、18%オフクーポン
4年連続・世界シェアNo.1!DELLお勧めモニタが、オンライン限定クーポンで最大1万5千円オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
【2019年1/31(木)まで】
DELL直販9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さんサイト経由特典 ⇒ 詳しくは、【ポイント付与の優待専用ページ】へ

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.