DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Venue 8 Pro(5830)
  4. 現在

Venue 8 Pro(5830)に搭載していた64GB eMMCのパフォーマンス

手元のVenue 8 Pro(5830)には、64GB eMMC(Samsung MCG8GC) が搭載されていた。CrystalDiskMarkを使って ストレージ・パフォーマンス比較を行う。 後半では「デバイスの暗号化を無効にしてストレージ高速化 」をレポート!
コンポーネント レビューした構成
OS Windows 8.1 (32bit)
ディスプレイ 8 インチIPSディスプレイ(1280×800)(10ptタッチ)
プロセッサ Atom Z3740D (2MB キャッシュ, 最大 1.83GHz )
メモリ 2GB シングルチャネル DDR3L-RS メモリ
グラフィックス インテル HD グラフィックス
ストレージ 64GB eMMC(Samsung MCG8GC)

Venue 8 Pro(レッドモデル)のレビュー情報は2014年4月時点であり、手元にある実機に基づいた情報になる。仕様変更等もあるので、最新情報は、DELL公式サイトにてご確認を!

ストレージ・パフォーマンス比較 (デバイスの暗号化オンにて)

DELL Venue 8 Pro(5830) のストレージにはeMMCが搭載されている。eMMCはNANDフラッシュメモリと制御回路をまとめたストレージであり、メモリカード規格であるMMCがインターフェースに使われている。消費電力はかなり低いがSSDよりも転送速度が遅い傾向にある。

※デバイスの暗号化を無効にすればもっとパフォーマンスアップすると思われるが、ここでは「デバイスの暗号化オン」のままで行っている。一応、デフォルトということなので。(Windows 8.1の場合)

Samsung MCG8GCを搭載したVenue 8 Pro(5830)
なお、購入したVenue 8 Pro(5830)には、Samsung MCG8GCが搭載されており、CrystalDiskMarkの結果は以下の通りだった。シーケンシャルはパッとしない成績だが、4KB単位のランダムはHDDよりずっと高速である。データを頻繁に貯めたり出したりする用途ではないので、タブレット端末としては適材パーツなのだろう。
現にOSの起動はかなり速いし、アプリが快適に操作できる。

DELL Venue 8 Pro(5830) - 2014年実施

Venue 8 Proのストレージ
  • Windows 8.1 Pro(32bit)
  • 8 インチIPSディスプレイ(1280×800)(10ptタッチ)
  • Atom Z3740D (2MB キャッシュ, 最大 1.83GHz )
  • 2GB DDR3L-RS メモリ
  • インテル HD グラフィックス

64GB eMMC(Samsung MCG8GC)

Venue 8 Pro(5830)性能

※デバイスの暗号化を無効にすればこれ以上にパフォーマンスアップする

Venue 11 Pro~(7130)(5130)と比較

7130に搭載しているM.2規格SSDは圧倒的に速い。5130では同じくSamsung MCG8GCを搭載していたが、こちらのほうがパフォーマンスを高く引き出していた。(以下参照)

DELL Venue 11 Pro(7130)- 2014年実施

128GB M.2規格SSD
  • Windows 8.1 (64bit)
  • 10.8 インチ・フルHD解像度(1920×1080)(10ptタッチ)
  • Core i5-4210Y (3M キャッシュ, 最大 1.90GHz )
  • 4GB DDR3メモリ(1600Mhz)
  • インテル HDグラフィックス4200

128GB M.2規格SSD
LITEONIT LJT-128L6G-11 M.2 2260

LITEONIT LJT-128L6G
PCI Express ネイティブ接続のSSDだけあって高速。SATA規格のSSDよりも高速。

※デバイスの暗号化を無効にすればこれ以上にパフォーマンスアップすると思われる(未検証)

DELL Venue 11 Pro(5130)- 2014年実施

64GB eMMC(Samsung MCG8GC)
  • Windows 8.1 Pro(32bit)
  • 10.8 インチ・フルHD解像度(1920×1080)(10ptタッチ)
  • インテル Atom Z3770
    (1.46~2.39GHz 、2MB キャッシュ)
  • 2GB LPDDR3メモリ
  • インテル HD グラフィックス

64GB eMMC(Samsung MCG8GC)

Venue 11 Pro(5130)-emmc
NANDフラッシュメモリと制御回路をまとめたストレージのeMMC。メモリカード規格であるMMCがインターフェース。eMMCは消費電力はさらに低いがSSDよりも転送速度が遅い。

※デバイスの暗号化を無効にすればこれ以上にパフォーマンスアップする(確認済み)

過去のHDD搭載DELLパソコンと比較

HDDでも時代によってパフォーマンスが違う。とくに4KBランダムはかなり遅い。 (以下参照)

DELL Inspiron 1520 - 2007年

64GB eMMC(Samsung MCG8GC)
  • Windows Vista Home Premium (32bit)
  • 15.4インチワイド非光沢液晶(1280x800)
  • Core 2 Duo T7100
    (1.8GHz 、2MB L2 、800MHz FSB )
  • 2GB (1GBx2) DDR2-SDRAM メモリ
  • GeForce 8600M GT 256MB

120GB SATA HDD(5400回転)

inspiron1520-hddスペック

DELL XPS 17(L702X) - 2011年実施

64GB eMMC(Samsung MCG8GC)
  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • 17.3インチ WLED AG ディスプレイ (1920x1080)
  • Core i7-2670QM (2.2~3.1GHz, 6MB キャッシュ)
  • 8GB (4GBx2) DDR3-SDRAMメモリ
  • GeForce GT 555M /3GB

750GB SATA HDD(7200回転)
ST9750420AS

ST9750420AS速度

独自にSSDを搭載させたパソコンと比較

Windows XPにSATAのSSDを搭載したミニノート。 独自カスタマイズVer

DELL Inspiron mini 10V
(独自カスタマイズVer)-2012年実施

Inspiron Mini 10v
  • Windows XP Home Edition SP3正規版 32bit版
  • 10.1インチワイド光沢液晶 (1024×576)
  • Atom N270 (512KB L2, 1.6GHz, 533MHz FSB)
  • 2GB DDR2-SDRAM メモリ
  • オンボード・グラフィック GMA 950

64GB SATA SSD(6Gbps)
Crucial SSD M4

Crucial 製SSD M4
高速SSDであってもWindows XPやネットブック環境では大してパフォーマンスを発揮できない様子。

デバイスの暗号化を無効にしてストレージ高速化

Venue 8 Pro(5830)では「デバイスの暗号化オン」がデフォルトになっていたので、ストレージのパフォーマンスの足かせとなっている。デバイスの暗号化は、PC本体が盗難にあったときにデータを悪用されないためのセキュリティ機能である。安全性よりも高速化を求めるならオフにするとよい。ただし自己判断と自己責任事項である。

デバイスの暗号化について、マイクロソフトでは以下のように説明している。(抜粋)

デバイスの暗号化でファイルの保護をサポートする

対象製品/分野: Windows 8.1、Windows RT 8.1
デバイスの暗号化によりデータを暗号化する、つまり "スクランブルする" ことによって、Windows 8.1 PC を保護し、セキュリティを確保できます。正しい暗号化キー (パスワードなど) を持っている人だけがスクランブルを解除し、内容を見ることができます。

パスワードを盗むためにハッカーはファイルにアクセスします。デバイスの暗号化を使用することで、そうしたハッカーのアクセスを防ぐことができます。また、PC そのものをなくしたり盗まれたりした場合も、デバイスの暗号化を使用していれば、ドライブを別の PC に取り付けてデータにアクセスされるのを防ぐことができます。PC が暗号化されていても、ユーザーは Windows にサインインして、通常どおり自分のファイルを使うことができます。

上記でも紹介したが、デフォルト(デバイスの暗号化オン)で調べた時は、以下の結果だった。

DELL Venue 8 Pro(5830) - 2014年実施

  • Windows 8.1 Pro(32bit)
  • 8 インチIPSディスプレイ(1280×800)(10ptタッチ)
  • Atom Z3740D (2MB キャッシュ, 最大 1.83GHz )
  • 2GB DDR3L-RS メモリ
  • インテル HD グラフィックス

64GB eMMC(Samsung MCG8GC)

Venue 8 Pro(5830)性能

では、「デバイスの暗号化をオフにする」作業に移る。「チャーム⇒設定⇒PC設定の変更⇒PCとデバイス⇒PC情報」まで進める。「PC情報」の項目に「デバイスの暗号化」があるので、「オフにする」をクリックする。「デバイスの暗号化の無効化」を理解したら、オフにするをクリック。

デバイスの暗号化を無効
しばらく処理に時間かかかるので待ち、「デバイスの暗号化が無効になっています。」を確認できたらOK。

Venue 8 Pro(5830)emms高速化
デバイスの暗号化をオフの後、再度チェックしたらパフォーマンスが向上した。ただ、ゲームのベンチマークテスト(ストリートファイター4)では全く影響がなかった。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年9月17日(火)まで】
増税前のチャンス!6万円以上の購入でお得、17%オフクーポン!
ALIENWARE、Gノートほか一部のゲームPCがお得、20%オフクーポン!
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)開始~予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

納得パソコン購入術!パソ兄さん~DELL購入ガイド

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.