DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Venue 8 Pro(5830)
  4. 現在

Venue 8 Pro(5830)・レッドのパフォーマンス(ST4ベンチ比較)

Venue 8 Pro(5830)のレッドモデルを購入したので、パフォーマンスをチェックする。ただし、前回紹介したブラックモデルとまったく同じ構成なので、追記事項とする。構成は以下のとおり。2D高精細コンテンツでのパフォーマンス、CINEBENCH R10にて性能比較では、前回とほとんど同じだったので割愛する。

Venue 8 Pro(5830)

約395gで、いつでもどこでも超軽量のWindowsタブレット!
Venue 8 Pro(5830)

2013年12月発売。Silvermont設計の8インチタブレットPC。解像度1280 × 800、10点マルチタッチに対応する。視野角の広いIPSパネル採用。120万画素Webカメラのほかに、500万画素アウトカメラを内蔵する。最小重量: 395 gと非常に軽く気軽に携帯できる。

Micro USB端子 x 1(電源供給用にも使う)、SDXC対応microSDメモリーカードスロットなどを装備。 CPUに内蔵するグラフィックは、インテルHDグラフィックス。小型タブレットだから言って性能の低さを懸念する必要はない。
コンポーネント レビューした構成
OS Windows 8.1 (32bit)
ディスプレイ 8 インチIPSディスプレイ(1280×800)(10ptタッチ)
プロセッサ Atom Z3740D (2MB キャッシュ, 最大 1.83GHz )
メモリ 2GB シングルチャネル DDR3L-RS メモリ
グラフィックス インテル HD グラフィックス
ストレージ 64GB eMMC(Samsung MCG8GC)

Venue 8 Pro(レッドモデル)のレビュー情報は2014年4月時点であり、手元にある実機に基づいた情報になる。仕様変更等もあるので、最新情報は、DELL公式サイトにてご確認を!

ストリートファイター4のベンチマーク比較


今回のVenue 8 Pro(5830)における、ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE FPS
24.57
RANK E ⇒ プレイをするにはスペックが不足している。

ストリートファイター4のベンチマークではVenue 8 Pro(5830)は24.57 FPSを記録した。RANK E なのでプレイをするにはスペックが不足しているが、タブレットとしては上々の成績である。では、当サイトが過去にレビューしたDELLパソコン野郎どもと比較してみよう。OSなどのシステムが異なるので完全比較にはならないが、当時のパフォーマンスとして比較していただきたい。

Venue 8 Pro(5830)は2007年のミドルノート並

2007年の15.6インチ・ミドルノート、Inspiron 1520ではGeForce 8600M GT 256MBを搭載しており、当時としてはそこそこの中級者モデルであったが、Venue 8 Pro(5830)と同じくらいであり、24.77 FPSだった。
だから2007年のミドルノート並と理解して良さそうだ。(詳細は以下を参照)

初めて買ったInspiron 1520
Core設計

DELL Inspiron 1520

2007年6月発売の15.6インチ・ミドルノート。Core 2 Duoが搭載可能。グラフィックにはNVIDIA GeForce 8400M GS、8600M GTが搭載可能だった。ちなみにパソ兄さんが購入した初のDELLパソコン。もともと自作ユーザーだったため、メーカーPC自体が初。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows Vista Home Premium 正規版 32bit
液晶ディスプレイ 15.4インチワイド非光沢液晶(1280x800)
プロセッサ Core 2 Duo T7100(1.8GHz 、2MB L2 、800MHz FSB ) 4.8
メモリ 2GB (1GBx2) DDR2-SDRAM メモリ 4.8
グラフィックス GeForce 8600M GT 256MB 4.7
ゲーム用グラフィックス 5.3
ストレージ 120GB SATA HDD(5400回転) 5.0
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
24.77 FPS
RANK E ⇒ プレイをするにはスペックが不足している。
スコア 7026

RANK EでVenue 8 Pro(5830)と似たりよったりのDELLパソコンども

過去のレビューデータからRANK Eの製品をピックアップ。Venue 8 Pro(5830)と似たりよったり性能と理解できる。(ストリートファイター4のベンチマークテストにおいて)。データを見る分に、2011年ごろのエントリーノートに近い性能であろう。

爺さんにこのパソコンInspiron One 2020
SandyBridge設計

Inspiron One 2020

2012年5月発売の20.2インチ一体型。SandyBridge設計で、第2世代Core i5搭載可能モデル。奥行きもわずか63.2mmと薄型。サウンドシステムにWaves MaxxAudio3.0 を採用。無線LAN環境は標準対応。(2012年7月時点)

コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
液晶ディスプレイ 20.2インチ WLED光沢液晶(1,600 x 900)
プロセッサ インテル Core i5-2390T (2.7GHz, 3MB キャッシュ)
※クロック数最大3.5GHz
7.1
メモリ 4GB (4GBx1) DDR3-SDRAMメモリ 5.9
グラフィックス インテル HDグラフィックス 2000 4.7
ゲーム用グラフィックス 5.6
ストレージ 1TB SATA HDD(7200回転) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
23.94 FPS
RANK E ⇒ プレイをするにはスペックが不足している。
スコア 6959
13.3インチ・ウルトラブック
SandyBridge設計

XPS 13 Ultrabook (L321X)

2012年3月発売の13.3インチ・ウルトラブック。SandyBridge設計で、第2世代Core i5 / i7が搭載可能。チップセットはQS67。グラフィックは単体GPU無しなのでインテルHDグラフィックス3000。強度に優れるゴリラガラス採用。筐体は削りだしアルミで底面にはカーボンファイバ素材を採用。11インチノートパソコンと同等サイズで、最薄部6mm。SSD搭載なので起動時間は8秒以内。(2012年6月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
液晶ディスプレイ 13.3インチ TrueLife HD WLED 液晶(1366x768)
プロセッサ インテル Core i7-2637M (1.7GHz, 4MB キャッシュ)
※クロック数最大2.8GHz
6.9
メモリ 4GB DDR3-SDRAMメモリ 5.9
グラフィックス インテル HDグラフィックス3000 5.8
ゲーム用グラフィックス 6.1
ストレージ 256GB SSD 7.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
28.69 FPS
RANK E ⇒ プレイをするにはスペックが不足している。
スコア 7352
DELLパソコン
SandyBridge設計

Inspiron 620

2011年5月発売のエントリーミニタワー。SandyBridge設計で、第2世代Core i3/ i5搭載可能モデル。HDD2台と光学ドライブ2台搭載できる拡張性。グラフィックカードの選択はなく、HD グラフィックス 2000が基本となる模様。 フロントパネルのカラーが5色より選択できる。(2011年12月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
プロセッサ Pentiumデュアルコア G620 (2.6GHz, 3MB L3キャッシュ) 6.4
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 5.9
グラフィックス インテル HDグラフィックス 5.0
ゲーム用グラフィックス 5.8
ストレージ 500GB SATA HDD(7200回転) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
26.79 FPS
RANK E ⇒ プレイをするにはスペックが不足している。
スコア 7194
DELLパソコン
AMD仕様

DELL Inspiron M102z(1122)

2011年4月発売の11.6インチ・CULVノート。CPUとGPUがコアレベルで統合したプロセッサー「AMD E-350」搭載。統合しているGPUは、AMD Radeon HD 6310 グラフィックス。シェーダー数が80基あり、これはRadeon HD 5450と同じ。CULVノートとは思えないグラフィックパフォーマンス。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium 64bit
液晶ディスプレイ 11.6インチ WLED光沢液晶(1366x768)
プロセッサ AMD デュアルコア E-350 (1.6GHz/1 MBキャッシュ) 3.8
メモリ 2GB (2GB×1) DDR3メモリ (1333MHz) 5.5
グラフィックス AMD Radeon HD 6310 グラフィックス (AMD E-350) 4.1
ゲーム用グラフィックス 5.7
ストレージ 320GB SATA HDD(7200回転) 7.3
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
23.61 FPS
RANK E ⇒ プレイをするにはスペックが不足している。
スコア 6931
DELLパソコン
SandyBridge設計

Inspiron 15R(N5110)~2011年の初級ノート

2011年3月発売の15.6インチ・エントリーノート。SandyBridge設計で、第2世代Core i3/i5/i7搭載可能モデル。単体GPUなしのパッケージがほとんど。よって、グラフィックはCPUに内蔵するインテルHDグラフィックス。ブルーレイや地デジなどの高精細に対応できるスペックだが、本格PCゲーム用には不向き。(2011年12月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
液晶ディスプレイ 15.6インチ WLED光沢液晶(1366x768)
プロセッサ Core i3-2310M (2.1GHz, 3MB キャッシュ)
※ターボブーストなし
6.4
メモリ 2GB (2GBx1) DDR3-SDRAMメモリ 5.5
グラフィックス インテル HDグラフィックス 3000 4.5
ゲーム用グラフィックス 6.1
ストレージ 320GB SATA HDD(7200回転) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
24.62 FPS
RANK E ⇒ プレイをするにはスペックが不足している。
スコア 7014
Inspiron N301z(NEW Inspiron 13z)
Nehalem設計

DELL Inspiron 13z(N301Z)

2010年6月発売の13.3インチCULVノート。Nehalem設計で超低電圧版Core i3 / i5を搭載するCULVノート。ATI Mobility Radeon HD 5430搭載。CULVノートに単体GPUを搭載する異色な製品。グラフィック能力ではSandyBridgeのインテル HDグラフィックス 3000 より「気持ち上」程度のレベル。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium 64bit
液晶ディスプレイ 13.3インチ WLED光沢液晶(1366x768)
プロセッサ Core i3-330UM (1.2GHz, 3MB L3キャッシュ) 4.1
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 5.1
グラフィックス ATI Mobility Radeon HD 5430 1GB 4.9
ゲーム用グラフィックス 5.9
ストレージ 320GB SATA HDD(5400回転) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
27.18 FPS
RANK E ⇒ プレイをするにはスペックが不足している。
スコア 7227

Venue 8 Pro(5830)に勝てなかった過去のDELLパソコン

Venue 8 Pro(5830)の結果よりも低かった過去のDELLパソコン。2010年のエントリーノートInspiron 15(1564)はVenue 8 Pro(5830)より下だった。

DELLのInspiron15
Nehalem設計

Inspiron 15(1564) ~2010年の初級ノート

2010年1月発売の15.6インチ・エントリーノート。DELLエントリーノートでは初となるNehalem設計で、第1世代Core i3/i5搭載可能モデル。グラフィックはCPUに内蔵するインテルHDグラフィックス。ブルーレイや地デジなどの高精細に対応できるスペックだが、本格PCゲーム用には不向き。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium 64bit
液晶ディスプレイ 15.6インチ WLED光沢液晶(1366x768)
プロセッサ Core i5-430M (2.26GHz, 3MB L3キャッシュ) 6.7
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 5.9
グラフィックス インテル HDグラフィックス(500~766MHz) 4.5
ゲーム用グラフィックス 5.2
ストレージ 500GB SATA HDD(5400回転) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
16.33 FPS
RANK E ⇒ プレイをするにはスペックが不足している。
スコア 6327
Inspiron580デル
Nahalem設計

Inspiron 580

2010年1月発売のエントリーミニタワー。Nehalem設計の拡張版(Westmere)仕様。Core i3/i5搭載可能。エントリーポジションとして初のNehalem設計。ちょうどCore 2 Duoマシンの後継にあたる。HDD2ベイ、光学ドライブ2ベイの拡張性を持つ。内蔵GPUでは初代インテル HDグラフィックス。電源は控えめの300W。
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium 64bit
プロセッサ Core i3-530 (2.93GHz, 4MB L3キャッシュ) 6.9
メモリ 4GB (2GBx2) DDR3-SDRAMメモリ 5.9
グラフィックス インテル HDグラフィックス(733MHz) 4.8
ゲーム用グラフィックス 5.2
ストレージ 320GB SATA HDD(7200回転) 5.9
ストリートファイター4のベンチマーク結果
設定解像度 1280×720 ウィンドウ表示
AVERAGE
17.44 FPS
RANK E ⇒ プレイをするにはスペックが不足している。
スコア 6419

タブレットPCがここまで高いパフォーマンスを持つ時代になるとは驚きだ。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年9月17日(火)まで】
増税前のチャンス!6万円以上の購入でお得、17%オフクーポン!
ALIENWARE、Gノートほか一部のゲームPCがお得、20%オフクーポン!
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計9万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年5/7(火)開始~予告なく変更または終了する場合あり

9万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

納得パソコン購入術!パソ兄さん~DELL購入ガイド

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.