DELLパソ兄さんの、Inspiron、XPS、Alienware、Gシリーズ、Vostro、Latitude製品のパソコン購入レビューサイト
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. DELL個人ノート
  4. Inspiron 15 (7570)
  5. 現在

KabyLake Refresh設計・アルミボディの15.6インチノート!レビュー機その2

Inspiron 15(7570)~プラチナシルバー ※タッチモデル

2017年9月に発売したInspiron 15 7000こと、Inspiron 15(7570)をレビューしている。ここでは前項 Inspiron 15(7570)ピンクシャンパン/非タッチモデルに続き、Inspiron 15(7570)プラチナシルバー ・タッチモデルを紹介する。構成は第8世代Core i7-8550Uおよび、グラフィックにはGeForce 940MXであり、前項ピンクシャンパンのモデルと共通のためベンチマークテストは省略する。タッチモデルではディスプレイのデザインが異なるので、そこを重点的にチェックされたし。

Inspiron 15(7570)~プラチナシルバー
Inspiron 15(7570)の構成~プラチナシルバー
2017年11月論評
KabyLake Refresh設計

レビューした、DELL Inspiron 15(7570)の構成~プラチナシルバー
※タッチモデル / NVMe SSD搭載

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6インチ光沢 IPS タッチ ディスプレイ 4K(3840 × 2160)
  • 第8世代Core i7-8550U(8MB キャッシュ, 最大 4.0 GHz)
  • 16GB DDR4 2400MHz メモリ
  • NVIDIA GeForce 940MX 4GB GDDR5
  • 512GB SSD(M.2 / NVMe・PCI Express接続 )

DELLクーポン情報

【2019年10月28日(月)まで】
13~15インチDELLノートがお得!XPSシリーズも!17%オフクーポン!
ALIENWAREゲーミングパソコン全製品、10%オフクーポン!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

※2017年11月15日時点のレビューであり、手元の実機における現状レポートである。

4K(3840 × 2160)ディスプレイ・タッチスクリーン

Inspiron 15(7570)タッチスクリーンInspiron 15(7570)のタッチモデルでは、非タッチモデルとディスプレイデザインが異なる。ディスプレイが完全にフラットであり、ディスプレイベゼルとの段差がない。

4K(3840 × 2160)解像度搭載4K(3840 × 2160)解像度搭載であるが、ドットバイドット表示にした様子。初期設定では拡大表示されている。4Kは40インチクラスに採用される高解像度のため、15.6インチのInspiron 15(7570)では極粒状態。当然、ドットバイドット表示でのタッチ操作は不可能に近い。ここに映っているストリートファイター4ベンチマーク画面は1280 × 720の状態。4Kがどれだけ広領域なのか分かる。4Kを選んだ場合は、ほぼ拡大設定が必須になると思ったほうがいい。地図表示や画像の整理ならいいが、テキストは極小である。

タッチモデルでは赤外線カメラとWebカメラを内蔵しており、 Windows Helloを使うことで、覗き込むだけでログインできる。キーボードでパスワードを入力する手間が省けるハンズフリー機能。

広視野角のIPSパネル仕様非タッチモデルと同じく広視野角のIPSパネル仕様。ただ、こちらのほうが陰がつきにくく、すっきりと見やすい印象がある。何かコーティングでもしているのだろうか?

アルミボディのInspiron 15(7570)~シルバーモデル

アルミボディ4K・タッチモデル(プラチナシルバー)を紹介する。Inspiron 15(7570)の天板および底面、そしてパームレストに至るまで、アルミ素材となっており、アルマイト加工がされたリッチなデザインとなっている。サンドブラストによる梨地加工で、さらっとした手触り。中央には少し凹んだクローム調のDELLロゴ。

ダイヤモンドカットの光沢がある天板の周囲にはダイヤモンドカットの光沢がある。ピンク・シャンパンのモデルではほとんど目立ってはいなかったが、シルバーだとわかりやすい。

横長の吸気口スリットと左右のスピーカを配置底面もアルミ素材でアルマイト加工。横長の吸気口スリットと左右のスピーカを配置。端子側の側面までプレス加工されており、つなぎ目の少ないユニボディとなっている。

180度オープン可能なので背面ではヒンジが2ヶ所。ほぼ180度オープン可能なので、外部モニタにつないだ時にディスプレイが視界の妨げにならない。ただ、背面には排気口があるので、180度オープンでの長時間高負荷はお勧めできない

ストレージ・アクセスライト兼用にもなっている前面には電源&バッテリーライトを配置。なお、ストレージ・アクセスライト兼用にもなっているので、「Fn + Hキー」を押すごとに表示内容を切り替えられる。

右側面

左側面。

パームレストとキーボード

キーボードパームレストもアルミ素材で、アルマイト加工によるさらりとした手触り。ピンクモデルと内容は同じなので、説明はほぼ省略する。

周囲はダイヤモンドカットのエッジ電源ボタンの周囲はダイヤモンドカットのエッジとなっており、金属の光沢がアクセントになっている。起動中は、棒1本が点灯する。

タッチパッド。周囲がダイヤモンドカット一体型のタッチパッド。周囲がダイヤモンドカットのエッジとなっており、金属の光沢がアクセントになっている。

キー配列。

キーボード左側。

キーボード右側。

Inspiron 15(7570)詳細は、DELLサイトにて!

Inspiron 15(7570)
Inspiron 15(7570)の構成~プラチナシルバー
2017年11月論評
KabyLake Refresh設計

第8世代Core(Uシリーズ)搭載の、プレミアムなアルミボディの15.6インチノート
DELL Inspiron 15(7570)

天板およびパームレスト・底面に至りアルミボディであり、Inspironシリーズとしてはプレミアム性が高い筐体の15.6インチノート。広視野角のIPSパネル、バックライトキーボードを採用。ディスプレイではフルHD解像度の非タッチモデルおよび、4K解像度のタッチモデルがある。ストレージではデュアル構成や、高速PCI Express接続であるNVMe SSDの搭載も可能。 気になるデメリットは、コストダウンのためか13.3インチノート用のキーボードパーツが採用されていること。

KabyLake Refreshを採用しており、第8世代インテルCoreプロセッサ(Uシリーズ)を搭載している。グラフィックにはGeForce 940MXを搭載している。カラーは、ピンクシャンパン、プラチナシルバー。※レビュー時点

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年10月28日(月)まで】
13~15インチDELLノートがお得!XPSシリーズも!17%オフクーポン!
ALIENWAREゲーミングパソコン全製品、10%オフクーポン!

5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.