DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 15-7559(Skylake-2015年)
  4. 現在のページ

第6世代 Core i7-6700HQと、NVIDIA GeForce GTX 960Mのパフォーマンス

Inspiron 15(7559)ベンチマークテスト

Skylake設計のInspiron 15 7000シリーズこと、Inspiron 15(7559)のパフォーマンスをチェックする。レビュー時点では、第6世代 Core i5-6300HQか、Core i7-6700HQの選択だが今回の実機では後者だ。グラフィックにはNVIDIA GeForce GTX 960Mを搭載しており、ゲーム用途に応えられるGPUだ。

ベンチマークテスト
Inspiron 15-7559アイコン
2015年12月レビュー
Skylake設計

今回レビューしている構成
DELL Inspiron 15 7000シリーズ(7559) ※2015年 Skylake設計

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6インチ 非光沢 IPS ディスプレイ(1920 x 1080)
  • 第6世代 Core i7-6700HQ (6M キャッシュ, 最大3.50 GHz)
  • 8GB (8GBx1)シングル チャネル DDR3Lメモリ 1600MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 960M 4GB GDDR5
  • 1TB ハイブリッドHDD (8GB キャッシュ付き・5400 rpm)

DELLクーポン情報

【2018年12月17日(月)まで】
DELL即納モデルが税抜き6万円以上の購入でお得!17%オフクーポン
4年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタが、オンライン限定クーポンで最大20%オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

※DELLは、「顧客満足度調査 2018-2019 ノートPC部門1位」※日経コンピュータ 2018年9月13日号

2015年12月11日時点のレビュー。この対象としたInspiron 15(7559)本機に限った現状レポートである。各パーツ構成やカスタマイズ、パーツのベンダーは供給状況により変更されるため、購入された場合の一致性は保証していない。

今回の構成における消費電力

Inspiron 15(7559)の消費電力アイドル時では、ディスプレイ輝度最大で10W、輝度最小で7Wまで下がった。ほとんどモバイルノートと変わらない低消費電力には驚く。このハイスペック構成で「バッテリー駆動時間が10時間以上」は考えにくかったが、アイドル状態をキープすればありえる時間だ。CPU最大稼働のCINEBENCH ベンチマークテストでは70W前後。

Inspiron 15 7000シリーズでゲームゲームのベンチマークテストにおける消費電力。ゲームやシーンによって変動するが、だいたい90~100Wくらいが目立った。ピーク時でも100Wちょっとくらい。

NVIDIA GeForce GTX 960Mを停止させて、CPUに内蔵している「インテル HD グラフィックス530」で稼働させた場合は、パフォーマンスがだいぶ落ちるが、40W前後と低消費電力になる。

スペック詳細

第6世代 Core i7-6700HQ

Core i7-6700HQスペック詳細Skylake設計、プロセス14nmの第6世代Core i7-6700HQのスペック。4コア実装でHTテクノロジーによって8スレッド動作する。通常版、TDP 45WのタイプなのでCPUに高いパフォーマンスが期待できる。これに内蔵する(統合している)グラフィックは、インテル HD グラフィックス530。

Inspiron 15(7559)にはGeForce GTX 960Mを搭載しているが、ネットなど低負荷の使用時は自動切り替えでインテル HD グラフィックス530が使われる。このため、単体GPUを必要としない普段使いでは低消費電力となっている。

CINEBENCH R15でのレンダリング

CINEBENCH R15CINEBENCH R15 ベンチマークテストでは、Core i7-6700HQは「645cb」。デスクトップ向けの第2世代Core i7-2600(3.40GHz)を超える成績だった。

CINEBENCH R10でのレンダリング

ちなみにCINEBENCH R10でのレンダリング時間は33秒。これに近いパフォーマンスの過去PCは以下の様なものがある。これをみると、Core i7-3770と近い性能かと思われるが、上記のCINEBENCH R15 ベンチマークテストでは、Core i7-3770のほうが若干スコアが上である。

Inspiron 15-7559アイコン
2015年12月レビュー
Skylake設計

今回レビューしている構成
DELL Inspiron 15 7000シリーズ(7559) ※2015年 Skylake設計

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 15.6インチ 非光沢 IPS ディスプレイ(1920 x 1080)
  • 第6世代 Core i7-6700HQ (6M キャッシュ, 最大3.50 GHz)
  • 8GB (8GBx1)シングル チャネル DDR3Lメモリ 1600MHz
  • NVIDIA GeForce GTX 960M 4GB GDDR5
  • 1TB ハイブリッドHDD (8GB キャッシュ付き・5400 rpm)
⇒33秒
Ivy BridgeのDELL新作

DELL XPS 8500 ※2012年 Ivy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit
  • Core i7-3770 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
  • 12GB (2GBx2+4GBx2)DDR3 メモリ(1600MHz)
  • AMD Radeon HD 7870 2GB DDR5
⇒34秒
Alienware M14x

Alienware X51(R1) ※2012年 Sandy Bridge設計

  • Windows 7 Home Premium SP1 64bit 
  • Core i7-3770 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
  • 8GB (4GBx2)DDR3 メモリ(1600MHz)
  • NVIDIA GeForce GTX 660 1.5GB GDDR5
⇒34秒

NVIDIA GeForce GTX 960M (4GB GDDR5)

ミドルレンジGeForce GTX 960MInspiron 15(7559)で搭載されている単体GPU、NVIDIA GeForce GTX 960Mのスペック。Maxwell アーキテクチャのGPUで、CUDAコア640基実装。他社のGeForce GTX 960M搭載機を見ると、ビデオメモリが2GBの場合がほとんどだが、これは4GB GDDR5を搭載している。

Optimusテクノロジーでグラフィックの切り替え

Optimusテクノロジーがあるため、CPU内蔵グラフィックのインテル HD グラフィックス530と切り替えて使うことができる。低負荷の時は消費電力を抑えるために「インテル HD グラフィックス530」に自動で切り替わる。切り替えはNVIDIAコントロールパネルから、ユーザーの任意で決めることも可能。

NVIDIA Optimus テクノロジと協調して動作しているのが、Battery Boost テクノロジ。電力効率の非常に高いモードであり、完全に自動的に動作する。AC電源未接続時にゲームを起動すると瞬時にオンになる。

各ゲーム・ベンチマークテスト結果

以下のゲームタイトルでは、フルHD(1920 × 1080)設定においても「とても快適」以上の結果を得た。グラフィック描写のクオリティをデフォルト以上にしてもまだ余裕がある。正直、ブランド名や製品名なんかどうでもいいけど、当サイトにおいてこれまでレビューしたInspironブランドで、最強のパフォーマンスであった。 (2015年12月時点)

Inspiron 15-7559アイコン
Inspiron 15(7559)
2015年12月レビュー
Skylake設計

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン

ドラゴンクエストX
Inspiron 15 7000シリーズでドラゴンクエストX ベンチマークテスト ver.1.10「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」では、2013年9月にWindows版のサービスを開始。家庭用ゲーム機よりも高精細画面、オーケストラ音源を採用するなどPCならでは高特典。ベンチマークは短編ムービー「じゃんぼりぃの傘」の再生となっている。

1920×1080 ウィンドウ表示 最高品質

スコア 10525
すごく快適

バイオハザード5

3D Visionにネイティブ対応のバイオハザード5
Inspiron 15 7000シリーズでバイオハザード52009年9月にPC版が登場し、日本ゲーム大賞2009 優秀賞を受賞。 NVIDIA社の3D Visionにネイティブ対応した、初の立体3D対応ゲーム。通常のプレイ推奨環境(解像度1280×720) では、Core 2 Quad以上、NVIDIA GeForce9800以上。

※当方の測定条件: グラフィック設定はデフォルト 「DirectX 10。アンチエイリアスとモーションブラー⇒オフ、影・テクスチャ・画面クオリティ⇒高」

1920×1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 125.1
RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。

バイオハザード6

PC版バイオハザード6をパソコンで
Inspiron 15 7000シリーズでバイオハザード62013年3月にPC版が発売したバイオハザード6。最大で2560×1600もの高解像度が設定できる。ハイスペックPCを活かした新要素として、家庭ゲーム機用よりも大量の敵が登場する「ザ・マーセナリーズ アンリミテッド」を収録。

※当方の測定条件: DirectX 9.0c。グラフィック設定はデフォルト「アンチエイリアス⇒FXAA3HQ、モーションブラー⇒ON、影・テクスチャ・画面クオリティ⇒高」

1920×1080 フルスクリーン表示

スコア 6382
RANK S ⇒ とても快適な動作が見込める。

ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア

FF14-新生エオルゼア
Inspiron 15 7000シリーズでFF142013年8月に正式サービス開始したオンラインゲームMMORPG。不評だった旧版ファイナルファンタジーXIVを根本的に開発しなおし、大幅な変更が加えられた新バージョンのFF14。必要PCスペックはファイナルファンタジーXIV(旧版)よりも下げられている。

1920×1080 フルスクリーン表示 高品質(ノートPC)

スコア 8690
非常に快適

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド

蒼天のイシュガルド
ベンチマーク2015年6月発売。オンラインゲームMMORPG:ファイナルファンタジーXIVの新バージョン。 新マップ、新ジョブ、新種族などが追加されている。 ※ベンチマークはDirectX 11でチェック。

1920×1080 フルスクリーン表示 高品質(ノートPC)

スコア 6328
とても快適

ラストレムナント

パソコンでラストレムナント
ラストレムナントは2009年にPC版が登場。RPGなのでアクションゲームほどリアルタイム処理能力にシビアではないものの、ロールプレイングでは異例の最大70体による集団バトルが展開するなど高負荷なゲーム。バトルもイベントシーンも高画質で製作。

プレイ推奨スペック(DirectX 10 ・解像度1280×720) では、Core 2 Duo(2.4GHz以上)、GeForce 8800(512MB)以上 となっている。※当方の測定条件:DirectX 10。ベンチマークソフトにグラフィックの設定項目はない

1920×1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 118.16
90 fps以上~150 fps未満  ~グラフィックを最高にしても非常に快適

発熱温度のチェック

1時間ほどベンチマークテストで稼働したあとの発熱温度を、赤外線温度計で測った。このときの気温は19.4度。湿度54%。やや肌寒い環境下で、床上は18.2度と冷たい。あんまり過酷な環境下では無いが、参考程度に。

Inspiron 15(7559)の発熱温度のチェックやはりACアダプタが一番熱い。その次はキーボード真上の中央で、ヒートパイプが配置されているところ。キーボードの中央では温度が上がりやすい傾向にある。パームレストやタッチパッドは比較的温度が低い。左側は排気口がある影響で、右側よりも温度が上がりやすいようだ。

欲しい時がDELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2018年12月17日(月)まで】
DELL即納モデルが税抜き6万円以上の購入でお得!17%オフクーポン
4年連続・世界シェアNo.1!DELLお勧めモニタが、オンライン限定クーポンで最大20%オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
【2019年1/31(木)まで】
DELL直販9万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さんサイト経由特典 ⇒ 詳しくは、【ポイント付与の優待専用ページ】へ

パソ兄さんサイト限定!Alienwareシリーズ購入応援サポート!

【2019年1/31(木)まで】
DELL直販でAlienwareモデル15万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さんサイト経由特典 ⇒ 【Alienware対象・ポイント付与の優待専用ページ】へ

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.