DELLパソ兄さんの、Inspiron、XPS、Alienware、Gシリーズ、Vostro、Latitude製品のパソコン購入レビューサイト
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. DELL個人ノート
  4. Inspiron 5480(バーガンディ)
  5. 現在

【Whiskey Lake】アルミ天板と狭額画面のスタイリッシュ!14インチノート

Inspiron 14(5480)の2機目レビュー!プラチナシルバー

Whiskey Lake設計のInspiron 14 5000こと、Inspiron 5480(コンピューターモデル名)をレビューしている。前ページではカラーが「バーガンディ」のモデルで紹介したが、ここではもうひとつのカラーバリエーションである「プラチナシルバー」で紹介する。パーツ構成は同じなので、ゲームのベンチマークテストなど諸々省略する。

Whiskey Lake-inspiron5480
シルバーDELL Inspiron 14 (5480)
2018年12月論評
Whiskey Lake
(Uシリーズ)

レビューした、DELL Inspiron 14 (5480)の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 14インチ 非光沢 IPS ディスプレイ(解像度1920 × 1080)
  • 第8世代 Core i7-8565U (4コア/8T、8MBキャッシュ、1.8GHz / 最大 4.6GHz)
  • 8GB DDR4メモリ- 2666MHz (シングル)
  • NVIDIA GeForce MX150 2GB GDDR5
  • 128GB NVMe SSD (M.2 / PCI Express接続)+1TB HDD(2.5インチ)

DELLクーポン情報

【2020年6月8日(月)まで】
全XPS / Gシリーズ、Inspiron 13・14・15・17シリーズに対象あり!20%オフクーポン!
6年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

※2018年12月19日時点のレビュー。本製品の発売日は2018年10月5日である 。

ベンチマークテスト(Core i7-8565U)

シルバーDELL Inspiron 14 (5480)このInspiron 5480実機で測定したCINEBENCH R15ベンチマークテスト。個体差が出ているが、第8世代 Core i7-8565Uはマルチスレッドで650前後あたりとみてよさそう。シングルスレッドでは180は固そう。

ストレージ

Western Digital社のPC SN520 NVMe SSD128GB NVMe SSD (M.2 / PCI Express接続)+1TB HDD(2.5インチ)のデュアル・ストレージ構成となっている。しかもバーガンディのときとベンダーまで同じ。

NVMe SSDのシーケンシャルライトこちらバーガンディのときの結果。概ね個体差で納得できるが、NVMe SSDのシーケンシャルライトって比較的個体差が大きいようだ。

【基礎知識 : M.2 SSDについて
【 過去PCと比較 : SSD / HDD 各規格・接続による、ストレージ・パフォーマンス

Inspiron 14(5480)のプラチナシルバー!アルミ天板のデザイン

プラチナシルバー天板はアルミ素材であり、そのほか底面、パームレストではポリカーボネート(工業プラスチック)。やや高級感を出したのはいかにも5000シリーズらしい。

モバイルノートとしてメイン幅: 325 mm × 奥行き: 232 mm × 厚み: 19 mm。狭額ディスプレイのため、本体サイズは従来の14インチモデルよりもコンパクトになっている。最小重量(公称) 約1.48 kg とあるが、このレビュー実機の測量では1.581 kg。サブ・ストレージに2.5インチHDDを搭載しているから、やや重量が加算されているようだ。これくらいであれば、ホームモバイルに限らず、モバイルノートとしてメインに使ってもよさそうだ。

アルマイト加工でさらっとした手触りアルミ天板にサンドブラストの梨地加工。アルマイト加工でさらっとした手触り。なお、アルマイト加工(陽極酸化処理)とは酸化皮膜を生成させる表面処理で、これにより耐食性と耐摩耗性が向上する。明るめの色なので、バーガンディと比べると、付着した指紋は目立ちにくい。

クロム調のDELLロゴを配置天板中央にはクロム調のDELLロゴを配置しており、少し溝になった加工になっている。

ユニボディの底面

底面ではアルミの天板と異なり、材質がポリカーボネート(工業プラスチック)。

底面を横から見た形状。底面から端子がある側面まで一体型であり、トレイみたいな形状にしてある。これはつなぎ目が少ない「ユニボディ設計」であり、比較的堅牢性に長けた設計である。

排気口はヒンジの間にあるので、あまり理想的ではない。しかし、搭載できるGPUも低電力のローエンドだし、スペックにかなったデザインなのだろう。

両サイドに配置されているスピーカ。大ボリュームでなければ、通常の娯楽に問題ないサウンドクオリティ。Inspiron 14 (5480)の底面エッジでは、成形時に生じるパーティング・ラインがくっきり出ているが、シルバーの場合は明るい色のためバーガンディよりも目立つ。幸い地面に接しているときは、ほとんど見えない位置であるが。

LAN端子は接続時に開口するギミック。

前面と背面

前面に装備端子はなし。傾斜面にビス止めが見える。

背面には横長のヒンジ。

左右側面

プラチナシルバーのInspiron 14 (5480)です右側面では「SDカードスロット、USB2.0端子、100BASE-LAN端子、セキュリティロック・スロット」を配置。

左側面では、「電源コネクタ、電源ライト、USB Type-C端子(USB3.1-Gen1、DisplayPort対応)、HDMI端子、USB3.1-Gen1端子×2基、ヘッドセット端子」を配置。

GeForce MX150 搭載時では、65WのACアダプタが付属する。PC側へのケーブルは細めだが、メガネ型3P(C5とC6)でジョイントする電源ケーブルは太めなので、取り回しはよくない。測量したところ、電源ケーブルを含め322gだった。

Inspiron 14 (5480)の、ディスプレイとキーボード

Inspiron 14 AUO453D14インチ非光沢ディスプレイ搭載。解像度が1920 × 1080。DELLの初期設定および推奨設定では150%拡大になっているが、ここでは(写真では)ドットバイドット表示-100%に設定し直している。この実機の場合、液晶パネルにはAU Optronics(BenQグループ)製を採用していた。パネル名はAUO453D。ベンダーは供給時期によって異なるのであしからず。

上部ディスプレイベゼルにはWebカメラとデュアルマイクを内蔵。カメラの右隣に動作ライトを配置している。この狭額ポジションに搭載しているのは珍しい。下部のベゼルには、安っぽいプリントではなく立体的に加工されたDELLロゴ。

ベゼル左右のベゼルでは約7mmほど、上部ベゼルも約9mmと狭額。

AUO453D テラスなど明るい場所広視野角IPSディスプレイのため、極端な角度から視聴しても、色ムラや色調反転などの色度変移が起きていない。また非光沢なので、反射や映り込みの心配が少ない。テラスなど明るい場所でも使いやすいだろう。

広視野角斜め下からの方向からでも、広視野角。

キーボードパーツの型はInspiron 14 5000 2-in-1パームレストはポリカーボネート(工業プラスチック)。小突いてみると、質感や熱伝導でアルミでないことがわかる。天板以外はエントリーの3000シリーズと同じような筐体と理解して良さそうだ。パームレストの形状は、キーボード周辺だけでなく、上半分の全体が低地になった形状。キーボードパーツの型はInspiron 14 5000 2-in-1 (5482)と同じ型だが、バックライト・キーボード機能が省かれている。

キーはそこそこ弾力があり比較的固ホームポジションの様子。キーはそこそこ弾力があり比較的固め。しなりも気にならないレベルでGOOD。

加工をグローバルで共通化一部のキー(BackSpace、Enter、shiftなど)はその横のキーと隣接させつつ、キートップの段差で隔離している加工。これはユーザービリティのためではなく、単なるコストダウン加工と思われる。プレートの穴開けが英字キーボードと一致していることから、加工をグローバルで共通化させてコストダウンを図っているようだ。 BackSpaceと¥のキーが小さいのでやや扱いづらいのがデメリット。

ファンクションキー(F1 ~ F12)とマルチメディアキー/設定キーが兼用になっているため、優先キーになっていない方はキーボード左下側にあるFnキーと同時押しで使う。なお、「Fn + Esc キー」を押すと、その優先順を切り替えることができる。F1~F6まではメディア・コントロールキー、F8はディスプレイの切り替え、F11・12はディスプレイ輝度調整の操作になっている。

13.3インチノートで見かけるキーボートパーツだ。

操作風景1

操作風景2

電源ボタンにはステータス・ライトがなく、わりとエントリーっぽい。

一体型タッチパッドのクリックボタンはやや固め。DELL製品の中では比較的ガタガタしないほう。Whiskey Lake設計のInspiron 14 5000こと、Inspiron 5480のレビューは以上。

まとめ : DELL Inspiron 14 5000(5480)の特長

最後に要点の箇条書きを再度掲載しておく。

詳しくはDELLサイトへ

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2020年6月8日(月)まで】
全XPS / Gシリーズ、Inspiron 13・14・15・17シリーズに対象あり!20%オフクーポン!
6年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天ポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天ポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.