DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Inspiron 3185-AMDモデル
  4. 現在のページ

DELL Inspiron 11 3000 シリーズ 2-in-1(3185)レビュー

A6-9220e(Radeon R4)と、A9-9420e(Radeon R5)の性能

11.6インチの2-in-1ノートのInspiron 11 3000 シリーズ 2-in-1こと、Inspiron 3185をレビューしている。構成の異なる2台を導入しており、それぞれA6-9220e(Radeon R4グラフィックス)、A9-9420e(Radeon R5グラフィックス)を搭載している。比較を交えつつ、そのパフォーマンスをチェックする。対象機種の構成は以下の通り。

グレーのモデル-Inspiron 3185
2018年4月レビュー
AMD A6-9220e

A6-9220e搭載機~Inspiron 3185

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 11.6インチ光沢タッチディスプレイ(1366 × 768)
  • A6-9220e
  • 4GB DDR4メモリ- 2400MHz
  • Radeon R4グラフィックス
  • 32GB eMMC
ホワイトのInspiron 3185
2018年4月レビュー
AMD A9-9420e

A9-9420e搭載機~Inspiron 3185

  • Windows 10 Home (64bit)
  • 11.6インチ光沢タッチディスプレイ(1366 × 768)
  • A9-9420e
  • 8GB DDR4メモリ- 2400MHz
  • Radeon R5グラフィックス
  • 128GB eMMC

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : Inspiron 11 3000 2-in-1(3185)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

※2018年4月20日時点のレビュー。手元の実機レポートであり、仕様は各々の選択により異なる。

スペックおよび、プロセッサのパフォーマンス

A6-9220eA6-9220eのスペック詳細。2コア2スレッド動作のAPU。内蔵するのはRadeon R4グラフィックス。

A9-9420eA9-9420eのスペック詳細。2コア2スレッド動作のAPU。内蔵するのはRadeon R5グラフィックス。

CINEBENCH R15のレンダリング

A6-9220eではマルチスレッドでスコア61CINEBENCH R15におけるレンダリングスコア。左がマルチスレッド、右がシングルスレッドでの結果。
まずA6-9220eではマルチスレッドでスコア61。Atom系のCeleron N3050に近い。シングルではpentium N3700に近い。やはり2スレッドなのでマルチスレッド処理では弱さを感じる。現在のパソコン市場では最下位クラスのパフォーマンスである。

A9-9420eの場合続いてA9-9420eの場合。A6-9220eよりやや高めだが、マルチスレッドでスコア99。シングルではA6-9220eと極々僅かに高め程度。

【 過去PCと比較 : CINEBENCH R15のレンダリングで、パフォーマンスチェック

高精細2Dコンテンツの再生

A6-9220eで動画再生するとA6-9220e搭載機で、高精細2Dコンテンツの再生をチェック。BD超える高画質映像コンテンツを再生してみた。この映像は「平均Rate 50Mbps、最大70Mbps/VBR」という通常のBDタイトルを超える転送レートである。 (※通常のBDタイトルの場合は等速36Mbps、最大Rate 40Mbpsで制限されている。

読み込みが終わった後は、CPU負荷率は56%あたり、メモリは2GBほど使用されている。これくらいの負荷には対応できる性能だが、さらに同時作業をするようなことは厳しいといえる。

ゲームのベンチマークテスト(グラフィックパフォーマンス)

ゲーム・ベンチ タイトルと設定 A6-9220e
Radeon R4
A9-9420e
Radeon R5
スト4-ベンチマークHD ストリートファイター4~2009年
(1280 × 720 品質:デフォルト 垂直同期OFF 
ウィンドウ)
43.20 39.93
ラスレム-ベンチHD ラストレムナント~2009年
(1280×720 フルスクリーン)
12.25 13.53
ドラクエ10-HDベンチ ドラゴンクエストX: 2013年~ Ver.1.10
(1280×720 標準品質 ウィンドウ)
1561 1797

「A6-9220eもA9-9420eもほとんど変わらん!」 というのが結論。いずれも本格的な3Dゲーム向きではない。ゲームタイトルのリンクをクリックすると、過去のレビューPCと比較できるので参考に。インテルで比較するなら、Pentium N3700(Atom系)搭載機と似たような性能と理解すればよさそうだ。

消費電力

A6-9220eの消費電力A6-9220e搭載機の消費電力をチェックしておいた。満充電、ディスプレイ輝度最大値の状態で、アイドル時はたったの4~5W。先述の動画再生時では13W、CINEBENCH R15のマルチスレッドでは17W、ラストレムナントのベンチ中は13~14Wあたり。2-in-1モデルかつファンレス構造ということもあり、かなりの低消費電力である。

詳しくはDELLサイトへ

DELL公式サイト詳細

メーカー直販 : Inspiron 11 3000 2-in-1(3185)のキャンペーン価格!DELLサイトへ

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.