DELLと比較するHPパソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. HPノートパソコン
  3. ENVY15-j100

HP ENVY15-j100 レビュー項目

Haswell設計の15.6インチ・エンタメノート、HP ENVY15-j100をレビューする。Beats Audio クアッドスピーカー+サブウーファーを搭載、フルHD解像度 (1920 × 1080)搭載、HD解像度設定ならそこそこ本格3Dゲーム用にいける単体GPUを積んでおり、エンターテインメント性に優れたノート。

HDDとは別に24GB SSD (mSATA) を搭載しており、HDDのキャッシュとして使われるので高速起動が可能となっている。テンキー付きのフルサイズキーボードにはバックライト機能があり、利便性の高いモデルである。
指紋認証リーダーを内蔵しており、セキュリティ機能も高い。2014年6月時点のレビューであり、手元にあるENVY15-j100実機の現状に基づいた情報である。

クアッドスピーカー+サブウーファーを搭載する15.6インチノート!ENVY15-j100

HP ENVY15-j100をレビューする
Haswell設計のENVY15-j100は、2014年PC春モデルとして発売された。ナチュラルシルバーとマットブラックを基調としたデザインで、アルミ外装のため付加機能の多さだけでなく高級感もある。

HP ENVY 15-j131TX プレミアム・フルHDモデル
天板にはシルキーラバーコーティングを施してあり、指紋の付きにくい滑らかな手触り。中央にはメッキ加工されたHPロゴを配している。今回は単体GPUにNVIDIA GeForce GT 750M (4GB)を搭載しているので、120W ACアダプタが付属する。

若干キーボードに勾配あるENVY15-j100
ディスプレイを開いた時の様子。本体ははっきり分かるくらいのくさび形で、若干キーボードに勾配がついているのでキーが打ちやすくなっている。

筐体サイズは幅380mm、奥行き250mm、厚み18~33.0mmのくさび形になっている。重量は約2.3kgほどであり、基本は据え置きノートであるが、個人的にはモバイルしてもさほど苦にはならない。

レビューした構成

今回のENVY15-j100実機は、以下の構成となっており、「HP ENVY 15-j131TX プレミアム・フルHDモデル」に相当する。4コア実装8スレッド動作の「Core i7-4702MQ」搭載、単体GPUには「GeForce GT 750M」を搭載した構成になっている。切り替え可能なグラフィックスとなっており、低負荷時はCPUに内蔵するインテル HD グラフィックス 4600が使われ、低消費電力となる。

コンポーネント レビューした構成
ENVY15-j100実機 Windows 8.1 (64bit)
15.6インチワイド フルHDブライトビュー・ディスプレイ (1920×1080)
Core i7-4702MQ (2.20GHz-3.20GHz, キャッシュ6MB)
4GB (4GB×1) DDR3L-1600MHz
インテル HD グラフィックス 4600
【↑↓切り替え可能なグラフィックス】
NVIDIA GeForce GT 750M (4GB)
1TB ハードドライブ+24GB SSD(mSATA)

主なスペック

チップセット モバイル インテル HM87 Express チップセット
注目機能 指紋認証リーダー内蔵
HP TrueVision HD Webcam (約92万画素)、内蔵マイク
バックライトキーボード(テンキー付き)
Beats Audio クアッドスピーカー+サブウーファー
装備端子・スロット HDMI 出力端子×1、USB3.0×4 (うち1基は電源オフUSBチャージ機能)、
ギガビットイーサーLAN×1、SDカードスロット、ヘッドセット×1
無線 IEEE802.11b/g/n+Bluetooth4.0
サイズ 380mm×250mm×厚み18~33.0mm、約2.3kg
公称バッテリ駆動 リチウムイオンバッテリ (6セル)-約 6 時間
備考 90Wおよび120W ACアダプター付属(搭載GPUにより異なる)

24GB SSD(mSATA)搭載!!ISRT(インテル スマート・レスポンス・テクノロジー)

HDDのほかに24GB mSATA SSDが搭載されており、ISRTに対応。SSDとHDDの2台を活用する技術である。SSDをHDDのキャッシュとして使用することで、システムの読み込みを高速化する。システムデータそのものはHDDに保存されているので、SSDの容量の少なさを心配することがない。

切り替え可能なグラフィックスとは

単体GPU(GeForce GT 750M)と、CPU内蔵グラフィック(HD グラフィックス 4600)をシームレスに切り替える技術。ネットサーフィンなど高いグラフィック処理をしない場合は、CPU内蔵グラフィックが有効化され低消費電力を優先。一方、3D本格ゲームの起動など、消費電力がかかってもグラフィック性能を必要とするときは単体GPUが有効になる。自動切り替えだが、NVIDIAのコントロールパネルから手動設定が可能。

Beats Audioテクノロジー

オーディオではBeats Audioテクノロジー(デジタル・シグナル・プロセッシング)を採用しており、独自のチューニングが施されている。デジタル音源を圧縮する際に失われた音質を回復し、迫力の重低音とクリアな高音域を実現しているという。

Beats Audio
機体の所々に、Beats Audioテクノロジーのロゴがある。

2014年6/4時点の、ENVY15-j100カスタマイズ選択例

今回レビューするENVY15-j100実機よりもコストを下げて、スペックダウンすることも可能である。いずれにしても光学ドライブは内蔵していないので、必要なら外付けとなる。※最新状況・詳細は公式サイトで要確認

OS Windows 8.1 (64bit)
ディスプレイ 15.6インチワイド フルHDブライトビュー・ディスプレイ (1920×1080)
プロセッサ インテル Core i5-4200M
インテル Core i7 -4702MQ
グラフィックス NVIDIA GeForce GT 740M (2GB)
NVIDIA GeForce GT 750M (4GB)
メモリ 4GB (4GB×1) DDR3L-1600MHz
8GB(4GB×2) DDR3L-1600MHz
ストレージ1 750GB ハードドライブ+24GB SSD(mSATA)
1TB ハードドライブ+24GB SSD(mSATA)
光学ドライブ 光学ドライブなし
オプションでUSB外付けスーパーマルチドライブ

15.6インチワイド フルHDブライトビュー・ディスプレイ (1920×1080)

ENVY15-j100のフルHD解像度 (1920 × 1080)
15.6インチディスプレイにフルHD解像度 (1920 × 1080)を搭載している。ドットバイドット表示ではかなり細かく広領域であるが、中級者以上では結構ニーズがある。パネルはTN方式だと思われるが、極端な角度から見ない限りは実用性に問題のない視野角である。

ENVY15-j100のディスプレイベゼル
タッチパネルではなく、ディスプレイベゼルに若干段差がある。ディスプレイとキーボードの緩衝材となるラバーはディスプレイの外周を一周りしており、デザイン性を損ねていない。ディスプレイ上部にHP TrueVision HD Webcam (約92万画素) と内蔵マイク、下部にhpロゴを配置している。

ENVY15-j100の装備端子をチェック~充実!USB3.0 × 4基

ヒンジ(蝶番)は2点
ENVY15-j100の前面および背面には装備する端子はない。ヒンジ(蝶番)は2点どめのタイプ。
ディスプレイはここまで開く機構になっている。通常使用であれば充分な角度である。

ENVY15-j100の端子レビュー
HDMI 出力端子×1、USB3.0×4 (うち1基は電源オフUSBチャージ機能)、 ギガビットイーサーLAN×1、SDカードスロット、ヘッドセット×1 を装備。

ENVY15-j100左側面にあるUSB3.0端子
端子部分を拡大。HDDライトおよび電源ライトは省略されていない。USB3.0端子は左右側面ごとに2基ずつ割り振っているのでバランスが良い。それにノートで4基あれば快適な方である。

USB3.0端子のうち、1基は「電源オフUSBチャージ機能」とあるが、ENVY15-j100左側面にあるUSB3.0端子のうちの左側の方である。(稲妻マークが付いている)

電源オフUSBチャージ機能

PCに電源が入っていなくても、ここのUSB端子から周辺機器を充電することができる。携帯電話やオーディオプレイヤーなどUSB経由で充電をする機会が増えた現在では便利な機能。ノートパソコンを持ち運んだら、USB充電器の代役にもなる。ただし、外付けHDDとの接続ではPC電源を切ってもドライブが動いたままになるので、注意が必要。不要であれば、BIOSにて休止設定をすればよい。

装備端子は奥に集中
端子を利用している様子。とくに右側面の装備端子は奥に集中しているので、マウスの邪魔にならない。

ENVY15-j100底面~アクセスできる内部パーツ

ENVY15-j100の底面では、フロントスピーカやサブウーファが確認できる。Beats Audio クアッドスピーカー+サブウーファー構成であるため、他にキーボード上部にもスピーカがある。

バッテリを外すよ-ENVY15-j100の
ラッチ解除するとバッテリを外すことができる。バッテリを外すと裏カバーのネジが現れるので、一部パーツの内部アクセスが可能となる。

ノートパソコン内部
カバーを外した様子。

LITE-ON製の24GB SSD-ENVY15-j100分解
2.5インチHDDのマウンタでは、シリコンゴムが採用されたネジフリー構造。メモリスロットは2スロット (SO-DIMM)で、今回は4GB DDR3L-1600MHzが1枚だけ搭載されている。そして、LITE-ON製の24GB SSDがmSATAスロットに装着されている。ほかには無線LANカードが確認できる。

ENVY15-j100のパームレストならびにキーボード

アルミ外装のパームレスト。そしてテンキーを装備したアイソレーションキーボードである。なお、キーボードバックライトを搭載しているので、暗い場所でも操作ができる。

ENVY15-j100のキーボード上部にもスピーカを搭載
シルバーとブラックでメリハリのあるカラーリング。

どこが熱くなるのかENVY15-j100高負荷を長時間かけたところ、もっとも熱くなったのは電源ボタン周辺。その熱伝導で左手パームレスト部分にやや熱を感じる程度。右手パームレスト部分はこれといって熱を感じることはない。

電源マークが点灯する電源ボタン。サイズは程よい。底面だけでなくキーボード上部にもスピーカを搭載しており、クアッドスピーカ+サブウーファ構成のサウンドが楽しめる。ノートという筐体のため出力は大したこと無いが、それでも並みのノートでは再現できない低音の利いたサラウンドが堪能出来る。ただ、Beats Audioテクノロジーがどれほど貢献しているのかはよく分からない。

購入ガイド-ユーザーのENVY15-j100購入状況
タッチパッドとクリックボタンが一体化したタイプ。境界線もないので、クリックボタンはあまりいい操作性とは言えない。内寄りでクリックするユーザーには扱いにくいスタイルなので、極力外側をクリックする癖を付けなければならない。ほかに、指紋認識リーダーを搭載しているのでセキュリティ性が高い。

JIS標準準拠・OADG準拠配列
ENVY15-j100のキー配列をチェック。キーピッチは約18.7×18.7mmでフルサイズ。JIS標準準拠・OADG準拠配列[105キー]となっている。Fキーはコントロールキーとの兼用で、劣勢設定した方のキーは、fnキーと組み合わせて使う。些細な事だが、fキーの印字が小さいのが気になった。

半角/全角キーがやや小さいが、端にあるキーなので押しにくいことはなく、まあいいかという印象。sキーあたりが少々たわむので、叩きつけるようなタイピングをするユーザーは気になるかもしれない。

ENVY15-j100キーボード拡大
テンキーを装備。気になるところはbackspaceキーがやや小さいところ。カーソルキーの上下が小さいのも気になる。

ENVY15-j100のダメなところをバカ暴露する
約1.5mmのキーストロークは浅いほうだが、タイピング感は少しふわりとした印象。
カーソルキーでは左右キーが大きめで扱いやすいのに対し、上下キーが小さい。下キーは末端なので何とかなるが、上キーは他のキーに囲まれているため指先を立てて押すのが少々つらい。ゲームで多用するなら、テンキーで代用することをおすすめする。

DELLクーポン情報

【2019年5月20日(月)まで】
DELL Gシリーズ、一部のInspiron 5000シリーズがお得!17%オフクーポン

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLとHPを比較して検討!2つの専門レビューサイト

HP ENVY15-j100レビュー項目 (2014年6月時点・Haswell設計)

HOME~DELL購入ガイド | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.