DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. XPS M1530

エレガントなアルミボディ・デザイン!第2世代Core 2 Duo搭載、15.4インチノート

DELL XPS M1530 レビュー(回顧録版)

過去、2008年5月にXPS M1530をレビューしたが、当時の画像を削除していたため回顧録版として再編集することにした(2018年11月編集)。展示物によるものなので、基本的なデザインのみの紹介となる。

XPS M1530は、モバイルPCのXPS M1330の基本デザインを引き継いだ15.4インチノートである。材質の高級感、耐久性はそのままに、グラフィックパフォーマンスも優れた構成となっている。レビューしたXPS M1530ではCore 2 Duo T8300、単体GPUにGeForce8400M GSを搭載している。Core 2 Duo T8300は第2世代のCore 2 Duoで、2008年1月ごろから登場した開発コード名:Penryn(ペンリャン)のプロセッサ。プロセスルールが65nmから45nmにシュリンクされたCore 2 Duoである。

DELL XPS M1530 レビュー(回顧録版)
XPS M1530 実機
2008年5月レビュー
回顧:2018年11月
Coreマイクロ
(Penryn)

DELL XPS M1530 の構成

  • Windows VistaHome Premium 正規版
  • 15.4インチワイド液晶ディスプレイ(1280x800)
  • Core 2 Duo T8300
  • 2GB(1GBx2) メモリ
  • NVIDIA GeForce8400M GS 128MB DDR3
  • 120GB SATA HDD(5400回転)

Windows
エクスペリエンス・
インデックスのスコア

プロセッサ 5.3
メモリ 5.0
グラフィックス 4.0
ゲーム用 グラフィックス 4.6
プライマリ ハードディスク 5.3

※2008年5月レビューの情報を再構築したのもである。回顧:2018年11月

Windows エクスペリエンス・ インデックスのスコア では基本スコアが4.0である。3項目が5.0以上で好成績。NVIDIAGeForce 8400M GS 128MB DDR3の搭載により、「グラフィックス 4.0 、ゲーム用 グラフィックス 4.6 」であるが、本格ゲームノートには及ばないスコアである。しかしWindows Vistaの操作は快適である。

光沢液晶画面は、15.4インチワイドで1280×800からフルHD画質の1920×1200まで解像度のカスタマイズができる。ディスプレイベゼルの上部中央には200万画素Webカメラとマイクが搭載されている。 ビデオチャットが楽しめるほか、付属ソフトののWebcam Centerを使って、ビデオ録画、フォト キャプチャ、モーション ディテクション、リモートモニタリング、インターバル撮影、マイ レコーディングもできる。

XPS M1530と、XPS M1330

Core 2 Duo T8300、単体GPUにGeForce8400M GSを搭載左にXPS M1530、左にXPS M1330を並べた様子。両サイドにシルバーのライン。後方にXPSのクロム調ロゴ、中央にDELLロゴを配置したデザイン。XPS M1530にはディスプレイを開くためのツマミが付いている。

高級アルミボディの、XPS M1530のデザイン

アルミ・マグネシウム合金素材XPS M1530の天板はアルミ・マグネシウム合金素材を採用。天板の両サイドにはシルバーカラーがあるため、錯覚で実寸より見た目が小さく見える。2007年以降のDELLパソコンはデザイン性が向上している。 なお、マグネシウム合金とは、マグネシウムを主としたアルミニウムや亜鉛などの合金で、軽量で強度が高く、電磁波を遮へいする特性がメリットがある。加工しやすく、リサイクル性にも優れているのでいろいろな電子機器に使われている。

天板にはマイクロサテン処理がしてある。 DELLによると、マイクロサテンというのは特殊な塗装のようで、指紋が付きにくいのだとか。非光沢で手触りはわずかにザラザラしている。 この天板カラーはサファイア・ブラックで、マット調の落ち着いたブラックである。他にもカスタマイズでラピス・ブルーなどがラインナップされていた。

堅固なバレルヒンジディスプレイをジョイントするヒンジは、堅固なバレルヒンジと呼ばれるタイプ。中心にDELLロゴがプリントされている。

アルミニウム素材でヘアラインの表面処理XPS M1530のパームレスト部分はアルミニウム素材でヘアラインの表面処理がされている。上位ブランドのXPSなので、高級感が他モデルと違う。右下には「指紋認証デバイス」がオプション搭載でき、パスワードを覚えなくても自分の指紋をスキャンするだけでセキュリティ管理ができる。

キーピッチ19mmキーボードでは、キーピッチ19mm、キーストローク3mmで一般的だが、 Enterキーが右から2番目にあるのがやや特異である。

即席機能のメディア・ダイレクトキーボード右側。キートップはやや湾曲しており、指先にフィットしやすいが、塗装によるものか割とすべすべした手触り。

メディアコントロールボタンが配置キーボードの上には、即席機能のメディア・ダイレクト起動ボタン、電源ボタンが並ぶ。なおメディアダイレクトとは、Windowsを立ち上げることなくCDやDVD、写真などを楽しむことが出来る即席機能である。例えばDVDの映画を観たいとき、家電のDVDプレイヤーで再生するくらいの手軽さです。メディア・ダイレクトはWindowsとは別のシステムなので、再セットアップは二度手間になる。

右端にはタッチセンサー式のメディアコントロールボタンが配置されている。CDの再生、スキップ、バック、停止、消音、音声ボリューム、CDの取り出しなどは「タッチセンサー式のメディアコントロール ボタン」で行える。指先で触れるとブルーのLEDライトで光り反応する。

スロットイン式光学ドライブ搭載!装備インターフェース

左側面XPS M1530の左側面には、電源コネクタ、USB2.0端子×2基、VGA(D-sub15ピン)、LAN端子、HDMI端子、IEEE1394(4ピン)を配置。無線LANのカスタマイズにおいて「802.11 a/b/g対応」「802.11 a/b/g/n対応」などが選択できる。この頃は高速のIEEE802.11nが肝となった。

USB端子のすぐ上にはスロットイン式光学ドライブがある右側面には、Express Card スロット、ワイヤレススイッチ、スロットイン式光学ドライブ、USB2.0端子、S端子がある。なお、USB端子のすぐ上にはスロットイン式光学ドライブがあるので、厚みのあるUSB機器を接続したときはCDの出し入れに注意が必要。

DELL XPS M1530回顧録レビューは以上前面には、ヘッドフォン端子、マイク端子、8規格対応メモリカードスロットを配置。背面にはバッテリーと通気孔のみがある。

DELL XPS M1530回顧録レビューは以上。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年3月25日(月)まで】 半期に一度のデル祭り!
XPS / Gシリーズ/ Inspiron 5000・7000の一部がお得!20%オフクーポン
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタが、オンライン限定クーポンで最大30%オフ
4/1(月)まで 】 5千円分のQUOカードPayを抽選で500名様にプレゼント!

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
【2019年4/30(火)まで】
DELL直販85,000円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さん経由特典 ⇒ 詳しくは、【ポイント付与の優待専用ページ】

パソ兄さんサイト限定!Alienwareシリーズ購入応援サポート!

【2019年4/30(火)まで】
DELL直販でAlienwareモデル16万円(税抜)以上購入で、楽天スーパーポイント8,000ポイントプレゼント!リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外)

パソ兄さん経由特典 ⇒ 【Alienware対象・ポイント付与の優待専用ページ】

※DELL 「顧客満足度調査 2018-2019 ノートPC部門1位 / デスクトップPC部門1位」
日経コンピュータ 2018/9/13号-Nikkei BP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.