DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパソコン・パーツ
  1. HOME
  2. DELLデスクトップPC
  3. 個人向けモデル・ラインナップ

DELL個人向け デスクトップPC

Inspiron、XPS、G、ALIENWAREシリーズのラインナップ

DELLデスクトップでは、Inspironシリーズ(コスパ重視)、XPSシリーズ(ミドルレンジ)、Gシリーズ(コスパ重視ゲーミングPC)、ALIENWAREシリーズ(ハイエンドゲーミングPC)に分かれる。なお、DELLの製品名には難色を示すところがあり、「販売名」と「コンピューターモデル名」の両方を持つ。メインとなっているのが「販売名」だが、サポート等で管理されるのは「コンピューターモデル名」であり、コンピューターモデル名をしっかり把握しておこう。

DELLデスクトップの
PCブランド
ブランドの特徴
Inspironシリーズ

コストパフォーマンス重視

基本的にはエントリーモデルで、低スペックの初心者向けが多い。Inspironでは3000、5000、7000シリーズというように数字が大きいほどグレードが上で、機能が充実する傾向にある。なお、
XPSシリーズ

中級者向けミドルレンジ

XPSシリーズは、本格的なゲームや動画編集などを好む中級者向け。ちなみにXPSとは、「Xtreme Perfomance System」の略。DELLがALIENWAREを買収するまでは「ゲームPCブランド=XPS」だったが、今ではすっかりブランド展開が変化しており、ミドルレンジモデル。
Gシリーズ

コストパフォーマンスも重視したゲームPC

ジュライの「Inspiron ゲーミングシリーズ」に代わるブランド。中級者以上のハイスペックながら低価格化も実現化したシリーズ。
ALIENWAREシリーズ

ハイエンドゲーミングPC

ALIENWAREシリーズは最もハイスペックで、マニア向けのゲームPC。PCの外装デザインにLEDイルミネーション機能を持つ。

【未レビュー分の更新は、2019年11月】

Inspironシリーズ (コストパフォーマンス・モデル)

DELL Inspironデスクトップ製品ラインナップは基本の3通りあり、Inspiron 3000シリーズ (エントリー)、5000シリーズ (標準)、7000シリーズ(シリーズ上位)である。 イレギュラーとしてInspironゲーミングシリーズがあり、コストを抑えつつ高処理性能のモデルとなる。

Inspiron 3000シリーズ

DELL Inspironスモールデスクトップ(3471)

CoffeeLake- Refresh対応のスモールタワー。第9世代Core i5 9400などが搭載可能。 Inspiron 3470の後継機で、筐体はそのまま流用と思われる。DELLでのグラフィックカード搭載サポートは見られない。
-

DELL Inspironデスクトップ(3671)

CoffeeLake- Refresh対応のミニタワー。第9世代Core i7 9700などが搭載可能。 グラフィックカードにGeForce GTX 1650 4GB GDDR5搭載可能。Inspiron 3670の後継機で、筐体はそのまま流用と思われる。

一体型 Inspiron 3000シリーズ

Inspiron 22 3000 フレームレス デスクトップ(3280)
2019年6月論評
Whiskey Lake
(Uシリーズ)

広視野角&狭額、21.5インチ・フルHD一体型!Optane メモリーも可!
DELL Inspiron 22(3280)

広視野角IPSパネル、狭額21.5インチ(1920 × 1080)一体型パソコン!タッチと非タッチモデルが選択できる。Webカメラはポップアップ式。 レビュー時点では第8世代Core i3-8145U搭載し、単体GPUを搭載しない構成。基本的には2Dコンテンツの娯楽向け。光学ドライブは内蔵していない。無線LANはIEEE802.11acに対応、 有線LANではギガビットイーサーに対応している。HDDが圧倒的に速くなるOptaneメモリー構成が可能!

販売リストから消えていたモデル

調査時に販売リストから消えていたモデル。一時的な販売停止か販売終了か不明のため、一旦待機させておく。ふと販売再開している前例もあるので要チェック!
Inspiron 22 (3275)
2018年9月論評
2019年3月論評
AMD仕様

低価格!なのに広視野角 IPSパネル採用の、狭額 21.5インチ一体型
DELL Inspiron 22 (3275)

AMD仕様、21.5インチの一体型パソコン。低価格でありながら広視野角IPSパネルを搭載。しかもフルHD解像度なので、作業領域もわりと広い。非光沢なので長時間使用でも目に優しい。光学ドライブは搭載していない。カラーバリエーションでは、今回紹介するホワイトのほかに、ブラックのモデルがラインナップされている。
※追記:2018年12月時点では第7世代 AMD A9-9425 プロセッサ搭載モデル。

一体型 Inspiron 5000シリーズ

DELL Inspiron 24 (5490)

狭額23.8インチ (1920 x 1080) 非光沢一体型PC.Comet Lake設計でモバイル向けのパーツを採用。第10世代Core i7-10510Uなどが搭載可能。グラフィックにGeForce MX110 2GB GDDR5 搭載可能。

一体型 Inspiron 7000シリーズ

DELL Inspiron 27 (7790)

狭額27インチ (1920 x 1080) 非光沢一体型PC。広視野角IPSパネル。Comet Lake設計でモバイル向けのパーツを採用。第10世代Core i7-10510Uなどが搭載可能。グラフィックにGeForce MX110 2GB GDDR5 搭載可能。

XPSシリーズ (ミドルレンジ・モデル)

DELL-xpsシリーズパソコン紹介
XPS 8930

2018年3月論評
CoffeeLake

2019年8月論評
CoffeeLake-
Refresh互換

コンパクト化したミドルレンジ・ミニタワー
DELL XPSタワー(XPS 8930)

デスクトップPCでは例年人気のタイプ。スイングアームの構造で従来のミニタワー型よりも奥行きが短くなっておりコンパクト性に長けている。HDDベイ×3基、M.2スロット×1基持ち、ストレージの拡張性が高い。排熱に効率的な上面排気ファン(9センチ角)を搭載。第8世代 Core i7-8700(6コア12スレッド)を搭載。最大でGeForce GTX 1060搭載可能(調査時点)。USB3.1-Gen2端子を装備しており、高速アクセスが可能。光学ドライブはスリム型を採用。460W ATX電源ユニット(自作と同じ規格)を搭載しており、サポート外だが換装可能。 ※2019年8月追加レビュー。 CoffeeLake Refreshに互換対応し、Core i7-9700が搭載された。グラフィックカードの選択肢も刷新。
XPS 8930スペシャルエディション

2018年3月論評
CoffeeLake

2019年8月論評
CoffeeLake-
Refresh互換

XPSタワーの強化版モデル!
DELL XPSタワー(8930)スペシャルエディション

XPSタワー(XPS 8930)よりも高性能なパーツが搭載できる強化版。基本ベースは同じだが、フロントパネルがアルミであり、見た目のプレミアム感を向上。上面排気には更に大型の12センチ角ファンを搭載。調査時点での最大はCore i7-8700K+GeForce GTX 1080搭載。ただ、電源が変わらず460Wなのが懸念要素で、オーバークロックにはやや不向きな印象。 ※2019年8月追加レビュー。 CoffeeLake Refreshに互換対応し、Core i7-9700およびCore i7-9700Kが搭載可能となった。グラフィックカードの選択肢も刷新。 フロントパネルはポリカーボネート(工業プラスチック)に、12センチ角ファンは9センチに格下げされた。

Gシリーズ(コスパ重視のゲーミング・モデル)

DELL G5 (5090)

10万円台から購入できるコスパ重視のゲーミング・ミニタワー。筐体にブルーLEDライティングを搭載したデザイン。クリアサイドパネルはオプション。CoffeeLake Refresh対応でCore i7 9700などが搭載できる。グラフィックカードにGeForce RTX 2070 8GB GDDR6搭載可能。

※情報は調査時点のもの。

ALIENWAREシリーズ (本格ゲーミング・モデル)

DELL-ALIENWAREパソコン紹介
画像ALIENWARE AURORA-R8
2019年4月論評
CoffeeLake-
Refresh互換

Core i9-9900K搭載可能!水冷システムを採用したミドルタワー
DELL ALIENWARE AURORA-R8

水冷システムを採用したハイエンドミドルタワーで、電源の搭載をスイングアーム式にしているので、奥行きはわりとコンパクト。前面吸気、天井排気のエアーフロー。イルミネーション照明機能装備。9.5mmスリム型光学ドライブを搭載。USB3.1-Gen2 (背面のみ)を装備。 レビュー時点の最大構成では、第9世代 Core i9-9900K、GeForce RTX 2080 Ti が搭載可能となっている。安定した通信のKillerネットワークを搭載。メモリはXMP規格(HyperX DDR4 3200MHz)にも対応。Alienwareコマンドセンターにより環境コントロールができる。 チップセットはZ370なのでベースはCoffeeLakeであり、CoffeeLake Refresh(第9世代 Core)には互換対応。
-

DELL ALIENWARE AURORA-R9

デザイン一新。エアフローをさらに改良した筐体、イルミネーション機能搭載。Core i9-9900K、GeForce RTX™ 2080 Ti、XMPメモリ搭載可能。

※情報は調査時点のもの。

【法人向け】 Vostro、OptiPlexシリーズ

Vostro、Latitude,Precisionシリーズ

DELL法人向けモデル

DELLではVostroやOptiPlexシリーズを法人向けとして販売していますが、実は個人でも購入できます。注文は個人名の記入でOK。 装備している端子や拡張性もビジネスユーザーに合わせてあります。基本的に低価格帯のラインナップが豊富です。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年12月9日(月)まで】
Inspiron13・14・15の5000シリーズがお得!最大17%オフクーポン!
12/3より値下げしたモデル多数!

6年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

【 2019年12月16日(月)まで 】
Amazonギフト券10,000円分を抽選で600名様にプレゼント!(購入で自動エントリー)

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.