DELLパソ兄さんの、Inspiron、XPS、Alienware、Gシリーズ、Vostro、Latitude製品のパソコン購入レビューサイト
DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパソコン・パーツ
  1. HOME
  2. DELLデスクトップPC
  3. Skylakeマイクロアーキテクチャ

パソ兄さんのDELLデスクトップPC、一体型PCレビュー(2015年~2018年)

Skylake~第6世代Coreプロセッサ

2015年8月に登場したSkylakeマイクロアーキテクチャ。主力は第6世代Coreプロセッサで、デスクトップ向けはCPUソケットがLGA1151。プロセスルールでは前世代Broadwellと変わらず14nm。DDR4及びDDR3L対応のメモリコントローラを内蔵する。第6世代Coreプロセッサの下位には同設計のPentium、Celeronがあり、頭にGがつく。

無記載の通常版のほか、倍率ロックフリーのKシリーズ、小型パソコン向けの低消費電力版Tシリーズがある。(例:Core i7-6700K TDP 91W、 Core i7-6700 TDP 65W、 Core i7-6700T TDP 35W)。
※Haswell(第4世代Core)まではTDP 65Wの省エネ版Sシリーズが存在していたが、Skylakeでは通常版がTDP 65WであるためSシリーズは消えた。ハイエンドのSkylake-Xは2017年7月に登場。Core i9 XシリーズでCPUソケットはLGA2066となっている。最大スペックのCore i9 7980XEでは18コア実装、36スレッド動作。TDPは165Wとモンスター級。

第6世代Core(通常版)

第6世代Core(Kシリーズ) ※倍率ロックフリー

第6世代Core(Tシリーズ)

Skylake-X

総括!デスクトップパソコン向けCPUの、アーキテクチャ

第6世代Coreプロセッサ通常版

Inspiron シリーズ

Inspiron 3650
2015年12月論評
Skylake

奥行の短いコンパクト・ミニタワー。しかも標準サイズのグラボが搭載できる筐体
DELL Inspironデスクトップ( Inspiron 3650)

Skylake設計で第6世代Core搭載可能モデル。奥行の短い、さらに小型化したミニタワー。それでいて拡張スロットを装備しており、標準サイズの拡張カードが搭載できる。240W電源を搭載しており、ローエンドグラフィックカードが搭載できる。光学ドライブはスリム型なので、ディスクの読み込みは低速。ほどほどの拡張性と、設置性を重視するライトユーザー向け。

レビュー機はCore i5-6400 + GeForce GT730 の構成

XPS シリーズ

XPS タワー(XPS 8910)
2016年11月論評
Skylake

大口径12センチ角ファン搭載の上面排気!さらにコンパクトになったミドル機
DELL XPS タワー(XPS 8910)および、スペシャルエディション

XPS タワー(XPS 8910)では従来のミニタワー型よりもややコンパクトになり、上面排気システムの筐体(熱は上昇するので効率がいい)。通気口の多いスリット・デザイン。 大口径の12センチ角・排気ファンを搭載。光学ドライブ(スリム型)となり1基のみの搭載。ストレージでは、「3.5インチベイ × 3基、M.2スロット × 1基」を装備しており、ミニタワーながら拡張性は高い。レビュー時点では、最大Core i7-6700K およびGeForce GTX 960 が搭載可能なミドルレンジ機。中級者向けで、ゲームや動画編集の用途に適したモデル。USB Type-CコネクタおよびAコネクタのUSB 3.1を装備しており、次世代周辺機器への対応もできている。

レビュー機はCore i7-6700 + GeForce GTX750Ti の構成
XPS タワー(XPS 8910)
2017年1月論評
Skylake

XPS 8910の強化版として、別枠で用意されているのがXPSタワー スペシャルエディションという製品。マザーボードはXPS 8910同じく品番:IPSKL-VMなので、基本ベースは同じだが、さらに上位構成が可能となっている。レビュー時点では、GeForce GTX 1070 および、AMD Radeon RX 480 8GB GDDR5が搭載可能であり、ゲームユーザーであればALIENWARE シリーズ以外での選択肢となる。筐体デザインはXPS 8910そのものであるが、違う点としてフロントパネルがアルミ製となっており、デザイン面においてもプレミアム感が高い。

レビュー機はCore i7-6700 + GeForce GTX 1070 の構成
DELL XPS 8900購入ガイド
2015年11月論評
Skylake

第6世代Core i7搭載の中級者向けミニタワー。DELL XPS 8900

第6世代Core i7搭載。グラフィックカードはローエンドから補助電源のいるミドルレンジまで搭載でき、動画編集や本格ゲームの入門機としてオススメできるモデル。 天井にはUSB端子付きのメディアトレイを配置し、小型機器の置き場所となる。USB3.0端子は6基も装備。M.2規格SSDの搭載が可能で、高速起動が堪能できる。PC市場では拡張性が狭まっている傾向だが、まずまずの拡張性を持つミニタワー型は重宝できる存在。パソ兄さんの一押しデスクトップパソコン。

レビュー機は

ALIENWARE シリーズ

DELL ALIENWARE AURORA-R5
2016年10月論評
Skylake

デュアルグラフィック&水冷式クーラー対応モデルとしては、ALIENWAREシリーズ最小 DELL ALIENWARE AURORA-R5

R5となったALIENWARE AURORAでは、デュアルグラフィックおよび、水冷式クーラー対応モデルとしては、ALIENWAREシリーズ最小筐体となる。やや厚みはあるが、ミニタワーと同じくらいの設置スペースで置ける。ストレージでは、3.5インチベイ1基、2.5インチベイ2基、M.2スロット1基(PCI Express接続)の拡張性がある。3箇所にイルミネーション設定が可能。天井面から排気される効率の良いエアーフローとなっている。 これまでデュアルグラフィック対応のALIENWAREシリーズは、無茶苦茶巨体であったが、ALIENWARE AURORA-R5では設置性のハードルがかなり低い。それでいて、ストレージの拡張性もそれなりにあることもメリット。

Skylake-ALIENWARE X51-R3
2015年12月論評
Skylake

コンパクト・スリムタワーでも最強ゲーミングPC。シリーズ初の、水冷式システム対応
ALIENWARE X51-R3 (Skylake設計)

Skylake設計となった第6世代Core i7搭載のALIENWARE X51シリーズ。幅9.5cm、約5.5kgのコンパクト・スリムタワーで、ハイスペック構成のゲームPC。3つのゾーンに20色から選べるイルミネーション設定が可能。PCIe接続のM.2 SSD + HDDのデュアルストレージ構成が可能で、パフォーマンス力が高い。従来の空冷式のほかに、シリーズで初めて水冷式にオプション対応した。なお、水冷式の場合は光学ドライブが非搭載となる。電源はACアダプタによる外付け電源。

レビュー機はCore i7-6700K + GeForce GTX 960 の構成

OptiPlex 7040 スモール
2016年1月論評
Skylake

第6世代Core搭載のデスクトップ!DELL OptiPlex 7040スモール

OptiPlex 7040スモールは、従来スリムタワーと呼ばれていたモデルよりもだいぶコンパクト。それでいて、メモリスロットが4基、PCI Express スロットを2基装備。オンボード端子の数も多い。光学ドライブも搭載。 80PLUS BRONZEの電源や、工具・ネジフリーのメンテンナンス性にも評価できる。

レビュー機はCore i7-6700 + 内蔵グラフィックの構成
OptiPlex 5040シリーズ
2016年1月論評
Skylake

第6世代Core搭載のデスクトップ!
DELL OptiPlex 5040 スモール、OptiPlex 5040 ミニタワー

OptiPlex 5040シリーズでは、スモールとミニタワーのモデルがある。どちらもPCI Expressスロットを持ち、グラフィックカードなどの拡張カードが搭載できる機構だが、レビュー時点ではDELLの搭載サポートはない。必要に応じて自前の搭載となる。OptiPlex 5040ミニタワーでは、スモールよりもドライブベイが多く、PCI Expressスロットも多い拡張タイプ。上位機種OptiPlex 7040シリーズと各筐体デザインが共通。しかし、OptiPlex 5040シリーズではDDR4メモリではなく、DDR3L メモリを搭載しているなどの違いがみられる。

スモールとミニタワー両機とも、Core i3-6100 + 内蔵グラフィックの構成
Vostro 3653アイコン
2016年2月論評
Skylake

第6世代Core i5が搭載可能。結構コンパクトだが、拡張スロットを4基実装!
DELL Vostro 3653 ミニタワー

従来のミニタワーよりも小型化した筐体。(PCI Express x16が1基、PCI Express x1が2基、PCIスロットが1基)。光学ドライブも内蔵している。Skylake設計で第6世代Core i5搭載可能モデル。前面パネルは多面的なモダンデザイン。そして防塵フィルタ付きの吸気口を配置している。

レビュー機はCore i5-6400 + GeForce 705 の構成
Vostro 3250ガイドレビュー
2016年1月論評
Skylake

Vostro 3200シリーズ スモールのSkylakeモデル!幅93mmのスリム筐体
DELL Vostro 3250 スモール

幅93mm、高さ290mmのコンパクトスリムなビジネスデスクトップ(Skylake設計)。光学ドライブも内蔵している。ロー・プロファイルに限られるが、PCI Express x1⇒1スロット、PCI Express x16⇒1スロットを装備。前面吸気のエアーフローで、防塵メッシュが取り付けてある。なお、同シリーズのVostro 3252はAirmont設計 (Braswell)であるため、Vostro 3250よりも低消費電力だが性能がかなり低い。

レビュー機はCore i5-6400 + 内蔵グラフィックの構成
OptiPlex 24(7440)
2015年12月論評
Skylake

第6世代Core i7 / i5搭載の、大画面23.8 インチ一体型ビジネスパソコン
DELL OptiPlex 24 7000シリーズ(7440)

第6世代Core i7搭載可能のSkylake設計、大画面23.8 インチ一体型ビジネスパソコン。レビュー時点では内蔵グラフィック仕様となっている。フルHD(1920 × 1080)解像度搭載で、タッチスクリーンモデルも選べる。USB3.0端子×6基、USB2.0端子×2基、Display Port 端子などインターフェースが豊富。HDMI端子では入力と出力の2つを持つため、デュアルモニタ構成や単にモニタとしても使える。VESA規格対応でモニタアームも取り付け可能。

レビュー機はCore i5-6500 + 内蔵グラフィックの構成

第6世代Core(Tシリーズ)

ALIENWARE シリーズ

ALIENWARE ALPHA(R2)をレビュー
2017年9月論評
Skylake
(Tシリーズ)

5.5 × 20 × 20センチの小さな筐体!驚きのハイパフォーマンス・ゲームPC
DELL ALIENWARE ALPHA(R2)

高さ:55 mm × 幅: 200mm の小さな筐体にNVIDIA GeForce GTX 960を搭載したゲームPC。 ビデオメモリに4GB GDDR5を搭載。CPUには第6世代Core (Skylake設計)・Tシリーズ(低消費電力版)を搭載する。2箇所にLEDイルミネーション設定が可能。カラーは20色用意されている。LANコントローラーには高パフォーマンスなKillerネットワークを搭載。とくにオンラインゲームでは安定した通信が確保できる。

オプションの外付けGPU「Alienware Graphics Amplifier」に対応。内部アクセスが比較的簡単であり、M.2 SSDやメモリの換装がしやすい。また、「M.2 SSD(PCI Express接続) + 2.5インチHDD」のデュアル・ストレージ構成が可能。光学ドライブは内蔵しない。

レビュー機はCore i7 6700T + GeForce GTX 960 の構成
OptiPlex 7040 Micro
2016年1月論評
Skylake
(Tシリーズ)

第6世代Core搭載のデスクトップ!
DELL OptiPlex 7040マイクロ

OptiPlex 7040マイクロは、内蔵GPU限定になるがコンパクトで設置性に優れる。。2.5インチとM.2スロットのデュアルストレージの構造。メモリスロットも2基ある。オンボードの装備端子も豊富であるため、拡張カードと光学ドライブ以外の面では概ね不自由はしない。工具レス・ネジフリーのお手軽メンテナンス設計。ALL固体コンデンサを使用しているところをみると、システムの安定性も期待できる。

レビュー機はCore i5-6500T + 内蔵グラフィックの構成

Skylake-X (Core i9 Xシリーズ搭載可能モデル)

2017年7月に登場したSkylake-X こと、Core i9 Xシリーズが搭載できるモデル。 こちらのCPUソケットはLGA2066となっている。Core i9 7980XEでは18コア実装、36スレッド動作。TDPは165Wとモンスター級。

ALIENWARE シリーズ

ALIENWARE AREA-51(R4)
2018年1月論評
Skylake-X

DELL最高峰ゲーム・デスクトップ!水冷システム、Skylake-X 設計モデル
DELL ALIENWARE AREA-51(R4)

トライアド・デザインという「巨大おにぎり型」が個性的なモンスター級マシン。このデザインとしては4番目のリリースモデルで、ハイエンドユーザー向きのSkylake-X 設計を採用している。CPUクーラーには水冷式を採用。装備としてはトリプル・グラフィックに対応している。2基の前面吸気ファン、LED配色できるイルミネーション機能、通信にはKiller E2500を2基、ATX電源(80PLUS認証)を装備!マザーボードはATX準拠のため、現役を引退したあとでも、PCケースが自作用に流用できる(イルミネーション機能は引き継げないと思うが)。 レビュー実機ではCore i9 7980XE を搭載。

レビュー機はCore i9 7980XE + GeForce GTX 1080 Ti の構成

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!キャンペーン情報!

DELLクーポン情報

【2021年1月18日(月)まで】
★Inspiron (3881) 、Inspiron 24-5000 / Inspiron 27-7000 に、 18%オフクーポン!
★上記以外および、Alienwareシリーズには17%オフクーポン!
★7年連続世界シェア1位!DELLモニタがオンライン・クーポンで10%オフ

【2021年1月25日(火)まで】
Amazonギフト券 10,000円分、プレゼントキャンペーン

★第10~11世代のCore i5/ i7/ i9搭載製品購入者から抽選で「300名様」にAmazonギフト券10,000円分をプレゼント。キャンペーン期間中に一定の条件を満たすと、自動的にエントリーが完了。

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天ポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天ポイント7,500ポイントプレゼント!

※パソ兄さんサイトの経由特典となっており、リンク先の優待専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26に内容改定~予告なく変更または終了する場合があります。

8万円以上購入なら ⇒ 【 3,000ポイント付与の優待専用ページへ招待

15万円以上購入なら ⇒ 【 7,500ポイント付与の優待専用ページへ招待

DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」  ※出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

パソ兄さん HOME

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん All Rights Reserved.