DELLノートパソコンのレビューをリストでまとめ
  1. HOME
  2. DELLデスクトップパソコン
  3. ALIENWARE AREA-51(R4)
  4. 現在のページ

DELL最高峰ゲーム・デスクトップ!

ALIENWARE AREA-51(R4)のマザーボードとグラフィック

ALIENWARE AREA-51ゲーミングデスクトップこと、ALIENWARE AREA-51(R4)をレビューしている。前ページではストレージベイのある内部および、PCケースを中心に紹介したが、ここではマザーボード並びにグラフィックカード(GeForce GTX 1080 Ti)の搭載を紹介する。

ALIENWARE AREA-51(R4)のマザーボード
ALIENWARE AREA-51(R4)
2018年1月レビュー
Skylake-X 設計

レビューした、DELL ALIENWARE AREA-51(R4)の構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i9 7980XE (18コア、 24.75MB キャッシュ、最大 4.4GHz)
  • 32GB DDR4 2667MHz (4x8GB) メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti 11GB GDDR5X
  • 512GB NVMe SSD (PCI Express接続)+ 2TB HDD

DELL個人向けモデルの、クーポン情報 【2018年6月25日(月)まで】

夏のボーナスセール!XPS/7000シリーズなど上位ノートが最大20%オフクーポンでお得!
【Amazonギフト券5,000円分がもれなくもらえる!】夏のボーナス特別モデル購入キャンペーン

クーポンコード掲載はこちら ⇒ お買い得情報ページ【DELL公式】

※2017年1月10日時点のレビューであり、手元の実機における現状レポートである。

自作同等!ATXに準拠したマザーボード

マザーボードALIENWARE AREA-51(R4)のPCケースは、トライアド・デザインという「おにぎり型」なので、斜めの角度でマザーボードが取り付けられている。ざっと見て、ほとんどが固体コンデンサを使用しており、耐久性の高さが伺える。(LANカードの上にいくつかアルミ電解コンデンサがあるくらい)。

ATX規格と一致ALIENWARE AREA-51(R4)のマニュアルに記載されているマザーボードを見ると、どうやら自作でお馴染みのATX規格に準拠しているようだ。ネジ穴位置が一致する。実際に実機を、分解しない範囲でネジ位置を確認したが、基板サイズといいATX規格と一致した。マニュアルの掲載マザー写真と実機とは基盤が違うが、ATXマザーであることには変わりない。

つまり、ALIENWARE AREA-51(R4)は今後、自作のPCケースとして再利用できる!

水冷システムとメモリスロット

簡易水冷式CPUクーラーの解説マザーの上半分をチェック。簡易式水冷システムの搭載。その上のヒートシンクはおそらVRM(電圧レギュレータモジュール)用。クーラント(冷却液)が流れるチューブが組編み紐で巻かれているのは珍しい。電磁波ガードのために通信ケーブルに巻かれる例はあるが、水冷システムでは何かメリットがあるのだろうか?そして、左右には4基のメモリスロットを装備。

簡易水冷式CPUクーラーの解説~構造について

PCI Expressスロット~帯域に注意

PCI Expressスロットマザー下半分をチェック。PCI Express x4以外はスロット形状がすべて「x16」だが、最大帯域がx8のスロットもあるので注意。見た目では帯域が判断できない。

帯域がx16ではないx16スロット帯域の内訳はこの通り。帯域がx16ではないx16スロットが多い。

SATAコネクタが4基なのは、ちと残念

ALIENWARE AREA-51(R4)のSATAコネクタが4基ここはちょっともったいない仕様。SATAコネクタが4基のため(2基が2段)、ハイエンドのわりに少ない。ALIENWARE AREA-51(R4)のPCケースが備えている「5基のSATAストレージベイ」+「1基の光学ドライブ」がフルに拡張できない。

M.2スロットとネットワーク

サムスン製PM961を採用システム・ストレージ用のM.2スロット。SATAよりも高速なNVMe SSD (PCI Express接続)を搭載している。この実機ではサムスン製PM961を採用。サイズはType 2280で、PCIe3.0X4対応のNVMe SSD。なお、時期によりベンダーは異なるのであしからず。

M.2スロットでは、NVMe SSD搭載可能

PCI Express ネイティブ接続が可能なM.2規格のスロットは、mSATAの後継として開発されたスロット。伝送方式には「PCI Express 3.0、SATA 3.0、USB 3.0」の互換性を持っている。 接続インターフェースがSATA3.0規格では「転送速度600MB/s」までのボトルネックがあったが、M.2によってSSDの性能を引き出せる環境となった。

ただし、高速のPCI Express接続には、NVM Express (NVMe)規格のSSDが必要となる。NVMとは「Non-Volatile Memory 」の略。SATA接続のM.2 SSDでは、従来の通りSATA接続の速度である。【M.2スロットおよびM.2 SSDの基礎知識

無線LANカードPCI Expressスロットの左側に無線LANカードの搭載。

NVMe SSD(PM961)搭載していたNVMe SSD(PM961)のパフォーマンスと、ネットワークの詳細。Killer E2500 ギガビットイーサーネットワーク × 2基搭載するスペックの高さに注目。

Killerネットワーク

LANコントローラーに、クアルコム・アセロス社(Qualcomm Atheros, Inc.)のKillerネットワークを搭載している。※クアルコム・アセロス社は、アメリカの半導体メーカーでLAN関連製品のトップシェアを誇っている。

専用のユーティリティソフト「Killer Network Manager」で設定することにより、ネットワーク接続をモニタリングし、オンラインゲームのパフォーマンスを最大化することができる。KillerはWindowsが抱えるネットワーク処理の一部を肩代わりする機能を持つ。優先度の設定に基づいてネットワーク帯域幅を最適化、管理する。CPU負荷を低減させ、ネットワークの遅延を抑えるため、とくにオンラインゲームでは安定した通信が確保できる。

Killer E2500 ギガビットイーサーネットワーク ユーティリティソフトのKillerコントロールセンター。

NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti 搭載の様子

GeForce GTX 1080 Ti ALIENWARE AREA-51(R4)といっても構成によって異なるが、今回のレビューではNVIDIA GeForce GTX 1080 Tiを搭載している。補助電源には6ピンと8ピンを接続。

前面吸気ファングラフィックカードの固定スタンドが、前面吸気ファンの前に設置されている。

クランプが3つ設置グラフィックカードのフィンを挟むクランプが3つ設置されている(残りはトリプル・グラフィック用として)。

フィンを挟んでいるクランプの様子。

ALIENWARE AREA-51(R4)のグラフィックカードざっと長さを測ると、固定スタンドまでの幅は32センチくらい。移動の振動がなければ固定スタンドがなくても良さそうだが、もし換装することがあれば、この幅に収まるグラフィックカードでなければならない。

グラフィックカードのブラケットを押さえるストッパー(マニュアルではネジカバーと呼んでいたが、用途的にその呼称がしっくりこない)。結局はネジ止めしているけど。

ALIENWARE AREA-51(R4)のレビューは以上。

ALIENWARE AREA-51(R4)について、詳しくはDELLサイトへ

Skylake-X 設計モデル
ALIENWARE AREA-51(R4)
2018年1月レビュー
Skylake-X 設計

DELL最高峰ゲーム・デスクトップ!水冷システム、Skylake-X 設計モデル
DELL ALIENWARE AREA-51(R4)

トライアド・デザインという「巨大おにぎり型」が個性的なモンスター級マシン。このデザインとしては4番目のリリースモデルで、ハイエンドユーザー向きのSkylake-X 設計を採用している。CPUクーラーには水冷式を採用。装備としてはトリプル・グラフィックに対応している。2基の前面吸気ファン、LED配色できるイルミネーション機能、通信にはKiller E2500を2基、ATX電源(80PLUS認証)を装備!マザーボードはATX準拠のため、現役を引退したあとでも、PCケースが自作用に流用できる(イルミネーション機能は引き継げないと思うが)。

DELL個人向けモデルの、クーポン情報

【2018年6月25日(月)まで】
夏のボーナスセール実施中!XPS/7000シリーズなど上位ノートが最大20%オフクーポンでお得!
ALIENWAREが16%オフクーポンでお得!
【Amazonギフト券5,000円分がもれなくもらえる!】夏のボーナス特別モデル購入キャンペーン!
4年連続・世界シェアNo.1!DELLお勧めモニタが、オンライン限定クーポンで最大1万円オフ

クーポンコード掲載はこちら ⇒ お買い得情報ページ【DELL公式】

DELLと楽天ポイント
【2018年7/31(火)まで】
手続き後、DELL直販で購入して楽天スーパーポイント3,000ポイントをゲット!

詳しくはこちら ⇒ 手続きして購入するだけ【優待専用ページ】

レビュー項目

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.