ATX電源ではコネクタも重要

電源のコネクタにはATXメインコネクタ、ATX12Vコネクタ、PCI Express電源コネクタ、SATA電源コネクタ、4ピン ペリフェラルコネクタ、FDDコネクタがあります。それぞれの特徴と供給されるパーツを紹介します。自分でATX電源を交換されるユーザーはご参考にどうぞ。

納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド
トップページパソコン購入知識のリスト電源ユニットのリスト ≫ 現在のページ

サイトマップ~DELLガイド

エントリー・デスクトップ

ミドルスペック・ミニタワー

Alienware使用レビュー

電源ユニットのコネクタ種類

ATX電源ではケーブルの長さが筐体に合わせて
電源ユニットの「総合出力(電源容量)、+12Vの1系統出力、+12Vの合計出力」も重要ですが、装備しているコネクタにも要チェックです。

コネクタの基本は、ATXメインコネクタ(マザーボード用電源)、ATX12Vコネクタ(CPU用電源)、PCI Express電源コネクタ(グラフィックカードの補助電源用)、SATA電源コネクタ(HDDや光学ドライブ用)、4ピン ペリフェラルコネクタ(旧規格IDEのHDDや光学ドライブ用)、FDDコネクタ(フロッピーディスクドライブや内蔵カードスロット用)です。

ATXメインコネクタ(マザーボード用電源)

ATXメインコネクタ24ピンから
ATXメインコネクタはマザーボードの電源供給用です。以前は20ピンでしたが、ATXバージョン2.2から24ピンへ拡張されています。拡張は消費電力の増加に対応するためです。旧マザーボードにも対応できるように「20ピン+ 4ピン」構成のコネクタもみられます。

24ピンコネクタ。
当然、4ピンが分離できない24ピンもあります。

24ピンを差し込みました。
ATXメインコネクタをマザーボードに接続した様子。スタンバイ用電源、メモリやチップセット、拡張カードの電源供給となります。

メモリ
メモリスロットを介してメモリの電源供給。

Studio XPS 8000のチップセットであるP55 Express
チップセット(アルミのヒートシンクの下にある)の電源に。チップセットはCPUとパソコンパーツを中継する中枢チップ。

PCIやPCI Expressカードの電源供給
拡張スロットを介して、PCIやPCI Expressカードの電源供給に。ただし、ハイエンドグラフィックカードでは電源不足なので、後述するPCI Express電源コネクタによって補助供給が必要になります。

ATX12V コネクタ(CPU用電源)

ATX12V コネクタ
CPUに電源を供給するコネクタ。ATXメインコネクタと同じく+12Vですが、ATXメインコネクタとは独立した出力系統になっています。基本的には4ピンですが、EPS12Vに準拠するため分離した8ピン構成になったコネクタもあります。

コネクタを差し込みました
ATX12V コネクタをCPU電源供給のために接続。EPS12Vではないので残りの4ピンは不要。

CPU電源供給用の4ピンコネクタ
EPS12Vに対応していない電源ユニットでは、ストレートに4ピン1本。

PCI Express電源コネクタ(グラフィックカードの補助電源用)

PCI Express電源コネクタ
PCI Express電源コネクタは、消費電力の高いグラフィックカードの補助電源です。当初は6ピンでしたが、さらに高い電力用に8ピンがあります。どちらにも対応できるように「6ピン+2ピン」構成のコネクタがあります。なお、6ピンは75W、8ピンで150Wの電源供給が可能です。

補助電源コネクタ
ハイエンド・グラフィックカードにある、補助電源コネクタ。6ピンコネクタが2つ必要なものや、1つでいいものがあります。

2ピンコネクタ
補助電源接続例。6ピンコネクタを2つ接続。

Studio XPS 8100はミニタワー型
こちらも6ピンコネクタを2つ接続。グラフィックカードによって補助電源コネクタの位置が違います。

NVIDIA GeForce GTX 260
補助電源接続例。6ピンコネクタを1つ接続。

RADEON HD 4650の搭載完了。
ローエンド・グラフィックカードでは、ATXメインコネクタの電源(マザーボード用電源)でまかなえるので、PCI Express電源コネクタによる補助電源は必要ありません。

SATA電源コネクタ(HDDや光学ドライブ用)


こちらはSATA電源コネクタ。

SATA電源コネクタ×2つと、FDDの4ピンコネクタ
SATA電源コネクタは芋づる状態。

HDDのコネクタ
SATA規格のHDDに電力を供給。

す。光学ドライブの奥には、19メディア対応カードスロットを内蔵。
SATA規格の光学ドライブに電源供給。

SATA電源コネクタ
USB3.0拡張カードの補助電源用に使うこともあります。

4ピン ペリフェラルコネクタ

ペリフェラル4ピンコネクタ
こちらはペリフェラル4ピンコネクタ。SATA以前に主流だったIDE規格のHDDや光学ドライブ用です。最新のパソコンでは使われなくなったコネクタです。

IDE規格のHDD
今ではほとんど使われないIDE規格のHDD。電源供給にはペリフェラル4ピンコネクタを差し込みます。

IDE規格の内蔵型スーパーマルチドライブ
IDE規格の光学ドライブ。こっちらも電源供給にはペリフェラル4ピンコネクタを差し込みます。

FDDコネクタ(フロッピーディスクドライブや内蔵カードスロット用)

FDD Powerコネクタ
こちらもあまり使われなくなったFDDコネクタ。フロッピーディスクドライブや内蔵カードスロット用に使われます。出力の大きいデバイスには向きません。

ケーブルの長さにもチェック

ケーブルの長さ
メーカーパソコンの既存電源の場合、ケーブルの長さはそのPCケースにあった必要分だけが多いです。他のパソコンに取り付けることもできますが、ケーブルの長さが足らないという事がしばしば。一応、延長ケーブルで対応は可能ですが、思わぬ出費ということも。

プラグインコネクタではないので、
市販の電源ユニットは、フルタワー型パソコンにも使えるようにケーブルが長めです。ミニタワーとかではかなり面積を占めます。(この写真では光学ドライブベイに押しこんで収納しています。)余ったケーブルも邪魔になるので、気になる方は電源本体から着脱できるプラグイン式がお勧めです。

電源ユニットのリストへ戻る

当サイトはDELLパソコンでWeb制作!DELLパソコン買いどきチェック

※このリンクから、キャンペーン適用価格のDELL公式ページへアクセス!
デル株式会社
納得パソコン購入術!パソ兄さん(DELL購入のガイド)TOPページ
Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.