パソコンのメモリについて解説!

パソコンを納得して購入するために、ユーザーのパソ兄さんが、購入ポイントやカスタマイズ知識を解説します。

納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド

サイトマップ~DELLガイド

デスクトップ・レビュー

ノートパソコンレビュー

周辺機器

パソコン購入ならパソ兄さん
カスタマイズ・ナビ(パソコン・パーツ知識)メモリ

メモリの規格をチェック

メモリの規格とスペックの見方について解説します。メモリのアドバイスとして容量ばかり注目されますが、メモリの規格もチェックしてください。規格が違うと同じ容量であっても転送速度に違いがでます。新しい規格のメモリのほうがパソコンが速く動きます。

パソコンのメインメモリに使われる半導体チップはDRAMで、これを効率よくデータ転送できるようにしたのがSDRAMという規格です。さらにDDR、DDR2、DDR3へと高速化しています。これらのメモリはスロットへ挿す切り込みの位置が異なるため、互換性はありません。そのため混在して使われることがありません。

パソ兄さんオススメのDELLパソコン。メーカー直販が安い!

デル株式会社

DDR SDRAM

SDRAMという規格に対し、さらにデータ転送のタイミングを倍にしたのがDDR SDRAM。2005年ごろまで、Celeron DやPentium 4を搭載するパソコンの主流でした。

DDR2 SDRAM

DDR SDRAMから速度を2倍にしたのがDDR2 SDRAM。
2005~2009年ごろのPentium D、Core 2 Duo、Core 2 Quadを搭載するパソコンの主流。2008~2009年にはCore 2 Duo、Core 2 Quadを搭載するパソコンでも、マザーボードによってはDDR2かDDR3が搭載できる状況もありました。
しかし、Core 2 Duo、Core 2 Quadはメモリーコントローラを内蔵しないため、チップセットに一任しており、DDR3にしたところでDDR2と大差がありませんでした。

DDR3 SDRAM

DDR2 SDRAMから速度を2倍にしたのがDDR3 SDRAM。
より一層の省エネ&低発熱となっています。CPUがデータを必要とする前にメモリから先読みして取り出す機能(プリフェッチ機能)を備えています。
2008年11月以降から発売となったCore i7、Core i5搭載パソコンはDDR3のみの対応です。メモリコントローラーを内蔵するため、高速DDR3の恩恵が得られます。

モジュール名でチェック

下記の表を参考にしてください。メモリを選択しようとしたらDDRとかDDR2ではなく、「PC~」とかで表記されている場合があります。これはモジュールの規格名です。たとえば「PC2 6400」であれば「毎秒6400MB」の転送速度を持っています。
HDDのSATA2規格では「毎秒300MB」なので、メモリがいかに高速であることが分かります。

そこで、同じDDR2であっても転送速度に差があります。しかし、理論上、高速化していても速度には他の要因が大きいため、ほとんど体感速度を感じません。

チップ名(動作周波数)

下記の表を参考にしてください。チップ名にある数値が周波数にあたります。
「DDR2-800」なら800MHzです。同規格内であっても周波数が上がることで転送速度が上がります。周波数が高い方が理論上では高速ですが、ほとんど違いを感じないのが実状。周波数よりも容量の大きさが影響力を持ちます。

メモリの種類 モジュール名 チップ名
DDR SDRAM PC 1600 DDR-200(MHz)
PC 2100 DDR-266A
DDR-266B
PC 2700 DDR-333
PC 3200 DDR-400
PC 4000 DDR-500
PC 4200 DDR-533
DDR2 SDRAM PC2 3200 DDR2-400(MHz)
PC2 4200 DDR2-533
PC2 5300 DDR2-667
PC2 6400 DDR2-800
DDR3 SDRAM PC3 6400 DDR3-800(MHz)
PC3 8500 DDR3-1066
PC3 10600 DDR3-1333
PC3-12800 DDR3-1600
PC3-14400 DDR3-1800
PC3-16000 DDR3-2000
PC3-17066 DDR3-2133

パソ兄さんオススメのDELLパソコン。メーカー直販が安い!

デル株式会社
次のメニューは ≫ デュアル・チャンネルを活用する
メモリのメニュー
納得パソコン購入術!パソ兄さん(DELL購入のガイド)TOPへ戻る