デル Inspiron 546が新発売!
DELLパソコンを納得して購入するために、デルユーザーのパソ兄さんが、購入ポイントやカスタマイズ知識を解説します。
納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド
パソコン知識

免責事項・ご連絡等

当サイトはリンクフリーですが、当サイトのデザインおよびテキストの無断転載・複製を固く禁じており対処しています。当サイトでは、楽天リンクシェア、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。当サイトをご利用の際は、以下にリンクの免責事項をよくお読みください。

DELLパソコン購入Inspironデスクトップ
詳しくはデルのサイトで
⇒Inspiron 546販売終了

クアッドコアのPhemon X4が搭載可能なモデル。低価格で購入できるエントリー扱いのため、クアッドコアマシン購入のチャンス!デザインや拡張性、基本的な特徴は姉妹機のInspiron 545と同じ。さらに、Inspiron 545よりも強力なオンボードグラフィックを搭載しているので、グラフィックカードがなくてもHDコンテンツの再生が可能!さらにHDMI端子を標準装備するなど姉妹機Inspiron 545にはないメリットが多し。


人気モデルデル販売終了製品
詳しくはデルのサイトで
⇒Inspiron545

デュアルコアのインテル Core 2 Duoプロセッサー搭載可能。
メイン機としてはデル初となる、複数色からのボディカラーが選択できます。32bitOSだけでなく64bit OSにも対応するので、最大8GBメモリの搭載が可能になりました。
拡張性の高いミニタワー型パソコン。ライトなゲーム、マルチメディア、ホームオフィス用など幅広いニーズに対応。


デル販売終了製品
詳しくはデルのサイトで
⇒Studio Desktop

Inspiron 545、546の上位機種。(本来ならInspiron 546が肩を並べるはずのグレードですが・・。)
クアッドコアのインテル Core 2 Quadプロセッサーを標準搭載。拡張性はそのままに、通常のミニタワー型よりも高いカスタマイズが可能。豊富な端子を標準装備しており、IEEE1394、HDMI端子、ギガビットイーサーLAN、光デジタル音声出力などを標準装備しているので、次世代エンタテインメント使用に充分備えてあります。

DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパソコン・パーツ

デルの新製品情報 ≫ 2009年7月22日

AMD製CPUモデル、Inspiron 546新発売!

2009年7月22日に、AMD製CPUを搭載した、拡張性の優れたミニタワー型デスクトップInspiron 546が新発売しました。

すでに4月から登場しているインテルCPUモデルのInspiron 545の姉妹機になります。
同じ筐体で、ハードディスクや光学ドライブが各2台搭載できる拡張性を持ち、最小重量、拡張スロット数、300Wの電源ユニット搭載など、両機とも同じ特徴です。

高性能なオンボードグラフィック「Radeon HD 3200」を内蔵
ただ「インテル製CPUモデルに、AMD製CPUを搭載しただけ」と思うのは、やや早合点です。というのも、このInspiron 546が搭載するチップセットAMD 780Gは、オンボードグラフィックのRadeon HD 3200を内蔵しており、ブルーレイのような高精細コンテンツ(HDコンテンツ)を再生できるグラフィック性能を誇ります。
つまり、姉妹機シリーズ(Inspiron 545、545s、535)のなかでは唯一、グラフィックカードなしでもHDコンテンツが扱えるマシンです。
さらにオンボードでHDMI端子を標準装備するため、液晶テレビにつないでブルーレイ映画鑑賞などもいいですね。

チップセットのAMD 780Gには動画再生支援機能の「ATI Avivo HD」を内蔵しており、動画再生にてCPUの負担を軽くすることができます。
なお、姉妹機Inspiron 545のオンボードグラフィックはGMA 3100で、HDコンテンツを再生できるグラフィック性能はありません。姉妹機Inspiron 545がInspiron 546に太刀打ちするには、グラフィックカードの搭載が必須になります。予算節約でどうしてもグラフィックカードを搭載しないというなら、Inspiron 546をお勧めします。

トリプルコアおよび、クアッドコアが搭載できる!
姉妹機Inspiron 545では、Pentium およびCore 2 Duoといったデュアルコアの搭載までですが、Inspiron 546では、トリプルコアのPhenom X3やクアッドコアのPhenom X4が搭載できます。デルのエントリークラス・モデルでは初のクアッドコア仕様ですね。

AMD製クアッドコアのPhenom X4について
AMD製クアッドコアのPhenom X4は、インテルのクアッドコアであるCore 2 Quadの対抗馬ですが、世間的にはCore 2 Quadのほうが定評があります。
Phenom X4は真のクアッドコアと呼べる構造でありながら、それを発揮できるソフトウェアが少ないため、Core 2 Quadよりやや劣った扱いを受けるようです。
そういったこともあり、価格が下がりエントリー向けデスクトップに採用されたのでしょう。
ある意味、購入の好機かもしれません。ただ、ほとんど開発されるソフトウエアはインテルCPUのパソコンで検証されており、その点、気分的な問題でAMD製CPUモデルを購入する抵抗感がデメリットです。
なお、Inspiron 546には、Phenom X4の後継である「Phenom 2 X4」も後日サポートするようです。「Phenom 2 X4」は45nmプロセスで製造され、高クロック化や低消費電力などの改善がされています。(2009年7月時点)

Hybrid Graphicsはどうなる?
Inspiron 546が搭載している「AMD 780Gチップセット」には、Hybrid Graphicsテクノロジという機能があります。Hybrid Graphicsとは、Radeon HD 3450のグラフィックカードを搭載した場合に、オンボードグラフィックのRadeon HD 3200と連動することができる機能です。なお、通常の1.7倍ほどの性能を発揮するそうです。
しかし、デルサイトでは公表されておらず、そもそもRadeon HD 3450のグラフィックカードのカスタマイズがないところをみると非サポートのようです。個人的には独自にグラフィックカードを導入して試してみたいところですが、Bios設定の時点でサポートしていないかもしれません。いずれにしても、高度な3Dゲームができるほどの性能ではないでしょうから、無視してもかまわないでしょう。

Inspiron 546の概要

AMDのデュアルコアであるAthlon X2をはじめ、トリプルコアのPhenom X3やクアッドコアのPhenom X4が搭載可能。
チップセットにはAMD 780Gを採用し、このチップセットに内蔵されるオンボードグラフィックのRadeon HD 3200は、ブルーレイ再生や地デジ等のHDコンテンツに対応できるグラフィック性能があります。
ですから、グラフィックカードを搭載しない状態で比較するなら、姉妹機のInspiron 545よりも高性能になります。
姉妹機のInspiron 545はインテル製デュアルコアまでですが、Inspiron 546はAMDのトリプルコアおよびクアッドコアが搭載できます。スリム型のInspiron 545sよりも高い拡張性で、グラフィックカードもワンランク上のものがカスタマイズできます。


筐体や拡張性は姉妹機(インテルCPUモデル)のInspiron 545と同じ。
拡張性に優れる
ハイエンド・モデルほどの拡張性はありませんが、光学ドライブ、HDDが各2台まで搭載可能。電源がInspiron 545sよりも50W多い300W搭載。一般的なホームエンターテインメントには充分ですが、上級者向けの高負荷な3Dゲーム用にはやや難があります。ライトな3Dゲームなら充分プレイできます。
基本的な家庭用娯楽パソコンとして、コストパフォーマンスと拡張性に優れたベストバランスなモデルです。
選べるカラーバリエーション
ボディカラーを「ブラック、ホワイト、レッド、パープル、グリーン、ブルー、オレンジ、ピンク」の8色から選べます。部屋の雰囲気に合わせてコーディネートできるので、ますます女性にも購入しやすくなりましたね。
64bit OSに対応、および4GB以上のメモリ搭載が可能に
32bitおよび64bitにもカスタマイズ対応。64bitにすることで4GB、6GB、8GBの大容量メモリの搭載が可能です。(32bitでは認識できるのは3GB弱までです。)
ただし、64bitOSは従来の32bitソフトでは不具合を生じる場合もあるので、使用環境をしっかり把握しておかなければなりません。
HDMI端子を標準装備
このクラスのモデルでは非常に珍しいHDMI端子をオンボードで標準装備しています。HDMI端子は「DVI」をベースに設計された規格で、液晶テレビや液晶モニタへのデジタル出力できます。1本のケーブルで映像データ・音声データ・著作権保護の制御信号をまとめて転送することができます。
その他、特長
LAN端子はギガビットイーサーではないので、サーバー接続などのネットワーク経由で使用する場合は低速です。その場合は拡張カードで対応することになります。
ただ、インターネット使用ならそのままでまったく問題ありません。
内部、拡張カードのスロットは、PCI-Express×16が1スロット、PCI-Express×1が1スロット、PCIが2スロット。)USB端子は計6つあり、5.1ch対応のオーディオ出力を持ちます。さらにカスタマイズでカードリーダーやBluetoothを搭載すれば、使い勝手がよくなります。

なお、Inspiron 546が搭載できるPhemon X4については、こちらの記事も参考に!
AMD製クアッドコアCPU、Phemon X4について

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年9月30日(月)まで】
増税直前ファイナルセール!20%オフクーポン対象製品多数!
Core i5以上のCPU搭載DELL製品購入で、Amazonギフト券10,000円分が抽選で600名に当たる!
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定~予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

納得パソコン購入術!パソ兄さん(DELL購入のガイド)TOPへ戻る