デル Inspiron 535が新発売!
DELLパソコンを納得して購入するために、デルユーザーのパソ兄さんが、購入ポイントやカスタマイズ知識を解説します。
デルパソコンの紹介
納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド
パソコン知識

免責事項・ご連絡等

当サイトはリンクフリーですが、当サイトのデザインおよびテキストの無断転載・複製を固く禁じており対処しています。当サイトでは、楽天リンクシェア、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。当サイトをご利用の際は、以下にリンクの免責事項をよくお読みください。

デルパソコン紹介
デル
購入デル個人向けデスクトップ
購入デル個人向けノートパソコン
購入デルパソコン使用レビュー
DELLランキング
デスクトップ月間人気ランキング
ノートパソコン月間人気ランキング
デルPC総合人気ランキング
マイ ワースト デルパソコン
デル期間限定
デルパソコンのお買い得情報
セキュリティ
セキュリティソフト

DELLデスクトップPCレビューDELLノートパソコン・レビューパソコン・パーツ

デルの新製品情報 ≫ 2009年6月23日

デルのXP搭載モデル、Inspiron 535新発売!

2009年6月23日に、ダウングレードによるWindows XP搭載専用モデルのInspiron 535が新発売されました。ただ、新発売といっても4月に発売したInspiron 545をWindows XP搭載仕様にしたようなものです。ただし、後述しますが一部構成や仕様が異なっているのでそこは要チェックです。

Inspiron 535はXPモデル
Inspiron 545が4月に発売されたときは、Windows VistaおよびダウングレードによるXP搭載が選べましたが、どうやらXP搭載をInspiron 535に譲る形になりました。
ハードディスクや光学ドライブが各2台搭載できる拡張性や筐体サイズ、最小重量、拡張スロット数、300Wの電源ユニット搭載など、両機とも同じ特徴です。
VistaモデルならInspiron 545。XPならInspiron 535と把握しておきましょう。

Windows XPへのダウングレード権とは?
Windows XPへのダウングレード権とは、Windows Vistaの「Business」か「Ultimate」に対して、通常は有償で与えられるダウングレード権です。Windows VistaのHome Basic、Home Premiumには与えられません。
そして、ダウングレードできるXPはWindows XP Professionalになります。
これまで一般家庭向けであったWindows XP Home Editionではありませんが、Windows XP Professionalのほうが多機能なので、その点はメリットです。
ダウングレード権の「Windows Vista Business」で、Windows XP Professionalがインストールされて出荷されます。デルのテクニカルサポートではVista、XPの両方を受けることができます。 つまり、Windows VistaとXPのライセンスを両方持つわけですが、ダウングレード権で所有した場合、両方を同時に使うことはできません。 XPを使っているときはVistaを使うことはできません。同様に、後にVistaへアップグレードしたときは、XPを使うことができません。
Windows VistaはBusinessになるわけですが、ダウングレード権では選択できないHome Premiumとの違いは以下の通り。Businessはビジネス向けということもあり、娯楽向けのプログラムは省かれていますが、ネットワーク設定やバックアップシステムに長けています。個人で使用するにしても何の支障もありません。むしろ、玄人には歓迎です。娯楽ソフトはOSに頼らず、独自に用意すればいいわけですし。

チップセットについて
ただし一部構成の違いがあり、採用しているチップセットが異なります。
Inspiron 545ではG33、Inspiron 535ではG31を採用。
どちらのチップセットもクアッドコアのCore 2 Quadに対応するものですが、デルでは両機ともサポートしていません。
またG31は搭載できるメモリが4GBまでなので、Inspiron 535は64bitOSに対応しないことがわかります。一方、G33を搭載するInspiron 545では32および64bitOSに対応できます。
グラフィック性能について
オンボードグラフィックでは、(グラフィックカードを搭載しない場合では)、両機ともチップセット内蔵のGMA 3100が採用されるため、グラフィック性能が同じです。
GMA 3100はVistaの操作において、場合によりモタツキを感じさせる性能なので、グラフィックカードの搭載をお勧めしておきます。
Inspiron 545と異なる項目
Inspiron 545とは多くの点で共通しますが、Inspiron 535が異なる点をまとめると次の通りです。
Inspiron 535はXP搭載専用モデル(Vistaへの移行は無償で可能)。
Inspiron 545はオンボードで7.1chサウンド対応ですが、Inspiron 535では5.1ch。
Inspiron 535のチップセットはG33ではなくG31
(メモリ制限で事実上、64bitOS搭載は無意味になる)。
6〜8GBメモリの搭載は不可。(64bitOSはカスタマイズ不可。)
グラフィックカードはInspiron 545ほうが高性能なものが選べる。

Inspiron 535の概要
Inspiron 535の筐体デザインは、Inspiron 545と同じです。概要は以下の通り。
デュアルコアのインテル Core 2 Duoプロセッサー搭載可能。
チップセット内蔵オンボードグラフィック(GMA 3100)の構成で、インターネットやビジネスソフトの使用なら充分な基本性能を持ちます。しかし、快適に娯楽用として使いたいなら、構成にグラフィックカードの搭載が必須となります。
グラフィックカードを搭載すれば、ブルーレイや地デジなどのHDコンテンツ(高精細コンテンツ)に対応できます。スリム型のInspiron 545sよりも高い拡張性。
拡張性にも優れる
ハイエンド・モデルほどの拡張性はありませんが、光学ドライブ、HDDが各2台まで搭載可能。電源がInspiron 545sよりも50W多い300W搭載。一般的なホームエンターテインメントには充分ですが、上級者向けの高負荷な3Dゲーム用にはやや難があります。ライトな3Dゲームなら充分プレイできます。(グラフィックカードの搭載は事実上、必須!)
基本的な家庭用娯楽パソコンとして、コストパフォーマンスと拡張性に優れたベストバランスなモデルです。
選べるカラーバリエーション
ボディカラーを「ブラック、ホワイト、レッド、パープル、グリーン、ブルー、オレンジ、ピンク」の8色から選べます。部屋の雰囲気に合わせてコーディネートできるので、ますます女性にも購入しやすくなりましたね。
その他、特長
LAN端子はギガビットイーサーではないので、サーバー接続などのネットワーク経由で使用する場合は低速です。その場合は拡張カードで対応することになります。
ただ、インターネット使用ならそのままでまったく問題ありません。
内部、拡張カードのスロットは、PCI-Express×16が1スロット、PCI-Express×1が1スロット、PCIが2スロット。)
USB端子は計6つあり、5.1ch対応のオーディオ出力を持ちます。さらにカスタマイズでカードリーダーやBluetoothを搭載すれば、使い勝手がよくなります。

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年9月30日(月)まで】
増税直前ファイナルセール!20%オフクーポン対象製品多数!
Core i5以上のCPU搭載DELL製品購入で、Amazonギフト券10,000円分が抽選で600名に当たる!
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定〜予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

納得パソコン購入術!パソ兄さん(DELL購入のガイド)TOPへ戻る