納得パソコン購入術!パソ兄さんは、DELL(デル)購入ガイド Core i7搭載のデルパソコンが発売されます。
DELLパソコンを納得して購入するために、デルユーザーのパソ兄さんが、購入ポイントやカスタマイズ知識を解説します。
デルパソコンの紹介 サイトマップ
 
デルの新製品情報 ≫ 2009年3月5日

Core i7搭載のStudio XPS 435が登場!

Studio XPS 435が登場!
2009年3月3日より、インテル Core i7を搭載したハイエンド・デスクトップ機のStudio XPS 435が発売になりました。インテルの最新CPUであるCore i7が市場で販売開始したのが2008年11/16日、翌12月にはCore i7搭載のデル製品が2機種が登場しているのでStudio XPS 435は3番目の登場です。
すでに登場したCore i7機、Studio XPSは価格やサイズからすると購入しやすいタイプですが、64bitOSのみの対応(2009年3月時点)なので、まだ一般ユーザーには向きません。またXPS 730xは最高峰クラスのため、価格が一般的ではありません。

そこでStudio XPS 435が登場です。32bit/64bit OSが選択でき、購入しやすい価格設定なので中級者でも選択の余地があります。
Core i7 965 Extreme Editionを搭載できるため、Studio XPSよりもっと高いニーズに応えます。
さらに電源が475Wと充分あるので上級者向けのグラフィックカードの搭載ができます。3Dゲーム専用や動画編集、ブルーレイディスクを多用する環境に充分すぎる性能。
64bit OSにすれば、メモリを最大24GBまで搭載が可能です。 3枚同時搭載によって高速化される「トリプル・チャンネル」にも対応。
斜体かかった斬新なデザインに、HDDは3台、光学ドライブ2台搭載できる拡張性。メディアトレイ装備など上位クラスならではの存在感。
しばらくパソコンを買い換えるつもりがないなら、これぐらいのパフォーマンスPCにしておけば、64bit OSの時代に突入しても現役でバリバリ使い込んでいくことも可能でしょう。(32bitOSで購入して後に64bitに切り替える場合は、新たにOSの導入が必要です。※デルのサポート対象外になります。)

Studio XPS 435の概要

Studio XPS 435上級者も納得の拡張性
Core i7プロセッサー搭載

次世代クアッドコアのCore i7プロセッサーを搭載。
また、Core i7 965 Extreme Editionを搭載できるため、下位クラスのCore i7モデルよりもっと高いニーズに応えます。
32bit/64bit OSが選択できる
Core i7は64bit OSの時代を見込んでいるためか、パソコン市場的には32bitモデルが少ないとされますが、Studio XPS 435は従来の32bitもサポートしています。
64bit化により大容量メモリの搭載が可能
32bit版ではメモリ搭載が最大4GB(認識は3〜3.5GB)までですが、64bit OSにすれば、最大24GBの搭載が可能です。
3枚同時搭載によって高速化される「トリプル・チャンネル」にも対応します。(3GBまでは32bit OSでも可能。6GB以上は64bit OSになります。)
斬新なデザイン
半透明ブラックの前面にピュアホワイトのサイド。縁にはオレンジ・ラインであしらったデザインです。斜体かかったボディに天井はメディアトレイといわれる窪みがあります。
メディアトレイ
メディアトレイには携帯電話やデジタル・オーディオプレイヤーなどUSB経由で充電する機器を置けて、メディアトレイに装備されているUSB端子が使えます。
豊富な端子を標準装備
前面にUSB端子が4つ(メディアトレイ側に3つ)、15規格対応のメディアカードリーダー。ヘッドフォンとマイクフォンを装備。背面には、USB端子が4つ、IEEE1394が1つ、e-SATA、光デジタル音声出力、高速ネットワークのギガビットイーサーLAN、7.1ch対応のオーディオ出力、ヘッドフォンとマイクフォンを持ちます。
上級者も納得の拡張性
HDDは3台、光学ドライブ2台搭載できる拡張性を持ち、拡張カードのスロットは、PCIが1つ、PCI Express×1が3つ、PCI Express×8が1つ、PCI Express×16が1つあります。
グラフィックカードは標準搭載なので、HDMIやDVIといったモニタ出力端子はグラフィックカードの選択で調整します。

Core i7とはどんなCPU?

まず、Core i7とはどんなCPUか解説します。ソケットはLGA1366、現在主流のLGA775は2004年に登場したので4年ぶりの新型CPUになります。
Core i7はCore 2 Duo、Core 2 Quadとは異なる構造で互換性が全くありません。しかし、互換性を気にしなくてはいけないのは自作ユーザーだけで、デルパソコンを購入する分には全く関係のないことです。
Core i7は4つのコアを持つ新型クアッドコアで、これまでのクアッドコアであるCore 2 Quadとは違います。

Core i7以前のクアッドコア、Core 2 Quadとは

最近値下がりし、多くのユーザーが導入しやすくなった「Core 2 Quad」はクアッドコアCPUです。4つのコアを持つクアッドコアですが、厳密に言うと、デュアルコア2セットを1パッケージにしただけです。 専門的にいうと「2ダイのクアッドコア」です。
2次キャッシュメモリは2コアごとに共有しています。(キャッシュメモリとは、CPUが内蔵するメモリで、メインメモリよりも高速にデータアクセスできます。低容量だがもっとも高速な1次キャッシュ、その次に高速な2次キャッシュ、というつながりです。)
メインメモリを管理する「メモリコントローラー」は外部にあるチップセットにあり、CPUはメインメモリに直接アクセスすることはできません。チップセットを介するためタイムロスが生じます。
クアッドコアCPU

インテルの新型クアッドコア、Core i7とは

Core i7」は4つのコアをひとまとめ(1ダイ)にした、ある意味、真のクアッドコアです。
Core 2 Quadの後継となる存在ですが、構造自体が異なるため互換性がありません。そのためマザーボードやメモリなど、これにあわせたパーツが必要です。(デルパソコンを購入するなら意識する必要はありません。)
新型クアッドコア、Core i7
Core i7の大きな特徴として、以下の通りです。
8コア
ハイパー・スレッディング テクノロジーで、8スレッドが可能

物理的には4つのコアですが、ハイパー・スレッディング・テクノロジーにより擬似8コアで処理することが可能です。OSからは8コアとして認識されます。
ターボ・ブースト テクノロジー
通常、4つのコア(マルチコア)に電源供給がされていますが、マルチコアに対応していないソフトなどで高負荷を要求されたときに、一部のコアの電源供給を断ち、残りのコアに電源をまわします。いわゆる自動オーバークロック機能。
3次キャッシュメモリを搭載
これまで2次キャッシュメモリを共有する構造が主流でしたが、各コアごとに2次キャッシュメモリを配し、新たに3次キャッシュメモリを共有化。キャッシュメモリが増えることで、メインメモリへのアクセスが減り、ますますの高速化。
メモリコントローラーをCPUに統合
グラフィックカードやメモリを管理していたチップセットから、メモリ コントローラーを除き、メモリ コントローラーをCPUに統合しました。よってCPUがダイレクトにメモリへアクセス可能になり高速化。
FSBに代わり、より高速なQPIを採用
CPUとチップセットをつなぐ経路にQPI(QuickPath Interconnect)を採用することでデータ転送が高速化。従来のFSBはなくなりました。
メモリはDDR3を搭載
Core i7を搭載するパソコンにはDDR3のメモリが必須となります。現在主流のDDR2には対応しません。また、同じ仕様のメモリを3枚搭載することで高速化される「トリプルチャンネル」に対応します。

 

Core i7搭載デルパソコン、3機種がそろいました!

32bitも対応し、購入しやすい価格でありながら、
優れた拡張性と高い基本性能のStudio XPS 435

次世代クアッドコアのCore i7プロセッサーを搭載。
Core i7 965 Extreme Editionを搭載できるため、下位クラスのCore i7モデルよりもっと高いニーズに応えます。物理的なコアは4つですがHTテクノロジーで、 OSからは8コアとして認識。
さらに電源が475Wと充分あるので上級者向けのグラフィックカードの搭載ができます。3Dゲーム専用や動画編集、ブルーレイディスクを多用する環境に充分すぎる性能。32bit/64bit OSが選択でき、、64bit OSにすれば、メモリを最大24GBまで搭載が可能です。 3枚同時搭載によって高速化される「トリプル・チャンネル」にも対応。
斜体かかった斬新なデザインに、HDDは3台、光学ドライブ2台搭載できる拡張性。メディアトレイ装備など上位クラスならではの存在感。購入しやすい価格なので中級者でも選択の余地があります。。studioxpsデル販売終了製品
設置しやいミニタワー型で、購入しやすい価格。
64bitOSユーザーならお勧めのStudio XPS

【Studio XPS】
Core i7搭載で、ゲームーや3DCG製作などのニーズに応えます。ミドルクラスのグラフィックカードを選択でき、64bit OSをサポートするため4GB以上のメモリ搭載も可能です。長期的な使用を考えるなら、コスト的にも悪くないと思います。
サイズもほどいいミニタワー型。ただ電源が360Wで気持ち少なめなので、デルのカスタマイズ枠を越えて独自にパーツ増設するなら電源容量に注意。
ネーミングが紛らわしくStudioなのかXPSなのか疑問ですが、どうやらStudioシリーズのようです。Studioシリーズでありながら「XPS」の特長である「最新で最高のパフォーマンスと高い拡張性」を持ち合わせたブランドコンセプトだそうです。xps730xデル販売終了製品
とにかく最高峰!XPS 730x
【XPS730x終了】
Core i7搭載で、ゲームーや3DCG製作などのニーズに特化した最高峰モデル。最新で最高峰のグラフィックカードを選択でき、64bit OSをサポートするため4GB以上のメモリ搭載も可能です。アルミニウム素材のボディを採用。LEDのライトアップが可能で、高級感を演出できます。とにかく価格も最高峰

 

欲しい時が、DELLパソコンの購入タイミング!

DELLクーポン情報

【2019年9月30日(月)まで】
増税直前ファイナルセール!20%オフクーポン対象製品多数!
Core i5以上のCPU搭載DELL製品購入で、Amazonギフト券10,000円分が抽選で600名に当たる!
5年連続・世界シェアNo.1!DELLモニタ。最大30%オフクーポン!
(Everydayクーポン対象は最大34%オフ)

クーポンコード掲載はこちら ⇒ 【DELL公式】 お買い得情報ページ

DELLと楽天ポイント
DELL直販合計8万円(税抜)以上購入で、
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼント!

合計15万円(税抜)以上購入なら、
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼント!

パソ兄さんサイト経由特典となっており、リンク先の専用ページでの手続きが必要になります。(それ以外の注文では対象外) ※2019年9/26改定〜予告なく変更または終了する場合あり

8万円以上購入なら ⇒ 【3,000ポイント付与の優待専用ページ】

15万円以上購入なら ⇒ 【7,500ポイント付与の優待専用ページ】

※DELLは、「顧客満足度調査 2019-2020年 ノートPC部門2年連続1位」
出典-日経コンピュータ 2019年8月22日号 顧客満足度調査より

デルの新製品情報

  デル、ホームユーザーのパソコン
デルパソコンの紹介
デル個人向けデスクトップ
デル個人向けノートパソコン
デルパソコン使用レビュー
デル、ビジネスユーザーのパソコン
デル法人向けデスクトップ
デル法人向けノートパソコン
人気デルパソコンランキング
デスクトップ月間人気ランキング
ノートパソコン月間人気ランキング

デルPC総合人気ランキング
ワースト デルパソコン


デルパソコンには、正しいセキュリティソフトの選び方
デルパソコンの紹介デルパソコン使用レビューデルパソコンお買い得情報!デルについてデルの新製品情報
カスタマイズ・ナビ(パソコン・パーツ知識)パソ兄さんのパソコン記事直販スタイルのタイプ別
納得パソコン購入術!パソ兄さん(デル購入のガイド)TOPへ戻る|