DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELLノートパソコン
  3. Alienware M14x R2

DELL Alienware M14xレビュー項目(M14xR2)

2012年5月に発売されましたが、以下、レビュー情報は2012年7月時点、実機の現状レポートとなります。一部、2012年10月時点の情報も加筆しております。DELLの販売時期による仕様変更をご理解の上、ご覧ください。

Ivy Bridge設計の本格派14インチゲームノート、Alienware M14x

14インチ液晶画面を搭載した、本格ゲームノートのAlienware M14xをレビューします。Alienware M14xは襲名状態ですので、ここで紹介する機種はシステムモデル名では「Alienware M14xR2」と呼ばれる製品です。

Alienware M14xレビュー機
Alienware M14xは、Ivy Bridge設計でチップセットにHM77を採用。今回のAlienware M14xレビュー機では、Core i7-3610QM + GeForce GT 650Mの構成となっています。ディスプレイは14インチWLED光沢液晶で解像度1600×900です。2012年10月時点で、1366X768も選択可能です。

Alienware M14xの特徴は、第3世代Core i5 / i7搭載、単体GPUにGeForce GT 650Mを搭載する高スペック!メモリは最大で16GB (8GBx2) DDR3 のようです。DELLノート製品で最強スペックのゲーム専用マシンです。14インチノートとしてはかなり重量級ですが、最小重量2.92 kg程度なのでゲーミングノートとしては比較的気軽に持ち運べます。ただし、個性的なデザインですのでマニアックユーザー向けであり、このデザインは「受け入らない!」というゲームユーザーは、Inspiron 17R Special Edition(7720)をお勧めします。

サブウーファ内蔵の2.1スピーカ構成Alienware M14x性能以外にも付加価値の高さがあります。まずAlienwareシリーズの定番機能の「設定できるイルミネーション機能」。そしてサブウーファ内蔵の2.1スピーカ構成。全般的にコーティングされているシリコン素材などです。これらはのちに個々に紹介します。

ミステリアスな梱包パッケージ~Alienware M14x

Alienware M14xの梱包箱を開けてみる
Alienware M14xの箱を開けてみます。カスタマイズによって違いはあると思いますが、基本的には「電源アダプタと電源ケーブル、書類とドライバ等のDVDが付属しています。箱の内側にはミステリーサークルのパターンデザインが印刷されています。

オリジナルのソフトケースがついてくるAlienware M14x
Alienware M14x本体はオリジナルのソフトケースに収納されていて、緩衝材に挟まれています。小箱には電源アダプタと電源ケーブルが収められています。
Alienware M14x リソースメディア(OSディスク)、システムドライバ、ユーティリティソフトが同梱されていました。DELLのエントリーモデルでは「OSメディアなし」というパターンなんですが、 Alienware M14x ではOSディスクがあったので構成に記載されていた「リソースメディア」がOSディスクなんだと理解しています。

※付属品の内容に関しては、2012月7月時点におけるレビュー実機の現状レポートであり、参考にされ購入されても内容が同様である保証はしておりません。仕様変更の可能性もありますのでご理解の上、ご参考ください。

150WのacアダプタがAlienware M14xについてくる
ACアダプタは150W。コネクタ部分は青色に発光するLEDが仕込まれています。これはDELLのAlienwareシリーズ以外でも使われているACアダプタです。ノートとしては高出力だから仕方がないのかもしれませんが、ケーブルは比較的太めで固め。ちょっとしたゴアゴア感は否めません。

Alienware M14xのサイズ

サイズは、幅 337mm、奥行258.36 mm、厚み37.8 mm
Alienware M14xのサイズは、幅 337mm、奥行258.36 mm、厚み37.8 mm。重量がほぼ3kg。通常タイプの14インチノートよりもデカいし重いですが、これで本格3Dゲームが持ち運んでプレイできるのだから充分許容範囲。ゲーミングノートとしては比較的気軽に持ち運べると思います。

Alienware M14xの天板デザイン~シリコン・コーティング

今度のAlienware M14xは手触り感にこだわっています。底面以外のほとんどの箇所にシリコン素材でコーティングしています。シリコンのソフトな手触りが楽しめます。最近、ケータイ電話でもシリコン・コーティングされているケースが見られますね。このシリコン・コーティングによって指紋がつきにくいというわけではないですが、光沢のプラスチック素材みたいにベタつく印象はありません。さっと拭き取ることができます。また、擦り傷の防止にもなるのではないかと思われます。シリコンの特長は、放熱性の高さがあります。

Alienware M14xの天板カラーはステルスブラック
今回レビューしているAlienware M14xの天板カラーはステルスブラック。シリコンでコーティングされているので非光沢です。天板は完全なフラットではなく、中央に薄っすらと窪んだデザインです。そして、ガンメタリックのエイリアンヘッドはお馴染みです。・・個人的には好きではないが。

Alienware M14xのネブラレッド
天板カラーバリエーションには、ネブラレッドがあります。そのモデルの実機は手元にないので、旧型Alienware M14xのネブラレッドモデルの写真を掲載しておきます。Alienware M14xの外観デザインは同じなのでカラーイメージの参考にどうぞ。シャア専用が好みならぜひチョイスしたいモデルです。

装備端子~Alienware M14xのインターフェース

Alienware M14xでは、USB3.0端子が計3つ。端子が豊富とはいいませんが、「VGA端子、HDMI端子、ミニDisplay Port端子」がありモニタ出力では三拍子揃っています。また、「ヘッドフォン・マイクコンボ端子」というのがあり、他のPCではあまり見られない端子です。

前面~フロントグリルデザイン

左右にフロントグリル
Alienware M14x前面には装備端子はありません。左右にフロントグリルがあり、スポーツカーの顔のようなデザインです。グリルは一見スピーカーのように思えますが(ずっとスピーカだと思い込んでいましたが)、これはただのイルミネーション・ゾーンの1つです。グリルの周りは光沢ブラック(クロムメッキ?)で、それ以外はシリコンでコーティングされています。中央に窪みがあるのでディスプレイを開くのが容易です。

源コネクタと排気口
Alienware M14xの背面に電源コネクタと排気口があります。1時間ほどベンチマークソフトを起動し続けてみましたが、高負荷状態では排気音はそれなりに大きいです。(逆に静かすぎると放熱に問題ありでしょう)
ネットをしているときは、NVIDIA Optimusテクノロジーによってインテル HDグラフィックス4000に切り替わっているためか、稀に風切り音が起こる程度です。

Alienware M14xの前面越しで背面を見ようとすると、断面が斜めカットのデザインのため背面がよく見えない。Alienware M14x本体の向きを変えないと電源コネクタの接続がやりづらいことがあります。幸い、背面にはUSB端子がないので、これは問題視しなくてもいいでしょう。

右側面~スロットイン式光学ドライブ

スロットイン式光学ドライブ搭載のAlienware M14x
Alienware M14xの左側面。スロットイン式光学ドライブ、USB3.0× 2つ、ギガビットイーサーLAN、セキュリティロック穴を装備。

DVDスーパーマルチドライブ
スロットイン式なのでトレイを引き出す手間がいらない光学ドライブ。DVDスーパーマルチドライブのほか、ブルーレイコンボドライブの搭載が見られます。

左側面~もっとも端子群が集中する

VGA端子、HDMI端子、ミニDisplay Port端子装備のAlienware M14x
右側面。モニタ出力に「VGA端子、HDMI端子、ミニDisplay Port端子」の三拍子を完全装備。オーディオ端子では通常のマイク/ヘッドフォン端子のほか、「ヘッドフォン・マイクコンボ端子」を装備。USB2.0 (Power Share USB仕様 )が1つで、パソコンの起動なしにUSB経由で周辺機器の充電が可能です。一番右側には9規格対応のメディアカードスロットを装備。なお、USB3.0の登場で、eSATA端子は淘汰されていくでしょう。

Alienware M14xの底面~空冷システムとサブウーファ内蔵

Alienware M14xの底面では、さすがにシリコン・コーティングはされていません。ポリカーボネート(工業プラスチック)のままです。また、バッテリー、メモリ、HDDへのアクセスは分解が必要になるので容易ではありません。バッテリーは8セル スマート リチウムイオン(430g)が標準搭載されています。

Alienware M14xの底面にはサブウーファ
Alienware M14xの底面。一般的なノートと比べて、大掛かりな空冷システムが確認できます。

Powered by Klipsch
レーザー彫刻の金属製ネームプレートがあり、刻印サービスをカスタマイズメニューから注文することができます。英数字で最大20文字までです。謎のエイリアン文字の刻印、Klipschスピーカ搭載なのでそのロゴ(Audio Powered by Klipsch)」が印字されています。サウンドシステムにはCreativeサウンドブラスターを採用。THX TruStudio Proソフトウェアが付属しています。

※Klipsch Audio Technologies(クリプシュ・オーディオ・テクノロジース)は、アメリカの音響機器メーカー。アメリカ市場ではトップの売上を誇る。劇場で採用されるスピーカーでもトップシェア。

Alienware M14xのバッテリーメータ
底面吸気口の上にバッテリーメータを搭載。

Alienware M14xの2.1chサウンドの感想
先端にサブウーファ内蔵で、2.1chサウンド構成です。Alienware M14xの2.1chサウンドの感想ですが、これまでのDELL17.3インチノート(XPS 17やStudio 17)の2.1chと比べると臨場感に欠ける気がします。14インチノート筐体のため、スピーカーが小ぶりだからだと推測されます。これは過度な期待はしないほうがいいでしょう。それでもスタンダードノートのサウンドよりは楽しめるクオリティがあります。

DELLパソコン買いどきチェック!このリンクから「キャンペーン適用価格」ページへ

デル株式会社
Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.