DELL(デル)パソコン購入レビュー
  1. HOME
  2. DELLデスクトップパソコン
  3. Alienware X51(2012年 SandyBridge設計)

DELL Alienware X51(R1)レビュー項目

Alienware X51(SandyBridge)の後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

このAlienware X51レビューは2012年10月時点、および実機の現状情報となります。DELLはカスタマイズPCですので、販売時期によって仕様の変化があります。

追記:2013年9月にDELL Alienware X51がHaswell設計で新発売となりました。(Alienware X51 R2
当レビューは先代ですが、デザインは踏襲しているようです。

幅95mmのスリム・コンパクト本格ゲームPC!Alienware X51

DELLのAlienwareデスクトップシリーズと言えば、「ハイパフォーマンスのゲームPCだけど筐体は巨大でずんぐり」でしたが、ついにスタイリッシュでコンパクト・スリムのモデルが登場しました。幅95mmというスリムタワーでありながら、ハイエンドグラフィックカードを搭載するAlienware X51です。

2012年1月の発売のAlienware X51をレビューした。デザインチェック
Alienware X51は2012年1月の発売で、当時は前世代のSandyBridge仕様でした。しかし、今回レビューする実機では第3世代Core i7-3770を搭載しており、すでにIvy Bridge世代のCPUに対応しています。メモリは最大16 GB DDR3 (1600 MHz)搭載可能 。「インテル H61 Expressチップセット」を採用しており、これはSandyBridge世代のインテル 6シリーズですが、Ivy Bridge設計のCPUを搭載できるチップセットです。

本格ゲームPCのAlienware X51を購入

今回レビューするAlienware X51の構成

2012年1月発売のスリムミニタワー・ゲームPC。第3世代Core i7搭載可能。幅は95mmとスリム、重量5.5kgと軽量でありながら補助電源が必要なメインストリームクラスのグラフィックカードを搭載する、本格ゲームPC。縦置きだけでなく横置きも可能。AlienFXで本体のイルミネーションが設定できる。スロットイン式の光学ドライブを搭載。電源はACアダプタとなっており、240Wおよび330W。グラフィックカードはGeForce GTX 660、GT640が搭載可能。
(2012年10月時点)
コンポーネント レビューした構成 Windows エクスペリエンス インデックスのスコア
OS Windows 7 Home Premium SP1 64bit
プロセッサ インテル Core i7-3770 (3.4GHz , 8MB キャッシュ)
※クロック数最大3.9GHz
7.7
メモリ 8GB (4GBx2)DDR3 SDRAM メモリ(1600MHz) 7.8
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 660 1.5GB GDDR5 7.9(上限)
ゲーム用グラフィックス 7.9(上限)
プライマリハードディスク 1TB SATA HDD(7200回転) 5.9

Alienware X51を鷲掴みした様子
幅95mmのスリムボディに、今回の実機ではハイエンドグラフィックカードのNVIDIA GeForce GTX 660 1.5GB GDDR5を搭載しております。補助電源のいる大型グラフィックカードが「どのように格納されているのか?と気になるところですが、内部構造は後ほど紹介します。

発売当初、搭載できるグラフィックカードは「GeForce GTX 555、GT545」でしたが、2012年10月レビュー時点では、「GeForce GTX 660、GT640」に変更されていました。DELLはカスタマイズパソコンですので、今後も変わる可能性があります。

ミニタワーよりももっとコンパクトな筐体

XPS8500とAlienware X51のサイズ比較写真
Alienware X51の寸法は、高さ343 mm、奥行き318 mm 、幅: 95 mm。重量は5.5 kgほどなので、かなりコンパクトで軽量。Mini-ITXマザーボードを採用しているだけのことはあります。上の写真ではミニタワーのXPS 8300と並べていますが、それを上回るコンパクト性です。家庭ゲーム機のXbox 360みたいな風貌で、これが本格ゲームPCだと思うと新鮮味を感じますね。

随所、Alienware X51ならではの独特な設計がみられ、自作ではここまでのコンパクト・ゲームPCを導入することはできないと思われます。設置スペースを取りたくないPCゲームユーザーにお勧めです。

Alienware X51のACアダプタは330W
この筐体では当然のことながら電源ユニットは内蔵できるはずもなく、ACアダプタを採用しています。標準で240 W電源ですが、今回はとくに電力のいるNVIDIA GeForce GTX 660を搭載しているので、330 W電源となっています。

Alienware X51のカラーはブラックです
フロントは光沢ブラック、両側面は非光沢ブラックのデザインです。マットステルスブラックと呼ばれています。

dvdがキーになっているゲームにも対応するAlienware X51
スロットイン式の光学ドライブを搭載しています。

Alienware X51の電源ボタンとライト
上部にメッキ加工された電源ボタンを配置。起動時は六角形の電源ライトが点灯します。

Alienwareシリーズデザインを踏襲したAlienware X51
天井の通気部分など、Alienwareシリーズならではのデザインをしっかりと踏襲しています。

Alienware X51は縦置きだけではない!横置きも可能

Alienware X51は縦置きだけでなく、横置きにすることもできます。通気性を確保できるならラックなどの空いたスペースに設置できるのがいいですね。

Alienware X51の右側面パネル
横置きにするなら、Alienware X51の右側面パネルを接地面にすることができます。また、この半透明の窓部分にイルミネーションカラーが設定できます。

横置きができるのもAlienware X51のメリット
横置きのための仕様として、4隅に突起部分があります。まず左上の謎のエイリアン文字はラバー素材になっており、スタンド兼滑り止めの役割を成します。残り3箇所はただの突起です。一見、水泡みたいなので製造ミスかと思ってしまったくらいなので、ここはちょっと残念なデザインです。

横置きにした時の様子-Alienware X51デザイン
Alienware X51を横置きにした時の様子。縦置きの時に天井になる面、底面になる面では、無数の通気口があり排熱に考慮されたデザインであることが伺えます。、

Alienware X51の前面インターフェース

Alienware X51の前面デザインとインターフェース
Alienware X51を横置きにして前面を紹介します。スロットイン式の光学ドライブを内蔵しており、右側にイジェクトボタンを配置。右下にマイク / ヘッドフォン端子、USB2.0端子×2つ装備。

Alienware X51の電源ボタンを押してみた
横置きの場合、電源ボタンは右側にきます。(そりゃそうだ・・)

エイリアンヘッドにもイルミネーション設定
エイリアンヘッドは回転させることができます。ちなみにこのエイリアンヘッドにもイルミネーション設定ができます。エイリアンヘッドの左側(縦置きの時は前面最下部)のスリットには吸気ファンが内蔵されています。

ALIENWAREロゴ-Alienware X51の画像より
エイリアンヘッドの上部に彫り込みのALIENWAREロゴがあり、Windows7とCPUロゴシールがあります。

Alienware X51背面インターフェース

USB2.0端子×4つ、USB3.0端子 ×2つを装備するAlienware X51
Alienware X51背面では、USB2.0端子×4つ、USB3.0端子 ×2つを装備。ギガビットイーサLAN端子装備。
オーディオ出力では、SPDIFデジタル出力が2タイプ、そして7.1ch対応のアナログ出力があります。

オンボードのモニタ出力にHDMI端子がありますが、グラフィックカード側を使うのでここを使うことはないでしょう。

USB3.0端子 ×2つというのは少々物足りない気分ですが、あるだけマシ。流石にこのタイミングでパソコンを新調したのにUSB3.0がないのは厳しいですからね。なお、Alienware X51が使用しているインテル H61 ExpressチップセットにはUSB3.0コントローラがないので、ルネサス エレクトロニクス社のUSB3.0ホストコントローラが搭載してあり対応してます。

NVIDIA GeForce GTX 660のグラフィックカードが搭載
PCIスロットでは2スロット分見えますが、内部のスロットはPCI Express × 16が1つのみ。今回はNVIDIA GeForce GTX 660のグラフィックカードが搭載された状態で、2スロット分を占有しています。そのため、拡張カードの追加はできません。またACアダプタ用のコネクタとHDDランプが、ここにあります。HDDランプははっきり言って気軽にチェックできる場所ではありません。

Alienware X51の仕様ラベル
左側に忍者屋敷のようなカラクリ部分を発見。トレイを引っ張りだしてみると、仕様ラベルでした。Alienware X51の縦置き時の底面は通気口だらけなので、仕様ラベルを貼る余地がなく、このようなスタイルをとったのでしょう。

Alienware X51(SandyBridge)の後続機を、クーポン割引でお得に購入!

DELL公式のクーポン掲載はこちら ⇒ 今週のおすすめページ

2015年 後継モデル:Skylake設計のALIENWARE X51-R3 レビュー項目

2014年 後継モデル:Haswell設計のALIENWARE X51-R2 レビュー項目

納得パソコン購入術!パソ兄さん サイトTOP

HOME | アンチDELLユーザー向きコンテンツ : パソ兄さんのドスパラ調査 | DELLのライバルメーカー:HPパソコンレビュー

Copyright© 納得パソコン購入術!パソ兄さん~ユーザー視点でパソコン製品を分析レビュー All Rights Reserved.